コインチェック(Coincheck)とは

コインチェック(Coincheck)は、初心者でも簡単に仮想通貨の売買ができる日本最大級の仮想通貨取引所です。2014年のサービス開始後からシンプルさと使いやすさが評判となり、今では日本国内で最大のビットコイン取引高を誇る取引所となっています。そのため多くの人がコインチェックを最初の取引所として選んでいます。

コインチェック(Coincheck)の概要

運営会社

コインチェック株式会社

所在地

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F

公式HP

https://coincheck.com/ja/

資本金

9200万円


【コインチェックの特徴】初心者でも使いやすい!


コインチェックの画面はとてもスッキリしていて、初心者でも使いやすくできています。投資というとさまざまな情報が画面のあちらこちらに表示されるようなイメージがあるかもしれませんが、コインチェックは必要最低限のシンプルで洗練されたUIを持っているので、初心者であっても何をすべきかが一目瞭然です。取引や売買の画面だけでなく登録や本人確認の画面も分かりやすいので、仮想通貨を始めようとして操作方法でつまずくことはまずないです。

この「使いやすさ」が、多くの人がコインチェックを最初の仮想通貨取引所に選ぶ理由になっています。これから始めるのであれば、コインチェックを選んでまず間違いないでしょう。


今すぐコインチェックを始める!



シンプルなウォレットの画面
見やすい取引所のチャート


【コインチェックの特徴2】アルトコインの種類が豊富!

コインチェックでは、ビットコインに加えて12種類のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の合計13種類の仮想通貨を取り扱っています。(2017年10月時点)いずれも世界で注目を集めているものばかりで、時価総額も高いです。アルトコインはビットコインよりも後発ですが、その分「伸びしろ」が期待でき、こうした仮想通貨を購入しておくことで値上がり時に大儲けできるチャンスがあります。これだけたくさんの種類のアルトコインを日本円から直接購入できるのもコインチェックの特徴です。

  1. ビットコイン(Bitcoin / BTC)
  2. イーサリアム(Ethereum / EHT)
  3. イーサリアムクラッシック(Ether Classic / ETC)
  4. リスク(Lisk / LISK)
  5. ファクトム(Factom / FCT)
  6. モネロ(Monero / XMR)
  7. オーガー(Augur / REP)
  8. リップル(Ripple / XRP)
  9. ジーキャッシュ(Zcash / ZEC)
  10. ネム(NEM / XEM)
  11. ライトコイン(Litecoin / LTC)
  12. ダッシュ(DASH / DASH)
  13. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash / BCH)

コインチェックで扱っているアルトコインの多くはこれから値上がりしていく可能性が高いものです。始めるのが早ければ早いほどチャンスがあります。今すぐコインチェックに登録してチャンスを掴みましょう!

今すぐコインチェックを始める!



【コインチェックの特徴3】取引高日本一!


コインチェックは最もメジャーな仮想通貨であるビットコインの取引高で日本一※となっています。 2017年8月には、コインチェックで取引された現物のビットコインは2位のビットフライヤーの2倍以上の取引高となっています。つまり、コインチェックは日本で最も活発な仮想通貨取引所なのです。



コインチェックが人気な3つの理由


 

スマホアプリが見やすい!使いやすい!

コインチェックは、ブラウザからもスマホからも使いやすい仮想通貨取引所です。コインチェックの専用のアプリではチャートの確認とコインの購入・売却などが行なえますが、いずれも直感的に操作することができます。
このアプリをインストールしておけば、出先からいつでも値動きをチェックしたり仮想通貨を購入したりできます。


人気の高いアルトコインを購入できる

購入できるアルトコインの種類の多さもコインチェックの魅力ですが、コインチェックが扱っているアルトコインはどれも人気の高い、イケてるアルトコインです。

アルトコインは世界中に何百種類もあり、一つ一つを見極めるのはとても難しいことです。コインチェックは特に世界的に注目を集めているものを厳選して取り扱っているので、それだけ今後価値の高まったときの「波」を逃す可能性が少なくなります。コインチェックは、全部で13種類という豊富な仮想通貨を、日本円で直接購入できる唯一の仮想通貨取引所なのです。


100万円までの損害補償がある

万が一、不正アクセス等でユーザーの仮想通貨が流出するなどの損害が生じた時、コインチェックは100万円までその損害を補償してくれます。

購入した仮想通貨は、日本円で出勤するまではオンラインのウォレットに預けておくことになりますので、不正アクセス等の攻撃に晒される可能性はあります。もし自分のアカウントが乗っ取られて、保有していた仮想通貨を第三者に送金されてしまったら元も子もありません。コインチェックはこうした場合に100万円まで被害を補償してくれるので、安心です。

ただし、補償が適応されるのはログイン時の二段階認証を設定しているユーザーに限られますので、アカウントを作ったらすぐに二段階認証を有効にしておきましょう。



事前に知っておくべきコインチェックの注意点

 

クレジットカードで仮想通貨を直接購入しない!

コインチェックのメニューに「クレジットカードで購入する」という項目があり、入金をしなくてもクレジットカードで直接仮想通貨を購入できる機能があります。しかし、この機能を使うことはおすすめしません!

クレジットカードで直接仮想通貨を購入すると、だいたい10%程度の決済手数料が取られます。例えば1万円分のビットコインを買ったとすると、1000円くらいが手数料として取られるのでビットコインはおよそ9000円分になります。するとだいたい20%くらいビットコインが上昇しないと利益が出ないことになってしまいます。

銀行振込での入金は手数料無料なので、仮想通貨を購入するときは必ず銀行振込で入金してから購入するようにしましょう!


ビットコイン以外の仮想通貨には手数料(スプレッド)が発生します!

コインチェックでは、アルトコインに関してはユーザー同士の「取引」ではなく、運営会社との「売買」のみ可能となっています。その際にはスプレッドと呼ばれる実質的な手数料が発生しますが、これがおおむね2~3%程度となっています。(ビットコインも取引所ではなく販売所で売買をするとスプレッドが発生するので注意してください。)このスプレッドによって、買う時には相場より少し高い価格で買うことになり、売る時には相場よりも少し安い価格で売ることになります。これは売買の都度発生するので、コインチェックはアルトコインを短期で売り買いするのには不向きであると言えます。

ただし、これまでの値動きを見ても仮想通貨は数倍・数十倍の値動きをするので、その場合には手数料はあまり気にならないレベルになると言えます。


アプリでビットコインを売買するのは損!

ビットコインは、取引所で売買している限り手数料は発生しません。しかしアプリはビットコインの取引所での売買に対応していません。従ってアプリでビットコインを売買する場合は販売所での売買となり、アルトコイン同様にスプレッドが発生してしまいます。

ビットコインを売買する場合は、必ずブラウザでコインチェックを開き、取引所で売買を行うようにしましょう。


コインチェック登録までの3ステップ

 

事前に用意するもの

アカウント登録にはメールアドレス、パスワード、携帯番号が必要です。

本人確認書類としては、パスポートもしくは運転免許証など、写真付きで官公庁が発行する身分証明証が使えます。(写真のない健康保険証や、学生証は不可) 加えて、その本人確認書類と自分の顔を一緒に撮った写真(IDセルフィー)が必要なので、用意しておきましょう。

STEP1: アカウント作成→メールアドレス確認

ログインにつかうメールアドレスをパスワードを設定します。すると設定したメールアドレスに確認用のリンクが届くので、そのリンクにアクセスして下さい。

STEP2: 携帯番号の認証

携帯番号を入力して「認証」を押すと、SMSで認証コードが届くので、それを入力して携帯番号を認証します。

STEP3: 本人確認書類の提出

本人確認書類の提出画面から、IDセルフィー、オモテの写真、ウラの写真の3つを送信し、本人確認書類の提出を行います。


面倒なコインチェックでの本人確認について詳しく解説します。間違えやすいところを先回りして回答しています。取引所での売買ができても出金には本人確認が必要です。これを読んで安全で快適な仮想通貨のトレードライフを送ってください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

コインチェックで口座開設してみたいけど、細かい手順が多くて分かりにくい!そんなあなたも心配ご無用!アカウント登録から本人確認、最後のハガキ受け取りまで網羅します。一見敷居が高そうでも、意外とハードル低いですよ!

 

コインチェックの使い方

 

入金

入金は「銀行振込」「海外からの入金」「コンビニ入金」「クイック入金」の4つの方法から選べます。ですが、「銀行振込」以外は全て入金手数料が発生するので、銀行振込で入金しましょう。

【参考】入出金手数料

銀行振込(日本円)無料
銀行振込(USドル)25ドル
コンビニ入金/クイック入金756円(3万円未満)
1000円(3万円以上50万円未満)
入金金額✕0.108% + 486円
日本円出金400円
USドル出金2500円
手数料についてや詳しい入金の仕方はこちらをご覧ください。

 

 

日本の仮想通貨取引・販売所コインチェックの手数料について!何が安くて何が高いの?どうしたらお得に取引ができるの?販売所と取引所の違いは?コインチェックのホームページを見ただけじゃわからない気になる疑問を解決します!

 

コインチェックの入金の仕方がわからないそこのあなた!コインオタクが入金の選択肢をお教えします!銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ振り込み・クイック入金のそれぞれの特徴とおすすめの方法を紹介しています。

 

ビットコインを取引所で買う

ビットコインのみ、取引所で買うことができます。「買い板/売り板」を見ると、ビットコインがいくらでどれくらい売られているのかが分かります。「買い板/売り板」を見ながら、なるべく安い値段(レート)を設定し、日本円でいくら分買うのかを概算に入力して買い注文を行います。

  1. レート(1BTC当たりいくらで買いたいのか)を指定する
  2. 注文量を指定するか、「概算」の欄に購入したい額を日本円で入力する
  3. 「買い」が選択された状態で注文ボタンを押す


アルトコインを販売所で買う

メニューの 「コインを買う」の項目から、アルトコインを購入できます。この時、スプレッドを含んだレートが自動的に設定されます。

  1. 買いたいアルトコインを選択する
  2. 買う量を入力する
  3. 購入ボタンを押す

 

 

送金方法

メニューの「コインを送る」の項目から、任意のアドレスに送金できます。

  1. 送りたい仮想通貨を上の一覧から選択する
  2. 「送金先リストの編集」で、新しい宛先を追加する
  3. その下のプルダウンで、送りたい宛先を選択する
  4. 送る数量を指定する
  5. 送金ボタンを押す

詳しい送金方法はこちらをご覧ください

 

コインチェックに登録してるはいいものの、コインチェックでは買えない通貨を買うために別の取引所にコインを移したい。。。けどやり方を間違えるのが不安!という方は多いでしょう。送金のやり方の説明に加えて、トラブル対処法も解説します!

 


出金方法

メニューの「日本円を出金する」の項目から、自分名義の銀行口座に出金することができます。日本円の場合、出金手数料400円が発生します。出金を行うと、1~2営業日前後で指定した額が口座に振り込まれます。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

コインチェックから自分の銀行口座に出金したいけど、操作が難しくて分からない!そんなあなたも心配ご無用。所要時間や税金など気になるポイント全部を説明します。出金が上手くいかないときの解決法もご紹介します!


コインチェックに関するQ&A

 

 アルトコインの手数料(スプレッド)は高いの?

相場が安定しているときは、概ね2~4%程度です。相場が急激に動くほど、スプレッドはそれよりも高くなります。この額はかなり高めではあります。

 

レバレッジのかけ方は?

 コインチェックでは最大5倍のレバレッジをかけることができます。レバレッジをかけるためには、ブラウザの「振替」タブで、レバレッジアカウントへ必要な証拠金のチャージを行います。その後、取引所のページでレバレッジ取引ができるようになります。

 

Coincheckでレバレッジ取引をするには??レバレッジは、少ない元手で大きな利益を狙うための手法です。証拠金や強制ロスカットの仕組みから、ショートポジションの解説、逆指値を使った損切りなどのテクニックについても紹介します。

 


スマホで指値注文できる?

 アプリでは取引所をサポートしていないので、スマホから指値注文する場合はブラウザからコインチェックにログインして、取引所の画面を開いて下さい。


アフィリエイトのやり方は?

 メニューの「アフィリエイト」の項目から、アフィリエイト用のリンクを取得できます。報酬は、本人確認完了で2000円、50,001円以上の入金でさらに8000円の合計1万円で、報酬はビットコインかアルトコインで受け取れます。

 

アフィリエイト初心者でも今すぐスマホでお小遣い稼ぎできちゃう方法を解説します。コインチェックのアフィリエイトは今ならキャンペーン中です!Twitter,LINEなどSNSによって宣伝の仕方を工夫してみると効果があがるかも!

 


開発者APIで何ができる?

 取引所APIには認証不要なPublic APIと、認証が必要なPrivate APIの二種類が用意されています。Public APIでは、注文状況、取引の履歴、板情報を取得できます。Private APIでは、新規注文とそのキャンセル、残高の詳解などを行えます。


 

まとめ「仮想通貨を始めるならコインチェック」


 コインチェックは、初心者でも使いやすいシンプルな操作画面でありながら、レバレッジ取引やショートなど上級者向けの機能も充実している仮想通貨取引所です。これから仮想通貨を始める人でも、使いながら慣れていって様々な機能を使いこなせるようになります。まだ始めていない人は、ぜひこれを機に仮想通貨を始めてみましょう!


コインチェックで仮想通貨取引を始めよう!