イーサリアムクラシック(ETC)ってどんな仮想通貨なの?

イーサリアム(ETH)と何が違うの?

そう疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、イーサリアムと名前が似ているけど、具体的な違いを聞かれるとよく分かりませんよね。

そこで今回は、イーサリアムクラシック(ETC)の特徴・将来性・誕生秘話・購入方法、さらにイーサリアムとの違いまでコインオタクが徹底解説します!

これを読み終わる頃には、自信を持ってイーサリアムクラシックに投資できるようになるはずです!

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックを購入
(Coincheck公式)

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分裂して誕生した仮想通貨です。

基本的な仕組みはそれほど変わりませんが、イーサリアムはDAppsのプラットフォームを目指しているのに対して、イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指しています。

【イーサリアムクラシックの基本情報】

通貨名 イーサリアムクラシック
(Ethereum Classic)
通貨単位 ETC
公開日 2016年7月20日
時価総額 約827億円(18位)
発行上限 約2億1000万ETC

 

イーサリアムクラシック(ETC)の
3つの特徴

  • イーサリアムがハードフォークして誕生した仮想通貨
  • スマートコントラクトが書ける
  • IoT分野での活躍を目指している

イーサリアムがハードフォークして誕生した仮想通貨

イーサリアムクラシックの誕生は、The DAO事件を契機にして起こりました。

The DAO事件とは、2016年6月17日に80億円相当のイーサリアムが盗まれてしまったという事件です。

これによって価格が暴落したイーサリアムへの対応策として、ソフトフォーク後にハードフォークをするという方法が取られました。

The DAO事件については後半で詳しく解説します。

ハードフォークとは、仮想通貨のアップデートに伴うブロックチェーンの分岐のことを言います。

この結果、イーサリアムが二つに分裂し、ハードウォーク後の新しいブロックチェーンを持つのが正式なイーサリアム、ハードウォーク前の古いブロックチェーンを持つのがイーサリアムクラシックとなりました。

スマートコントラクトを書ける

イーサリアムクラシックのシステムでは、イーサリアムと同じスマートコントラクト技術が用いられています。

そのため、ユーザー自身が独自に契約システムを設計することができるのです。

これによって、契約の実行をブロックチェーン上で正確に行うことができます。

イーサリアムクラシックは、資産管理の柔軟なプラットホームとしても期待されています。

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。
 

IoT分野での活躍を目指す

イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指しており、DApps開発のプラットフォームとなることを目指すイーサリアムとの差別化を図っています。

IoTとは、Internet of Thingsの略で、モノのインターネットと訳されます。

この考えは、今までインターネットに繋がっていなかったものを繋ぐというものです。

すでに様々なモノがインターネットに接続され始めており、中に入っている食材が減ってきたら自動で購入してくれる冷蔵庫などは有名です。

先ほど解説したスマートコントラクトはこのIoT分野と相性が非常に良いため、イーサリアムクラシックはIoT分野に特化するためにさらなる開発が進められています。

イーサリアムクラシック(ETC)のメリット

イーサリアムクラシックの3つの特徴

  • 非中央集権型
  • 流動性が高い
  • スケーラビリティ問題を解消している

非中央集権型

イーサリアムクラシック(ETC)は非中央集権の仮想通貨となることを目指しています。

兄弟分のイーサリアムも非中央集権ではありますが、緊急時の場合には予定外のハードフォークを行う場合があり、やや中央集権的な面があることも否定できません。
(The DAO事件)

一方で、イーサリアムクラシックは完全な非中央集権を目指しているため、ハッキングによりチェーンが攻撃されても基本的には市場の流れに任せるといった考え方をしています。

イーサリアムクラシックを購入
(Coincheck公式)

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインオタクが徹底解説します!
 

流動性が高い

流動性の高さはいつでも好きなタイミングで取引できるかどうかの重要な指標となります。

イーサリアムクラシックは元のイーサリアムのブロックチェーンを使っているので、最初から多くの人が通貨を持っていました。

当時からイーサリアムの流通量はかなり多かったため、イーサリアムクラシックは誕生してすぐに世界中の人たちが保有することになったのです。

イーサリアムクラシックを購入
(Coincheck公式)

また、海外の大手取引所であるBinance、Bittrex、Poloniexなどに上場しているので取引環境が充実しており、流動性がとても高いです。

スケーラビリティ問題を解消している

イーサリアムクラシック(ETC)は、本体のチェーンの他にサイドチェーンというもう一つのチェーンを持っています。

一つのチェーンで処理しきれない情報もサイドチェーンを用いることで負担を軽減することができます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では、まだスケーラビリティ問題が完全には解消されていないので、この点はイーサリアムクラシックの大きなメリットと言えるでしょう。

イーサリアムクラシックを購入
(Coincheck公式)

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!
 

イーサリアムクラシック(ETC)のデメリット

イーサリアムクラシックの2つのデメリット

  • イーサリアムに対する優位があまりない
  • 開発力が弱い

イーサリアムに対する優位があまりない

現状、イーサリアムクラシックはイーサリアムより優れているポイントがあまりありません。

サイドチェーンの実装によりスケーラビリティ問題を解消してはいますが、イーサリアムも2020年内に大型アップデートを行うことでスケーラビリティを大幅に改善する予定となっています。

利用用途の違いとしてIoT分野での活躍を目指していますが、実際のところそれはイーサリアムでも可能なので、今後さらに差別化していかないとイーサリアムクラシックが活躍するのは難しいと言えるでしょう。

開発力が弱い

イーサリアムクラシックの開発陣は、TheDAO事件をきっかけとして決裂した元のイーサリアム開発陣の中の少数派の人たちです。

ですので、イーサリアムクラシックの開発はごく少数で行われており、開発力があまり強くありません。

ただ、SDK(ソフトウェア開発キット)を配布することによって有志の開発者がさらに増えていけば、イーサリアムクラシックの開発は大幅に進むことになるでしょう。

今後もイーサリアムクラシック関連のニュースに注目です。

仮想通貨の最新ニュースを見る

イーサリアムクラシック(ETC)の今後・将来性

イーサリアムクラシック(ETC)はIoT分野での活躍を目指す将来性の高い仮想通貨です。

しかし、イーサリアムクラシックはイーサリアムの遺伝子を受け継いではいますが、IoT分野に特化するための開発はあまり進んでいないのが現状です。

IoT系の仮想通貨だとIOTA(アイオタ)のような競合コインの方が着実に進化してきてます。

また、先ほどデメリットで取り上げたように、イーサリアムクラシックでできることはイーサリアムでもできる、というのも事実です。

IoT系のコインの中でどのように個性を発揮していくのか、イーサリアムとはどう差別化していくのか、によって今後イーサリアムクラシックの価格は大きく変化することになるでしょう。

ただ将来性が高いことも事実なので、今のうちに長期的な投資先として購入しておくのもありです。

長期的に期待できるコイン

イーサリアムクラシックの
購入を検討してみる

【購入方法】イーサリアムクラシックのおすすめ取引所

Coincheck(コインチェック)

coincheck

Coincheck公式サイトへ

イーサリアムクラシックの購入におすすめの取引所はCoincheck(コインチェック)です!

販売所で取引するため操作がとても簡単です。

イーサリアムクラシックは最小で500円から購入可能なので、予算が少なめな方におすすめの取引所です!

Coincheckのおすすめポイント

  •  ETCは販売所形式で簡単に購入できる
  •  最小500円からETCを購入できる
  •  コインオタクのイチオシ取引所

おすすめ取引所No.1

Coincheckで
イーサリアムクラシックを購入

 Coincheckのリアルな評判をまとめた記事はこちら↓

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

【保管方法】イーサリアムクラシックのおすすめウォレット

取引所で購入したイーサリアムクラシックはウォレットで保管しましょう!

ウォレットに保管することによって、仮想通貨をより安全に保管することができます。

イーサリアムクラシックの保管におすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

 

 Ledger Nano Sはコールドウォレットの一種ハードウォレットのため、オフラインで管理することができるので安全性がかなり高いです!

また、取引所の影響を受けないため、倒産などの事態が起きても問題ありません。

入出金が簡単のため、誰にでも使いやすいウォレットです!

Ledger Nano Sの詳細はこちら

Ledger Nano Sの具体的な購入方法はこちら!↓

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します
 

イーサリアムクラシック(ETC)の誕生秘話

イーサリアムクラシックが誕生したきっかけはThe DAO事件にあります。

The DAOは、イーサリアムのプラットフォーム上に自立分散型投資ファンドを構築することを目的としたプロジェクトです。

しかし、2016年にThe DAOの脆弱性(スマートコントラクトのバグ)を突きハッキング攻撃が仕掛けられ、それによって約80億円分ものイーサリアム(ETH)が盗まれてしまったのです。

当時、これに対する対策案として

  1. イーサリアムの非中央集権プラットフォームとしてのあり方を尊重し、何もしない。
  2. ソフトフォークを実行し、盗まれたイーサリアム(ETH)を使用不可能にする。
  3. ソフトフォークを実行したのちに、ハードフォークを行うことでハッキング自体を「なかった事にする」

という3つの案が出されました。

結果的に実行されたのは3のソフトフォークとハードフォークのどちらも実行して、ハッキングされる前の状態に戻した新しいチェーンをイーサリアムのブロックチェーンにする案でした。

しかし、この判断はあまりにも中央集権的であり本来の非中央集権的な行いではないと、賛成派と反対派で対立してしまいました。

そして、賛成派はハードフォークによって新しくできたチェーンをイーサリアムとして、反対派は前まで使っていたチェーンをイーサリアムクラシックとして使うという決断をしたのです。

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインオタクが真剣に考察しました!
 

ソフトフォークの分かりやすい解説はこちら↓

仮想通貨に関するニュースで「ソフトフォーク」という言葉を聞いたことがあると思います。ソフトフォークはハードフォークと何が違うの?仮想通貨の価格にどう影響するの?などなど,ソフトフォークに関する疑問がこの記事を読めばスッキリ解決します!
 

イーサリアム(ETH)との違い

イーサリアムとの違いは4つ

  • 完全な非中央集権を目指す思想
  • 利用用途
  • 発行上限
  • コンセンサスアルゴリズム

完全な非中央集権を目指す思想

イーサリアムは、DAOがハッキングされた事実をなかったことにしました。

そしてコミュニティの90%以上が賛成し、イーサリアムの開発者Vitalikの権限を持ってハードフォークしました。

つまり、中央集権的で開発者の影響が強く、Vitalikに不正とみなされれば、正当に送ったお金や受け取ったお金をなかったことにされてしまいます。

それに対して、イーサリアムクラシックはハードフォークに反対したコミュニティの少数派がDAOがハッキングされた事実をそのままにして、コードにのみ従うという合意形成をした非中央集権的な通貨です。

利用用途

イーサリアム(ETH)は、自律分散型アプリケーションDAppsのプラットフォームとなることを目指しています。

一方でイーサリアムクラシック(ETC)はIoT分野での活躍を目指しており、利用用途が若干異なります。

しかし現時点だと、ブロックチェーンの性能としてはイーサリアムに圧倒的に優位があるので、イーサリアムクラシックは今後さらにIoTに特化するための変化が求められることになります。

発行上限

イーサリアムクラシック(ETC)の発行上限は2億1,000万〜2億3,000万ETCと決められています。

発行上限があるということはコインの数に限りがあるということなので、発行が進めば進むほどコインの価値は高まります。

一方でイーサリアム(ETH)には発行上限がありません。

では、イーサリアムに発行上限がないならいずれ価値がなくなってしまうのか、というとそうでもありません。

イーサリアムはすでにDApps開発のプラットフォームとして世界中で圧倒的な存在感を誇っているため、今後価値がゼロになるということはまずないでしょう。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは取引の承認方法のことです。

ブロックチェーンを用いた仮想通貨には特定の管理者がいないので、ユーザー全員で取引が正しいものかどうかを確認します。

実はイーサリアムとイーサリアムクラシックは同じPoW(プルーフオブワーク)という承認方法を採用しています。
(PoWについては後ほど詳しく解説。)

しかしPoWには、地球規模での環境破壊に繋がる可能性があるほどの莫大な電力が必要、という問題が指摘されているのです。

そこで、イーサリアムは2020年内に予定している大型アップデート「セレニティ」でPoS(プルーフオブステーク)という新たな承認方法へ移行されることになっています。

PoSはコインの保有量によって承認者を決めるため、PoWに比べて環境に優しいシステムとなっています。

Proof of Stakeは仮想通貨取引の承認システムの1つです。ビットコインに次いで有名なあのイーサリアムもこのProof of Stakeへ移行することを発表しています。仕組みや長所・短所はもちろん、イーサリアムの移行時期も教えます!
 

イーサリアムクラシック(ETC)のマイニング

PoW(プルーフオブワーク)

イーサリアムクラシックの取引承認システムであるPoW(プルーフオブワーク)とは、計算量に比例して成功しやすくなる仕事のことを言います。

PoWにおいて、取引の承認を行い、ブロックをブロックチェーンに繋げる仕事がマイニングです。

マイニングの分かりやすい解説はこちら。

具体的には、巨大な倉庫にびっしり敷き詰めた超高性能コンピューターをフル稼働させてようやく解けるようなレベルの計算問題を解き、一番最初にその答えであるナンスを見つけ出した人がマイニング成功者となります。

これに使われている特殊な計算方法であるハッシュ関数は、代入して答えを求めるのは簡単なのに、答えからは代入した値を求めることができないという特殊な性質を持っています。

この性質を利用することによって、イーサリアムクラシックは実質的にデータの改ざんが不可能となっています。

ですがその一方で、高性能コンピューターをフル稼働させるための電力が恐ろしいほどかかってしまうので、兄弟分のイーサリアムではPoSというエコなシステムに切り替わることが予定されているんです。

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!
 

次の半減期は2020年4月ごろ?

半減期とは、マイニングにより新規発行されるコインの量が半分になるタイミングのことです。

ただこれは仮想通貨の代表格ビットコインの場合の話です。

イーサリアムクラシックの半減期では、新規発行されるコインが半分ではなく20%減少する、という特殊な仕組みになっています。

半減期によって新しく発行されるコインが減れば、その分、今発行されているコインの価値が高まり、価格が上昇しやすい傾向があります。

イーサリアムクラシックの前回の半減期チャート

2017年12月に前回の半減期があった際は、二ヶ月前と比べると約3倍も価格が上昇していることが分かります。
(この時期は仮想通貨バブルと重なっているため、そちらに引っ張られていた可能性もあります。)

イーサリアムクラシックの半減期は500万ブロックが生成されるごとに訪れるため、前回の時期から計算すると次の半減期は2020年の4月ごろだと言われています!

まだイーサリアムクラシックを保有していないという方は、今のうちに購入しておくのが良いかもしれませんね。

ETCは今が買い時!

イーサリアムクラシックを購入
(Coincheck公式)

イーサリアムクラシック(ETC) まとめ

イーサリアムクラシックまとめ

  •  イーサリアムから分岐した仮想通貨
  •  今後IoT分野で活躍の可能性大
  •  今後の価格変動にも期待

イーサリアムクラシックの特徴から購入方法・イーサリアムとの違い・マイニングまで詳しく解説してきました。

イーサリアムクラシックはIoT社会の実現に向けて今後が期待できる仮想通貨の一つです。

まだ持っていない方は、長期的な投資先としてイーサリアムクラシックを購入してみると良いと思います!

長期的に期待できるコイン

Coincheckで
イーサリアムクラシックを購入

仮想通貨の種類はいま1500以上もあるってご存知ですか?多すぎてそのひとつひとつの特徴なんて調べるのも面倒ですよね。この記事では代表的な仮想通貨51種類を分野別に分けて紹介しているので、特徴をすぐにつかむことができると思います