イーサリアムクラシック(ETC)ってどんな仮想通貨なの?

そう疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、イーサリアムと名前が似ているけど、具体的な違いを聞かれるとよく分かりませんよね。

そこで今回は、イーサリアムクラシックの特徴やイーサリアムとの違い、今後の高騰に期待できるかどうかまでコインパートナーが徹底解説します!

これを読み終わる頃には、自信を持ってイーサリアムクラシックに投資できるようになるはずです!

イーサリアムクラシックとは

  •  イーサリアムから分岐した暗号資産(仮想通貨)
  •  今後IoT分野で活躍の可能性大
  •  今後の価格変動にも期待
1.通貨評価

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。

基本的な仕組みはそれほど変わりませんが、イーサリアムはDAppsのプラットフォームを目指しているのに対して、イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指しています。

イーサリアムクラシックの基本情報

通貨名 イーサリアムクラシック
(Ethereum Classic)
通貨単位 ETC
公開日 2016年7月20日
時価総額 約8,000億円(21位)
発行上限 約2億1000万ETC

イーサリアムクラシックは発行上限が既に決まっているため、今後さらに希少性を高めていくことが予想されます。

長期的な価格上昇に期待ができるため、今のうちに仕込んでおきましょう!

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入

イーサリアムクラシック(ETC)の誕生秘話

イーサリアムクラシックが生まれたきっかけ

イーサリアムクラシックが誕生したきっかけはThe DAO事件にあります。

The DAOは、イーサリアムのプラットフォーム上に自立分散型投資ファンドを構築することを目的としたプロジェクトです。

しかし、2016年にThe DAOの脆弱性(スマートコントラクトのバグ)を突きハッキング攻撃が仕掛けられ、それによって約80億円分ものイーサリアム(ETH)が盗まれてしまったのです。

当時、これに対する対策案として

  1. イーサリアムの非中央集権プラットフォームとしてのあり方を尊重し、何もしない。
  2. ソフトフォークを実行し、盗まれたイーサリアム(ETH)を使用不可能にする。
  3. ソフトフォークを実行したのちに、ハードフォークを行うことでハッキング自体を「なかった事にする」

という3つの案が出されました。

結果的に実行されたのは「3」のソフトフォークとハードフォークのどちらも実行して、ハッキングされる前の状態に戻した新しいチェーンをイーサリアムのブロックチェーンにする案でした。

しかし、この判断はあまりにも中央集権的であり本来の非中央集権的な行いではないと、賛成派と反対派で対立してしまいました。

そして、賛成派はハードフォークによって新しくできたチェーンをイーサリアムとして、反対派は前まで使っていたチェーンをイーサリアムクラシックとして使うという決断をしたのです。

ソフトフォークの分かりやすい解説はこちら↓

2.特徴・違い

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

いさーリアムとの違いをまとめてみた

イーサリアムとの違いは4つ

  • 非中央集権に対する思想が異なる
  • 利用用途が異なる
  • 発行上限が異なる
  • コンセンサスアルゴリズムが異なる

完全な非中央集権を目指す思想の違い

イーサリアムクラシックは緊急時に何もしない考え

イーサリアムは、DAOがハッキングされた事実をなかったことにしました。

そしてコミュニティの90%以上が賛成し、イーサリアムの開発者Vitalikの権限を持ってハードフォークしました。

つまり、中央集権的で開発者の影響が強く、Vitalikに不正とみなされれば、正当に送ったお金や受け取ったお金をなかったことにされてしまいます。

それに対して、イーサリアムクラシックはハードフォークに反対したコミュニティの少数派がDAOがハッキングされた事実をそのままにして、コードにのみ従うという合意形成をした非中央集権的な通貨です。

利用用途の違い

イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指す

イーサリアム(ETH)は、自律分散型アプリケーションDAppsのプラットフォームとなることを目指しています。

一方、イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指しており、利用用途が若干異なります。

IoT分野はAIと同様に将来性が期待されており、私たちの生活をより便利にしていくことが期待されています。

例えば、スマホと家電をインターネット上でつなげることで、スマホ一つであらゆる家電を操作できるようにする、というのがIoTが目指す未来です。

しかし現時点だと、ブロックチェーンの性能としてはイーサリアムに圧倒的に優位性があるので、イーサリアムクラシックは今後さらにIoTに特化するための変化が求められることになります。

発行上限の違い

ETCの発行上限は2億1000万〜2億3000万

イーサリアムクラシックの発行上限は2億1,000万〜2億3,000万ETCと決められています。

発行上限があるということはコインの数に限りがあるということなので、発行が進めば進むほどコインの価値は高まります。

一方でイーサリアム(ETH)には発行上限がありません。

では、イーサリアムに発行上限がないならいずれ価値がなくなってしまうのか、というとそうでもありません。

イーサリアムはすでにDApps開発のプラットフォームとして世界中で圧倒的な存在感を誇っているため、今後価値がゼロになるということはまずないでしょう。

コンセンサスアルゴリズムの違い

コンセンサスアルゴリズムとは取引の承認方法のことです。

ブロックチェーンを用いた仮想通貨には特定の管理者がいないので、ユーザー全員で取引が正しいものかどうかを確認します。

実はイーサリアムとイーサリアムクラシックは同じPoW(プルーフオブワーク)という承認方法を採用しています。
(PoWについては後ほど詳しく解説。)

しかしPoWには、地球規模での環境破壊に繋がる可能性があるほどの莫大な電力が必要、という問題が指摘されているのです。

そのような状況を鑑みて、イーサリアムは2021年9月現在大型アップデートの途中であり、PoS(プルーフオブステーク)という新たな承認方法への移行を試みています。

PoSはコインの保有量によって承認者を決めるため、PoWに比べて環境に優しいシステムとなっています。

2.特徴・違い

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシック(ETC)の
6つの特徴

  • スマートコントラクトが書ける
  • IoT分野での活躍を目指している
  • 非中央集権型
  • 流動性が高い
  • 発行条件が決まっている
  • スケーラビリティ問題を解消している

スマートコントラクトが書ける

契約を自動で進めるシステムのこと

イーサリアムクラシックのシステムでは、イーサリアムと同じスマートコントラクト技術が用いられています。

そのため、ユーザー自身が独自に契約システムを設計することができるのです。

これによって、契約の実行をブロックチェーン上で正確に行うことができます。

イーサリアムクラシックは、資産管理の柔軟なプラットホームとしても期待されています。

IoT分野での活躍を目指す

IoT分野での活躍を目指す

イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指しており、DApps開発のプラットフォームとなることを目指すイーサリアムとの差別化を図っています。

IoTとは、Internet of Thingsの略で、モノのインターネットと訳されます。

この考えは、今までインターネットに繋がっていなかったものを繋ぐというものです。

インターネット

すでに様々なモノがインターネットに接続され始めており、中に入っている食材が減ってきたら自動で購入してくれる冷蔵庫などは有名です。

先ほど解説したスマートコントラクトはこのIoT分野と相性が非常に良いため、イーサリアムクラシックはIoT分野に特化するためにさらなる開発が進められています。

非中央集権型

イーサリアムクラシックは完全な非中央集権型の通貨

イーサリアムクラシックは非中央集権の暗号資産(仮想通貨)となることを目指しています。

兄弟分のイーサリアムも非中央集権ではありますが、緊急時の場合には予定外のハードフォークを行う場合があり、やや中央集権的な面があることも否定できません。
(上述のThe DAO事件)

一方で、イーサリアムクラシックは完全な非中央集権を目指しているため、ハッキングによりチェーンが攻撃されても基本的には市場の流れに任せるといった考え方をしています。

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入

流動性が高い

イーサリアムクラシックは、分裂と同時にイーサリアムの保有者に対して同数のETCが配布される形で流通しました。

また、発行当初から流通量が多かったイーサリアムクラシックは、売買が成立しやすいというメリットを備えていました。

今後の取引においても、流動性の高さはイーサリアムクラシックの大きなポイントとなるでしょう。

発行条件が決まっている

イーサリアム(ETH)は、通貨の発行上限を定めていないことが特徴として上げられます。

一方、イーサリアムクラシック(ETC)は、約2億1000万ETCから約2億3000万ETCが発行上限として定められていることも特徴です。

発行上限が決まっている通貨は需要が増加すると価格が上昇しやすいという特徴があります。

スケーラビリティ問題を解消している

送金の遅延が起こりにくい

イーサリアムクラシック(ETC)は、本体のチェーンの他にサイドチェーンというもう一つのチェーンを持っています。

一つのチェーンで処理しきれない情報もサイドチェーンを用いることで負担を軽減することができます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では、まだスケーラビリティ問題が完全には解消されていないので、この点はイーサリアムクラシックの大きなメリットと言えるでしょう。

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入

2.特徴・違い

イーサリアムクラシック(ETC)のマイニング

イーサリアムクラシックのPoWについて解説

イーサリアムクラシックの取引承認システムであるPoW(プルーフオブワーク)とは、計算量に比例して成功しやすくなる仕事のことを言います。

PoWにおいて、取引の承認を行い、ブロックをブロックチェーンに繋げる仕事がマイニングです。

マイニングの分かりやすい解説はこちら。

具体的には、巨大な倉庫にびっしり敷き詰めた超高性能コンピューターをフル稼働させてようやく解けるようなレベルの計算問題を解き、一番最初にその答えであるナンスを見つけ出した人がマイニング成功者となります。

これに使われている特殊な計算方法であるハッシュ関数は、代入して答えを求めるのは簡単なのに、答えからは代入した値を求めることができないという特殊な性質を持っています。

この性質を利用することによって、イーサリアムクラシックは実質的にデータの改ざんが不可能となっています。

ですがその一方で、高性能コンピューターをフル稼働させるための電力が恐ろしいほどかかってしまうので、兄弟分のイーサリアムではPoSというエコなシステムに切り替わることが予定されているんです。

ETCは今が買い時!

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入

3.今後・将来性

イーサリアムクラシック(ETC)の今後・将来性

イーサリアムクラシックが持つ4つの将来性

  • IoT分野での活用
  • 資産管理の柔軟なプラットフォームとしても期待されている
  • サイドチェーンの実装で通信がスムーズに
  • SDKの配布で効果的に開発が進む

IoT分野での活用

先ほども説明したように、イーサリアムクラシック は、IoT分野での活用が期待されています。

実際に、イーサリアムクラシックは現在でも、IoT分野で広く活用されています。

そして、今後も世の中に大きく広がっていく可能性があるのです。

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入

資産管理の柔軟なプラットフォームとしても期待されている

15億ドル(約1700億円)の投資資金を運用する、米国大手デジタル通貨ベンチャーGrayscale Investmentsが、仮想通貨の資産運用を行う投資信託の中で、どの通貨がクライアントから人気が高いかを明らかにしました。

そんな中、BTCに次ぐ通貨として、直近で大手取引所Coinbaseへ上場したイーサリアムクラシックが選ばれ、9,000万ドルの資金が集まっています。

このように、イーサリアムクラシックはその有用性から資産管理のプラットフォームとしても期待されています。

サイドチェーンの実装で通信がスムーズに

イーサリアムクラシックでは、サイドチェーンの実装を目指しています。

サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。

特に、IoT分野で活用されるためには、処理速度・通信速度を保つことが重要です。

サイドチェーン機能を備えることで、IoT分野で普及するために必要な通信体制を強化することができるのです。

サイドチェーンとは?ブロックチェンの機能を拡張する技術の特徴や問題点を解説! | CoinPartner(コインパートナー)
サイドチェーンはブロックチェーンの機能を拡張する技術です。またサイドチェーン上で独自通貨を開発することも可能です。この記事では、サイドチェーンの特徴や問題点、実装例などを解説しています。

SDKの配布で効果的に開発が進む

イーサリアムクラシックでは、SDKと呼ばれるツールの配布を予定しています。

SDKは、イーサリアムクラシックを開発するための方法や、開発環境が体系化されたツールをパッケージ化したものです。

SDKが配布されることで、イーサリアムクラシックの開発に参加することが容易になり、システムの性能向上などにつながると期待されています。

3.今後・将来性

イーサリアムクラシック(ETC)のデメリット・今後の懸念点

イーサリアムクラシックのデメリットとは

イーサリアムクラシックの2つのデメリット

  • イーサリアムに対する優位があまりない
  • 開発力が弱い

イーサリアムに対する優位があまりない

イーサリアムより優れているポイントが少ない

現状、イーサリアムクラシックはイーサリアムより優れているポイントがあまりありません。

サイドチェーンの実装によりスケーラビリティ問題を解消してはいますが、イーサリアムも2021年現在大型アップデートを行い、スケーラビリティ問題を大幅に改善する予定となっています。

利用用途の違いとしてIoT分野での活躍を目指していますが、実際のところそれはイーサリアムでも可能なので、今後さらに差別化していかないとイーサリアムクラシックが活躍するのは難しいと言えるでしょう。

開発力が弱い

少数精鋭で開発が進められている

イーサリアムクラシックの開発陣は、TheDAO事件をきっかけとして決裂した元のイーサリアム開発陣の中の少数派の人たちです。

ですので、イーサリアムクラシックの開発はごく少数で行われており、開発力があまり強くありません。

ただ、SDK(ソフトウェア開発キット)を配布することによって有志の開発者がさらに増えていけば、イーサリアムクラシックの開発は大幅に進むことになるでしょう。

今後もイーサリアムクラシック関連のニュースに注目です。

無料のサロンで最新ニュースを受け取る

3.今後・将来性

【2021年最新】イーサリアムクラシック(ETC)は今後の価格高騰に期待できる?

イーサリアムクラシックの今後はどうなる?

イーサリアムクラシックの過去の価格推移

イーサリアムクラシックが誕生してから、2021年9月現在までの価格推移はこのようになっています。

最初の高騰は仮想通貨バブルと言われている2018年1月頃で、価格は5,000円強まで上昇しましたが、その後価格は徐々に落ち着き、低い価格帯を推移する期間が長く続きました。

しかし、2020年末から始まった仮想通貨相場で再び価格は急上昇しており、5月には一時10,000円以上の値をつけるまで上昇しています。

現在は6,000円前後の価格帯を維持しており、誕生当初と比較して600倍程度の価格となっています。

イーサリアムクラシック(ETC)は今後爆上げするのか?Coinpartner的見解

結論、短期的な爆上げにはあまり期待できませんが、長期的な価格の高騰に期待できる通貨だと考えております。

そもそも、イーサリアムクラシックはIoT分野での活躍を目指す将来性の高い仮想通貨ですが、IoT分野に特化するための開発はあまり進んでいないのが現状です。

IoT系の仮想通貨だとIOTA(アイオタ)のような競合コインの方が着実に進化してきています。

また、先ほどデメリットで取り上げたように、イーサリアムクラシックでできることはイーサリアムでもできる、というのも事実です。

さらに2020年8月には3度の51%攻撃を受けており、これによりイーサリアムクラシックの取り扱いを停止するか検討する取引所も現れています。

今回注目が集まった51%攻撃をはじめとするハッキングの予防・対応やIoT系のコインの中でどのように個性を発揮していくのか、イーサリアムとはどう差別化していくのか、によって今後イーサリアムクラシックの価格は大きく変化することになるでしょう。

ただイーサリアムとうまく共存できれば、相乗効果で将来性が高いことも事実なので、今のうちに長期的な投資先として購入しておくのもありです。

長期的に期待できるコイン

コインチェックでイーサリアムクラシックを購入する

4.取引所/ウォッレット

イーサリアムクラシック(ETC)の購入におすすめの取引所

イーサリアムクラシックの購入方法を解説

イーサリアムクラシックを購入できる国内取引所一覧

取引所名 口座開設 取引手数料 取扱通貨数 スマホアプリ 会社の信頼性 評判
新規登録 無料 17種類 評判
新規登録 無料 11種類 評判
bitFlyer(ビットフライヤー) 新規登録 無料 12種類 評判

イーサリアムクラシック(ETC)のおすすめの取引所①CoinCheck

コインチェックのバナー

Coincheckの特徴

  • マネックス(東証一部上場)傘下の信頼性!
  • 圧倒的な使いやすさ・人気を誇る
  • 初心者におすすめの取引所

Coincheck(コインチェック)は、シンプルな見た目と使いやすさから、どのレベルの人からも人気が高いです。
その証拠にアプリのダウンロード数300万人以上と国内最多です。

イーサリアムクラシックは最小で500円から購入可能なので、予算が少なめな方にもおすすめの取引所です!

特に初心者の方は、コインチェックから始めるのをおすすめします!

最短1日〜3日程度で口座開設できます。

初心者人気No. 1!

Coincheckの詳細を見る

イーサリアムクラシック(ETC)のおすすめの取引所②DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

  • 超大手による運営で安心
  • スマホアプリが使いやすい
  • FX取引の暗号通貨数が国内No.1

DMM Bitcoinの運営元であるDMM.comはゲームや動画など様々なネットコンテンツを提供している超大手企業です。

DMM FXは国内No.1口座数を誇り、FX業者としても大きな評価を得ています。

また、アプリも使いやすいため、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる取引所です。

また数少ないレバレッジ取引ができる取引所で、スプレッドも全体的に狭いです。
手数料を抑えたい方や、レバレッジ取引をしたい人におすすめと言えます!

レバレッジ取引をするなら

DMM Bitcoinの詳細を見る

4.取引所/ウォッレット

【保管方法】イーサリアムクラシックのおすすめウォレット

購入後は安全に保管すべし

取引所で購入したイーサリアムクラシックはウォレットで保管しましょう!

ウォレットに保管することによって、暗号資産(仮想通貨)をより安全に保管することができます。

イーサリアムクラシックの保管におすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

ledger nano S

 Ledger Nano Sはコールドウォレットの一種ハードウォレットのため、オフラインで管理することができるので安全性がかなり高いです!

また、取引所の影響を受けないため、倒産などの事態が起きても問題ありません。

入出金が簡単のため、誰にでも使いやすいウォレットです!

Ledger Nano Sの詳細を見る

Ledger Nano Sの具体的な購入方法はこちら!↓

5.まとめ

イーサリアムクラシック(ETC)の今後まとめ

イーサリアムクラシックまとめ

  •  イーサリアムから分岐した仮想通貨
  •  今後IoT分野で活躍の可能性大
  •  今後の価格変動にも期待

イーサリアムクラシックの特徴やイーサリアムとの違い、今後の将来性などを詳しく解説してきました。

イーサリアムクラシックはIoT社会の実現に向けて今後が期待できる仮想通貨の一つです。

まだ持っていない方は、長期的な投資先としてイーサリアムクラシックを購入してみると良いと思います!

長期的に期待できるコイン

Coincheckで
イーサリアムクラシックを購入