最近、Coincheckで扱われ始めたIOSTって何だろう、、、

そんな風に疑問を持ったことはありませんか?

この記事では、今大注目の「IOST」の特徴や、将来性を徹底解説します!

この記事を読めば「IOST」のことはばっちりです!

この記事をざっくりまとめると、、、

  • IOSTは従来のネットワーク処理速度を凌駕した技術を持っており、非常に将来性が高い!
  • IOSTブロックチェーンを活用することで、様々なオンラインサービスを利用できるように!
  • 最近話題のDeFi分野でも活躍している!
  • IOSTを購入するならCoincheck

    安心してIOSTを利用するならCoincheckがおすすめ

IOSTとは?

IOSTは、クレジットカードと同等の処理能力を持ったブロックチェーン技術を活用し、様々なサービスで利用できるようにすることを目指しています。

独自のコンセンサスアルゴリズムにより公平かつ高速なスケーラビリティ(処理能力)と非中央集権性が実現されており、非常に将来性のある仮想通貨です。

おすすめ取引所No1 !

IOSTの特徴

IOSTの4つの特徴

  • スケーラビリティ問題の解消
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB
  • ノードのストレージを削減
  • Dappsの開発にJavaScriptを使える

スケーラビリティ問題の解消

IOSTはスケーラビリティ問題を解決するため、効率分散型シャーディングと呼ばれる技術を用いています。

この技術は、トランザクションにかかる時間や手数料を削減することを目的とし、作業を分割、並行することで、ネットワークの作業速度を飛躍的に向上させました。

仮想通貨ビットコインのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説!! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!

独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」

独自の「Proof of Beliebability(PoB)」というコンセンサスアルゴリズムを用いています。

PoBは、SERVIというネットワークへの貢献度をブロック生成権の一つの基準にしており、この貢献度が高ければ高いほど、ブロック生成権(さらに報酬の高い処理)を行える確率が高くなります。

これにより、今までのPoWで使われていたアルゴリズムの欠点である、コンピュータの性能が良い人がブロック生成権を持ち続け、不正なブロック生成を行なえるという問題を改善しています。

プルーフオブワーク(PoW)とは? マイニングの仕組みからわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
プルーフオブワーク(PoW)は暗号資産(仮想通貨)の取引の承認システムの一つです。プルーフオブワーク(PoW)はビットコインに採用されていることで有名です。この記事では、プルーフオブワーク(PoW)に伴うマイニングという作業や、プルーフオブステーク(PoS)との違いについてもわかりやすく解説していきます!

ノードのストレージを削減

ノードのストレージを削減できるのも特徴の一つです。

通常、ノードになる際には過去のブロックのデータをすべてブロックチェーンに保存しなければならないため、ストレージコストがかさんでしまいます。

そこで、IOSTは特定のブロックにマイクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントを設定することで、チェックポイントから最新のブロックだけを保存する仕組みにしています。

そうすることで、ノードのストレージを削減することができるのです。

ブロックチェーンとは?初心者向けにわかりやすく仕組みやメリットを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

Dappsの開発にJavaScriptを使える

IOSTのスマートコントラクトのプログラミング言語はJavaScriptです。

多くの人が使えるJavaScriptは、Dapps開発への障害が少なく、IOSTのスマートコントラクト活用がより活性化する期待が高いといえるでしょう。

また、Dapps開発面で競合であるイーサリアムが使用しているSolidityという言語が参入ハードルが高いという点で見ても、多くの人が使えるJavaScriptは将来性があると言えます。

IOSTを購入するなら!

スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を考察! | CoinPartner(コインパートナー)
時価総額第二位の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのか分からない人も多いかと思います。この記事ではスマートコントラクトとは何なのか、メリットや問題点、さらにスマートコントラクトを実装する具体的な事例も紹介していきます!

IOSTの今後・将来性

IOSTの将来性を裏付ける4つのポイント

  • エアドロップ配布の影響
  • IOSTブロックチェーンを利用したサービスの普及
  • DeFi領域でのサービス
  • Pumpkinトークン

エアドロップ配布の影響

IOSTは2018年7月に海外の仮想通貨取引所Binance、2019年5月にはDappRadarと過去2回エアドロップをしていますが、その2回ともエアドロップ前に価格が上昇しています。

今後もエアドロップが価格上昇に影響を与えるかは不確実ですが、エアドロップが行われる際は注目しておいたほうがいいでしょう。

エアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨が手に入るイベントを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
エアドロップとは主に通貨の宣伝を目的としたトークンの無料配布イベントのことを言います。もらったトークンの価値が将来的に上昇すれば大きな利益を得ることができます。この記事ではエアドロップのやり方からおすすめ案件まで幅広い情報を発信します。

IOSTブロックチェーンを利用したサービスの普及

ビットコインなどのブロックチェーンでは、スピード感や柔軟性が足りず、オンラインサービスの求める環境に対応できない部分があります。

しかし、IOSTのブロックチェーンは、スケーラビリティ問題の解消と非中央集権性の特徴を持っているため、様々なオンラインサービスで利用できる可能性があります。

今後、SNSやオンラインショップなどの様々なオンラインサービスでの普及が進めば、IOSTは価値が上がるでしょう。

DeFi領域でのサービス

IOSTは、2019年からDeFiエコシステムの構築に着手しており、パートナーシップの締結やDEX(分散型取引所)プロジェクトの立ち上げ等を行ってきました。

また、2020年後半のスローガンに「All in DeFi」を掲げ、DeFi分野のプロジェクトとの関係強化や新たなサービスの開発など、IOSTエコシステムの成長を促進していく意向を示しています。

仮想通貨のDeFiトークンとは何か?急騰中の分散金融トークンを5分で解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
「DeFiって何?でも今さら聞けない!」そんな想いに応えるため、初心者でもわかるよう徹底解説します! この記事では、そもそもDeFiとは何か、メリットや注意点など、専門家の意見も加えてお答えします。 これで今後あなたも、DeFiの動向を追えるようになること、間違いありません!

Pumpkinトークン

IOSTパートナーPumpkingが開発したDeFi プロジェクトのPumpkin Pumpにより、IOSTの流動性が活性化するといわれています。

また、Pumpkin Pumpは「手数料0、混雑0、高利回り」を強調しており、より快適で、スムーズなマイニングを提供してくれます。

これにより、IOSTコミュニティは、よりスムーズでシンプルな流動性マイニングに参加可能になります。

将来性のあるIOSTを購入するなら!

マイニングとは?仕組み・やり方・儲け方・おすすめ仮想通貨までわかりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)にある程度興味のある方なら、マイニングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。けど、その仕組みがどうなってるのかってちゃんと理解していますか?仕組みを知りたい方、実際にマイニングで稼いでみたい方は必見です!

IOSTおすすめ取引所

Coincheck

Coincheckは、2020年9月8日に国内で初めてIOSTの取扱いを開始し、IOSTを含め14種類もの暗号資産を取り扱う国内最大級の取引所です。

Coincheckでは販売所でIOSTを売買できるだけでなく、「貸仮想通貨」や「つみたて」サービスでも利用できます。

登録も最短5分で完了でき、とても簡単に利用できます。

5分で登録!

Coincheck(コインチェック)の特徴・評判・手数料・登録方法を全部解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)は、暗号資産(仮想通貨)初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。

IOSTに関するQ&A

手数料ってかかるの?

取引所での取引にかかる手数料は無料です。

また、コインチェックユーザー間の送金手数料も無料です。

コインチェックでお得に取引!!

イーサリアムと比較したときどっちがすごいの?

IOSTはイーサリアムと比べ、処理速度能力が非常に高いです。

2020年時点、イーサリアムのPoWはTPSが15に対し、IOSTは2,008です。

TPSとは1秒間に処理できるトランザクション数を表す単位です。

イーサリアムのPoWにはスケーラビリティ問題がありますが、IOSTはトランザクションを高速で処理できるので、シームレスなブロックチェーンアプリを構築することができます。

スムーズにIOSTの取引をするなら!!

IOSTまとめ

  • 独自のコンセンサスアルゴリズムにより、スケーラビリティ問題の解消と中央集権性を実現している
  • スケーラビリティにより、様々なオンラインサービスで活用できる可能性を秘めている
  • DeFi分野にも尽力しており、注目を集めている
今回は、「IOST」について記事を書きました。
IOSTはCoincheckで取り扱われ始めて日が浅いですが、将来性がある仮想通貨の一つだと思います。
ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ取引所No1 !

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。