「IOSTってどんな通貨で今後はどうなるんだろう?」あなたは今こうお考えではないですか?

確かに人気の通貨みたいですが、将来性はあるのでしょうか?

この記事ではCoinpartner編集部がIOSTの特徴や将来性、今後の価格予想やIOSTに関する口コミなど徹底解説していきます!

IOSTの魅力は?

  • 価格が超安い 少しの上昇でも大きな利益!?
  • エアドロップ前は価格が上昇
  • 実際のプロジェクトに活用されているため将来性も高い
  • 年利15%超えのステーキングができる
  • IOSTを購入できるのはコインチェック

IOSTとは?

通貨単位 IOST
価格 ¥2.3
時価総額ランキング 114位
コンセンサスアルゴリズム PoB
発行枚数 210億IOST
公式サイト 公式HP
Twitter

IOSTは国内取引所だとCoincheck(コインチェック)でのみ取り扱いをしているアルトコインになります!

IOSTは、クレジットカードと同等の処理能力を持ったブロックチェーン技術を活用し、様々なサービスで利用できるようにすることを目指しています。

独自のコンセンサスアルゴリズムにより公平かつ高速なスケーラビリティ(処理能力)と非中央集権性が実現されており、非常に将来性のある仮想通貨です。

ここではそんなIOSTの通貨の機能・特徴を紹介していきます!

IOSTの特徴

  • JavaScriptで容易に開発ができる
  • 独自アルゴリズムのPoBがすごい
  • ノードの削減を削除

JavaScriptで容易に開発ができる

IOSTはプログラミング言語としてJavaScriptを採用しています。

簡単で多くの人が使えるJavaScriptはDapps開発への障害が少なく、IOSTのスマートコントラクト活用がより活性化する期待が高いといえるでしょう。

また、Dapps開発面で競合であるイーサリアムが使用しているSolidityという言語が参入ハードルが高いという点で見ても、多くの人が使えるJavaScriptは将来性があると言えます。

独自アルゴリズムのPoBがすごい

IOSTは独自アルゴリズムのProof of Beliebability(PoB)を使用しています。

PoBは効率分散型シャーディングという技術を使ってトランザクション処理を超高速で行うことができます!
これによりスケーラビリティ問題を解消し、セキュリティ面でも強い、分散型の優秀なブロックチェーンを実現しました。

ノードのストレージを削減 

ノードのストレージを削減できるのも特徴の一つです。

通常、ノードになる際には過去のブロックのデータをすべてブロックチェーンに保存しなければならないため、ストレージコストがかさんでしまいます。

そこで、IOSTは特定のブロックにマイクロステート・ブロックと呼ばれるチェックポイントを設定することで、チェックポイントから最新のブロックだけを保存する仕組みにしています。

そうすることで、ノードのストレージを削減することができるのです。

IOSTの今後や将来性は?

coinpartnerの見解としては、マーケティング力が高い故に人気を博している通貨なので仮想通貨全体が上昇トレンドに入れば上昇する可能性は高いだろうと考えています。

  • Coincheckにのみ上場することでプレミア感を演出
  • 朝倉未来氏などのインフルエンサーの評判により知名度を浸透させユーザーの購買意欲をUP
  • 定期的なエアドロップで無料配布を行うことで新規ユーザーを獲得

このような戦略で初心者や新規ユーザーを囲い込むことで多くのIOSTファンをつけてきました。

プロジェクトの良さよりもマーケティング力の高さが大きいので、利確は早めにしましょう。上がったら売るというような短期的な売買がおすすめです。

ここからは他にもIOSTが将来性が高いと思われる点を紹介します!

IOSTの将来性

  • IOSTブロックチェーンを利用したサービスの普及
  • DeFi領域でのサービス
  • ステーキングができる

    IOSTブロックチェーンを利用したサービスの普及

    ビットコインなどのブロックチェーンでは、スピード感や柔軟性が足りず、オンラインサービスの求める環境に対応できない部分があります。

    しかし、IOSTのブロックチェーンは、スケーラビリティ問題の解消と非中央集権性の特徴を持っているため、様々なオンラインサービスで利用できる可能性があります。

    今後、SNSやオンラインショップなどの様々なオンラインサービスでの普及が進めば、IOSTは価値が上がるでしょう。

     DeFi領域でのサービス

    IOSTは、2019年からDeFiエコシステムの構築に着手しており、パートナーシップの締結やDEX(分散型取引所)プロジェクトの立ち上げ等を行ってきました。

    また、2020年後半のスローガンに「All in DeFi」を掲げ、DeFi分野のプロジェクトとの関係強化や新たなサービスの開発など、IOSTエコシステムの成長を促進していく意向を示しています。

    ステーキングができる

    IOSTは年利15%以上のステーキングをすることができる通貨です!

    ステーキングとは一定期間資産を預ける(ロックする)だけで報酬がもらえ、初心者でも簡単に行える非常に人気の仮想通貨運用方法です。
    IOSTステーキングのやり方はこちら

    ステーキングは最近注目されているの運用方法なのでIOSTのステーキングができる点も評価されて新規参入者が増えることもあるかもしれません!

    IOSTが1000円になる未来は?価格上昇ポイントを解説!

    IOSTが100円・1000円になるという噂がありますが実際のところどうなのでしょうか?

    2020年では1IOST=1円にも満たなかったですが2021年の4月には8円を超え、10倍以上の価格になっています。

    ここからはIOSTが100円・1000円になることはあるのか、どのような要因でIOSTの価格が上昇する可能性があるのかを解説していきます!

    IOST価格上昇のポイント

    • インフルエンサーの影響
    • エアドロップの影響
    • 取引所での取り扱い開始
    • プロジェクトでの実際の利用

    インフルエンサーの影響

    ここからIOSTが1000円代まで値上がるとしたらインフルエンサーの発言が重要なポイントになるのではないかと思います。

    過去には朝倉未来氏がIOSTを購入して憶り人になったことをツイートし、これが直接の原因か定かではないですがその日の内に価格が13%上昇したことがあります。

    ドージコイン(DOGE)ではイーロンマスク氏の2021年2月~のツイートの発言により1月末と比べて価格は80倍を超えたので、このようなインフルエンサーの発言があればIOSTも急騰して1000円代になる可能性があるかと思います!

    エアドロップ配布の影響

    IOSTでは定期的にエアドロップを行っています。

    エアドロップとは一定条件を満たしたユーザーに無料でIOSTを配布するイベントで、主に保有している通貨と同じ種類同じ量の通貨がもらえます。

    そのためエアドロップ前は駆け込み需要が増え、短期的に価格が急上昇するのです!

    過去3回のエアドロップイベントではどれも価格が上昇しているのでこれからも期待できそうですね。

    取引所での取り扱い開始

    IOSTがCoincheckで取り扱いを開始したことで日本での認知度が向上し価格も上昇しました。
    このように取引所で取り扱いを開始すると通貨の価格は上昇することが多いです。

    IOSTは日本をはじめとするアジア圏での取り扱い・認知度を広げています。
    また、世界的にはまだ認知度が低い通貨なのでビットコインなどと比べると今後伸びる能性が大いにあります!

    プロジェクトでの実際の利用

    IOSTを実際に活用したプロジェクトが行われています。
    医療分野での活用についてはもう既に実証実験までまで進んでおり、今後の活躍に期待ができます。

    実証実験が終わり、医療サービスでの本格的な活用まで進めば必然的に需要は増し、価格が上昇するのではないでしょうか。

    MEET IOSTというIOST プラットフォーム開発者コミュニティではIOST関連のプロジェクトや技術改革などの情報が掲載されています。
    価格上昇に繋がる重要な開発の情報もあるかもしれないので見てみるといいかもしれません!
    MEET IOSTはこちら

    IOSTを購入できる取引所はコインチェック

    IOSTを購入できる取引所は国内ではCoincheck(コインチェック)のみです!
    コインチェックの魅力は以下の通りです。

    コインチェックのここがすごい!

    • 国内取引所の中で取扱通貨数No.1
    • 取引方法が豊富!
    • 初心者でも簡単に使いこなせる

    Coincheckは、2020年9月8日に国内で初めてIOSTの取扱いを開始し、IOSTを含め16種類もの暗号資産を取り扱う国内最大級の取引所です。

    Coincheckでは販売所でIOSTを売買できるだけでなく、「貸仮想通貨」「つみたて」サービスでも利用できます。

    コインチェックの詳細を見る

    年利15%以上!IOSTのステーキング

    海外取引所のBinance(バイナンス)では年利15%超えのIOSTステーキングをすることができます!

    やり方は簡単でバイナンスにIOSTを預けるだけでOKです。仮想通貨の知識がなくても預けるだけで年利15%を超えるなんてかなりすごいですよね。

    ステーキングの方法は以下の通りです。

    ステーキングの方法

    • バイナンスに登録
    • コインチェックに登録
    • コインチェックでIOSTを購入後バイナンスに送金
    • バイナンスのステーキングページでIOSTを預ける

    IOSTは国内取引所だとコインチェックでしか取り扱っていません!IOSTのステーキングを始めたい方はまずはコインチェックに登録しましょう!

    IOSTの口コミ・評価

    ここからはIOSTの実際の口コミを見てみます!

    ファンが多い

    Twitterを見てみるとわかると思うのですが、IOSTはファンがかなり多いです。

    IOSTファンのコミュニティも広く、IOSTの応援Twitterが存在し、IOSTグッズが販売されるほどです。ここにもIOSTのマーケティング力の高さが表れていると言えるでしょう。

    IOSTはファンダで上昇するのではなくホルダーが買って保有することで上がるとも言われています。

    価格が安い

    IOSTは仮想通貨の中でも価格がかなり安いです!少し上昇しただけで割合的にはかなりの利益が出るのでかなりの数のIOSTを購入して価格動向を見守っているユーザーが多くいます。

    2021年の4月は市場バブルで多くの通貨が高値を更新しましたが、BTCの価格が2021年1月と比べて1.7倍になったときIOSTは14倍にもなりました。

    このように価格が安いとビットコインの上昇につられて価格が上がる時の恩恵が大きいと思われます。

    価格上昇予想が多い

    とにかく上昇すると考えているユーザーが多いです。

    価格が安い分、本格的にプロジェクトで利用されればかなり期待ができますよね。

    IOSTに関するQ&A

    IOSTに関するQ&A

    • IOSTが100円・1000円になることはあるの?
    • コインチェック以外での上場は?
    • コインチェックではエアドロップを受け取れるの?

    IOSTが100円・1000円になることってあるの?

    IOSTの価格は現在2円前後です。

    2021年4月の仮想通貨市場全体のバブルでは9円手前まで価格が上昇したので、今後また市場が盛り上がった時に10円まで上昇する可能性はあります。

    先ほど述べたようにインフルエンサーの発言や新たな発表、活用がされれば100円・1000円になる未来もあるかもしれませんが、具体的な予想はできません。

    コインチェック以外での上場は?

    今のところ、国内取引所ではコインチェック以外IOSTを取り扱っている取引所はないです。また、他の国内取引所がIOSTを上場させるというような情報も今のところないです。

    海外取引所ではBinanceやGate.ioで取引することができます!

    コインチェックではエアドロップを受け取れるの?

    コインチェックは2021年の2月に行われたエアドロップには参加しないことを発表しています。
    理由は短い保有期間でのエアドロップでユーザーが安全に資産管理をできない可能性があるからだそうです。

    今後のエアドロップはどうなるかはわかりませんのでコインチェック公式HPをよく確認をしておきましょう。

    IOSTまとめ

    IOSTまとめ

    • 少しの上昇でも大きな利益⁉
    • エアドロップ前は価格が上昇
    • 実際のプロジェクトに活用されているため将来性も高い
    • 年利15%超えのステーキングができる
    • IOSTを購入できるのはコインチェック

    これまでIOSTの特徴や将来性、今後の価格予想やIOSTに関する口コミなど解説してきました。IOSTの魅力がわかっていただけたでしょうか?

    IOSTは価格が安い分大きな夢を持たせてくれるコインチェック限定のアルトコインです。ステーキングなどの仮想通貨運用もできるのでこれを機に買ってみてもいいかもしれませんね。