「暗号資産(仮想通貨)投資っていくらから始められるんだろう。。。」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

ビットコインが100万円と聞くと、敷居が高く感じますよね。

株式投資などでも数十万円ぐらいは用意しないといけないイメージがあると思います。

 

しかし、暗号資産(仮想通貨)投資では1000円ほどで開始することができます!

今回は、暗号資産(仮想通貨)投資を開始するために必要な最低金額から、投資で必要なポイントをコインパートナーが解説していきます。

本記事を通して、ぜひ安全に取引を開始しましょう!

暗号資産(仮想通貨)はいくらから始めるべきか
ざっくりまとめると。。。

  • 結論、暗号資産(仮想通貨)は少額から始めるべき
  • 元から値動きが大きく、少額でも利益が狙える。
  • 暗号資産(仮想通貨)を始めるなら、「ビットフライヤー」がおすすめ。

bitFlyer(ビットフライヤー )

少額投資に一番オススメ

暗号資産(仮想通貨)投資の疑問

仮想通貨は1000円から始められる?

暗号資産(仮想通貨)はいくらから始められる?

暗号資産(仮想通貨)投資は、暗号資産(仮想通貨)購入金額だけでなく、入出金手数料や取引手数料など取引にかかる手数料も含めて、合計1000円程で始めることができます。

実はFXや株式など、ほかの金融商品と比べて安く始めることができるんです。

しかも、大きく価格が動くので、少額投資でも大きな利益が狙えます。

値動きを示すチャート

これは、ビットコインと日本円ペアのチャートなのですが、実際に価格が約20倍まで跳ね上がっていることがお分かりいただけると思います。

将来性のある暗号資産(仮想通貨)に投資すれば、少額でもしっかり利益が狙うことができるということです。

小額投資に一番オススメ

暗号資産(仮想通貨)投資の疑問

仮想通貨は危ないのか?

暗号資産(仮想通貨)は危ないのか?

一般的に、暗号資産(仮想通貨)は「危険」というイメージを持たれがちです。

ここではその理由を解説していきます。

暗号資産(仮想通貨)の危険性

  • ハッキングリスクがある
  • 激しい値動きで大損する可能性がある
  • ICOには詐欺コインがある

ハッキングリスクがある

取引所にハッキングリスクがある

暗号資産(仮想通貨)自体に問題があるのではなく、暗号資産(仮想通貨)を取り扱う取引所が危険な場合があります。

取引所は、ユーザー投資する資産を一旦預かっているわけですが、取引所のセキュリティにそもそも問題があるとハッキングにより盗難されてしまうこともあります。

例えば、Zaif取引所のハッキング事件は、実際は取引所のセキュリティに問題があったことが発覚しています。

国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所Zaifが67億円相当の暗号資産(仮想通貨)をハッキングされた事件の真相について徹底解明。事件の概要からハッキングの原因までしっかりと解説した後、これから安全に暗号資産(仮想通貨)取引を行うための取引所選びについても解説します!

値動きが激しくハイリスク・ハイリターン

ボラティリティの図

価格変動の激しさのことをボラティリティといいますが、暗号資産(仮想通貨)のボラティリティはFXや株などの金融商品に比べ、かなり高いです。

暗号資産(仮想通貨)は、価格変動が大きい為、儲ける額が大きくなる可能性がある一方で損失も大きくなる可能性があります。

投資の中ではハイリスク・ハイリターンと言えます。

株やFX,暗号資産(仮想通貨)の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインパートナーがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

ICOには詐欺コインがある

ICOには詐欺コインが多い

そもそもICOとは、企業がプロジェクト遂行の為に、自社独自の暗号資産(仮想通貨)(トークン)を発行し、それを購入してもらうことで資金を集める方法のことです。

株式を発行するよりも、ずっと手軽で大量のお金を集めることができます。

しかし、その手軽さを利用して、実行すると言ったプロジェクトを実行せずに、資金だけ集めて持ち逃げするという事態が発生しています。

2017年の調査によるとICOトークンの約8割は詐欺トークンであることがわかりました。

ICOとは、暗号資産(仮想通貨)(ICOトークン)を発行し販売することで資金を調達する資金調達方法のことです。別名「新規暗号資産(仮想通貨)公開」とも言われています。 ICOは、現在世界的に規制されている傾向にあります。

暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

リスクを抑えて少額から始めよう!

暗号資産(仮想通貨)は少額投資から始めよう

前章で説明した通り、暗号資産(仮想通貨)投資はリスクが伴うので、慣れるまでは少額で取引を始めるのが安全です。

暗号資産(仮想通貨)には取引単位がある

暗号資産(仮想通貨)には取引単位がある

暗号資産(仮想通貨)には、通貨ごとに取引単位が定められています

例えば、ビットコインなら「BTC」、イーサリアムであれば「ETH」といった感じです。

取引所ごとに最小取引単位が異なる

取引所ごとに最小取引単位がある

取引所ごとに、最小取引単位数が決まっています。

取引する際に最低○○BTCからしか、取引できませんということです。

例えば、bitFlyer取引所のビットコイン現物の場合では、最小発注量は0.001BTC(約1000円)からとなっています。
(1BTC=100万円の場合)

ビットコイン販売所では、0.00000001BTC(約0.01円)から取引できます。

非常に低額から取引を開始することができることが分かるかと思います

 

取引所の最小取引単位を表で比較!

取引所ごとに、最小取引単位数を表で比較し、どこが一番低額で取引ができるのかを見ていきましょう!

以下の通貨ペアは(BTC/JPY)です。

取引所名 最小取引単位数
Coincheck
(販売所)
500円/0.001BTC
Coincheck
(取引所)
500円/0.005BTC
GMOコイン
(販売所)
0.0001BTC
GMOコイン
(取引所)
0.0001BTC
bitFlyer
(販売所)
0.00000001BTC
bitFlyer
(取引所)
0.001 BTC
DMM Bitcoin
(販売所)
0.001BTC

bitFlyer販売所では、最小単位数が最も小さいということが分かりました。

bitFlyerはビットコインの取引高が国内No.1の実績を持つ取引所です。

小額から始めるなら

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

仮想通貨でできる少額投資の方法3選

暗号資産(仮想通貨)の投資にはいろいろなやり方がある

暗号資産(仮想通貨)でできる少額投資の方法3選

  • 現物取引
  • FX・レバレッジ取引
  • 積立投資

現物取引

現物取引

現物取引とは、実際に暗号資産(仮想通貨)を取引所で購入したり、売却したりする取引のことです。

一般的に、円やドルなどの法定通貨で暗号資産(仮想通貨)の現物を購入します。

この現物取引は、ただ購入し保有しておくだけでいいので誰でも簡単にできます!

暗号資産(仮想通貨)はボラティリティが激しいので、少額投資でも充分に利益を上げられる可能性があります。

現物取引をするなら

FX・レバレッジ取引

FX・レバレッジ取引

FX・レバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を売買したと仮定して「決済する際の差額」が利益となる取引のことです。

この手法では、元手の何倍もの金額の取引をすることが可能です。

さらに、通貨の上げ相場だけでなく、下げ相場でも稼ぐことができます。

少額の資金で大きく儲けることができる一方、資金を失う可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引方法です。

ビットコインFXが大人気

ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!

積立投資

暗号資産(仮想通貨)の積立投資

積立投資とは、定期的に一定金額ずつ暗号資産(仮想通貨)を買い付ける投資方法です。

相場の動きに一喜一憂せずに一定額を購入する投資方法は、暗号資産(仮想通貨)で有効だと言われています。

国内の取引所ではCoincheckが積立サービスを提供しています。

Coincehckの積立サービスなら、月に一万円からコツコツ積み立てることができます。

コインチェックが新たに開始した「Coincheckつみたて」に興味を持っている方は多いですよね。Coincheckつみたてを利用するメリット・デメリットから他の積立サービスとの違いまで解説していきます!
暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

少額から始められるおすすめの取引所3選

少額で取引できる国内取引所を紹介

少額から始められるおすすめの取引所

  • コインチェック
  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー )

入金手数料 無料
出金手数料 220〜770円
送金手数料 0.0004BTC
取引手数料 無料
最小取引量(販売所) 0.00000001BTC
最小取引量(取引所) 0.001BTC

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引高国内No.1の実績を持つ暗号資産(仮想通貨)取引所です。

販売所での最小取引単位がとても小さくなっており、約0.01円からビットコインを購入することができます!
(1BTC=100万円の場合)

「小額だけど仮想通貨に投資がしたい!」という方にはbitFlyerがおすすめです!

小額投資に一番オススメ

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!

DMM Bitcoin

dmm bitcoinのバナー

入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
取引手数料 無料
最小取引量(販売所) 0.001BTC

DMM Bitcoinは、東証一部のDMM.comが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

表を見れば分かるように国内取引所の中でも屈指の手数料の安さを誇ります。

国内で一番多い16ペアのコインでレバレッジ取引ができるのが大きな魅力です。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引をしたい方はまずはDMM Bitcoinでデビューするのが良いでしょう。

FXで一攫千金狙うなら

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

入金手数料 銀行振込無料
出金手数料 407円
送金手数料 各通貨建約500円
取引手数料 無料
最小取引量(販売所) 500円/0.001BTC
最小取引量(取引所) 500円/0.005BTC

Coincheck(コインチェック)は、2012年に設立された老舗取引所です。

ハッキング事件後、大手金融会社のマネックスグループによりセキュリティが強化されたことで、今では安全性の高い取引所として人気を誇っています。

取り扱い通貨は国内最多の全12種類です。

しかも、それら全ての通貨が最小500円で購入することができます!

「初めての取引所登録だけど、使いやすいところがいいな。」という初心者の方にはCoincheckがおすすめです!

おすすめ取引所No.1

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

初心者におすすめの仮想通貨

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)

取引を開始するにあたり、おすすめの暗号資産(仮想通貨)を紹介していきます。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

今回紹介するのは、比較的価値が落ちにくい低リスクな暗号資産(仮想通貨)です。

価値が落ちづらい要因としては、実用的な通貨だからこそ将来的に社会で普及していく流れでその価値も向上していくことが期待されているからです。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン/BTC ロゴ

ビットコインは、時価総額ランキング第一位の暗号資産(仮想通貨)です。

今までの法定通貨は、日本円なら日本政府という中央管理者がその価値を保障して成り立ちますが、暗号資産(仮想通貨)の場合は中央管理者が存在しません。

もし、ビットコインが世界中に普及すると、海外旅行する際もビットコインを使って決済ができるということです。

ビットコインを購入してみる
(bitFlyer公式)

ビットコインについて詳しく知りたい方はこちら

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、現在時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)です。

スマートコントラクトを世界で初めて実装した暗号資産(仮想通貨)です。

この技術により、今まで第三者を介して成されていた契約が、自動化され、コストと透明性が担保された実用性がある点が注目されています。

イーサリアムを購入してみる
(bitFlyer公式)

イーサリアムについて詳しく知りたい方はこちら

イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の暗号資産(仮想通貨)で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!

リップル(XRP)

リップル/XRP ロゴ

リップルは、現在時価総額3位の暗号資産(仮想通貨)です。

全く種類の異なる通貨を繋げることで、送金をもっとスムーズにすることを目標としています。

最終的にはたとえ、送金相手が口座を持っていなくても携帯メールを受け取れば送金が完了することを目指しています

リップルを購入してみる
(bitFlyer公式)

リップルについて詳しく知りたい方はこちら

リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説!

暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

仮想通貨はできるだけ早く始めよう!

暗号資産(仮想通貨)を始めるなら今

暗号資産(仮想通貨)市場は、まだまだ発展途上です。

FX・証券・金融市場などと比較すると規模が小さいですが、暗号資産(仮想通貨)市場は今後さらに拡大していくと言われています。

発展途上の今だからこそ、暗号資産(仮想通貨)に投資しておくことで将来的に大きな利益を得ることができるかもしれません。

暗号資産(仮想通貨)が今後どうなるのか、こちらの記事で解説しています。

暗号資産(仮想通貨)の今後や将来性に不安を覚えていませんか?この記事ではコインパートナーが現在の暗号資産(仮想通貨)市場を分析し、今後の展開や価格を予想します。さらに今後もっともおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄も紹介します。
暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

実際に仮想通貨を少額で購入してみよう!

①取引所(販売所)に口座を開設する

暗号資産(仮想通貨)は、インターネット上の取引所を利用して購入します。

そのためにまずは口座を開設する必要があります。

暗号資産(仮想通貨)取引所は、ネット上で簡単に口座開設できます。

今回は、0.01円という超少額から始められるbitFlyerでの購入方法を解説します。

 

bitFlyer公式サイト

メールアドレス・パスワードの登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

1.まずは、メールアドレスを入力します。

入力するメールアドレス自体はフリーでも問題ないので、Googleで新規のメールアドレスを作成して登録することも可能です。

2.続いて、パスワードも登録してください。

 

二段階認証の設定

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

二段階認証は、手軽に設定できる上にとても強力なセキュリティ対策です。

電話番号で認証するやり方と、専用のアプリを使うやり方からどちらか一つを選んで設定します。

 

こちらの記事で2段階認証について解説しています↓

「暗号資産(仮想通貨)の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

 

本人情報の登録と取引目的の確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.住所と電話番号を入力していきます。

2.次に、あなたの職業や資産、取引の目的などを回答していきます。

 

本人確認書類の提出

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2つの方法から選ぶことができます。

クイック本人確認とは、本人確認書類と自分の顔をスマホで撮影し、それをbitFlyerに送ることで本人確認をする方法です。

対面での本人確認は、後日自宅に訪問してくる配達員に本人確認をしてもらう方法です。

 

銀行口座の登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 銀行口座の登録

1.メニュー画面から「設定」をタップします。

2.「銀行口座情報を追加する」から、ご自身の銀行口座を登録します。

 

あとははがきの郵送を待つだけ!!

ビットフライヤー登録完了のはがき

ハガキが届いたら口座開設は完了です!

 

小額投資に一番オススメ

bitFlyerの口座開設はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!

②取引所(販売所)に入金する

入金にはこちらのアプリを使っていきます!

bitFlyer ウォレット
bitFlyer ウォレット
開発元:bitFlyer, Inc.
無料
posted withアプリーチ

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

1.スマホアプリのメニュー画面から「入出金」をタップします。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

2.銀行振込クイック入金のどちらかを選択します。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) クイック入金画面

3.クイック入金を選んだ場合、インターネットバンキング入金コンビニ入金のどちらかを選択します。

それぞれの指示にしたがって入金すれば完了です

 

③暗号資産(仮想通貨)の購入・売却方法

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

1.アプリのホーム画面から販売所を選択して、取引したい通貨をタップします。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

2.この画像を見るとわかるように、操作が驚くほど簡単です!

売るor買うを選択して、金額を入力します。

最後に注文の確定ボタンを押せば完了です!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
まとめ

仮想通貨投資 まとめ

暗号資産(仮想通貨)の初期費用ポイント

  • 初期費用1000円でも投資ができる
  • 初心者の方は少額から取引をスタート
  • ボラティリティが高いのでハイリスク・ハイリターン

今回は、暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるのかを解説してきました。

暗号資産(仮想通貨)の購入は意外にも気軽に始められることが分かっていただけたかと思います。

これから暗号資産(仮想通貨)を購入するか悩んでいる方は、bitFlyerのような国内の人気取引所で取引を始めてみてはいかがでしょうか。

少額投資に一番オススメ

暗号資産(仮想通貨)を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、暗号資産(仮想通貨)の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。