ゲームで知ったけど、NFTっていったいなんなんだろう、、、?

そんな疑問を持っていませんか?

この記事では、ゲームをきっかけに有名になったトークンのNFTについて書いていきます!

この記事を読めばNFTの正体が丸わかりです!

この記事をざっくりまとめると、、、

  • NFTとは唯一無二の価値を持つトークン
  • デジタル上だけでなくリアルの世界でも利用できると話題に!
  • NFTはその希少性・独自性から今後もあらゆる領域で活躍が期待されている!
  • コインチェックがNFTを暗号資産と交換できる「NFTマーケットプレイス」を立ち上げた

    今後のコインチェックの動向を見逃したくないなら!

NFTとは?

NFTとはNon-Fungible-Tokenの頭文字で、非代替性トークンを意味します。

「非代替性」とは、 例えばAとBは全く同じモノだとしても、Aに付加価値が加わることで、AはオリジナルなモノとなりBとは異なる代替不可能なものになるということです。

そんな「非代替性」を用いることで、トークンに様々な情報を付け加え、唯一無二の価値を持つものにするのがNFTというものです。

「Fungible」と「Non-Fungible」の違いとは

Fungibleは「代替可能」という意味で、価値が一定で交換できるもののことを指します。

代表的なものでは法定通貨などが当てはまります。

Non-fungibleとは、代替できないもの、同じものが二つとしてないものを指します。

例えば、宝石や土地など同一の物が存在しないもののことです。

このようにトークンに様々な情報をつけることで唯一無二の価値をもつトークンのことをNFTとよんでいます。

ERC721規格により発行された非代替性トークン

NFT(Non-Fungible Token )は、直訳すると代替不可能なトークンという意味です。

NFTは、ERC721という規格でのみ扱うことができます。

ERCとは、「Ethereum Request for Comments」のことで、多くのプロジェクトがERC20と呼ばれる規格でトークンを発行していますが、NFT専用の規格としてERC721は作られています。

今後のコインチェックの動向を見逃せない!

ERC20とは?仮想通貨の名前じゃない?対応するウォレットまで完全解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)について投資をはじめ、調べているうちに、「ICOにも投資してみたい!でも、このERC20って何?」となった方も多いはず!ERC20って暗号資産(仮想通貨)なの?どうして使われているの?どうやって使うの?コインパートナーが解決します!

NFTが注目されたきっかけは?

NFTがその名を知れ渡らせるきっかけになったのが、Cryptokittiesというゲームです。

このゲームはユーザーが世界で一匹しかいない猫を育成する内容で、それぞれ違った特徴を持ったトークンが非代替性なものであったために人気を博し、猫の最高トレード額は日本円にて約2000万円もつけられました。

CryptoKittiesとは?猫を育成するイーサリアムのDappの遊び方と仕組みを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
CryptoKitties、ご存知ですか?暗号資産(仮想通貨)イーサリアムを使って猫を飼う事ができるんです!今話題のDappsの先駆けである本ゲームの仕組み・遊び方を一緒に学びましょう。一攫千金の可能性まで・・・?

NFTが利用されているもの 

ゲーム

現在、NFTはゲームの分野で広く活用されています。

例えば、My Crypto Heroes (マイクリプトヒーローズ)というNFTを利用したゲームでは自分が育てたキャラクターが資産となるので、それをブロックチェーンで管理することによってユーザー同士でのキャラクターの売買や、ゲーム内アイテムの仮想通貨への換金も比較的容易に実現できます。

つまり、NFTを利用することで、ユーザーがゲームにかけたお金や時間すべてを資産にできるということです。

ブロックチェーンとは?初心者向けにわかりやすく仕組みやメリットを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

NIKE

2019年12月10日、NIKEはERC721を用いて靴をトークン化しました。

これまで、NFTを用いたゲームはデジタル上でしかNFTを使うことができませんでしたが、NIKEがNFTを利用したことは、これまでのデジタルでしか使えないNFTという常識を覆しました。

リアルとデジタルを結び付けるのには様々な問題がありますが、今後NIKEがこのような問題にどう対処していくのか見ものです。

Forbes

2019年12月17日にForbesが広告を表示しないようにする会員権をNFTとして発売しました。

ユーザーは会員権購入の際に利用したイーサリアムのアドレスに紐づいた会員権(NFT)を持つことができ、ユーザーが会員権であるNFTを持っているとサイト側が承認したら、会員機能が有効になり、ユーザーは広告の表示なしにForbesの記事を読むことができるようになります。

この会員権はForbesのネット記事を読む際に出てくる広告を表示しないようにすることができ、広告が表示されないことで集中して記事を読めるようになります。

また、広告の画像などの読み込み時間も削減することができ、より速く快適に記事を読むことができるようになります。

仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴・仕組み・将来性を分かりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインパートナーが徹底解説します!

NFTの今後・可能性

NFTのメリットは、ブロックチェーン上の他者が変更することができないデータを付与し、希少性・独自性を持つことです。

NFTはデータを改ざんされる心配がないために、所有している権利自体は頻繁に取引されないけど、権利を所有していることの証明が頻繁に必要なものに用いるのが有効的です。

それを利用して、飛行機やライブチケットの取引を行うことやNFTに認証キーとしての役割を与えることが可能になると期待されています。

NFT自体、まだまだ課題は残りますが、法律面での裏付けや、新しいユースケースが浸透していくことで、今後もあらゆる領域での活用が期待されるでしょう。

将来性のあるNFTで取引を行うには!

Coincheckの「NFTマーケットプレイス」立ち上げ

コインチェック株式会社は8月27日、業界初の取り組みとして、NFTを暗号資産と交換できる「NFTマーケットプレイス」の事業化について議論を開始しました。

暗号資産による決済が主流であるNFTの取引において、コインチェック上にNFT取引を行えるプラットフォームを展開することで、ユーザーはより簡単に決済ができ、さらにコインチェックのNFT専用ウォレットを使用することでユーザーが秘密鍵の管理をすることなく安心して取引できるようになります。

コインチェックは、2012年に設立され、2017年末には暗号資産取引高No.1となった国内大手取引所です。

そんな国内最大手のコインチェックがNFT取引プラットフォームを展開することで、より安心・安全なNFT取引の波を作ってくれると期待されています。

コインチェックの動向は見逃せない!

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

NFT まとめ

  • NFTとは非代替性トークンのこと
  • デジタル上だけでなく、リアルの世界でも実用されている!
  • 課題はあるが、様々な分野での活用に期待できる!
今回は「NFT」について記事を書いてきました。
もともと、ゲームの世界で使われていたNFTの技術ですが、今後は日常生活の様々な部分で使われるようになっていくでしょう。
そんなNFTを暗号資産と交換できるようにする取り組みをしているコインチェックの動向は見逃せません。
ぜひこの機会に登録しておきましょう!

5分で登録完了!