「モナコインってどんな通貨なの?」

と思っている方も多いと思います。

モナコインは日本発で、機能性の高い優秀なコインです。

そんなモナコインの特徴や将来性、評判、購入方法などをわかりやすく解説しています。

この記事を読めば、あなたはモナコインの全容を理解できるようになります!

 

この記事の内容を
ざっくりまとめると....

  • モナコインは日本発の暗号資産(仮想通貨)!
  • 決済速度が早く、実用性が高い!
  • 一風変わったファンコミュニティの存在が魅力!
  • モナコインを買うならCoincheckが一番オススメ!
コインチェック

モナコイン買うなら!

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?

通貨名 Monacoin
通貨単位 MONA
公開日 2013年12月
時価総額 35億円(100位)
発行上限枚数 1億512万MONA
ブロック承認方式 PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
ブロック承認速度 約90秒

モナコインはインターネット掲示板2ch(現5ch)から誕生した日本発の暗号資産(仮想通貨)です。

またモナコインは、ライトコインをもとに開発されており、似たシステムを持っています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴とは?今後の将来性や購入方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!

仮想通貨モナコイン(MONA)の3つの特徴

モナコインの3つの特徴を解説

モナコイン(MONA)の3つの特徴

  • 決済速度が速い
  • 熱烈なファンが支持している
  • 実用性が高い

決済速度が早い

たった90秒で送金可能!

モナコインは、ライトコインをもとに開発されているため、ブロックの生成速度が速いのが特徴です。

もともとはライトコインを真似しただけの通貨でしたが、最新技術をどんどん取り入れていき、ブロック生成速度が速くなりました。

  モナコイン(MONA) ビットコイン(BTC) ライトコイン(LTC)
ブロック生成速度 約90秒 約600秒 約150秒
ブロック承認方式 PoW PoW PoW
総発行枚数 1億512万枚 2100万枚 8400万枚

モナコインは、ビットコインやライトコインに比べてもブロック生成速度が速くなっています。

また総発行枚数も多く設定されています。

発行枚数が多いと、通貨に希少性が生まれにくく、比較的価格が安定します。

供給量不足になる心配もありません。

そのため、モナコインは実際の決済手段にとても向いている通貨の一つです。

熱烈なファンが支持している

熱烈なコミュニティはモナコインならではの魅力!

モナコインは、2ch発祥のコインなので、熱烈なファンが日本には多くいます。

暗号資産(仮想通貨)の発展には、その通貨のコミュニティが大きく関わっており、熱烈なファンが多いことは大きな武器になります。

モナコインの非公式マスコットキャラクター「モナコインちゃん」も人気があり、LINEスタンプも発売されています!

また、モナコインのプロモーション動画が秋葉原で流されたことでも話題になりました。

実用性が高い

決済手段や投げ銭として利用されている!

モナコインはとても実用性の高い暗号資産(仮想通貨)です。

例えば、オンラインウォレット「Monappy」で利用されています。

Moppyは、モナコインの管理だけでなく、投げ銭、食品や電子機器などの販売・購入を行ったり、写真の投稿も行うことができます。

仮想通貨モナコイン(MONA)の最新価格・チャート推移

モナコインの価格は今どうなっているの?

現在のモナコイン価格

ドル価格ですのでチャート右側に表示されている価格を100倍すると≒日本円になります。

半減期による影響は今のところ見られない

モナコイン 半減期前後の価格推移

2020年9月9日にモナコイン史上二度目の半減期がやってきました。

これによりマイニングによる報酬が25MONA→12.5MONAとなりました。

一般的に、半減期が近づくと一時的に価格が上がりやすくなると言われていますが、今回のモナコイン半減期では今のところ目立った値動きは確認できません。
(10月6日時点)

ただ市場に流入してくるコインの量が減少したことは確かなので、以前よりも希少性は上がりやすく、その影響で価格が上がる可能性も高まったと言っていいでしょう。

5分で簡単登録!

仮想通貨モナコイン(MONA)の今後・将来性 

モナコインの今後を見極める3つのポイント

国内でのモナコイン決済の拡大

モナコイン 取引量分布

実は、市場に出回っているモナコインの約90%は日本国内で取引されているんです。

そのため国内でモナコインの実用化がどれだけ進んでいくかが今後を左右するキーパーソンになってきます。

実用化といってもコンビニやスーパーマーケットで使えるようになるわけではなく、モナコインならではのコミュニティ間でのみ使われる可能性が高いです。

東京ビッグサイトの画像

たとえば、世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット」がいい例です。

コミックマーケットではすでにモナコイン決済に対応しているブースが出てきています。

ただ普及率的にはごく一部でしかないので、対応ブースが増加していけば一気にモナコインの需要は増えるかもしれません。

5分で簡単登録!

海外での知名度アップ

海外取引所に上場すれば知名度がアップするかも?

モナコインは、国内大手のZaifやbitbank、コインチェックなどの取引所で取り扱っています。

そのため、この実績を考慮して、海外の取引所に新たに上場する可能性があります。

上図のようにシンガポールの大手海外取引所BITBOXにモナコインが上場した際は、数日で25%の急騰がありました。

同様に、新たに海外取引所にモナコインが上場すると決まると、価格が大幅に上昇する可能性が高いです。

5分で簡単登録!

ファンコミュニティによる独自サービスの発展

コミュニティ内でのサービス拡大に期待!

モナコインは2ch発祥ということもあり、熱烈なファンコミュニティが今でも活発に活動しています!

たとえば有志のファンが立ち上げた「Ask Mona3.0」という掲示板サイトでは、有益な投稿に対して、投げ銭としてモナコインを自由に送ることができます。

先ほど紹介した「monappy」でも、オンラインウォレットの機能以外に、ユーザーが投稿した自作のイラストに対してモナコインを送る機能がついています。

こういった独自サービスでの発展こそが、2ch発祥のモナコイン本来の姿とも言えるので、非常に重要なポイントになってくるでしょう!

5分で簡単登録!

モナコイン(MONA)は今後どうなる?2020年の価格予想と将来性を解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
モナコインの2020年最新の価格予想や将来性について解説します。日本の2ちゃんねるから生まれ、熱狂的なファンの多いモナコインは価格はどうなっていくのか、将来性はありそうかなど気になるポイントをまとめていきます!

仮想通貨モナコイン(MONA)のおすすめ取引所

モナコインを取引する取引所は、Coincheckが一番おすすめです!

Coincheckの4つの特徴

  1. スマホアプリのDL数が日本一!
  2. モナコインの取引手数料が無料!
  3. モナコインの積立&貸出サービスがある!
  4. 初心者の方に一番おすすめできる取引所!

モナコイン取引所No.1

コインチェックの口座開設方法についてはこちらの記事をご参考ください↓

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

仮想通貨モナコイン(MONA)の仕組み

モナコインの特徴的な2つの技術について

モナコインの
2つの仕組み

  • Segwit
  • アトミックスワップ

それぞれ簡単にわかりやすく解説していきます!

Segwit

データを圧縮して送金速度をあげる技術!

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

モナコインはSegwitを実装しており、これによりスケーラビリティ問題とマリアビリティ問題を解決しています。

スケーラビリティ問題とは、暗号資産(仮想通貨)の取引量が増えることでデータ処理が遅延する問題のことで、取引承認の遅延が手数料の高騰も引き起こします。

マリアビリティ問題とは、取引データを改ざんし、二重取引ができてしまうという脆弱性のことです。

Segwitとは?仕組みやメリット・デメリットを初心者向けにイラストで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは暗号資産(仮想通貨)の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!

アトミックスワップ 

個人間で他の仮想通貨と交換できる技術

アトミックスワップとは、違う種類の暗号資産(仮想通貨)を信用のない個人間で不正なく交換できるシステムのことです。

通常、暗号資産(仮想通貨)の交換は取引所などの第三者を仲介して行われるため、取引所の破綻やハッキングのリスクがあります。

そのリスクをアトミックスワップの導入により解消し、安全に暗号資産(仮想通貨)の交換を行うことができます。

また匿名性を保つこともできるため、非常に有用なシステムです。

アトミックスワップとは?仮想通貨を変える送金技術の仕組みをメリットやデメリットまで踏まえて徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
取引所のハッキングリスクから逃れられる?信用のない個人間でも安全に取引ができるようになる?革新的な技術であるアトミックスワップはそれを可能にします。今のうちからアトミックスワップについてしっかり理解しておきましょう!

仮想通貨モナコイン(MONA)まとめ

モナコイン(MONA)まとめ

  • 日本発の暗号資産(仮想通貨)
  • 決済速度が速く、実用性が高い!
  • 半減期による影響はまだ見られない
  • 取引所はCoincheckがおすすめ!

モナコインは実用性が高く、今後利用できる場が広がっていく可能性は高いです。

 価格が下がってきている今が買い時かもしれません。

今すぐモナコインに投資する!

コインチェックの評判はどうなの?メリット・デメリットや口コミから現在の実態を徹底調査! | CoinPartner(コインパートナー)
コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。