仮想通貨のスプレッドってなんだろう?

そんな風に思っていませんか?

仮想通貨を始めると、新しい単語がたくさん出てきて分かりづらいですよね。

今回の記事では、仮想通貨取引所の実質的な手数料となっているスプレッドについて画像付きで分かりやすく解説します!

さらにスプレッドの狭いお得な取引所と販売所をそれぞれ紹介していきます!

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは、仮想通貨を取引所で購入・売却する際に発生する買値と売値の差のことです。

仮想通貨取引ではスプレッドが存在しているので、同じタイミングで仮想通貨を購入し売却すると損をするようになっています!

 

「自分の購入した仮想通貨が少し値上がりしたから売ろう!」と考えても、購入したときのスプレッドが広いとその時点で損からスタートしているので

意外と利益が出ていないことがあります。

そのため、スプレッドについて理解のある人はスプレッドの狭い取引所を選び、購入時の損を少なくします


こちらは、実際のbitflyerのビットコインのスプレッドです。

この買値と売値の差の分だけ損の状態からスタートすることになります

この場合は17,000円損している状態です。そのため、20,000円くらいビットコインの価格が上がらないと利益が出ません!

こういったハンデを避けるために、スプレッドが狭い取引所を利用するようにしましょう!

 

仮想通貨のスプレッドが発生するワケ

仮想通貨取引所で必ずしも大きなスプレッドが発生するわけではありません。

スプレッドは販売所だけで発生する

仮想通貨取引所にはスプレッドが発生すると説明してきましたが、実は仮想通貨取引所は仕組みによって

  • 仮想通貨販売所
  • 仮想通貨取引所

の2種類に分けられます。

この2つの総称が仮想通貨取引所になっています。

仮想通貨販売所では、販売所を運営する企業とユーザーが取引を行います。

上の画像のようにユーザーは企業の決めた価格で仮想通貨を購入・売却する仕組みになっています!

そのため、購入価格と売却価格に差ができ仮想通貨販売所ではスプレッドが発生するようになっています

 

一方、仮想通貨取引所では取引所に参加しているユーザー同士で取引をすることになります。

取引所では自分が希望する購入・売却価格を提示することが可能になっています。

ユーザーはお互いの希望を出し、一致すると取引が成立する仕組みになっています!

取引所は価格を指定していないのでスプレッドがほとんど発生しません

このように、スプレッドは購入・売却の価格が運営会社によって指定されている仮想通貨販売所で発生するようになっています。

仮想通貨取引所ではユーザーが自ら価格を指定するシステムであるため、スプレッドはほとんど発生していません!

お得に仮想通貨を購入したい人は仮想通貨取引所を利用するようにしましょう

 

取引所と販売所の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

スプレッドは実質的な手数料になる

スプレッドは、販売所の実質的な手数料になっています

日本国内のほとんどの販売所では取引手数料が無料になっています。

しかし、販売所を運営しているのは企業ですから、利益が無ければ運営を続けることはできません。

そのため、販売所はスプレッドを発生させることで、自分たちの利益としているのです。

一番スプレッドが狭い仮想通貨取引所

bitbank

会社名 ビットバンク株式会社
設立日 2014年5月
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP
BCH,LTC,MONA

bitbank公式サイト

国内で一番スプレッドが狭い仮想通貨取引所はbitbankです!

bitbankは、アルトコインの取引で人気を集めており、リップルの取引量では日本一の実績を持っています。

bitbankでの取引は全て「取引所」であるため、とても狭いスプレッドで取引することができます。

また、取引手数料もMakerであれば-0.02%と、手数料が貰える仕組みになっているため、安くアルトコインを購入したい方にはおすすめの取引所です!

bitbank公式サイト

通貨名 スプレッド
ビットコイン(BTC)  0.01%
イーサリアム(ETH) 0.005%
リップル(XRP) 0.27%
ライトコイン(LTC) 0.1%
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.005%
モナコイン(MONA) 0.3%

スプレッドを節約するなら

bitbankで仮想通貨を始める

 bitbankの評判をまとめた記事はこちら!

bitbankとは2014年5月から運営している比較的古株の仮想通貨取引所です!bitbankはアルトコインの取引で非常に人気を集めています。 今回の記事では、bitbankを実際に使用しているユーザーの評判や口コミを紹介します!
 

一番スプレッドの狭い仮想通貨販売所

GMOコイン ロゴ

会社名 GMOコイン株式会社
設立日 2016年10月
取引方法 取引所・販売所・レバレッジ取引
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP,LTC
BCH,XEM,XLM,BAT

GMOコイン公式サイト

国内でスプレッドが一番狭い販売所はGMOコインです!

GMOコインは全8種類のコインを販売所で取引することができます。

スプレッド以外の手数料もかなり安く、取引手数料・入出金手数料などが全て無料となっています!

スプレッドを節約したい初心者の方にはGMOコインがおすすめです!

GMOコイン公式サイト

通貨名 スプレッド
ビットコイン(BTC)  3.9%
イーサリアム(ETH) 3.9%
リップル(XRP) 5.8%
ライトコイン(LTC) 6.7%
ビットコインキャッシュ(BCH) 6.7%
ネム(XEM) 6.9%
ステラルーメン(XLM) 6.6%
ベーシックアテンショントークン(BAT) 6.8%

国内最大級の販売所

GMOコインで仮想通貨を始める

GMOコインの評判をまとめた記事はこちら!

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に参考にしてください。
 

通貨銘柄ごとのスプレッド比較

仮想通貨の種類ごとにスプレッドを比較

(2020/4/15更新)

ビットコインのスプレッド比較表

【仮想通貨取引所】

取引所 スプレッド
Coincheck 0.2%
GMOコイン 0.7%
bitbank 0.01%
bitFlyer 0.18%

【仮想通貨販売所】

販売所 スプレッド
Coincheck 5.9%
GMOコイン 3.9%
DMM Bitcoin 7.6%
bitFlyer 5.9%

こちらの記事でビットコインのスプレッドについてまとめています。

ビットコインのスプレッドは取引所・販売所によって異なります。取引手数料が無料でもスプレッドで損をしている可能性があるので注意しましょう。スプレッドが狭い取引所を選び、トレードの利率を高めるためにもこの記事を読んでおきましょう。
 

イーサリアムのスプレッド比較表

販売所 スプレッド
Coincheck 9.6%
GMOコイン 3.9%
DMM Bitcoin 11%
bitFlyer 3.8%

こちらの記事でイーサリアムのスプレッドについてまとめています。

イーサリアムのスプレッドは取引所・販売所ごとに異なります。たとえ、取引手数料が無料であってもスプレッドで損をしているかもしれないので注意して下さい。スプレッドが狭い取引所を選び、投資の利益を高めましょう。
 

リップルのスプレッド比較表

販売所 スプレッド
Coincheck 7.0%
GMOコイン 5.8%
DMM Bitcoin 11.8%
bitFlyer 12.1%

こちらの記事でリップルのスプレッドについてまとめています。

リップルを安く購入するためには手数料やスプレッド(実質的手数料)が安い取引所を利用しなければなりません。この記事ではリップルのスプレッドが安い取引所をランキング形式で紹介しています!また、リップルを安く購入する方法を解説しています!
 

ビットコインキャッシュのスプレッド比較表

販売所 スプレッド
Coincheck 8.9%
GMOコイン 6.7%
bitFlyer 9.2%

ライトコインのスプレッド比較表

販売所 スプレッド
Coincheck 8.5%
GMOコイン 6.7%
bitFlyer 4.7%

国内主要取引所のスプレッド比較

取引所 BTC ETH XRP BCH LTC
bitbank
(取引所)
0.01% 0.005% 0.27% 0.005% 0.1%
GMOコイン取引所 0.7% - - - -
GMOコイン販売所 3.9% 3.9% 5.8% 6.7% 6.7%
bitFlyer取引所 0.18% - - - -
 bitFlyer販売所 5.9% 3.8% 12.1% 9.2% 4.7%
DMMBitcoin
(販売所)
7.6% 11% 11.8% - -
Coincheck取引所 0.2% - - - -
Coincheck販売所 5.9% 9.6% 7.% 8.9% 8.5%

やはり、仮想通貨取引所の方が圧倒的にスプレッドが狭いですね。

ただ見ての通り、取引所は対応コインが極端に少ないです。

アルトコインを売買したい方は、自分でスプレッドをうまく節約しながら取引をしていく必要があります。

 

仮想通貨のスプレッドを節約するコツ!

スプレッドを節約する
3つのポイント

  1. 複数の取引所を使い分ける
  2. 相場が落ち着いている時に取引する
  3. 販売所で売買しない

複数の取引所を使い分ける

先ほどの比較表を見ればわかるように、スプレッドは取引所ごとにそれぞれ異なります。

あらかじめ複数の取引所に登録しておいて、その中からスプレッドの狭い取引所をチョイスして取引していく、というやり方ならば常に最安値のスプレッドで取引が可能です。

取引所の複数登録はリスクヘッジのためにも非常に大切です。

こちらの記事で複数登録の重要性を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?仮想通貨投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!
 

相場が落ち着いている時に取引する

仮想通貨は比較的、株や法定通貨と比べて値動きがとても激しいです。

価格の上下が激しい荒れた相場では、スプレッドは大きくなる傾向があります。

反対に、仮想通貨の値動きが安定しているときにはさほどスプレッドは大きくなっていません!

提示された価格で簡単に仮想通貨を売買できる販売所にて取引をするのであれば、比較的価格が安定している時に取引をするのが良いでしょう。

こちらでリアルタイムのチャートを見ることができます↓↓

販売所で売買しない

そもそも販売所を使わなければスプレッッドはそこまで気になるものではありません。

安く取引することを第一に考えている方は取引所を使いましょう!

ただ、販売所は操作が簡単で、取引量に関係なくいつでも注文が通るというメリットがあるので、初心者の方は販売所を使うのが良いと思います。

仮想通貨のスプレッドに関するQ&A

スプレッドに関するQ&Aを紹介

「手数料無料」でもスプレッドはあるんですか?

あります。

仮想通貨取引所の公式サイトで「取引手数料無料」と明記されていても、スプレッドはあると考えて良いでしょう。

売値と買値の差がスプレッドですので、取引所に登録したらまずはスプレッドがどの程度広いのかをチェックするのがおすすめです。

スプレッドが重要な理由ってなんですか?

スプレッドを気にしないで取引していると、損失が予想以上に膨らんでいたり、利益が思ったより出ていなかったりします。

いかにスプレッドを抑えるかを意識することでより大きな利益を狙うことができます。

また、スプレッドは取引所ごとに異なるので、複数の取引所に口座を作っておくのがおすすめです。

スプレッドはなぜ広がるんですか?

販売所でスプレッドが広がる場面として多いのは、相場が不安定な時です。

相場が不安定な時は、販売所の運営会社が損失を被らないように、スプレッドをわざと広くしてリスクを減らしているのです。

スプレッドの計算方法を教えてください。

方法1.買値−売値=スプレッド
方法2.(買値−売値)÷(買値+売値÷2)=スプレッド(%)

ご参考ください!

仮想通貨のスプレッド まとめ

今回は仮想通貨のスプレッドとスプレッドの安いおすすめ取引所を紹介しました!

販売所での取引はとても簡単なので便利ですが、その分スプレッドという大きな手数料がかかってしまうことは意識しておく必要があります。

総合的に一番スプレッドが狭かったbitbank(ビットバンク)なら費用を大幅に節約することができるはずです!

スプレッドを節約するなら!

bitbankで取引を始める!

bitbank(ビットバンク)の登録・口座開設方法を画像付きで詳しく解説しています。さらに、すぐに取引が始められるように、2段階認証の設定方法や日本円の入金方法、スマホアプリの使い方も解説しています。