スプレッドが広ずぎて儲からない!狭い取引所が知りたい…
これを読んでるあなたは、このような不満がありませんか?

 仮想通貨ビットコイン投資では、手数料だけでなくスプレッドを抑えることが利益を出す上で必要不可欠です。
それなのに、まだスプレッドの広い取引所を利用していませんか?

そんなあなたのために今回は

  • スプレッドが狭い取引所比較一覧表
  • スプレッドを節約するコツ
  • スプレッドが0%?おすすめ取引所3選

をご紹介します。

スプレッドは何か、これから仮想通貨ビットコイン投資を始める人にも分かるよう解説しています。
今より儲かりたい投資家から初心者まで、ぜひご覧ください。

この記事をまとめると…

  • スプレッドとは「買値-売値
  • スプレッドの節約術は3つ!
  • スプレッドが最も狭いのは
    bitbank(ビットバンク)
  • 取引所形式を利用するなら
    GMOコイン
  • 販売所・取引所の良いとこどりは
    DMM Bitcoin
1.取引所一覧

ビットコインのスプレッドが狭い取引所比較一覧表

取引所
BTC
ETH
XRP
公式サイト

(販売所)
2.9% 3.9% 4.3% 詳細を見る

(取引所)
0.11% 0.9% 0.7%

(取引所)
0.01% 0.0052% 0.27% 詳細を見る
仮想通貨モナコインの取引所(GMOコイン)
(販売所)
2.9% 3.8% 12% 詳細を見る
仮想通貨モナコイン(MONA)取引所dmmbitcoin
(販売所)
7.6% 11% 11% 詳細を見る
仮想通貨モナコイン(MONA)取引所dmmbitcoin
(BitMatch)
なし なし なし

(販売所)
6.6% 2.5% 10% 詳細を見る

(販売所)
5.9% 9.6% 10% 詳細を見る

スプレッドの狭い暗号資産取引所と、BTC・ETH・XRPにかかるスプレッドは以上のとおりです。

最もスプレッドが狭いのは、bitbankの取引所形式です。
またGMOコインの販売所形式もお得に利用できます

販売所形式・取引所形式の違いは以下の表のとおりです。

- 取引相手 メリット デメリット
販売所
形式
仮想通貨
取引所

・いつでも簡単に売買できる
・すぐに購入できる

・スプレッドにより割高
・売却価格は割安
取引所
形式
ユーザー同士 ・安値で買い、高値で売れる
・手数料を大幅に削減できる
・注文数の一部しか
約定しない時がある
・少し時間がかかる可能性がある

販売所形式・取引所形式ともに、それぞれ違いがあります。
初心者は簡単に取引できる、販売所形式から始めましょう。

初心者におすすめ

2.基礎知識

仮想通貨・ビットコインのスプレッドとは?

そもそもスプレッドって何?

仮想通貨・ビットコインの
スプレッドとは?

  • 買値-売値の差」のこと
  • 基本的に販売所だけで発生する
  • 販売所の実質的な手数料
  • 知らない間に損してるかも!

スプレッドとは①「買値-売値の差」のこと

買値−売値=スプレッド

仮想通貨のスプレッドとは、仮想通貨を取引所で購入・売却する際に発生する買値と売値の差のことです。
もし同じタイミングで購入し売却すると損をするようになっています。

また手数料が無料となっていてもスプレッドは基本発生しているので注意してください。

スプレッドとは②基本的に販売所だけで発生する

実は、暗号資産(仮想通貨)取引所は「販売所」「取引所」の2種類に分けられます。
この2つの総称を暗号資産取引所と呼びます。

販売所とは

販売所では、販売所を運営する企業とユーザーが取引を行います。

ユーザーは企業の決めた価格で暗号資産(仮想通貨)を購入・売却する仕組みになっています!

そのため、購入価格と売却価格に差が生まれてしまい、販売所ではスプレッドが発生するようになっています

取引所とは

一方、取引所では取引所に参加しているユーザー同士で取引をします。

取引所では自分が希望する購入・売却価格を提示することが可能になっています。
ユーザーはお互いの希望を出し、一致すると取引が成立する仕組みです!

自分たちで自由に価格を決めることができるので取引所ではスプレッドがほとんど発生しません!

「取引所」の方がスプレッドが狭い!

このように、スプレッドは売買価格が運営会社によって指定されている販売所で発生するようになっています。

取引所はユーザーが自ら価格を指定するシステムであるため、スプレッドは極小です。

お得に取引をしたい人は取引所を利用するようにしましょう!

初心者におすすめ

スプレッドとは③実質的な手数料

販売所の"手数料無料"には注意!

国内のほとんどの販売所では取引手数料が無料です。
しかし手数料無料と記載されていても実際にはスプレッドが発生しています。

スプレッドは、販売所の実質的な手数料というわけです。

販売所を運営しているのは企業ですから、利益がなければ運営を続けることはできません。スプレッドは運営会社の貴重な収益源なのです。

スプレッドとは④知らない間に損してるかも?

ビットフライヤーのスプレッド画像

こちらは実際のbitflyerのビットコインのスプレッドです。
取引では買値と売値の差の分だけ損の状態からスタートすることになります。

上記画像の場合、購入したその瞬間に37,079円損している状態になります。そのため40,000円くらい価格が上がらないと利益が出ません!

そのためいかにしてスプレッドを抑えられるかが、より大きな利益を得られるかの鍵となります。

2.基礎知識

仮想通貨ビットコインのスプレッドを節約するコツ

スプレッドを節約してお得に取引しよう!

スプレッド節約術①スプレッドの狭い取引所を使う

スプレッドの狭い取引所を3つ紹介!

取引所ごとにスプレッドは異なります。

ですので、まずはスプレッドの狭い取引所を探すことから始めましょう。

今回は、暗号資産(仮想通貨)の専門家である私たちCoinPartner(コインパートバー)が、国内全25社の中からスプレッドが特に狭い取引所を3つ厳選しました!

特にGMOコインは販売所・取引所ともにスプレッドが狭いです。
また手数料も国内取引所でダントツの安さを誇ります。

GMOコインの詳細はこちら

初心者におすすめ

スプレッド節約術②複数の仮想通貨取引所を使い分ける

最安のスプレッドをいつでも発見できる!

取引所の使い分けは、スプレッドを節約するのにとても効果的です!
スプレッドは取引所ごとに異なる上に、常に変動しています。

つまりあらかじめ複数の取引所に登録しておけば、常に最安値のスプレッドを見つけて取引することができるということです!

取引所の複数登録はリスクヘッジのためにも非常に大切で、複数登録を推奨しています。
こちらの記事で複数登録の重要性を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スプレッド節約術③販売所で売買する回数を減らす

できるだけ販売所での取引は控える

そもそも販売所を使わなければスプレッドはそこまで気になるものではありません。
安く取引することを第一に考えている方は取引所を使いましょう!

しかし販売所には操作が簡単で、取引量に関係なくいつでも注文が通るというメリットがあります。
初心者の方は慣れるまで販売所を使うのが良いでしょう。

3.ランキング

仮想通貨ビットコインのスプレッドが狭い取引所①GMOコイン

仮想通貨ビットコインのスプレッドが狭い取引所①GMOコイン

GMOコインの特徴

取引所と販売所の両方があり、どちらもスプレッドが非常に狭くなっています。
販売所のスプレッドも、他と比較すると狭いことがわかります。

また販売所は操作がとてもシンプルでわかりやすいので初心者の方にオススメです!

口座開設は最短10分で完了してしまうほど簡単なので、初心者の方はぜひ登録してみてください!

GMOコインの詳細はこちら

初心者におすすめ

GMOコインのスプレッド比較表

 国内取引所  手数料 BTC ETH XRP BCH LTC XEM XLM BAT OMG
(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
0.11% 0.90% 0.70% 2.1% 2.6% 2.5% 3.0% - -
(販売所) 無料 3.9% 3.9% 5.8% 6.7% 6.7% 6.9% 7.6% 8.2% 9.2%
ビットフライヤーロゴ(販売所) 無料 5.9% 3.8% 12% 9.2% 4.7% 9.1% 9.3% 9.6% -
(販売所) 無料 7.6% 11% 11% - - - - - -
(販売所) 無料 5.9% 9.6% 7.1% 8.9% 8.5% 7.2% 6.9% 9.3% -

GMOコインは対応銘柄も多く全体的にスプレッドが狭いです。

またGMOコインはスプレッドだけでなく、手数料も安いです。
取引にかかるコストを抑えたい!という方にぴったりの取引所です。

GMOコインの手数料についてはこちら 

初心者におすすめ

3.ランキング

仮想通貨ビットコインのスプレッドが狭い取引所②bitbank(ビットバンク)

仮想通貨ビットコインのスプレッドが狭い取引所②bitbank

bitbank(ビットバンク)の特徴

bitbank(ビットバンク)はアルトコインの取引で人気を集めており、リップル取引量日本一、モナコイン取引量世界一の実績をもつ取引所です。

実は一つ目にご紹介したGMOコインよりもスプレッドは狭いですが、操作が若干難しいです。

そのためbitbankは仮想通貨取引にある程度慣れてきた中級者の方におすすめです!

bitbank(ビットバンク)の詳細はこちら

取引所を使うなら

bitbank(ビットバンク)のスプレッド比較表

 国内取引所  BTC ETH XRP BCH LTC MONA
bitbankロゴ(取引所) 0.01% 0.0052% 0.27% 0.0054% 0.12% 0.63%
(取引所) 0.11% 0.90% 0.70% 2.1% 2.6% -
(販売所) 3.9% 3.9% 5.8% 6.7% 6.7% -
ビットフライヤーロゴ(販売所) 5.9% 3.8% 12% 9.2% 4.7% 9.6%
(販売所) 7.6% 11% 11% - - -
(販売所) 5.9% 9.6% 7.1% 8.9% 8.5% 9.3%

bitbank(ビットバンク)は、最もスプレッドが狭い取引所です。

しかし取引所形式を使う場合、操作に少しコツが必要で中上級者向きと言えます。

そのためbitbankは操作に慣れた、中上級者におすすめしたい取引所です!

bitbank(ビットバンク)の詳細はこちら

中上級者向き

3.ランキング

仮想通貨ビットコインのスプレッドが狭い取引所③DMM Bitcoin

仮想通貨ビットコイン スプレッドが狭い取引所②DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは超大手企業DMM.comによって運営され、DMM FXは国内No.1口座数を誇りFX業者としても定評があります。

サービスの一つであるBitMatch注文は、販売所・取引所のハイブリッド注文方法です。

スプレッドがなく、ASK・BIDのミッド(仲値)価格で取引ができます
これにより、スプレッドを気にすることなく取引ができます。

DMM Bitcoinの詳細はこちら

BitMatchがお得!

4.まとめ

仮想通貨ビットコインのスプレッドに関するQ&A

「手数料無料」でもスプレッドはあるんですか?

基本的にスプレッドは明記されていない

「手数料無料」の記載されていてもスプレッドはあります。

暗号資産(仮想通貨)取引所の公式サイトで「取引手数料無料」と明記されていても、スプレッドはあると考えて良いでしょう。

売値と買値の差がスプレッドですので、取引所に登録したらまずはスプレッドがどの程度広いのかをチェックするのがおすすめです。

スプレッドが重要な理由って何ですか?

スプレッドを気にしないと損失が大変なことに.....!?

スプレッドを気にしないで取引していると、損失が予想以上に膨らんでいたり、利益が思ったより出ていなかったりします。

いかにスプレッドを抑えられるかが、より大きな利益を得るための鍵になります。

こちらでスプレッドを節約する方法を解説しているので参考にしてみてください。

スプレッドは通貨ごとに違うの?

同じ取引所内でも通貨ごとにスプレッドは異なる

スプレッドは通貨ごとに違います。

同じ取引所だとしても「ビットコインは広いのにイーサリアムは狭い」なんてこともよくあります。

こちらで各取引所のスプレッドを通貨別に比較しているので参考にしてみてください。

スプレッドはなぜ広がるんですか?

価格変動が激しいときはスプレッドが広い

販売所でスプレッドが広がる場面として多いのは、相場が不安定な時です。

相場が不安定な時は、販売所の運営会社が損失を被らないように、スプレッドをわざと広くしてリスクを減らしていると考えられます。

スプレッドの計算方法を教えてください

ぜひご活用ください!

方法1.買値−売値=スプレッド
方法2.(買値−売値)÷(買値と売値の平均)=スプレッド(%)

こちらでリアルタイムでの取引所スプレッドを確認できるのでご活用ください。

4.まとめ

仮想通貨ビットコインのスプレッドまとめ

いかがでしたか?

今回はスプレッドの狭い取引所をご紹介しました。

スプレッドは買値ー売値の価格差で、手数料と同じように取引においてかかるコストです。
取引を頻繁にする方や、短期トレードを行う方は特に狭いスプレッドを使いましょう。

特に初心者の方は、簡単かつすぐに取引が成立する「販売所」形式から使うようにしましょう。
おすすめはGMOコインで、基本手数料も無料とコストを抑えることができます

スプレッド・手数料などのコストを抑えて、少しでもビットコイン投資で稼げるようになりましょう!

初心者におすすめ