仮想通貨のスプレッドってなんだろう?

そんな風に思っていませんか?

仮想通貨を始めると、新しい単語がたくさん出てきて分かりづらいですよね。

今回の記事では、仮想通貨取引所の実質的な手数料となっているスプレッドについて画像付きで分かりやすく解説します!

さらにスプレッドの狭いお得な国内取引所を紹介します!

スプレッドを節約するなら!

スプレッドの狭い取引所はココ!

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは、仮想通貨を取引所で購入・売却する際に発生する買値と売値の差のことです。

仮想通貨取引ではスプレッドが存在しているので、同じタイミングで仮想通貨を購入し売却すると損をするようになっています!

 

「自分の購入した仮想通貨が少し値上がりしたから売ろう!」と考えても、購入したときのスプレッドが広いとその時点で損からスタートしているので

意外と利益が出ていないことがあります。

そのため、スプレッドについて理解のある人はスプレッドの狭い取引所を選び、購入時の損を少なくします


こちらは、実際のbitflyerのビットコインのスプレッドです。

この買値と売値の差の分だけ損の状態からスタートすることになります

この場合は17,000円損している状態です。そのため、20,000円くらいビットコインの価格が上がらないと利益が出ません!

こういったハンデを避けるために、スプレッドが狭い取引所を利用するようにしましょう

 

仮想通貨のスプレッドが発生するワケ

仮想通貨取引所で必ずしも大きなスプレッドが発生するわけではありません。

スプレッドは販売所だけで発生する

仮想通貨取引所にはスプレッドが発生すると説明してきましたが、実は仮想通貨取引所には仕組みによって

  • 仮想通貨販売所
  • 仮想通貨取引所

の2種類に分けられます。

この2つの総称が仮想通貨取引所になっています。

仮想通貨販売所では、販売所を運営する企業とユーザーが取引を行います。

上の画像のようにユーザーは企業の決めた価格で仮想通貨を購入・売却する仕組みになっています!

そのため、購入価格と売却価格に差ができ仮想通貨販売所ではスプレッドが発生するようになっています

 

一方、仮想通貨取引所では取引所に参加しているユーザー同士で取引をすることになります。

取引所では自分が希望する購入・売却価格を提示することが可能になっています。

ユーザーはお互いの希望を出し、一致すると取引が成立する仕組みになっています!

取引所は価格を指定していないのでスプレッドがほとんど発生しません

このように、スプレッドは購入・売却の価格が運営会社によって指定されている仮想通貨販売所で発生するようになっています。

仮想通貨取引所ではユーザーが自ら価格を指定するシステムであるため、スプレッドはほとんど発生していません!

お得に仮想通貨を購入したい人は仮想通貨取引所を利用するようにしましょう

 

取引所と販売所の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

スプレッドは実質的な手数料になる

スプレッドは、販売所の実質的な手数料になっています

日本国内のほとんどの販売所では取引手数料が無料になっています。

しかし、販売所を運営しているのは企業ですから、利益が無ければ運営を続けることはできません。

そのため、販売所はスプレッドを発生させることで、自分たちの利益としているのです。

国内主要取引所のスプレッド比較

取引所 ビットコイン イーサリアム リップル
bitbank 1円 285円 ほぼなし
GMOコイン 取引所:67円
販売所:10,784円
取引所:66円
販売所:1,084円
取引所:0.03円
販売所:3円
BITPoint 775円 149円 0.07円
Liquid by Quoine 16円 20円 0.1円
DMMBitcoin
(販売所)
2,500円 700円
Coincheck
(販売所)
17,380円 988円 3円

やはり、仮想通貨取引所の方が圧倒的にスプレッドが小さいです。

節約して取引したい場合には仮想通貨取引所を利用するようにしましょう!

仮想通貨のスプレッドがお得な取引所

bitbank 

bitbank

会社名 ビットバンク株式会社
運営開始日 2014年5月
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP
BCH,LTC,MONA

スプレッドを節約するなら!

bitbankで取引を始める!

bitbankは2014年から運営されている比較的古株の仮想通貨取引所です。

bitbankは、アルトコインの取引で人気を集めており、リップルの取引量では日本一の実績を持っています。

bitbankでの取引は全て「取引所」であるため、とても狭いスプレッドで取引することができます。

また、取引手数料もMakerであれば-0.02%と、手数料が貰える仕組みになっているため、安くアルトコインを購入したい方にはおすすめの取引所です!

通貨名 スプレッド
ビットコイン(BTC)  1円
 イーサリアム(ETH) 285円
 リップル(XRP) ほぼなし
ライトコイン(LTC) 34円
ビットコインキャッシュ(BCH) ほぼなし
モナコイン(MONA) 0.08円

bitbankの公式サイトへ

スプレッドを節約するなら!

bitbankで取引を始める!

 bitbankについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の評判についてメリット・デメリットから徹底解説します!リップル(XRP)の国内取引高No.1のbitbankをTwitterなどの口コミから分析します!ビットバンクの登録方法も丁寧にご紹介!

 

GMOコイン 

会社名 GMOコイン株式会社
運営開始日 2016年10月
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP,BCH
LTC,XEM,XLM

GMOコインで取引を始める!

GMOコインは2016年から運営している仮想通貨取引所です!

GMOコインは東証1部上場企業のGMOインターネットグループのグループ企業なので安心感があります。

 

GMOコインは、「取引所」「販売所」の両方で取引をすることができます。

そのため、自分の状況や目的に合わせて仮想通貨の取引方法を変更することができます!

ただし、GMOコインの販売所はスプレッドがとても広い傾向にあるので注意するようにしましょう!

通貨名 取引所の
スプレッド
販売所の
スプレッド
ビットコイン(BTC) 67円   10,784円 
イーサリアム(ETH) 66円 1,084円
リップル(XRP) 0.03円 3円
ライトコイン(LTC) ほぼなし 436円
ビットコイン
キャッシュ(BCH)
21円 1,032円
ネム(XEM) 284円
ステラルーメン(XLM) 406円

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインで取引を始める!

 GMOコインについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 

仮想通貨のスプレッドを節約するコツ!

販売所で売買しない!

安く購入することを第一に考えている場合には、販売所で取引をすることはおすすめできません。

これまでにも説明したように、販売所はスプレッドが大きくなりやすい傾向になります。

スプレッドが存在すると仮想通貨は最安値で購入することができません。

販売所にも買いやすさなどのメリットはありますが、安さ重視なら取引所を利用するようにしましょう!

相場が落ち着いている時に取引する

仮想通貨は比較的、株や法定通貨と比べて値動きがとても激しいです。

価格の上下が激しい荒れた相場では、スプレッドは大きくなる傾向があります。

反対に、仮想通貨の値動きが安定しているときにはさほどスプレッドは大きくなっていません!

提示された価格で簡単に仮想通貨を売買できる販売所にて取引をするのであれば、比較的価格が安定している時に取引をするのが良いでしょう。

 

仮想通貨のスプレッド まとめ

今回は仮想通貨のスプレッドとスプレッドの安いおすすめの取引所を紹介しました!

販売所での取引はとても簡単なので便利ですが、その分スプレッドという大きな手数料がかかってしまうことは意識しておく必要があります。

総合的に一番スプレッドが狭かったbitbank(ビットバンク)なら費用を大幅に節約することができるはずです!

スプレッドを節約するなら!

bitbankで取引を始める!

bitbank(ビットバンク)の登録・口座開設方法を画像付きで詳しく解説しています。さらに、すぐに取引が始められるように、2段階認証の設定方法や日本円の入金方法、スマホアプリの使い方も解説しています。