Coincheck(コインチェック)の手数料って高いの?安いの?

そう考えてはいませんか?

確かに、取引所に登録する前に手数料がどのくらいなのかは知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、コインチェックの手数料が他の取引所と比べて高いのかor安いのかを徹底調査しました!

この記事を読んで、コインチェックの手数料事情について理解を深めていただければ幸いです。

この記事を読んだらわかること

  • コインチェックの手数料は高いのかor安いのか
  • コインチェックで手数料を節約する3つのコツ
  • コインチェックに向いている人

Coincheck(コインチェック)の主要手数料一覧

日本円の入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770〜1018円
クイック入金 770〜1018円
暗号資産取引手数料 取引所 無料
販売所 無料
販売所のスプレッド 約6.0%
日本円の出金手数料 407円
暗号資産の送金手数料 0.001BTC
(変動あり)

上記がコインチェックの主要手数料になります。

しかしこれだけ見ても、コインチェックの手数料が安いのか高いのか分かりませんね。

そこでここからは、コインチェックの各手数料を他の取引所と比較してきたいと思います。

 

Coincheck(コインチェック)の手数料5つを他の取引所と比較してみた

コインチェックの手数料は高い?安い?

1.日本円の入金手数料

コインチェック 銀行振込 無料(※1)
コンビニ入金 770〜1018円
クイック入金 770〜1018円
GMOコイン 銀行振込 無料(※1)
即時入金 無料
DMM Bitcoin 銀行振込 無料(※1)
クイック入金 無料
bitFlyer 銀行振込 無料(※1)
クイック入金 無料〜330円
BITMAX 銀行振込 無料(※1)
LINE Pay 110円

※1:振込手数料は自己負担

コインチェックの入金手数料は高めのようですね。

銀行振込手数料は無料ですが、それは他の取引所も同じです。

そうなると、クイック入金(即時入金)手数料が無料であるGMOコインDMM Bitcoinを使うのが無難だと言えるでしょう。

コインパートナー編集部が実際に確認したところ、GMOコインの方が入金の操作が簡単でしたので、初心者の方にはGMOコインがオススメです。

GMOコインの詳細はこちら

2.暗号資産の取引手数料

コインチェックには販売所と取引所の2つの売買窓口があります。

販売所とはユーザーと運営会社が取引する場所のこと、取引所とはユーザー同士が取引する場所のことです。

  • 販売所=コンビニ
  • 取引所=魚市場

のように考えると分かりやすいです。

それを踏まえて、それぞれの取引手数料を見てみましょう。

販売所 取引所
コインチェック 無料 Maker:0%
Taker:0%
GMOコイン 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer 無料 無料
BITMAX 無料
bitbank 無料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%

販売所の取引手数料は無料です。

それに対して取引所の手数料はMakerとTakerの二種類に分かれています。

  • Maker:取引板に新たに注文を出した人
  • Taker:Makerが出した注文を受注した人

取引所はユーザー同士が売買する場所ですので、最初に注文を出す人がいなければ取引が始まりません。そのため多くの取引所では、Makerが手数料をもらうことができる「マイナス手数料」が導入されています。

一見、マイナス手数料である方が嬉しいように感じますが、よほどの金額を取引しない限り、その恩恵は微々たるものです。

初心者の方はあまり気にせずにコインチェックを選んでしまっても問題はないでしょう。

コインチェックの詳細はこちら

3.販売所のスプレッド(BTC)

コインチェック 5.9%
GMOコイン 3.8%
DMM Bitcoin 1.2%
bitFlyer 7.4%
BITMAX 2.9%

販売所の取引手数料は無料でしたが、販売所では"見えない手数料"と呼ばれるスプレッドが存在することに注意が必要です。

スプレッドとは売値と買値の差ことです。これが販売所が回収している実質的な手数料となっています。

スプレッドは日々変動していますが、広いところはいつでも広く、狭いところはいつでも狭いという傾向があります。

コインチェックのスプレッドはぼちぼち高いといったところでしょうか。

スプレッドの狭い販売所を使うならDMM Bitcoinを選ぶのが良さそうですね。

DMM Bitcoinの詳細はこちら

4.日本円の出金手数料

コインチェック 407円
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer 220〜770円
BITMAX 銀行振込 400円
LINE Pay 110円

コインチェックの出金手数料は高いですね。

出金の際にはGMOコインかDMM Bitcoinを使うのが良いでしょう。

コインパートナー編集部が確認したところ、出金の申請はGMOコインの方が操作が簡単でした。

GMOコインの詳細はこちら

5.暗号資産の送金手数料

BTC ETH XRP
コインチェック 0.001BTC 0.01ETH 0.15XRP
GMOコイン 無料 無料 無料
DMM Bitcoin 無料 無料 無料
bitFlyer 0.0004BTC 0.005ETH 無料
BITMAX 0.001BTC 0.005ETH 0.15XRP

コインチェックのBTC送金手数料は0.001BTCです。執筆時現在の価格(1BTC=400万円)で換算すると約4000円ということになります。

お世辞にも安いとは言えませんね。

暗号資産の出金の際にもGMOコインがDMM Bitcoinを使うのが良いでしょう。

また、暗号資産送金の作業もGMOコインの方が操作が簡単でしたので、そちらを使うのが良いでしょう。

GMOコインの詳細はこちら

 

結論、Coincheck(コインチェック)の手数料は高い

コインチェックの手数料は高い、、、!

ここまで他の取引所と手数料を比較してきましたが、コインチェックの手数料は高かったですね。

手数料の安さを重視するのであればGMOコインかDMM Bitcoinを使うのが良いでしょう。

どちらか一つに絞るのであればGMOコインがオススメです。

理由は、

  • スプレッドが狭い「取引所形式」がDMMにはないが、GMOにはある
  • GMOの方が操作がかんたん
  • 自動で利益が出せるサービスがある

からです。

特に初心者の方は、まずは操作に慣れることが第一だと思いますので、まずはGMOコインを使って暗号資産(仮想通貨)取引を体験するのが良いでしょう。

GMOコインの詳細はこちら

手数料の安い仮想通貨取引所3選

手数料の安い仮想通貨取引所はココだ!

手数料の安い
仮想通貨取引所3選

  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • bitbank

GMOコイン:初心者の方に一番オススメ!

GMOコイン ロゴ

入金手数料 無料
取引手数料(販売所) 無料
取引時手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
スプレッド(BTC) 取引所:0.01%
販売所:3.8%
レバレッジ手数料 建玉ごとに
0.04%/日
出金手数料 無料
送金手数料(BTC) 無料

5分でかんたん登録

GMOコイン国内でも特に手数料が安いことで知られている仮想通貨取引所です。売買形式は、販売所・取引所・暗号資産FX・レバレッジ取引の4つがあり、全12銘柄の暗号資産を取り扱っています。

2021年4月に発表されたオリコン満足度総合ランキングでは堂々のNo.1を獲得。多くの日本人ユーザーから絶大な支持を集める大人気取引所です。

無駄なコストを抑えて仮想通貨投資をしたいという方にGMOコインはピッタリです!

5分でかんたん登録

登録の際はこちらの記事をご参考ください↓

DMM Bitcoin:サブの取引所としてオススメ!

DMMBITCOIN

入金手数料 無料
取引手数料 無料
スプレッド(BTC) 1.2%
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04%/日
出金手数料 無料
送金手数料(BTC) 無料

DMM Bitcoinは先程のGMOコインと並ぶ、手数料の安い取引所として知られています。

手数料の安さ自体は先程のGMOコインとそこまで変わりませんが、DMMは現物の取り扱いが少ないのが難点です。対応している現物はBTC・ETH・XRPの3銘柄しかありません。

逆にこの3銘柄しか取引する予定のない方は、DMM Bitcoinもサブの取引所として持っておくと便利だと思います。(スプレッドなどは常に変動しているため)

ご自分の投資スタイルと相談して、利用するか検討してみてください。

登録の際はこちらの記事をご参考ください↓

bitbank(ビットバンク):中級者の方にオススメ!

bitbank(ビットバンク)

入金手数料 無料
取引手数料(販売所) 無料
取引時手数料(取引所) Maker:-0.02%
Taker:0.12%
スプレッド(BTC) 取引所:0.07%
販売所:2.0%
出金手数料 無料
送金手数料(BTC) 無料

bitbank(ビットバンク)は2014年に設立された古参の仮想通貨取引所です。

元々は取引所形式(板取引)サービスのみを提供していたため、現在でもイーサリアムやリップルの取引量が非常に多いのが特徴です。

アルトコインの取引に力を入れていく予定の方は、bitbankへの登録はマストだと言っても良いでしょう。

登録の際はこちらの記事をご参考ください↓

手数料が高いはずのCoincheck(コインチェック)が人気な4つの理由

コインチェックは手数料が高いのに初心者人気がすごい!

先ほどコインチェックの手数料は高いことが分かりました。

しかし実は、コインチェックは手数料が高いにも関わらず、国内で三本の指に入るほどの人気を誇っている取引所なのです。

一体なぜコインチェックはそこまで人気なのでしょうか。

ここからはそのコインチェックの人気の秘密に迫っていきたいと思います。

コインチェックが人気の秘密4つ

  1. どの取引所よりも圧倒的に使いやすい操作画面
  2. ビットコインの取引所手数料が無料
  3. コインチェックでしか売買できない銘柄がある
  4. 自動で利益が出せるサービスがある

1.どの取引所よりも圧倒的に使いやすい操作画面

コインチェックのアプリ画面

コインチェックの操作画面はシンプルなデザインで非常に使いやすいのが特徴です。

初心者の方でも数分で使いこなせるようになるほど、複雑な操作が一切ありません。

その証拠に、スマホアプリのDL数は国内No.1の300万DLを突破する人気っぷりです。

使いやすさNo.1

2.ビットコインの取引所手数料が無料

コインチェックではビットコインの取引所手数料が無料となっています。

MakerだけでなくTaker手数料も無料なところはかなり珍しいです!

コインチェックは「これからビットコインの取引を始める予定!」という方にピッタリの取引所だと言えるでしょう。

ビットコインの取引なら

3.取引できる銘柄が日本一豊富

コインチェック 取扱銘柄16種類

コインチェックの取り扱い銘柄数は16種類です。これは国内取引所の中では一番多い数字となっています。

銘柄によって値動きは異なるため、売買できる銘柄が多ければ、その分利益を狙えるチャンスも大きくなります。

「ビットコイン以外の仮想通貨も気になる....!」という方はぜひコインチェックを使ってみてください。

取り扱い銘柄数国内No.1

コインチェックの取り扱い銘柄について知りたい方はこちら↓

4.自動で利益が出せるサービスがある

初心者向けの嬉しいサービスが盛りだくさん!

コインチェックには、いちいち取引画面を操作しなくても自動で利益が出せてしまう魅力的なサービスがあります。

  • Coincheckつみたて
    月に1万円からコツコツと仮想通貨を積み立てていく
  • 貸仮想通貨サービス
    コインチェックに自分の仮想通貨を貸し出し、報酬の利息を受け取る。

これらのサービスは、最初の設定さえしてしまえば、あとは自動で利益を出してくれます。

もちろん利益は小額ですが、損失を出すリスクが低い上に、ずっとチャートに張り付いておく必要がないので、初心者の方にオススメです。

仮想通貨デビューするなら

Coincheckつみたての詳細はこちら↓

Coincheck(コインチェック)の手数料を節約するコツ

ここまで読み進めているあなたは、コインチェックに登録するかどうか、少し揺らいでいるのではありませんか?

「コインチェックが人気な理由はわかったけど、やっぱり手数料が、、、」

なんてお悩みのあなたに、コインパートナー独自の手数料を節約する3つのコツを紹介します!

上手く手数料を節約する方法を知れば、他の取引所と同じようにお得に取引することができます。

これらの方法を駆使して、手数料の高い取引所でもお得に売買できるようになっていただければ幸いです。

コインチェックで
手数料を節約する3つの方法

  1. 販売所で頻繁に売買しない
  2. 細かい入出金、送金はしない
  3. 手数料が安い取引所と使い分ける

販売所で頻繁に売買しない

頻繁に売買をしていると、手数料がかさんでしまう。

コインチェック販売所のスプレッドは基本的に高いです。

販売所で頻繁に売買をしてしまうと、その分スプレッドを多く取られてしまうでしょう。取引のタイミングを見極めて、回数を抑えるのがオススメです。

また、相場が荒れている際はスプレッドが広がりやすい傾向があるため注意です。

細かい入出金、送金はしない

大きな金額をまとめて動かそう!

入出金手数料、送金手数料はその額に関係なく毎回同じだけかかります。

細かく入出金・送金を何度もしていると手数料がかさんでしまいます。

出金、送金はなるべく大きな額をまとめて行い、その回数を減らすようにしましょう

手数料が安い取引所と使い分ける

コインチェック+αの使い分けがオススメ!

コインチェックは手数料が高いのが難点ですが、使いやすさに関しては国内随一の定評があります。

そのためコインチェックだと手数料が高くなってしまう工程は他の取引所で行い、コインチェックでは取引だけを行うといった使い分けが適していると言えます。

取引所の複数登録は珍しいことではありません。

どこの取引所でも口座開設にお金は一切かかりませんし、最短即日でできるとこもあるほど簡単です。

ぜひ色々な取引所を試してみてください↓

Coincheck(コインチェック)の手数料まとめ

この記事の内容をまとめると....

  • コインチェックの手数料は高い....
  • 手数料の安さ重視ならGMOコインがオススメ!
  • 使いやすさ重視ならコインチェックを使おう!

【国内主要取引所との手数料比較表】

入金
手数料
取引手数料
(販売所)
取引手数料
(取引所)
スプレッド
(BTC)
出金
手数料
送金
手数料
コインチェック 銀行:無料
クイック:770~1018円
無料 Maker:0%
Taker:0%
5.9% 407円 0.001BTC
GMOコイン 銀行:無料
即時:無料
無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
3.8% 無料 無料
DMM Bitcoin 銀行:無料
即時:無料
無料 - 1.2% 無料 無料
bitFlyer 銀行:無料
即時:無料~330円
無料 無料 7.4% 220~770円 0.0004BTC
BITMAX 銀行:無料
LINEPay:110円
無料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
2.9% 銀行振込:400円
LINEPay:11円
0.001BTC

(一番安いところが赤色)

コインチェックの手数料は高かったですね。

手数料の安さを重視されている方はGMOコインを使うのが良いでしょう!GMOコインであれば、資金の入金→取引→利益の出金まで、できるだけコストを節約して利用できます。

また「手数料が少しかかってもいいから、使いやすい簡単な取引所が良い!」という方はシンプルなデザインが魅力のコインチェックを使ってみるのが良いでしょう。

手数料の安さを重視するなら

使いやすさを重視するなら