「仮想通貨の取引所っていっぱいあってよくわからない。全部同じじゃないの?」

こんな悩みを抱えて適当に取引所を選ぶと、思わぬところで損してしまうかもしれません。

でも安心してください!今回は仮想通貨の専門家CoinPartner(コインパートナー)が、国内全ての仮想通貨・ビットコイン取引所を実際に利用して付けたランキングを紹介します!

これに沿って始めれば取引所選びは間違いありません!

早速ランキングNo.1をチェック!

 
仮想通貨取引所ランキング 1位

1位:Coincheck(コインチェック)

coincheck コインチェック

*暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長 第00014号

Coincheckの特徴
  • ビットコイン取引手数料が無料!
  • マネックス(東証一部上場)傘下の信頼性!
  • 圧倒的に使いやすいから初心者に一番オススメできる!

おすすめ取引所No.1


Coincheck(コインチェック)」は2012年に設立された超老舗の仮想通貨取引所です。

当サイトでの人気ランキング1位・初心者登録数1位・信頼性の高い取引所ランキング1位など多くのランキングを独占しています!

ビットコインを含めた国内最多13種類の暗号資産(仮想通貨)を取引可能!

口座開設はたった1〜3日程度で完了でき、めんどうな書類の郵送などは不要です!

これから暗号資産(仮想通貨)を始める初心者の方に一番おすすめな取引所となっています!

Coincheckの登録方法こちら↓

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。

Coincheckの評価項目

入金手数料 無料
出金手数料 400円
送金手数料 0.001 BTC
販売所の手数料 無料
取引所の手数料 無料

Coincheckは取引手数料がすべて無料です。

そのため暗号資産(仮想通貨)の売買で手数料がかかることはありません。

販売所の手数料が無料の取引所は多いですが、販売所・取引所の両方で手数料が無料の取引所は大変珍しいです!

Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?お得に取引するコツや他の取引所との比較 | CoinPartner(コインパートナー)
ハッキング事件により新規口座開設を停止していたcoincheckが一部サービスを開始いたしました!そんなcoincheckの手数料は?安く抑えるためのポイントを解説していくとともに、他取引所との比較もしました!
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)

Coincheckの取り扱い通貨は13種類と日本トップクラスに多く、ここでしか買えない暗号資産(仮想通貨)も数多く存在します。

特にリスク・ファクトム・ネム・ステラ・クアンタムは、他に取り扱っている取引所が非常に少ないです。

アルトコインは急な値上がりがしやすく、すぐに対応するためにCoincheckへの登録をおすすめします。

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨・銘柄一覧!各仮想通貨の特徴や今後の将来性を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨は13種類あります。この記事では、取引所を選ぶ上で気になる取り扱い通貨について、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説しています!

Coincheckは最も使い勝手のいい取引所として有名です。

特にスマホアプリが優れており、ダウンロード数は230万以上と暗号資産(仮想通貨)取引所としては日本一です。

また「スマホから10秒で買える」ほど、操作に迷うことはありません。

さらに、ビットコインをはじめ10種類の暗号資産(仮想通貨)の価格をアプリを起動せずに簡単に確認できるウィジェット機能も搭載!

他の取引所にはない優れたウィジェット機能のおかげで、急な価格変動にもすぐに対応できます!

もちろん、本格取引に向いた取引画面も充実しており、上級者でも満足できます。

Coincheck(コインチェック)アプリの使い方!購入方法から便利機能の使い方まで画像付きで徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)のアプリで暗号資産(仮想通貨)の取引は簡単にできます。この記事では、Coincheckのアプリの使い方をお教えします。これを読めば、アプリの始め方や暗号資産(仮想通貨)の購入方法、便利な機能の使い方まで全てわかります。

現在Coincheckの親会社は東証一部上場のマネックスグループで、信頼性は抜群です。

日本最大級の『マネックス証券』を運営するノウハウが生かされています。

また、大企業ならではのトラブル対応能力も期待できます。

Coincheckといえば、2018年のNEM流出事件です。

これはハッキングによるもので、その当時のセキュリティ不足が原因です。

しかしその後、マネックスの子会社となり、流出被害も補填されました。

セキュリティの大きな強化が行われ、2019年1月には金融庁の認可も受けています。

 

最短5分で口座開設!

Coincheckについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!

Coincheck(コインチェック)の特徴・評判・手数料・登録方法を全部解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)は、暗号資産(仮想通貨)初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。
 
仮想通貨取引所ランキング 2位

2位:GMOコイン

暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインのランキング画像

*暗号資産(仮想通貨)交換業者登録番号 関東財務局長 第00006号

GMOコインの特徴
  • 各種手数料がすべて無料!
  • 6年連続世界一のGMOグループが運営!
  • 土日祝含む365日のサポート体制で初心者も安心!

サブ取引所にピッタリ!

「GMOコイン」は6年連続でFX取引高世界一を記録しているGMOグループの運営する取引所です。

ビットコインを含むすべての通貨に関して基本的な手数料がすべて無料であるほか、手軽に取引ができるスマホアプリには定評があります。

土日祝含む365日のカスタマー対応を実現していて、初級者から上級者までお勧めできる 超人気の場所です!

GMOコインの登録方法はこちら。

GMOコイン口座開設の方法とは?登録の手順を画像付きでわかりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
GMOコインの新規登録・口座開設方法を画像付きで解説しました!この記事では、詳しい手順や、口座開設までにかかる日数、二段階認証の設定方法、GMOコインの入出金方法まで紹介しています。

GMOコインの評価項目

入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
販売所の手数料 無料
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04%/日

GMOコインは取引手数料・入手金手数料など、現物取引にかかる手数料がすべて無料です。

また通常は自己負担である送金手数料も、GMOコインでは全額取引所が負担してくれます。

定期的にスプレッド縮小キャンペーンも行なっているため、手数料がとても安い取引所です。

GMOコインの手数料は無料?他社と徹底比較!スプレッド/取引手数料/入出金手数料/レバレッジ手数料 | CoinPartner(コインパートナー)
ユーザー数の増加している人気のGMOコインですが、GMOコインの手数料は高いのでしょうか。この記事ではGMOコインでかかる8つの手数料別に詳しく解説しています。また、他の国内有名取引所と手数料を徹底比較しました。

GMOコインは国内でもっともサーバーが強い暗号資産(仮想通貨)取引所の1つです。

グループ会社であるGMOクリック証券は、世界一の取引高を誇るFX取引所を運営しているので、サーバー等に関するノウハウが蓄積されています。

GMOコインのサーバー強度はかなり強く、ダウンする心配はありません。

GMOコインの取り扱い通貨は以下の9種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)

どれも人気の暗号資産(仮想通貨)なので、必要十分な取り扱い通貨数です。

参考記事↓

【2020年】GMOコインの取り扱い通貨一覧!各通貨の特徴と将来性を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
GMOコインは、あらゆる手数料が無料でアプリも使いやすいというコインパートナーでも一番人気の取引所です。この記事では、そんなGMOコインの取り扱い通貨についてまとめました。これを読めば、各通貨の特徴と将来性がわかります!

GMOコインを運営するのは、東証一部に上場しているGMOインターネットグループです。

6年連続でFX取引高世界一を記録しているGMOクリック証券を運営するなど、金融分野において高い信頼感を持っています。

GMOコインの安全性は国にも認められており、金融庁から暗号資産(仮想通貨)交換業者としての認可も受けています

*暗号資産(仮想通貨)交換業者登録番号 関東財務局長 第00009号

GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー)
GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に参考にしてください。

GMOコインは使いやすさにも定評があります。

特にGMOコインの無料スマホアプリ「ビットレ君」は、ほとんどの暗号資産(仮想通貨)トレーダーが持っている必須ツールです。

ビットレ君ではワンタップで暗号資産(仮想通貨)を購入できるので、初心者でも簡単に暗号資産(仮想通貨)を始めることができます

また、移動平均線やMACD等の9種類のテクニカル指標が使えるので、チャートを見る上でも最適のツールです。

GMOコインやビットレ君の詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

【GMOコイン使い方】5分で分かる入金・出金・アプリでのFX取引方法 | CoinPartner(コインパートナー)
GMOコインの使い方を画像付きでわかりやすく教えます。登録・入出金方法から現物取引・暗号資産FXのやり方、アプリ「ビットレ君」の使い方まで徹底解説!この記事を読んで、人気取引所・GMOコインをバッチリ使いこなせるようになりましょう!

最短5分で口座開設!

GMOコインについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!

GMOコインの特徴は?セキュリティ日本一の仮想通貨取引所!? | CoinPartner(コインパートナー)
GMOコインは国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。GMOコインの特徴、評判、メリット、デメリットは?登録方法は?使いやすい?気になるポイントをコインパートナーがすべて解説します!
 
仮想通貨取引所ランキング 3位

3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

*暗号資産(仮想通貨)交換業者登録番号 関東財務局長 第00010号

DMM Bitcoinの特徴
  • 現物手数料はすべて無料!
  • リップルのレバレッジ取引ができる!
  • 新規口座開設するだけで1000円プレゼント!

安心感で選ぶなら!

「DMM Bitcoin」は、FX口座登録数世界一を誇るDMMグループが運営する取引所で、アルトコインのレバレッジ取引ができるのが特徴です。

最大4倍のレバレッジをかけて、リップルやネムなども含む11種類もの銘柄の取引も行うことができます。

Dmm Bitcoinの口座開設方法はこちら。

【簡単3ステップ】DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の登録・口座開設方法!画像付きでわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。

DMM Bitcoinの評価項目

入金手数料 無料(銀行手数料は負担)
出金手数料 無料
取引手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04% / 日

DMM Bitcoinでは現物取引にかかる手数料は基本すべて無料です

一方で販売所形式なのでスプレッドがあることには注意が必要です。

DMM Bitcoinの各種手数料については以下の記事をご覧ください。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料は安い?他の取引所比較して手数料を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
DMM Bitcoinって手数料が安いと無条件に思い込んでませんか?実は思っているほど超お得でもないかもしれません!入金・出金手数料は?公式ページでは絶対に明かされない知らぬ間に徴収されている手数料をコインパートナーが教えます!

FXの口座数日本一のDMM FXを抱える大企業が運営する取引所であるため、取引に関する実績とノウハウを持っています。

そのためかなり信頼度の高いサーバー強度を誇っています

ただし、メンテナンスが行われている毎週水曜日の12:00~18:00は取引が行えないので注意が必要です。

DMM Bitcoinの取り扱い銘柄は以下の11種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • クアンタム(QTUM)

DMM Bitcoinは取り扱い銘柄数は11種類と国内でもトップクラスです

ただ現物取引が可能なのはビットコイン、リップル、イーサリアムのみなので注意が必要です。他のアルトコインはすべてレバレッジ取引となるので、長期の保有には向きません。

各銘柄の特徴や将来性については以下の記事をご覧ください。

DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産(仮想通貨)・銘柄は?一覧で特徴・今後を解説! | CoinPartner(コインパートナー)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い暗号資産(仮想通貨)には何があるのでしょうか?取り扱い暗号資産(仮想通貨)の紹介はもちろん、それぞれの暗号資産(仮想通貨)の特徴・今後、さらにコインパートナー編集部の選ぶ取引すべき暗号資産(仮想通貨)について解説しました!

DMM Bitcoinは映像・ゲーム事業などで有名な大企業「DMM.com」が運営しています

また土日祝含む365日のLINEでのカスタマーサポートも強い安心感の理由となっています。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。

*暗号資産(仮想通貨)交換業者登録番号 関東財務局長 第00010号

DMm Bitcoinのチャートではトレードに必須なテクニカル指標を利用でき、使いやすさと見やすさに定評があります。

DMM Bitcoinチャート

また、無料スマホアプリでも高レベルのテクニカル分析をすることができるため、ユーザーの人気もかなり高いです。

DMM Bitcoinのアプリ

DMM Bitcoinの取引画面やスマホアプリの使い方はこちらの記事をご覧ください。

DMM Bitcoinの使い方は?3分で入出金からレバレッジ取引までの基本操作をマスターしよう! | CoinPartner(コインパートナー)
DMM Bitcoinは2018年1月にオープンし、今とても勢いのある暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの使い方を画像付きで丁寧に解説しています。初心者上級者問わず5分で基本操作をマスターしましょう!

使いやすいアプリなら!

 

DMM Bitcoinについてあわせて読みたいおすすめ記事!

DMM Bitcoinの特徴や評判・メリット・デメリットを全部解説! | CoinPartner(コインパートナー)
DMM BItcoinは暗号資産(仮想通貨)FXに人気の取引所です。そんなDMM Bitcoinが実際にどんな取引所かを探るべく、この記事ではDMM Bitcoinの特徴やリアルな評判、登録方法や使い方をまとめました。
 
仮想通貨取引所ランキング 4位

4位:bitFlyer(ビットフライヤー)

暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerのランキング画像

*暗号資産(仮想通貨)交換業者登録番号 関東財務局長 第00003号

bitFlyerの特徴
  • 11種類の暗号資産(仮想通貨)を取引可能
  • FXがとても人気で取引量日本最大級
  • アプリからでも本格取引できて使いやすい

ビットコインFXをやるなら!

bitFlyerは、2014年から運営している暗号資産(仮想通貨)取引所で、11種類の仮想通貨が売買できます。

特にビットコインのレバレッジ取引が盛んで、ビットコイン取引量が世界一になった実績もあるほど大人気です!

ビットコインFXで一攫千金を狙っている方におすすめの取引所です!

bitFlyerの登録方法こちら。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録・口座開設の手順を画像付きで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!

bitFlyerの評価項目

入金手数料 無料
出金手数料 220〜770円
送金手数料 0.0004BTC
販売所の手数料 無料
取引所の手数料 0.01〜0.15%
レバレッジ取引手数料 無料

bitFlyerは取引手数料がとても安いです。

特にbitFlyer Lightningでは手数料無料でレバレッジ取引ができます。

そのため、取引量も多くてとても人気がある取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料は高い?安い手数料で取引する3つのコツと他取引所との比較一覧を公開! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料は他の取引所に比べて高いのかな?と疑問に思っていませんか。ビットフライヤーの手数料の解説はもちろん、暗号資産(仮想通貨)取引所5社と手数料を比較し最もお得な取引方法を徹底的にまとめました!
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)

bitFlyerの取り扱い通貨は11種類で、他の取引所より比較的多いです。

ただし、ビットコイン以外のアルトコインは販売所でしか取り扱いがないため、スプレッドには注意しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い仮想通貨・銘柄一覧|特徴と将来性・今後を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引高日本一で人気の暗号資産(仮想通貨)取引所です。そんなbitFlyerの取り扱い通貨を紹介し、それぞれの特徴や将来性を詳しく解説しています。

bitFlyerのアプリは使い勝手が良くて有名です。

販売所、取引所、FXと全ての機能が使えて、資産の管理も簡単にできます。

取引画面も充実しており、上級者でも満足できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの使い方を解説!便利な機能やプロ向けの機能も紹介!! | CoinPartner(コインパートナー)
ウェブでの取引に使いずらさを感じたことはありませんか?今回は日本最大の取引所『ビットフライヤー』のアプリ機能や使い方を紹介します。この記事を読めば取引パフォーマンスを上げられること間違いなし!

bitFlyer では、ビットコインのFX取引が非常に人気です!

bitFlyer LightningはTrading Viewを採用しており、テクニカル分析に必要な機能を豊富に取り揃えており、上級者も満足のシステムになってるといえます!

最大で4倍までレバレッジをかけることが可能です。

ビットフライヤーFX(bitFlyer Lightning)のやり方は?使い方や独自の注目ポイントまで徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
bitFlyerではビットコインのFX取引をすることができます。難しそうに見えるFX取引ですが、実際は簡単に行うことができます。実際のやり方から注意するポイントまでご紹介して行きます!

国内トップクラスの41億円を資本金としているビットフライヤーですが、株主には日本の大手企業が並んでいます!

SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、リクルート、第一生命などの大企業から出資を受けています。

大企業から多くの出資を受けていることは暗号資産(仮想通貨)取引所としての安心感に繋がります。

また、資本金が十分にあることは取引所の運営の安定やセキュリティの向上にも繋がるので、大きなメリットになります!

ビットコインFXならココ

bitFlyerについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 
仮想通貨取引所ランキング その他

その他の取引所

bitbank

bitbank

bitbankの魅力は、 アルトコインが取引所で購入できるので手数料が非常に安いことが挙げられます。

bitbankはアルトコインをなるべく安く買いたいという人におすすめです!

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(関東財務局 第00004号)

取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP
LTC、BCH、MONA
手数料 メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
FX なし
金融庁の認可 関東財務局 第00004号
ポイント アルトコインを安く買える

 

 

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴・口コミ・入出金方法を解説! | CoinPartner(コインパートナー)
bitbankはビットコインもアルトコインも板での取引が行えるため、手数料が安い取引所です。リップルの取引で有名なbitbank.ccの特徴、評判、使い方、登録方法を徹底解説します。

SBIVCトレード

SBIVCトレード

SBIVCトレードの魅力は、 セキュリティの高さです。

銀行や証券会社も運営していることや、専用のハードウェアウォレットがあるためかなり安心して使うことができます。

またウェブサイト、アプリともに使いやすいため初心者でも迷うことなく暗号資産(仮想通貨)投資ができます。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(関東財務局 第00005号)

取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP
手数料 無料
FX なし
金融庁の認可 関東財務局 第00005号
ポイント 安心のセキュリティ

 

SBI VCトレードの登録・口座開設方法!画像付きで登録手順を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
SBIグループが新たに開設したSBIVCによるVCTRADEの登録方法を解説します。「使ってみたいけれど、どうすればいいかわからない...」という方のためにSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)についてわかりやすく解説します!

TAOTAO(タオタオ)

TAOTAO タオタオ

TAOTAO(タオタオ)はヤフー傘下の取引所で、 暗号資産(仮想通貨)の取引手数料が全て無料!

販売所形式ですが、スプレッドもかなり狭いためできるだけ手数料を抑えたい人におすすめです。

スマホアプリもとても使いやすく、評判の良い取引所です。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(関東財務局 第00011号)

取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP
LTC、BCH
手数料 無料
FX あり
金融庁の認可 関東財務局 第00011号
ポイント 取引手数料が全て無料

 

 

TAOTAO(タオタオ)の特徴・手数料・登録方法をわかりやすく徹底解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ヤフーが出資している暗号資産(仮想通貨)取引所・TAOTAOをコインパートナーがご紹介します。特徴・手数料・登録方法などTAOTAOの気になるポイントを徹底解説していきます。事前登録申し込み受付中ですので、興味のある方は早速申し込んでみましょう!

Huobi(フォビ)

huobi 暗号資産(仮想通貨)取引所

Huobiはアルトコインを取引所形式で取り扱っています。そのためリップルやモナコインを安く購入することができます。

元々BitTradeという名前でしたが、2018年9月に大手海外取引所「Huobi」に買収されてリニューアルしました。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(関東財務局 第00007号)

取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP
LTC、BCH、MONA
手数料 メイカー:0.20%
テイカー:0.20%
FX なし
金融庁の認可 関東財務局 第00007号
ポイント アルトコインを安く買える

 

 

Huobi Japan(フォビジャパン)の特徴・評判・手数料・登録方法 | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)取引所・HuobiJapan(フォビジャパン)についてコインパートナーがご紹介します。世界最大の取引所Huobiがビットトレードを買収してできた取引所・HuobiJapanの特徴や評判など気になるポイントを徹底解説します!

Liquid

Liquidのロゴ

Liquidは10種類以上の法定通貨で取引ができる国際的な取引所です。

取引所独自の通貨である「QASH」はICO時に100億円以上の資金調達に成功しています。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(関東財務局長 第00002号)

取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP
BCH、QASH
手数料 無料
FX BTCFX(最大25倍)
金融庁の認可 関東財務局 第00002号
ポイント 唯一QASHが購入可能

 

 

【5分で簡単】Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録方法!わかりやすく画像付きで手順を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン) の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。さらに、すぐに取引が始められるように、2段階認証の設定方法や日本円の入金方法も解説しています。

フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所

FISCOのロゴ

フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所はJASDAQ上場企業であるFISCOグループが運営する取引所です。

独自トークンであるフィスココイン(FSCC)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)が購入できます。

暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁の認可も得ています。(近畿財務局長 第00001号)

取り扱い通貨 BTC、BCH、MONA
FSCC、CICC、NCXC
手数料 0.10%
FX なし
金融庁の認可 近畿財務局長 第00001号
ポイント JASDAQ上場企業である
FISCOグループが運営

 

 

フィスコ仮想通貨取引所(FISCO)の評判まとめ! 注目の特徴やメリット・デメリットも紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所(FISCO)はJASDAQに上場している母体企業FISCOによって運営されています。セキュリティが高く、独自のトークンを購入することも可能で様々な魅力があります。今回はその魅力について詳しく解説します!
 
仮想通貨取引所 比較

取引所の比較表

取引所名   取引手数料 取扱通貨数 スマホアプリ 会社の信頼性 金融庁認可
新規登録 無料 13種類
新規登録 無料

9種類
新規登録 無料 11種類
bitFlyer(ビットフライヤー) 新規登録 無料 11種類
新規登録 -0.2~0.12%

6種類
新規登録 無料

6種類
新規登録 0.015~0.1% 100以上 -

入出金手数料

取引所名 日本円
出金手数料
(3万円未満)
日本円
出金手数料
(3万円以上)
BTC
出金手数料
日本円
入金手数料
(3万円未満)
日本円
入金手数料
(3万円以上)

新規口座開設

400円 400円 0.001BTC 756円 1000円

新規口座開設

無料

無料 無料 無料 無料

新規口座開設

無料 無料 無料 無料 無料
bitFlyer(ビットフライヤー)

新規口座開設

220円 440円 0.0004BTC 無料 無料

新規口座開設

540円

756円 0.001BTC 無料 無料

新規口座開設

500円

500円 無料 無料 無料

新規口座開設

- - 0.0005BTC - -

現物取引:取引手数料

取引所名

取引所
BTC

取引所
ETH
取引所
ETC
取引所
XRP
取引所
LTC
取引所
XEM
取引所
MONA
取引所
BCH
取引所
LSK
販売所
BTC
販売所
ETH
販売所
ETC
販売所
XRP
販売所
LTC
販売所
XEM
販売所
MONA
販売所
BCH
販売所
LSK
販売所
FCT

新規口座開設
無料 - - - - - - - - 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料

新規口座開設

Maker:無料
(Taker:0.01%)
- - - - - - - - 無料 無料 - 無料 無料 - - 無料 - -

新規口座開設

無料 - - - - - - - - 無料 無料 - - - - - - - -
bitFlyer(ビットフライヤー)
新規口座開設
0.01~0.15% - - - - - - - - 無料 無料 無料 無料 無料 - 無料 無料 無料 -

新規口座開設

Maker:−0.05%
Taker:0.15%
Maker:−0.05%
Taker:0.15%
- Maker:−0.05%
Taker:0.15%
Maker:−0.05%
Taker:0.15%
- Maker:−0.05%
Taker:0.15%
Maker:−0.05%
Taker:0.15%
- - - - - - - - - - -

新規口座開設

無料 0.25% - 0.25% - - - 0.25% - - 0.25% - 0.25% - - - 0.25% - -

新規口座開設

0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
0.015〜0.1%
取引高で決定
- - - - - - - - - -

FX・レバレッジ取引の取引手数料

取引所名 FX約定 FXスワップ 信用取引約定 信用取引スワップ

新規口座開設

- - - -

新規口座開設

無料 建玉額の0.04%/日 - -

新規口座開設

無料
0.04%/日が
ロールオーバー
時に発生
無料 0.04%/日が
ロールオーバー
時に発生
bitFlyer(ビットフライヤー)

新規口座開設

無料 建玉額の0.04%/日 - -

新規口座開設

- - - -

新規口座開設

- - 無料 0.5%/日

新規口座開設

- - - -

暗号資産(仮想通貨)取り扱い数

取引所名 取扱通貨 JPYペア BTCペア ETHペア 主な取り扱い通貨

新規口座開設
13 13 - -
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • LSK(リスク)
  • FTC(ファクトム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XLM(ステラルーメン)
  • NEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)

新規口座開設

9 9 0 0
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XEM(ネム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • OMG(オーエムジー)

新規口座開設

11 11 6 1
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • NEM(ネム)
  • MONA(モナコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • QTUM(クアンタム)
bitFlyer(ビットフライヤー)
新規口座開設
9 9 2 -
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • LSK(リスク)
  • MONA(モナコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)

新規口座開設

6 6 4 0
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)

新規口座開設

5 5 1 1
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)

新規口座開設

140以上 - 147 0
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • EOS

スマホアプリ(使いやすさ、便利性)

取引所名 使いやすさ アプリの特徴 現物取引 FX取引 信用取引 ウォレット機能

新規口座開設
初心者にもわかりやすい
ワンタッチ取引可能
- -

新規口座開設

チャート機能が充実
詳しいテクニカル分析が可能
素早く注文が可能
-

新規口座開設

レバレッジ取引が可能
取引ツールが充実
-
bitFlyer(ビットフライヤー)
新規口座開設
初心者にもわかりやすく
プロ向け機能も使える

新規口座開設

直感的に使えるアプリ
1目で操作方法が分かる
- -

新規口座開設

使いやすく人気のアプリ
取引ツールが充実
- -

新規口座開設

操作が非常に簡単
日本語表示非対応
- - -

セキュリティー(信頼性)

取引所名 信頼性 マルチシグ コールド
ウォレット
SSL 2段階認証

新規口座開設
A

新規口座開設

A

新規口座開設

A
bitFlyer(ビットフライヤー)
新規口座開設
A+

新規口座開設

A+

新規口座開設

BTC・BCHのみ A

新規口座開設

- A

新規口座開設

- - A
 
ポイント1

仮想通貨取引所選びで失敗しないための5つのポイント

取引所を選ぶ上で注意しなければならない点は以下の5つです。

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ5つのポイント

  • 手数料(スプレッド)の安さ
  • サーバーの強さ
  • 取り扱い通貨数
  • 会社の信頼性
  • 使いやすさ

手数料 (スプレッド)の安さ

銀行などと同様に、取引所でもお金を出し入れする際や暗号資産(仮想通貨)と両替する際に手数料が発生します。

特に取引手数料とスプレッドは暗号資産(仮想通貨)を売買するたびに発生するので注意が必要です。

手数料おすすめ取引所TOP3
新規登録
新規登録
新規登録

サーバーの強さ

暗号資産(仮想通貨)は突然大きな値動きをするのでサーバーダウンの間に大損してしまう可能性もあります。

特に高倍率で短期トレードをおこなうFXトレーダーは、 過去にサーバーダウンが少ない取引所を選びましょう

サーバーおすすめ取引所TOP3
新規登録
新規登録
新規登録

取り扱い通貨数

取引所によって購入できる通貨の種類は大きく異なります。

イーサリアムやリップルなど多くのアルトコインの取り扱いがあれば、それだけ得するチャンスも広がります。

会社の信頼性

取引所の資金管理がずさんでハッキングされてしまったり、取引所が倒産してしまった時には自分が預けている資産が全てなくなってしまいます。

上場企業が運営している取引所や大手銀行などが株主となっている取引所であれば信頼感抜群です!

使いやすさ

価格変動の激しい暗号資産(仮想通貨)投資では1秒の差でお金が大きく動きます。

そのためスマホアプリやチャート分析ツールなどに対応している 使い勝手のよい取引所を選ぶことも大切です。

 
ポイント2

仮想通貨・ビットコイン投資のQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)投資を始めるには?

A. 暗号資産(仮想通貨)取引を始めるにはまず取引所への登録が必要になります。
詳しくは「暗号資産(仮想通貨)とは?初心者向けに話題のビットコインなどをわかりやすく解説」の記事で解説しています。暗号資産(仮想通貨)投資を始めてみたいけど、暗号資産(仮想通貨)って何?という方向けの記事です。
これを読めば暗号資産(仮想通貨)についての基本的な部分は抑えられます。

こちらの記事ではどうやって投資を始めれば良いか、投資を始めた後の注意点までわかりやすく解説しています。

仮想通貨投資の始め方!初心者向け簡単3STEPのビットコイン購入マニュアル | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年最新版】仮想通貨投資の始め方を初心者向けにわかりやすく解説します!仮想通貨を始めるメリットや、おすすめの取引所、初心者が守るべき3つの掟などを一つのマニュアルとして詰め込みました!これを読んで、仮想通貨投資の最高のスタートダッシュを切ってください!

Q. 取引所と販売所の違いは何ですか?

A. 暗号資産(仮想通貨)を売買するところは「取引所」と「販売所」の2種類があります。
簡単に解説すると以下のような違いがあります。

  • 取引所は、ユーザー同士が値段を決め取引する
  • 販売所は、運営会社から直接買う

この2つそれぞれの特徴について、「暗号資産(仮想通貨)販売所は取引所とどう違う?2つの違いを分かりやすく解説」の記事で解説しています。

仮想通貨販売所は取引所とどう違う?2つの違いを分かりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

Q. ビットコインはどうやって買えばいいですか?

A. ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)取引所で購入します。
まずは取引所への登録が必要ですので、具体的な手順は「ビットコインの購入方法」の記事を参考にしてください。
ビットコインは基軸通貨といって、他の暗号資産(仮想通貨)(アルトコイン)を買うためにも必要です。

ビットコインの購入方法・買い方|初心者におすすめの取引所や投資方法を紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない...そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそくビットコインを始めてみよう!

Q. アルトコインはどこで買えばいいですか?

A. アルトコインにはたくさんの種類があり、取り扱っている取引所が限られるものもあるので、それぞれの通貨ごとにおすすめの取引所があります。
こちらの記事では、代表的なアルトコインである「リップル(XRP)」の買い方とおすすめ取引所を紹介しています。

【リップル(XRP)購入方法】どこが一番安い?状況別の買い方3つを紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
「リップルに興味があるけど、どこで買えばいいかわからない・・・」そんな悩みの声に応えるべく、安さ・はやさ・FXの観点から購入方法を3種類、買った後の保管方法まで教えます!

Q. 取引所は一つだけでいいですか?

A. 取引所によって、手数料や取り扱い通貨など特徴が大きく異なります。
各通貨を最安値で購入したり、無駄な手数料を払わないためには、取引所を使い分ける必要があります。
またセキュリティの観点からみても、 資金をすべてひとつの取引所に預けているのは大変危険です。
暗号資産(仮想通貨)に慣れてきたら 必ず複数の取引所で資産を分散管理しましょう

初心者におすすめの取引所の組み合わせ

暗号資産(仮想通貨)を始めたばかりの初めての方は、コインチェックとDMM Bitcoinに登録するのがおすすめです。

コインチェックの使いやすさは、全取引所の中で最高です。

わかりやすい取引画面なので、誤操作せず安全に売買できます。

コインチェック

おすすめNo.1!

 

GMOコインはアプリが使いやすく、上級者までオススメの取引所です。

コインチェックで仮想通貨の取引に慣れたら、GMOコインでアルトコインのレバレッジ取引も始めると良いでしょう。

使いやすさ、安全性ともにGMOコインはおすすめです。

GMOコイン ロゴ

レバレッジ取引なら

Q. 海外取引所って何が違うんですか?

A. 海外取引所は日本語に対応していないほか、日本円の入金ができないため、暗号資産(仮想通貨)で入出金をする必要があります。
操作に慣れていない初心者にはおすすめできませんが、 より安く・より多くの種類の通貨を購入することができます

おすすめはBinance(バイナンス)

評価 手数料 サーバー 通貨数 信頼性 使いやすさ
98 0.1% 最強 100種類以上 高い 使いやすいが
日本語対応していない

Binance」は香港を拠点とする世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

なんと運営約半年で アルトコインの取引量が世界最大になりました。

取扱通貨数はなんと100種類以上で、国内の取引所では買えない暗号資産(仮想通貨)がたくさんあるのが魅力です。

利用者が多いのにサーバーダウンも起こらず、いつでもスムーズに取引を行うことができます。

手数料は0.1%、さらに手数料をBNB(バイナンスコイン)で支払うと0.75%となるので、 世界最安レベルの手数料を誇っています。

バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインパートナーが詳しく解説!

このほかにも多数の海外取引所が存在しています。海外取引所をもっと知りたいかたはこちらの記事をご覧ください。

海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング【2020年6月最新】目的別に海外取引所20社を比較 | CoinPartner(コインパートナー)
海外の取引所はビットコインの他にも有望な暗号資産(仮想通貨)を多く取り扱っているから、利用してみたい!でもどうやって選べばいいかわからない、という方必見です!おすすめの海外取引所や選ぶ時のポイントまで全てコインパートナーが解説しています!

Q. おすすめの仮想通貨はどれですか?

A. 暗号資産(仮想通貨)は1000種類以上もあって、初心者の方にはどれが良いかわからないと思います。
そんなあなたのために、人気度や実用性など複数の観点からおすすめランキング記事を作りましたので、ぜひ投資の参考にしてみてください。

仮想通貨おすすめランキング2020年完全版|500銘柄を徹底考察し選んでみた | CoinPartner(コインパートナー)
2020年のおすすめ暗号資産(仮想通貨)をコインパートナーの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。

Q. 仮想通貨の将来性は?

A. 2017年のバブル以降は価格が暴落しましたが、暗号資産(仮想通貨)が終わったわけではありません。
2020年には、すでに回復の兆しも見えてきています!
しっかりした通貨は開発が常に続いていて、将来性抜群です。
詳しくは「暗号資産(仮想通貨)は今後どうなる?現在の市場を分析し今後の価格を予想」の記事をご覧ください。

ビットコインは今後どうなる?2020年の価格予想や将来性を徹底解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
リップル(XRP)の今後と将来性|買い時はいつ?著名人による価格予想も紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
リップルは2020年最も成長の期待される暗号資産(仮想通貨)のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインパートナーがリップルの今後と将来性について解説します。

Q. ビットコインFXとは何ですか?

A. ビットコインFXとは、少ない元手で大きな額の取引ができる方法です。
投資に慣れてきたらFXにも挑戦してみましょう。
レバレッジをかけてハイリスクハイリターンな取引ができます。

上手に使えば一気に資産を増やすことができますが、反対に一気に失うこともあるのでこちらの記事でしっかり学んでから挑戦してください。

ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!

Q. 暗号資産(仮想通貨)投資で儲かったら税金はかかりますか?

A. 暗号資産(仮想通貨)で儲かったら税金を納めなければいけません。
脱税してしまうと、発覚した時に本来払うべきだった額よりも多くの税金を払わなければいけなくなってしまうので、最初からきちんと納めておきましょう。
詳しくは税理士の方に監修していただいた「暗号資産(仮想通貨)・ビットコインにかかる税金」の記事で解説していますので参考にしてください。

【税理士監修】仮想通貨の税金|ビットコインの確定申告の計算方法を具体例付きでわかりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!
 
ポイント3

取引所への入金には「住信SBI銀行」を使おう!

取引所への入金には 住信SBIネット銀行の利用がおすすめです。

住信SBIネット銀行のサイト

住信SBIネット銀行は 取引所への入金手数料が無料になっています。そのため毎回入金のたびに手数料をとられる必要がなく、こまめに資金の補充ができます。

さらに 土日祝含む365日・LINEでのサポートも対応しているので、いつでも気軽に問い合わせできます!

他行宛の振込も最大で月15回まで無料であるため普段使いにも便利です。

仮想通貨取引には住信SBIネット銀行がおすすめの理由! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。
 
ポイント4

仮想通貨の保管は「Ledger Nano S」で行おう!

近年取引所のハッキング事件が発生しており、どんなに自分が気をつけていても資金が流出してしまう危険性があります。

そこでコインパートナーでは、セキュリティ性能が高い ハードウェアウォレットで自分の暗号資産(仮想通貨)を守ることをおすすめしています。

なかでもおすすめなのが Ledger Nano Sです。

暗号資産(仮想通貨)ウォレット

Ledger Nano Sは、暗号資産(仮想通貨)をオフラインで保管できるウォレットです

秘密鍵をハードに保管するので、抜群のセキュリティを誇ります。万が一に備え暗号資産(仮想通貨)はLedger Nano Sに移動しておきましょう。

Ledger Nano Sの購入方法(買い方)のオススメは?海外公式サイトと代理店を比較! | CoinPartner(コインパートナー)
Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します
 
まとめ1

2020年 仮想通貨に関する投資家アンケート

2020年に1000人以上の投資家を対象に、仮想通貨取引所に関するアンケートを実施しました。

  • 対象:CoinPartnerプレミアムの会員1000人以上
  • 調査方法:インターネットアンケート
  • 調査時期:2020年3月
  • 回答数:1000人以上
  • 調査機関:CoinPartner

性別・職業を教えてください

暗号資産(仮想通貨) 取引所 アンケート

性別はほとんどが男性で、女性は約10%という結果でした。

暗号資産(仮想通貨) 取引所 アンケート

職業に関しては会社員が半数以上を占めています。暗号資産(仮想通貨)は投資商品としては学生の割合が非常に高く、7.8%という結果でした。

多くの人が、暗号資産(仮想通貨)を兼業や副業としていることがわかります。

少額から始められるということも理由の一つでしょう。

仮想通貨・ビットコインはいくらから?初心者は1000円で少額投資を始めよう! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?

取引所の口座はいくつ持っていますか?

平均保有口座数の割合グラフ

独自アンケート調査の結果、平均で2.2社の取引所の口座を開設していることがわかりました。

半数以上の投資家が複数の暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設していて、状況によって取引所を使い分けていることがうかがえます。

仮想通貨取引所は絶対に複数口座開設!メリット・デメリットから取引所の組み合わせまで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
まだ一つの取引所しか登録していないのですか?暗号資産(仮想通貨)投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!
 
まとめ2

仮想通貨取引所 まとめ

おすすめ仮想通貨取引所まとめ

迷ったら人気No1

コインチェックの評判はどうなの?メリット・デメリットや口コミから現在の実態を徹底調査! | CoinPartner(コインパートナー)
コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。