「仮想通貨・ビットコインのウォレットってどれを選べばいいんだろう....」

そうお悩みではないですか?

たしかに無数のウォレットの中から、自分に合ったウォレットを探すのは大変ですよね。

 

そこでこの記事ではウォレットとは何か、ウォレットの種類、おすすめウォレットをコインパートナー編集部がご紹介していきます!

自分にぴったりのウォレットを見つけて、安全で快適なビットコイン取引をしましょう!

おすすめの仮想通貨ウォレットは
結局この2つ!

  • Coincheck
    ⇨初心者から上級者まで全ての方におすすめ
  • Ledger Nano S
    ⇨大量の暗号資産を管理したい人向け

コインチェック

Coincheckのウォレットは非常に高い安全性があります。

東証一部のマネックスグループが運営しており、金融庁の認可を受けているほどセキュリティ万全です!

「とにかくビットコインを安全に保管したい!」という方にはCoincheckがオススメです!

取引所ウォレットNo.1

Coincheckの詳細を見る
基礎知識

仮想通貨・ビットコインのウォレットとは?

仮想通貨のウォレットって何?

仮想通貨・ビットコインのウォレットとは、『ビットコインを保管するための財布』です。

財布といっても暗号資産(仮想通貨)には実体がありませんから、「○○BTCを、△△さんが持っている」というデータだけが管理されています。

これはビットコインアドレスという住所のようなものに紐づけられており、ウォレットはそれを生成・管理しています。

このアドレスにアクセスし、自分がいくら持っているのかを確認したり、他人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがウォレットです。

おすすめウォレットNo.1

Coincheckの詳細を見る

ホットウォレットとコールドウォレットの違い

インターネットに接続しているか否か。

ウォレットには大きく2つの種類があります。

まずインターネットに接続した状態で管理する「ホットウォレット

もう一つはインターネットに接続されていない状況下で管理する「コールドウォレットです。

それぞれ長所と短所を持っていますが、ウォレットを選ぶときはできるだけコールドウォレットを選ぶことをオススメします。

ネットに繋がっているホットウォレットでは、悪意あるハッキングによって暗号資産(仮想通貨)を盗まれるリスクがあるからです。

ホットとコールドの特徴まとめ

  • ホットウォレット
    ⇨早く&簡単に仮想通貨を動かせるが、ハッキングをうける可能性がある
  • コールドウォレット
    ⇨ハッキングをうけることはないが、利便性があまり良くない

また取引所ではホットウォレットとコールドウォレットを併用しています。

顧客資産は分別してコールドウォレットで管理されていることがほとんどなので、取引所がハッキングされても私たちの資産が直接盗まれることはありません。

しかし送金の際には取引所のホットウォレットから送られるので、簡単に早く動かせて安全、というホットウォレットとコールドウォレットの良いとこ取りを実現しています。

おすすめウォレットNo.1

Coincheckの詳細を見る

6種類のウォレット

ホットウォレットとコールドウォレットをさらに6種類にまで分けることができます。

それぞれセキュリティや利便性で大きな違いがあります。

ぜひ自分に合ったものを見つけてみてください!

ウォレットの種類 タイプ セキュリティ 利便性
取引所ウォレット ホット&コールド ★★★★ ★★★★★
ハードウェアウォレット コールド ★★★★★ ★★★
モバイルウォレット ホット ★★★ ★★★★★
デスクトップウォレット ホット ★★ ★★★★
ウェブウォレット ホット ★★★★
ペーパーウォレット コールド ★★★★★

(↑ボタンのタップすると、それぞれの特徴が見られます。)

ウォレットの種類

取引所内で管理できる取引所ウォレット

取引所ウォレット イメージ画像

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座でビットコインを管理します。

特に取引所での操作は必要なく、取引所で購入すると自動的に取引所ウォレットで管理されている状態になります。

そのため、最も利用している人が多いのがこの取引所ウォレットです。

取引所ウォレットのメリット

ホット&コールドだから一番バランスが良い!

取引所ウォレットは、取引所で購入したビットコインをどこかに送金する手間なく管理することができます。

さらに国内の取引所ではホットウォレットとコールドウォレットの両方に分けて管理されているため、安全性と利便性の両方に長けています!

もちろん100%安全というわけではないですが、最もバランスの取れたウォレットと言えるでしょう。

取引所ウォレットのデメリット

ハッキングによる盗難が絶対にないとは言えない。

取引所ウォレットは過去に何度かハッキングにより、預けていた暗号資産(仮想通貨)が盗難されてしまうという事件が起こっています。

しかしこれがきっかけで、金融庁の暗号資産(仮想通貨)に関する制度が新しく制定され、以前に比べ取引所として認められるまでのハードルが高くなりました。

そのため、認可が下りている取引所はハッキングに対する対策を十分に行っていますが、多くの利用者の資金が集中するため、ハッキングに狙われやすいという性質も否定できません。

多額のビットコインを取引している方、取引頻度があまり高くない方にはおすすめではありません。

おすすめの取引所ウォレット

おすすめの取引所ウォレット2選

取引所ウォレットの中でも、セキュリティ対策が万全で、人気も高いものを2つ紹介します。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)取扱通貨数が国内最多で、ビットコインを含む計13種類の通貨の取引ができます。

Coincehckのスマホアプリは270万DLを突破しており、国内の同ジャンルアプリの中ではNo.1の人気を誇っています。

初心者にも使いやすいシンプルなデザインなので、暗号資産(仮想通貨)の売買や送受金、チャートの確認などを簡単に行うことができます。

金融界大手のマネックスが運営しており、金融庁の認可を受けているほどセキュリティが強いのが一番の魅力です!

取引所ウォレットNo.1

Coincheckの詳細を見る

GMOコイン

GMOコイン ロゴ

GMOコインは、東証一部上場インターネット会社であるGMOインターネットの傘下にあります。

そのため信頼度も高く、セキュリティには定評があります。

取引所としても、ビットコインを販売所形式と取引所形式両方で取引できるためとてもおすすめです。

さらに、FX取引にも対応しているため、自分にあった取引を見つけることができます。

GMOコインの詳細を見る

ウォレットの種類

オフラインで管理するハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット イメージ画像

ハードウェアウォレットは、それ自体がハードウェアになっているウォレットで、ビットコインをオフラインで管理できます。

USBのようだったり、カードだったり、色々な形があります。

ハードウェアウォレットのメリット

コールドウォレットだからセキュリティが抜群!

ハードウェアウォレットの最大の特徴は、セキュリティが圧倒的に高いことです。

他のウォレットではホットウォレットでの管理が一般的で、ネットに接続されているためハッキングのリスクに常にさらされている状態です。

しかし、ハードウェアウォレットではオフラインでビットコインを管理できるため、そのような心配はありません。

多額のビットコインを取引している方、絶対にビットコインを盗難されたくない方におすすめです!

ハードウェアウォレットのデメリット

性能がい良い分、若干高い。

ハードウェアウォレットのデメリットは、他のウォレットの大半が無料であるのに対し、少し高価であることです。

製品によって異なりますが、約1万円ほどの場合が多いです。

ただ、ビットコインが盗難されてしまっては元も子もないので、この程度の出費には目を瞑るというのが賢明なやり方でしょう。

また中古のハードウェアウォレットを購入すると、ウイルスなどが仕込まれている可能性があるので、必ず公式サイトから新品を買うようにしましょう。

おすすめのハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットの中でも、利便性が高く、人気の高いものを2つ紹介します。

Ledger Nano S

ledger nano s

Ledger Nano Sは1個8,990円もするにもかかわらず、全世界で10万人以上が愛用しているウォレットです。

他のハードウェアウォレットと比較して、セキュリティはもちろん強いですが、対応通貨が非常に多いという特徴があります。

MyEtherWalletやCopayなどのウェブウォレット連携することで、1100種以上の通貨を保管することができます。

「とにかく一番セキュリティが強いウォレットを使いたい!」という方にはLedger Nano Sがぴったりです!

セキュリティ抜群!

Ledger Nano Sの詳細を見る

Trezor Model T

trezor

Trezor Model Tは約17,000円で、Ledger Nano Sよりも高価です。

しかし、Ledger Nano Sは容量の問題で、一台で数十種類の通貨しか管理できないのに対し、Trezor Model Tは一台で500種類以上の暗号資産(仮想通貨)、トークンを管理することができます。

また日本語には対応していませんが、タッチパネルなので直感的に操作することができます。

複数の銘柄を安全に管理したい方におすすめです。

Trezor Model Tの詳細を見る

ウォレットの種類

スマホ上で簡単に管理できるモバイルウォレット

モバイルウォレット イメージ画像

モバイルウォレットは、スマホやタブレットなどいつも持ち歩いている携帯端末で管理できる、アプリタイプのウォレットです。

モバイルウォレットのメリット

スマホ一つでOKだから誰でも簡単に使える!

モバイルウォレットはスマホ一つでビットコインを管理できるため、利便性がとても高いです。

いつでもビットコインの入出金を行うことができます。

将来的に店でビットコイン支払いをすることが一般的になれば、QRコードをサッと読み込むことができるモバイルウォレットは重宝されるでしょう。

モバイルウォレットのデメリット

スマホを無くしたら終わり。

モバイルウォレットのデメリットは、携帯端末の紛失や故障によってウォレットに預けていた資産が失われる可能性があることです。

初期設定を行う際に表示される復元コードを必ず携帯とは別の場所で無くさないように保存しておきましょう。

復元コードを利用することで万が一の場合でも、他の端末に復元することができます。

おすすめのモバイルウォレット

ビットコインの管理におすすめのモバイルウォレット

モバイルウォレットの中でも、セキュリティが比較的高く、日本語に対応しているものを2つ紹介します!

Ginco

Ginco

Gincoはビットコインウォレットの中でも珍しく、日本の企業が作ったウォレットです。

iOSとAndroid版の両方リリースされています。

抜群に使いやすく、モバイルウォレットにしては対応通貨が16種類と多いため、ぐんぐんユーザ数を伸ばしている今大注目のウォレットです!

公式のサポートの下でエアドロップを時々行なっており、Gincoに登録しておくだけで無料で暗号資産(仮想通貨)を獲得することもできます。

Gincoの詳細を見る

BRD(旧Breadwallet )

BRD(旧Breadwallet ) 画像

BRDでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム系トークンと、多種類の暗号資産(仮想通貨)を保管することができます。

日本語にも対応しており、機能を必要最低限に絞っているため、直感的に使うことができます。

送金に必要な手数料を自動で設定してくれるため、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

iOSとAndroid版の両方リリースされています。

BRDの詳細を見る

ウォレットの種類

パソコンのデスクトップで管理するデスクトップウォレット

デスクトップウォレット イメージ画像

デスクトップウォレットは、パソコンで管理できるウォレットです。

デスクトップウォレットのメリット

多機能・高性能なものが多い。

デスクトップウォレットは、古くから存在するものが多く、既に開発が進んでいて多機能・高性能なのが売りです。

安心できるPC上でちょっとビットコインに触れてみたいと言う方や、開発を進めたいという方におすすめのウォレットです。

デスクトップウォレットのデメリット

対応通貨がやや少ない。

デスクトップウォレットのデメリットは、他のウォレットに比べ対応通貨が少ないことです。

それぞれの通貨ごとにウォレットが用意されている場合が多く、一つのウォレットで多種類の通貨を管理できません。

ビットコイン以外に多くの通貨を取引している方には向きません。

おすすめのデスクトップウォレット

デスクトップウォレットの中で人気の高いものを2つ紹介します。

Electrum

Electrum 画像

Electrumは、古くから存在し、今なお多くのユーザに支持を得ているビットコイン用ウォレットです。

Window,Mac,Linuxなど、主要OS全てに対応しています。

使用していない時にオフライン化しハッキングリスクを下げる「コールドストレージモード」や、複数の秘密鍵で管理する「マルチシグネチャ」によって、セキュリティを高めています。

Electrumの詳細を見る

Copay

Copay 画像

Copayは、デスクトップ版とモバイル版の両方が存在します。

スマホとPCどちらでも同じウォレットを利用することができるのが大きなメリットです。

また複数の端末で使えるため、マルチシグネチャ機能を組み合わせて2段階認証のような管理をすることもできます!

日本語にも対応しており、操作性も高いです。

Copayの詳細を見る

ウォレットの種類

使い勝手の良いウェブウォレット

ウェブウォレット イメージ画像

ウェブウォレットは、利用者はIDとパスワードだけを管理し、秘密鍵とアドレスをウェブサイト側が管理するウォレットです。

取引所ウォレットもこのウェブウォレットの一種です。

ウェブウォレットのメリット

複数の端末からログインできる。

IDとパスワードさえわかれば複数の端末から同じウォレットを操作することができます。

また、セキュリティのために自分で管理しなければいけないものはほとんどありません!

面倒ごとなく、手軽にビットコインを管理したいと考えている方におすすめです。

ウェブウォレットのデメリット

ハッキングに狙われやすいのが難点。

ウェブウォレットは、ウォレットの管理会社のサーバーでユーザーの秘密鍵が一括で管理されているため、ハッキングに狙われやすいです。

セキュリティに不安があるため、大金を預けることはおすすめしません。

おすすめのウェブウォレット

ウェブウォレットの中で人気の高いものを2つ紹介します。

Blockchain.com

Blockchain.com 画像

Blockchain.comは取引所以外のウェブウォレットの中だと唯一日本語対応しているウォレットです。

最安手数料でビットコインの送受金ができたり、三段階のセキュリティを設けていたりと、ユーザの利便性を高めるための機能が豊富に搭載されています。

取引所以外のウェブウォレットを探している方は、Blockchain.comを選んでおけば間違いありません。

Blockchain.comの詳細を見る

BitGo

BitGo 画像

BitGoはマルチシグを導入しており、セキュリティ面が強化されているのが特徴です。

BitGOはシンプルなシステムですが、ウォレットとしての主要な機能を備えています。

BitGoの詳細を見る

ウォレットの種類

ハッキングリスク皆無のペーパーウォレット

ペーパーウォレット イメージ画像

ペーパーウォレットは、秘密鍵を紙に記入しておくだけの極めてシンプルなウォレットです。

ペーパーウォレットのメリット

ハッキングの心配がゼロ!

ペーパーウォレットは完全オフラインのため、ハッキングによる盗難リスクが全くありません。

セキュリティに関して言えば最強と言えるウォレットでしょう。

ペーパーウォレットのデメリット

ただの紙だから長期保有には向いていない。

ペーパーウォレットは、保存している媒体が紙であるため、取扱に十分注意しなければなりません。

火事で燃えてしまったり、パスワードを誰かに知られたり、うっかり紛失してしまうと資産は失われます。

また紙やインクの経年劣化でパスワードが肉眼で読み取れなくなってしまうことにも注意が必要です。

⇨おすすめのコールドウォレット「bitaddress.org」はこちら

まとめ1

仮想通貨・ビットコインのウォレットに関するQ&A

ウォレットに関するよくあるQ&A

Q1:結局どのウォレットがいいの?

セキュリティ抜群のハードウェアウォレットがおすすめ。

コインパートナーが最もおすすめするのはハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」です。

ネットと切り離すことができるので、絶対的なセキュリティと安心感を手に入れることができます。

特に多額のビットコインを取引している方は、必ずLedger Nano Sを利用するようにしましょう。

安心安全のLedger Nano Sで
ビットコインを管理!

Q2:アドレスとウォレットって何が違うの?

アドレスとウォレットの違い

  • アドレス
    ⇨銀行の口座番号
  • ウォレット
    ⇨アドレスを含めた様々なデータを保管しておく入れ物

アドレスはビットコインを送受金するための住所のようなものです。

それに対しウォレットは、アドレスだけではなく、秘密鍵・公開鍵・ユーザー名などをまとめて管理する入れ物の役割を果たしています。

Q3:ウォレット間の送金に手数料ってかかるの?

送金手数料は基本かからない。

結論から言うと、送金には手数料がかかります。

基本的にウォレットは手数料を取っていませんが、ブロックチェーンを管理するマイナーに対して払う手数料があります。

この手数料を多く払うほど、送金が速く済む仕組みになっています。

自動的に適切な手数料を設定してくれるウォレットもあります。

Q4:日本語対応してるウォレットってないの?

日本語対応のウォレットはたくさんある。

今回紹介したウォレットの多くは、基本的に日本語に対応しています。

しかし海外製のウォレットが多いため、不自然な日本語がある可能性はあります。

まとめ2

仮想通貨・ビットコインのウォレットまとめ

仮想通貨・ビットコインの
ウォレットまとめ

  • ウォレットは安全に仮想通貨・ビットコインを管理するツール
  • ビットコインのウォレットには大きく分けて6種類
  • 数日・数ヶ月単位で保管したい方はCoincheck
  • 年単位で保管したい方はLedger Nano S

今回はビットコインのウォレットについて種類や特徴をまとめてきました。

安全にビットコインを運用にするには、ウォレットが必要不可欠です。

多くの種類がありますが、自分に合うものを見つけて、安心してビットコインを取引しましょう!

取引所ウォレットNo.1

Coincheckの詳細を見る

ハードウェアウォレットNo.1

Ledger Nano Sの詳細を見る