「コインチェックが新規口座開設が再開したけど、ハッキング事件とかもあったし...評判ってどうなってるの?」

という方も多いのではないでしょうか?

再開したとは言え、確かに安全面とか気になりますよね?

この記事ではコインチェックを実際に使っている人の口コミからコインチェックの評判・メリット・デメリットをご紹介します!

これを読めば誰でもコインチェックがどのような取引所なのかわかるようになります!


 コインチェック(coincheck)とは? 

会社概要

2018年4月まで、コインチェック株式会社という会社が運営していました。しかし、2018年1月に起こったハッキングによるNEM流出事件を受け、マネックスグループ株式会社の完全子会社化し、新経営体制を発足させました。

会社名コインチェック株式会社
設立年2012年8月
代表取締役勝屋敏彦
会社所在地東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F

特徴

ここでは、コインチェックの特徴についてご紹介します!

コインチェックの特徴

  • サイトのデザインがよい
  • 取り扱い通貨が豊富
  • 手数料が高い
  • セキュリティーが不安

 コインチェックのサイトはとにかくデザインがよく取り扱い通貨が豊富なので仮想通貨を始めたばかりの人にもアルトコインに手を出したいと思っている中級者にもオススメできる取引所です!

懸念要素としては、手数料が高いためデイトレードに向かないということ、不正アクセス事件でのセキュリティー面に関する不安が挙げられます

メールアドレスだけで簡単登録!コインチェックの登録はこちら

口座開設の方法についてはこちらの記事をチェック↓

コインチェックで口座開設してみたいけど、細かい手順が多くて分かりにくい!そんなあなたも心配ご無用!アカウント登録から本人確認、最後のハガキ受け取りまで網羅します。一見敷居が高そうでも、意外とハードル低いですよ!

 

コインチェックのメリット

コインチェックがどういう会社かわかったところで、コインチェックに登録するメリットについてここでは紹介していきます。

コインチェックの3つのメリット

  • サイトが見やすい
  • 取り扱い通貨が多い
  • 貸仮想通貨サービスがある

 サイトが見やすい 

コインチェックのサイトやアプリはとにかく見やすいことが大きな特徴です。

今まで投資や株をしたことがないという方も、コインチェックのサイトを使えば売り時や買い時が一目瞭然

チャートや操作方法もわかりやすいので、初心者にとてもオススメできる取引所です!

コインチェックでは、アプリのダウンロードだけでチャートが見れるんです!

まだ仮想通貨を始めるのは怖いという方もアプリだけだったら安心ですよね?どの取引所を使って取引をするとしてもコインチェックのアプリをダウンロードしといて損はないです!

Coincheck-ビットコインなど仮想通貨の取引をアプリで
Coincheck-ビットコインなど仮想通貨の取引をアプリで
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted withアプリーチ

取り扱い通貨が多い

コインチェックが2018年11月現在取り扱っている通貨は9種類です。この中でもできる取引が異なるのでご注意ください。

XRP(リップル)とFCT(ファクトム)は出金、売却のみ可能な状況です。

いつ全面取引が再開されるか楽しみですね!

※11月26日にXRPとFCTの入金、購入取引も再開しました。

以前は13種類を取り扱っていましたが、セキュリティー保全の問題から

・XMR(モネロ)

・REP(オーガー)

・DASH(ダッシュ)

・ZEC(ゼットキャッシュ)

の4通貨は2018年6月から取り扱い中止となりました。


他の有名取引所の取り扱い通貨数

  • BitFlyer 7種類(BTC、ETH、BCH、ETC、LTC、MONA、LSK)
  • GMOコイン 種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP)

コインチェックの取り扱い通貨数が豊富であることがわかりますよね!

コインチェックではモナコインの取引は行われていないため、注意が必要です。

取り扱い通貨数国内No.1!コインチェックの登録はこちら

貸仮想通貨サービスがある

銀行にお金を預けることで利息をもらうことができますよね?それと似たシステムが貸仮想通貨サービスです。長期に渡って仮想通貨を保有する予定の方にはトレードをしなくても勝手にコインが増えるとっても嬉しい機能なんです!

貸出期間は4期間から選択することができます。

  • 年率1%(14日)
  • 年率2%(30日)
  • 年率3%(90日)
  • 年率5%(1年)

なるべく仮想通貨は1年単位で預けると良いでしょう。

貸仮想通貨サービスの利用は、10万円以上からになっているのでご注意ください。

コインチェックのデメリット 

先ほどコインチェックに登録するメリットについてご紹介しました。ここでは、コインチェックの悪いところ、デメリットについてご紹介していきます。

コインチェックの3つのデメリット

  • 取引所がビットコインのみ
  • レバレッジが5倍までしかない
  • セキュリティーが不安

 取引所がビットコインのみ 

コインチェックの取引のほとんどが販売所で行われます。

取引所と販売所の違い

  • 取引所:客同士がフリーマーケットのようなもので購入する
  • 販売所:コインを正式に販売している店から購入する

 販売所では、店から購入するため仲介役が存在します。そのため、取引所に比べて手数料が高くなってしまうのです。

コインチェックではビットコインのみ取引所が存在します。アルトコインに手を出そうと考えていない方にとっては影響がないと言えるでしょう。


取引所と販売所の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も↓

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

ビットコインのオススメ取引所について知りたい方はこちらもチェック!↓

「ビットコインの取引所ってたくさんあるけど、どこがいいの?」そんな風に感じたことはありませんか?この記事では国内外の取引所をコインオタク独自作成のランキング形式で徹底比較!これを読めばもうビットコインの取引所で迷うことはありません!

 

 レバレッジが5倍までしかない

コインチェックのレバレッジ取引は最大5倍となっています。

レバレッジ取引は、仮想通貨を売買したと仮定してその差額を得る取引です。そのため、普段行う取引とは真逆のことを行います。

レバレッジ取引の特徴

  • コインを保有しない
  • 利益は取引の差額
  • 注文は売りから始める
  • ハイリスクハイリターン

レバレッジが5倍の時、証拠金を10万円入れた場合50万円分の資金をやりくりすることができます。

コインチェックのレバレッジ取引は初心者にオススメです!

レバレッジ取引の特徴はハイリスクハイリターンですが、倍率を低くすることによって損を最小限に止めることができます。今までレバレッジ取引をやったことのない方は、低倍率から始めるのが良いでしょう!

一方、「リバレッジ取引でたくさん資金を増やしたい!」と思っている方にとっては向いていません。

一気に資金を増やしたいという方にはレバレッジ倍率が高い取引所がオススメです!

国内取引所ではBITPointが最大25倍、海外では取引所ではBitMEXで最大100倍の取引ができます。


 コインチェックでのレバレッジ取引についてもっと知りたい方はこちらの記事も↓

Coincheckでレバレッジ取引をするには??レバレッジは、少ない元手で大きな利益を狙うための手法です。証拠金や強制ロスカットの仕組みから、ショートポジションの解説、逆指値を使った損切りなどのテクニックについても紹介します。

レバレッジ取引のオススメ取引所を知りたい方ははこちらの記事をチェック!↓

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

 

 セキュリティが不安

やはり、みなさんハッキング事件に対しての不安はぬぐいきれないと思います。コインチェックは不正アクセスがあってから、セキュリティーの弱い部分は取引を停止するなどして対応を行ってきました。そのため、事件以前よりセキュリティーは強固なものになっているでしょう。

コインチェックは、セキュリティー面でどのような対策をしているのでしょうか?ここでは、ログイン時、登録時に関するコインチェックのセキュリティーについて解説していきます。

セキュリティー対策

  • アカウントロック
  • 電話番号認証
  • IDセルフィー
  • アカウントロック

一定回数以上パスワードの入力に失敗した場合、一時的にアカウントがロックされ、30分間は再ログインができない状態になります。

これによって、第三者からの悪質な不正ログインを防ぐことができます。パスワードが漏洩していない限り、安全性は保証されています。パスワードを使い回しせず、強固なものにしましょう。


  • 電話番号認証

コインチェックでは、複数回による本人確認が行われていますが、その一番最初が電話番号認証です。携帯電話番号へのSMS認証を利用して本人確認が行われるため、勝手に登録されることは携帯を落とさない限りないでしょう。


  • IDセルフィー

「IDセルフィー」という単語を聞いたことがない方も多いと思います。

IDセルフィーとは、近年欧米で導入されているオンライン上での本人確認手段の一つです。IDつまり本人確認書類と、セルフィーつまり自撮りをくっつけた単語なのです。

顔写真付きの本人確認書類と、自身の顔を一緒に撮影することによって、より高精度に本人確認を行うことができきます。電話番号認証と組み合わせることにより、第三者に登録されるというのは限りなく少なくなるでしょう。

コインチェックの評判・口コミまとめ

ここでは、気になるコインチェックの評判について、新規口座開設再開後を中心にまとめたのでご紹介していきます。

売買が簡単 

やはり、売買が簡単で使いやすいという声は多いようです。初心者にオススメです。サイトが見やすいので、どんどん取引がしたくなりますよ!


ブラウザとアプリで取引できることに少し差があるので注意が必要です。

ビットコインの取引はブラウザ版だけの機能となっています。

「なら、公式アプリはいらないんじゃない?」と思った方、iPhoneを使っている方ならウィジェットという機能が使えます。

少し時間が空いた時にちらっと現在の値段が見れるので、とってもオススメです!

新規口座開設が再開

2018年10月31日に、停止していた新規口座開設が再開となりました!

再開を喜ぶ声が多いですね。仮想通貨の登録は20才以上からなので気をつけましょう。

新規口座開設再開!コインチェックの登録はこちら

コインチェックの入金に関することはこちらの記事をチェック!↓

コインチェックの入金の仕方がわからないそこのあなた!コインオタクが入金の選択肢をお教えします!銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ振り込み・クイック入金のそれぞれの特徴とおすすめの方法を紹介しています。

 

手数料が高い 

販売所が多いため手数料が高いという声は多く感じられます。

取引はしやすいのですが、やはり手数料がネックとなっているようです。

チャートだけコインチェックで確認するとかもいいかもしれないですね。

コインチェックの手数料についてはこちらの記事をチェック!↓

日本の仮想通貨取引・販売所コインチェックの手数料について!何が安くて何が高いの?どうしたらお得に取引ができるの?販売所と取引所の違いは?コインチェックのホームページを見ただけじゃわからない気になる疑問を解決します!

 現在可能な取引は?

コインチェックは一部サービスを現在停止していますが、セキュリティーの安全が確保された取引から順々に再開されつつあります。

現在可能な取引

  • 新規口座開設
  • 仮想通貨の入金、購入(BTC・ETC・LTC・BCH・ETH・XEM・LSK・XRP、FCT
  • 仮想通貨の出金、売却(全通貨)
  • 日本円の入金、出金
  • レバレッジ取引における決済、証拠金の入出金※新規の取引は停止中
  • Coincheck貸仮想通貨サービス(全通貨)

 2018年11月12日に新たに(ETH、XEM、LSK)の三通貨の購入が再開されました。

残り2通貨が購入停止中ですが、特にXRP(リップル)の再開を待ち望んでいる方が多いように感じられます。

現在次々と停止していた取引が再開されてきています。全面再開も遠くはなさそうです!

2018年11月26日にXRPとFCTの取引も再開されました。

リップルの取引についてもっと知りたい方はこちらの記事も↓

コインチェックは2018年1月にハッキング事件が起きてから取引所としての信頼を失っています。そんなコインチェックでリップルを取引しても大丈夫なのでしょうか?じゃあ代わりはどこがいいの?と思う人のためにおすすめ取引所も紹介!

 

ハッキング事件は問題ない? 

やはり、利用する取引所の安全性については気になりますよね?

そこで、ここではコインチェックが安全になったのかをハッキング事件の概要と、なぜ起こってしまったのかということについてから解説していきます。

約580億円のNEMが流出 

2018年1月26日に発表された約580億円の「NEM」が流出した事件は記憶に新しいですよね?この事件は、2014年の「マウントゴックス」を超える過去最大の仮想通貨盗難事件となりました。

被害者は約26万人にものぼっています。コインチェックは、NEMを保有していた約26万人に総額約460億円を日本円で返金すると発表しました。

一人当たりは【保有していたNEMの枚数】×88.541円返還される予定となっています。


コインチェックの記者会見の動画はこちら

対策方法を知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!

 

コールドウォレットの対応 

NEMが流出したことの原因の一つとして、NEMがホットウォレットで管理されていたということが挙げられます。

二つのウォレットの違い

  • ホットウォレット:インターネットに接続しているウォレット
  • コールドウォレット:ネットとは切り離されているウォレット

一般的に、仮想通貨取引所ではハッカーからの不正アクセスを防ぐためにコールドウォレットを利用することが当たり前とされています。 

コインチェックの仮想通貨の管理方法は、ビットコインはセキュリティーを数段高めることのできる「マルチシグ」に対応していましたが、他のアルトコインは単なるホットウォレットで管理されているものもありました。

コインチェックは社員の人数が少なかったことで、セキュリティーに十分手が回らなかったと弁解していますが、セキュリティーの高さを売りにしていたにも関わらずこのようなことが起きるのは残念ですね。


コールドウォレットについてもっと知りたい方はこちらの記事も↓

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

コインチェックでのウォレットの使い方について知りたい方はこちらの記事も↓ 

コインチェックはわかったけどウォレットって何?あるいはウォレットはわかるからもう取引を始めたい、、!ここではコインチェックで取引をしたい人へウォレットの作り方&使い方、移動・送金方法を徹底解説!これを読んで今日から仮想通貨ライフを始めよう!

 

 二段階認証と盗難補償

コインチェックのセキュリティーについて2点の観点からご紹介します。

  • 二段階認証
  • 盗難補償


二段階認証

2段階認証とは、通常のメールアドレスとパスワードを使用した登録の他に別のパスワードを利用して認証を行う制度です。別のパスワードというのは、30秒で切り変わるため、より精度の高いセキュリティーを保てます。

通常のログインパスワードが他人の手に渡っても他からのログインを制限できるため、絶対に設定しましょう


コインチェックの二段階認証の登録方法はこちらの記事で解説しています↓

コインチェックの2段階認証について紹介します。設定方法から2段階認証を使ったログイン方法、ログインできないときの対処法や対策までしっかり解説します!2段階認証をマスターして、コインチェックで安心して取引できるようにしましょう!

盗難補償

コインチェックには、盗難補償というサービスがあります。二段階認証をしている方に限り、万が一仮想通貨が不正アクセスによって盗難に遭ってしまった場合、100万円までの補償をしてくれるという制度です。上限はあるものの、盗難補償つきなのは安心ですね!


コインチェックQ&A 

和田晃一郎氏は社長? 

コインチェックといえば、元社長の和田晃一郎さんがTwitterをしていることで有名でした。

和田晃一郎さんのTwitterはこちら

仮想通貨に関する情報も多くツイートされていますよ!


以前和田氏はコインチェック株式会社の代表取締役を勤めていました。

しかし、ハッキング事件後コインチェック株式会社がマネックスグループ株式会社の完全子会社となったため、和田氏は代表取締役を辞任し、代わりにマネックスグループの代表取締役でもある勝田氏が代表取締役に就任しました。

新体制となったコインチェックで、和田氏は現在執行役員を勤めています。

現在停止中の取引は?

次々と停止していた取引が再開となっていますが、依然停止中の取引は何があるのでしょうか?

現在停止中の取引

  • 仮想通貨の入金、購入(XRP・FCT)
  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

停止中の取引には、 入金に関することが多いですね。続々とアルトコインの入金が再開しているので、再開はそう遠くはないでしょう。

レバレッジ取引が中止中なのは気をつけたいところです。

Coincheckでんきなどの面白いサービスの再開も楽しみですね。

補償金の対応は終わった?

補償金の入金に関しては、2018年4月6日に全て終了したと発表されています。


そこで、補償金について「補償金は損害賠償なのか?」という協議が行われました。

国税庁の回答では、今回の事件に関する補償金は非課税となる損害賠償金ではなく、課税対象である雑所得に分類されると発表されました。

雑所得に分類されるため、これによって税金区分が変わってしまう方確定申告が必要になる方は注意が必要です。

税金プランを考えられない、強制的な入金は困りますよね...。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、完全再開されつつあるコインチェックの評判についてご紹介してきました。

コインチェックの特徴

  • 取引の仕方がとてもわかりやすい
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 手数料が高い
  • セキュリティーに不安が...

 再開前と比べて、セキュリティーも大幅に改善されています。

手数料は高いですが、初めて仮想通貨の取引をする方にはとてもオススメできる取引所です!仮想通貨に関して壁を感じている方、コインチェックを使えば誰でも簡単に取引ができます。ぜひ口座開設してみてください!

初心者にオススメ!今すぐコインチェックで口座開設

コインチェックの登録方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

コインチェックで口座開設してみたいけど、細かい手順が多くて分かりにくい!そんなあなたも心配ご無用!アカウント登録から本人確認、最後のハガキ受け取りまで網羅します。一見敷居が高そうでも、意外とハードル低いですよ!