コインチェックってたくさんのアルトコインが売買できるけど、スプレッドってどのくらいあるんだろう?

そんな疑問を持っている方はいませんか?

でも一々調べてスプレッドの比較をするのも手間だし、全部のアルトコインのスプレッドを比較した記事があったら便利ですよね。

そこで今回コインオタクが、コインチェックで取り扱っている全てのアルトコインのスプレッドと、他の国内取引所のスプレッドを比較してみました!また通常は表示されないスプレッドを表示する方法もお教えいたします!

 

この記事を読むとわかること

  • コインチェックと他国内取引所のスプレッド比較
  • スプレッドを可視化する方法

 

コインチェックとは

コインチェックのバナー

取り扱いアルトコイン国内1位を誇る取引所

コインチェックは現物取引できるアルトコインの取り扱い量が日本一の取引所です。

現在取引できるのはビットコインをはじめとして、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リップル、ネム、リスク、ファクトム、モナコイン、ステラ全11種類です。

2019年8月最新!コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

そもそもスプレッドとは?計算方法など簡単におさらい!

そもそもスプレッドとは何のことでしょうか。

スプレッドとは買値と売値の差のことを言い、この画像でいうと、1,016,211円996,211円の差である2万円がスプレッドになります。

コインチェックでアルトコインの売買をするときに、一番気にしなくてはならないのはこのスプレッドです。

コインチェックは売買手数料が無料となっていますが、このスプレッドが実質の売買手数料となっています。

このスプレッドのことを認識していないと、同じ値段で買って売るだけで数~十数%の損失が発生してしまい、売買を繰り返すと知らないうちに大きな損失を生む可能性があるため注意が必要です。

 

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 

 

コインチェックのスプレッド(売買手数料)は高い?通貨別に比較してみた

coincheckのスプレッドは果たして広いのか、各取扱い通貨別に他の国内大手取引所とスプレッドの比較をしました。

通貨名 coincheck bitflyer DMMビットコイン GMOコイン
BTC(現物) 1.1% 0.8% 1.1% 0.6%
BTC(FX) 0.03% 0.05% 0.6% 0.02%
BCH 2.5% 3.0% - 2.5%
ETH 1.6% 1.8% 1.4% 1.7%
ETC 2.5% 1.8% - -
XRP 0.9% - - 2.0%
XEM 1.8% - - -
LTC 1.6% 1.8% - 1.7%
LISK 1.9% 2.3 - -
FCT 1.1% - - -
MONA 1.1% 1.2% - -
XLM 1.3% - - -

どの販売所でも2%前後のスプレッドがあいているようです。

またスプレッドは変動するため、どの販売所を選んでも大きな差はありません。

ですので、同じ販売所で多数の通貨を売買できるコインチェックを選ぶのは悪い選択ではないでしょう。

ビットコインは取引所のスプレッドは狭いので、取引所でビットコインを購入することに関しては特に問題ないでしょう。

 

コインチェックのスプレッドは可視化できる!

コインチェックのスプレッドは可視化できることをご存知でしたか?

可視化することで非常に使い勝手が良くなるので、まだ可視化させてない人はぜひ可視化させましょう!

この可視化に用いるスクリプトは、moyashiさんが作成されたものです。

 

スプレッドを可視化する方法

パソコンで可視化する方法をご紹介します。

google chromeの拡張機能を使用するため、ブラウザはchromeを使ってください。

chromeを開いたらTempermonkeyをインストールしましょう。ここからアクセスして

一番左のTampermonkey 安定版をインストールします。

chromeの右上にアイコンが表示されるので、クリックして新規スクリプトを追加をクリックします

このような画面になるので、moyashiさんのブログスクリプトをコピー&ペーストしましょう(ブログの真ん中あたりに乗っています)

左上の保存ボタンを押せば完了です。

コインチェックのサイトにアクセスすると、普段は見えないスプレッドが見えるようになります!

このままでもスプレッドを確認することはできますが、moyashiさんがスクリプトを作成した後に、コインチェックのレイアウトが変わったせいで表示が崩れてしまっているので、気になる人はCSSを追加しましょう!

moyashiさんのスクリプトの編集画面を開いて、23行目の矢印の位置("と<の間)に

<div style="width: 100%;"></div>

を挿入して保存するだけで、スプレッドの表示が整列して見やすくなります。

こちらのブログで詳しく説明がのっています。

 

コインチェックのスプレッドの評判は? 

コインチェックのスプレッドの評判をツイッターで検索してみました。実際、ユーザーはどのように感じているのでしょうか?

2018年4月のマネックスによるコインチェックの情報開示でも、営業利益率は86%だったと報道されており、この広いスプレッドで大きな利益を上げていたと考えられます。

 

コインチェックのスプレッド対策方法 

頻繁な取引を避ける

スプレッドの広いアルトコインの売買をコインチェック内で頻繁に行うと、相当な差益を出さない限り大損します。

貴重な自分の財産を無駄にしないためにも、スプレッドが広い販売所で頻繁な売買をするのは避けましょう。

 

スプレッドが小さい取引所を使う

確かにコインチェックは使いやすいですが、長期間売買しないと決めていないのであれば、もっとスプレッドの小さい取引所でアルトコインを買うことをお勧めします。

国内だと販売所形式でないbitbankでリップルなどのアルトコインを板取引できます。

bitbankのアカウントを作成していない人は、口座開設待ちになる前に、口座開設しておくことをお勧めします。

最近SNSやウェブサイトなどでbitbank.cc(ビットバンク)が使いやすくてとっても安い!という文言をよく見ませんか?実はbitbank.ccは現在日本一安くアルトコインを取引できる取引所として最近注目を集めています!この記事ではbitbank.ccのたった3分で終わる超簡単な登録方法をPC・スマホの2通りで解説します。取引所に登録するのは難しいイメージがありますが、この記事を読み終えていただければ誰でも簡単に、電車の移動時間やご飯休憩などの空き時間を利用してbitbank.ccに登録することが出来るようになりますこの記事でわかることPC・スマホ両方からの簡単な登録方法2段階認証の方法目次bitbank.cc(ビットバンク)とは bitbank.cc(ビットバンク)の登録をおすすめする2つの理由本人確認に必要なのはこの3つ!【PC版】たった3分で口座開設!bitbank.ccの登録方法!【スマホ版】PCよりも簡単に!bitbank.ccの口座開設までの流れ!2段階認証の方法 SMS認証の方法bitbank.ccを実際に使ってみよう!bitbank.ccの登録に関する気になるQ&A bitbank.ccの登録・口座開設方法のまとめbitbank.cc(ビットバンク)とは bitbank.ccとは2014年5月に設立した、ビットバンク株式会社によって運営されている日本の仮想通貨取引所です。bitbankはBitbank Tradeという取引所も運営BTCN(Bitcoin News)という仮想通貨メディアも運営資本金は約11億円と他の取引所に比べても潤沢人為的なスプレッドの存在しない「取引所」形式のみ顧客の資産は全てコールドウォレットで管理といった特徴があります。また取り扱い通貨は以下のとおりです。通貨名JPY建てBTC建てビットコイン(BTC)◯☓イーサリアム(ETH)☓◯リップル(XRP)◯☓ライトコイン(LTC)☓◯モナコイン(MONA)◯◯ビットコインキャッシュ(BCC、BCH)◯◯bitnbankの特徴について詳しい記事はこちらを見てください!Binance(バイナンス)の手数料は安いのか?他の取引所と比較してみた!bitbank

 

 

bitbankの公式サイトにアクセス!

また海外だと、豊富な有望アルトコインを扱い、売買手数料が0.05~0.1%と非常に安いbinanceがお勧めです!

こちらもまだアカウントを持っていない方は、アカウントを作っておくことをお勧めします。

「Binanceを使ってみたいけど英語だしよく使い方がわからない」「Binanceを使い始めたけど国内の取引所ほど使いこなせない」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、今回CoinOtakuがBinanceの使い方を徹底解説します!この記事を読めば、国内の取引所しか使ったことがないという方でもBinanceで簡単に取引ができるようになります!しかも、取引だけでなくBNBやスマホアプリの使い方まで完全に網羅しています。これを読んでBinanceでガンガン取引をしていってください!目次Binance(バイナンス)とはBinanceのアカウント登録方法Binanceの入出金の仕方Binanceの取引の仕方BinanceでのBNB(バイナンスコイン)の使い方Binanceスマホアプリの使い方Binanceの使い方に関するQ&ABinanceの使い方まとめBinance(バイナンス)とはBinance(バイナンス)は香港に本拠地を置く仮想通貨取引所です。最近人気のBinanceですが、2017年7月に開設してからわずか半年で取引高が世界一になりました。では、その人気の原因でもある特徴をいくつか見てみましょう。取引手数料がとにかく安い!Binanceでは、取引手数料が一律0.1%となっています!これは海外の他の取引所と比べてもとても安いと言えます。取引手数料が安いとその分お得に取引ができます。また、詳しくは後述しますがBNB(バイナンスコイン)というBinanceが発行している通貨を使うことで取引手数料はさらにその半分の0.05%となります!この取引手数料の安さは間違いなく人気の秘密と言えます。豊富な取り扱い通貨の種類Binanceは現在約120種類もの通貨を扱っています。なかにはとてもマイナーな通貨、いわゆる草コインというものもあり、草コインを買って一攫千金を夢見る人も少なくありません。また、Binanceは毎月「Community Coin of the

 

 

binanceの公式サイトにアクセス!

 

コインチェックのスプレッドまとめ

コインチェックのスプレッドをまとめると以下のようになります!

coincheckスプレッドまとめ

  • 販売所のスプレッドが非常に高い
  • 取引所でのビットコインのスプレッドは安い水準
  • ユーザーからは不満の声が多数
  • 頻繁に売買する人には向いてない

 コインチェックは簡単に売買ができますが、思ったよりもスプレッドが高く頻繁に売買する人にはお勧めできません。

頻繁に売買する人はbitbankやGMOコインなどの取引所を使いましょう。

 

売買の頻度が低く、手数料はあまり気にならない人でとにかく操作が簡単なところが良いという人にはコインチェックがおすすめです。

Coincheckの登録はこちら!