コインチェックのスプレッドって他の取引所と比べて高いの?
あなたは今そうお考えではありませんか?

コインチェックのスプレッドが他の取引所と比べて高いのか低いのか分からずに、モヤモヤしている初心者の方は多いです。もしも他の取引所とのスプレッド比較をまとめてくれているサイトがあったら嬉しいですよね。

そんなあなたに朗報です。
この記事では暗号資産専門家のコインパートナーが、コインチェックのスプレッドは高いのかor低いのか、他の取引所と比較して徹底検証していきます!

後半では、どの取引所でも使えるスプレッドを節約する3つのコツを紹介しますので、もうスプレッドに悩まされることはなくなるでしょう。

スプレッドで悩まされることのない快適な暗号資産(仮想通貨)ライフを送るためのお役に立てれば幸いです。

コインチェックのスプレッド(売買手数料)は高い?通貨別に比較してみた

スプレッドを通貨別の比較してみた

コインチェックのスプレッドは果たして高いのかor安いのか、取り扱い通貨別に他の国内大手取引所とスプレッドの比較をしました。

まず前提ですが、スプレッドは日々変動しています!

これから紹介する数字はあくまで参考程度にしていただけると幸いです。

 

コインチェックには販売所取引所があります。

販売所は、ユーザーと販売所の運営会社が取引する場所のこと。

取引所は、ユーザー同士が取引する場所のことを指します。

両方のスプレッドを調査しましたので「販売所と取引所の違いを詳しく知りたい!」という方は、まずこちらの記事をご参考ください↓

ビットコイン【取引所&販売所】

  取引所 販売所
コインチェック 0.05% 6.2%
GMOコイン 0.11% 3.9%
bitFlyer 0.16% 2.9%
DMM Bitcoin - 0.5%
bitbank  0.07% 2.0%

コインチェック取引所のスプレッドは0.05%と非常に低くなっています。

ビットコインを取引したいと考えている方には、コインチェック取引所を使うことをおすすめします。

また、スマホアプリで取引所を使うやり方が分からずお困りの方コインチェックスマホアプリの解説動画をチェックしていただけると幸いです。

コインチェックの詳細を見る

イーサリアム【販売所】

コインチェック 6.0%
GMOコイン 3.9%
bitFlyer 15%
DMM Bitcoin 9.4%

コインチェックのスプレッドは高くもなく低くもないといったところです。

イーサリアムのスプレッドが一番低いのはGMOコインということが分かりました。

GMOコインの詳細を見る

リップル【販売所】

コインチェック 8.4%
GMOコイン 5.8%
bitFlyer 13%
DMM Bitcoin 12.7%

リップルのスプレッドが一番低いのはGMOコインです。

コインチェックのスプレッドは8.4%とやや高いです。

GMOコインの詳細を見る

モナコイン【取引所&販売所】

  取引所 販売所
コインチェック 1.2% 9.2%
bitFlyer - 10.3%
bitbank 0.3%
Zaif 0.8% 11.2%

販売所の中ではコインチェックが一番低いですが、9.2%という数字自体は決して良心的とは言えないでしょう。

モナコインを取引したい方はbitbank取引所を使うことをオススメします。

bitbankの詳細を見る

ネム【販売所】

コインチェック 7.2%
GMOコイン 6.9%

ネムのスプレッドが低いのはGMOコインです。

ただ、どちらのスプレッドもそこまで違いがないようにも思います。

GMOコインの詳細を見る

ビットコインキャッシュ【販売所】

コインチェック 8.3%
GMOコイン 6.7%
bitFlyer 9.2%

ビットコインキャッシュのスプレッドが一番低いのはGMOコインです。

コインチェックは8.3%と高くなっています。

GMOコインの詳細を見る

イーサリアムクラシック【取引所&販売所】

  取引所 販売所
コインチェック  4.3% 8.2%
bitFlyer - 10.4%

イーサリアムクラシックのスプレッドが一番低いのはコインチェックです。

しかし表を見てみると、取引所のスプレッドが4.3%と高いことがわかります。

理由としては、取引しているユーザーが少ないため、取引板が薄くなっているからだと考えられます。

コインチェックは国内でイーサリアムクラシックを取引できる数少ない取引所ですが、利用するのはもう少し板が厚くなってからが良いかもしれません。

コインチェックの詳細を見る

Lisk【販売所】

コインチェック 8.3%
bitFlyer 11%

Liskのスプレッドが一番低いのはコインチェックです。

bitFlyerと比べて非常に狭くなっています!

コインチェックの詳細を見る

ライトコイン【販売所】

コインチェック 6.9%
GMOコイン 6.7%
bitFlyer 9.2%

ライトコインのスプレッドが一番低いのはGMOコインです。

ただコインチェックのスプレッドもそこまで高くはないことが分かります。

GMOコインの詳細を見る

ファクトム【取引所&販売所】

  取引所 販売所
コインチェック 4.5% 7.8%

ファクトムを取り扱っている国内取引所はコインチェックのみです!

しかし表を見てみると、取引所・販売所ともにスプレッドは高めの印象です。

理由は先ほどのイーサリアムクラシック同様、取引板が薄くなっているからでしょう。国内でファクトムを取引する際は、スプレッドに要注意です。

コインチェックの詳細を見る

ステラルーメン【販売所】

コインチェック 7.0%
GMOコイン 7.6%

ステラルーメンのスプレッドが一番低いのはコインチェックです!

コインチェックの詳細を見る

クアンタム【販売所】

コインチェック 8.1%
GMOコイン 4.9%

クアンタムのスプレッドが一番低いのはGMOコインです!

GMOコインの詳細を見る

IOST【販売所】

コインチェック 11%

国内でIOSTを取り扱っているのはコインチェックのみです。

スプレッドはかなり高くなっている印象です。

コインチェックの詳細を見る

Enjin Coin【販売所】

コインチェック 9.8%
GMOコイン 10.02%

Enjin Coinのスプレッドが一番低いのはコインチェックです。

しかしどちらのスプレッドも非常に高いといえます。EnjinCoinを取引するなら、スプレッド極小の板取引ができるバイナンスを使うのが良いでしょう。

バイナンスの詳細を見る

オーエムジー【販売所】

コインチェック 9.4%
GMOコイン 9.5%

オーエムジーのスプレッドはどちらも変わらずといったところでしょうか。

オーエムジーを取引したい方はGMOコインにも登録しておくと、GMOの方がスプレッドが低い時にすぐ対応できるでしょう。

GMOコインの詳細はこちら

結論、コインチェックのスプレッドは高い

コインチェックのスプレッドは高い、、、!

他の取引所と比較してみるとコインチェックのスプレッドは全体的に高かったですね。

ですが、ビットコイン取引所のスプレッドは0.05%と一番低い結果となりました。

ビットコインを取引したい初心者の方はこのままコインチェックを使っていても問題はないでしょう。

スマホアプリからビットコイン取引所を利用するやり方にお困りの方はコインチェックスマホアプリの解説動画をご覧ください。

また「コインチェック以外のスプレッドが低い取引所を使いたい!」という方は、これから紹介するスプレッド低い取引所3選を参考にしていただけると幸いです。

スプレッドの低い仮想通貨取引所3選

スプレッドの低い仮想通貨取引所はココだ!

この記事を読んでいる方の中には、すでにコインチェックをお使いの方が多いと思います。

新しく他の取引所を使い始めるとなると、コインチェックから資金を移動させなければなりませんね。

コインチェックから他の取引所へ資金を送金するやり方を解説した記事がありますので、送金の際はぜひ参考にしていただければと思います。

スプレッドの低い
仮想通貨取引所3選

  • GMOコイン
  • bitbank
  • bitFlyer

GMOコイン:初心者の方に一番オススメ!

GMOコイン ロゴ

入金手数料 無料
取引手数料(販売所) 無料
取引時手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
スプレッド(BTC) 取引所:0.11%
販売所:3.9%
出金手数料 無料
送金手数料(BTC) 無料

5分でかんたん登録

GMOコイン国内取引所の中でも特にスプレッドが低いことで知られている暗号資産(仮想通貨)取引所です。

GMOコイン取引所では、BTC・ETH・BCH・XRP・LTCの5銘柄を取引することができます。

さらに日本円の入出金・基本取引手数料・暗号資産の送金手数料などがすべて無料です。

無駄なコストを抑えて効率よく取引したいと考えている方に、GMOコインは非常にオススメできます。

bitFlyer(ビットフライヤー):ビットコイン取引に力を入れたい方にオススメ!

bitFlyer(ビットフライヤー )

入金手数料 銀行:無料
クイック:無料~330円
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
スプレッド(BTC) 取引所:0.16%
販売所:2.9%
出金手数料 220~770円
送金手数料(BTC) 0.0004BTC

bitFlyer(ビットフライヤー)は、初心者から上級者まで幅広い層のトレーダーからの支持が厚い暗号資産(仮想通貨)取引所です。

bitFlyerは国内の中でも特にビットコインの取引量が多いことで知られています。2020年8月にはビットコイン取引量世界No.1にも輝いた実績もあるほどです。

取引量が多い(≒板が厚い)ということは、スプレッドが低いのはもちろんのこと、いつでも注文が通りやすいことも意味しています。

注文が通りにくい取引所を使うのは少々リスキーです。なぜなら相場が急変してすぐに決済をしたいタイミングで注文が通らなければ、大きな損失を生みかねないからです。

そのため、ビットコイン取引を本格的に始めていきたいと考えている方にbitFlyerは一番オススメできます。

現在、2020年5月1日時点で本人確認が完了していないユーザーはLightning FX/Futuresを利用することができません。ビットコインFXができる取引所をお探しの方にはGMOコインが一番おすすめです。

bitbank(ビットバンク):アルトコイン取引に力を入れたい方にオススメ!

bitbank(ビットバンク)

入金手数料 無料
取引手数料(販売所) 無料
取引時手数料(取引所) Maker:-o.02%
Taker:0.12%
スプレッド(BTC) 取引所:0.07%
販売所:2.0%
出金手数料 無料
送金手数料(BTC) 無料

bitbank(ビットバンク)は2014年に設立された古参の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

元々bitbankは取引所サービス(板取引)のみを提供していたため、現在でもイーサリアムやモナコインの取引量が非常に多いのが特徴です。

アルトコインの取引に力を入れていきたい方はbitbankの登録がマストだと言って良いでしょう。

スプレッドが高いはずのコインチェックが人気である2つの理由

コインチェックの人気の秘密に迫ります

先ほどコインチェックのスプレッドは高いことがわかりました。

しかし実は、コインチェックの人気は国内取引所の中でも3本の指に入ります。

それは一体なぜなのでしょうか?

ここからはコインチェックの人気の秘密に迫っていきたいと思います。

1.国内No.1の豊富な取り扱い銘柄

コインチェック 取扱銘柄16種類

コインチェックの取り扱い通貨数は国内最多です!

  • コインチェック:16種類
  • bitFlyer:12種類
  • DMM Bitcoin:11種類
  • GMOコイン:12種類

コインチェックは他の取引所ではあまり取り扱っていないマイナーなアルトコインに数多く対応しています。

ファクトム(FCT)やアイオーエスティー(IOST)のように、国内でコインチェックでしか売買できない通貨があるのも非常に魅力的です。

初めてのアルトコインの売買なら

2.どの取引所よりも圧倒的に使いやすい操作画面

コインチェック スマホアプリ画面

コインチェックの操作画面は非常にシンプルで使いやすいことで知られています。

初心者の方でも数分で使いこなせるようになるほど操作が簡単です!

その証拠に、スマホアプリのダウンロード数が300万DLを突破しており、国内No.1の人気があります。

 

コインチェックはスプレッドが若干高いですが、その分、それに見合う"質"を提供している取引所だと言えるでしょう。

初心者の方にオススメ

仮想通貨取引でスプレッドを節約する3つのコツ

初心者でもできるスプレッドの節約術を紹介

スプレッドを節約する3つのコツ

  1. 相場の変動が激しい時は取引しない
  2. 販売所での取引を避ける
  3. スプレッドが低い取引所を使い分ける

1.相場の変動が激しい時は取引しない

相場が荒れていると、スプレッドは異常に広がる。

相場の変動が激しい時は、どの販売所でもスプレッドが異常に広がる傾向があります。

短時間の間に価格が10%、20%も動いていると、その流れに便乗して一稼ぎしようとしてしまいがちですが、取引する前にスプレッドがどのくらい開いているのかは必ずチェックするようにしましょう。

また、激しい変動が起きている相場で初心者がトレードすることはもはや"ギャンブル"に近いと言えます。目の前に大きな利益が見えているシーンでこそ一歩踏みとどまり、本当に取引をするべきなのかを検討し直してみてください。

コインパートナーでは、仮想通貨初心者向けに無料のオンライン相談を受け付けています。

トレードってどうやるの?」「利益を出すためには何をすればいいの?」などお気軽にお問い合わせください。

2.販売所での取引を避ける

スプレッドを気にするなら、販売所避けた方が良い。

基本的にどの暗号資産(仮想通貨)取引所でも、販売所のスプレッドは高いです。

そのためどの販売所を使うかを検討するよりも、そもそも販売所を使わないという選択肢を取るのが無難です。

しかし国内取引所では販売所でしか購入できない銘柄も多数ありますので、そういった際は、取引回数をなるべく減らすことでスプレッドの影響を抑えることができます。

3.スプレッドが低い取引所を複数使い分ける

いつでも最安のスプレッドを見つけられるように準備!

スプレッドは常に変動しているため、"一番スプレッドの低い取引所はココ!"というように断言することはできません。

あらかじめスプレッドの低い取引所に複数登録しておけば、その時々でもっともスプレッドの低い取引所を見つけることが可能です。

どの取引所が良いのか迷われてしまう方は、先ほど紹介したGMOコイン・bitFlyer・bitbankのうち最低2つに登録しておけばまず間違い無いでしょう。

コインチェックのスプレッドに関するQ&A

よくある質問にコインパートナーが回答します!

なぜコインチェックのスプレッドはこんなにも高いんですか?

それがコインチェックのビジネスモデルだからです。

スプレッドは暗号資産(仮想通貨)取引所を営む運営会社の大きな収入源です。会社が利益を伸ばそうとするのは自然なことですから、高いスプレッドも利益を伸ばすための施策の一つでしょう。

また、多くの人たちの間では「スプレッドが高い取引所なんて誰も使わないよ」と言われていますが、本当に誰にも使われていないのなら、取引所はすぐさま潰れてしまうでしょう。

ですが実際にコインチェックはそうはなっていません。

つまり高いスプレッドを許容してでも使いたいと思わせる魅力が、コインチェックにはあると言えるのではないでしょうか。

コインチェックの魅力についての解説はこちら

Coincheckつみたてにスプレッドはありますか?

Coincheckつみたては販売所での運用となっています。

Coincheckつみたてではスプレッドが発生します。

なぜなら私たちユーザーが預けた資産はCoincheck販売所で運用されているからです。

つまり、Coincheckつみたてには販売所のスプレッドがかかっているということになります。

Coincheckつみたての詳細はこちら

コインチェックのスプレッドまとめ

コインチェックの
スプレッドまとめ

  • コインチェックのスプレッドは高い
  • ビットコイン取引所のスプレッドは低い
  • スプレッドの低い取引所ならGMOコイン
  • コインチェックは、スプレッドがかかる分サービスの品質は高い

コインチェックは初心者でもかんたんに売買ができますが、他と比べるとスプレッドが高く、頻繁に売買する人にはおすすめできません。

スプレッドの低い取引所をお探しの方は国内最安値のGMOコインを使うことをオススメします。

また、

  • とりあえずビットコインを取引してみたい!
  • スプレッドが高いのは承知の上でコインチェックを使っていきたい!

という方はコインチェックを使っていくのが良いでしょう。

スプレッドで悩まされることのない快適な暗号資産(仮想通貨)ライフを送るために、この記事がお役に立てていたなら幸いです。

コストを節約したいならココ!

使いやすさ重視ならココ!