GMOコインの取り扱い通貨一覧!各通貨の特長と国内取引所情報も網羅!

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!

仮想通貨の取引を始めたいそこのあなた!

GMOコインで取引されている通貨とその特長はこの記事を読めばしっかりとわかります!

さらにこの記事では、それぞれの通貨が国内の他のどの取引所で取り扱われているかもわかっちゃいます!!

これを読んで、国内取引所の事情をバッチリ掴んじゃいましょう!

↓↓コインオタク編集部による仮想通貨取引所おすすめランキング↓↓

「仮想通貨投資初心者が安心して簡単に仮想通貨取引を行うために最もおすすめの取引所」を教えます! 有名仮想通貨取引所全てを徹底的に比較し、東大生であるコインオタク編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します

 

そもそもGMOコインとは?

GMOコインとは、大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所です。GMOグループは既に「GMOクリック証券」がFX市場で大きなシェアを得ているので、設立当初はたくさんの期待が集まっていました。ビットコインFXに特化したアプリ「ビットレ君」が人気です。


GMOコインの取り扱い通貨一覧!

以上の5通貨をGMOコインは取り扱っています!FX取引をできるのはビットコインだけですが、今後他の通貨もFX取引ができるようになると発表されています(2017年内に実装されるとのことでしたが、2018年1月現在実装はされていません)。

 ↓↓多くのアルトコインのFX取引ができるDMMビットコインの評判↓↓

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?オープンしたばかりの販売所のメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判ともに解説します!DMMビットコインがどんな人におススメなのか見てみましょう!

 細かく見ていきましょう!


ビットコイン(Bitcoin、BTC)

言わずと知れた仮想通貨の代名詞です。国内外全ての仮想通貨取引所で取引がされています。最近では他の通貨に先立って実用化も進んでいます!

日本では大手家電量販店でのビットコイン決済導入が進んでいます。ビックカメラの他に、ヤマダ電機が2018年1月27日に導入しました。

 ↓↓ビットコインの今後のスケジュールはCoinKoyomiで↓↓

仮想通貨ニュース・イベントカレンダー“CoinKoyomi”とは、1400種類以上の仮想通貨のニュースやイベントを一覧表示できるカレンダーサービスです。アラート機能やソート機能が備わっています。

 ↓↓コインオタクのビットコインに関する記事はこちら↓↓

「Bitcoin」の記事一覧です。


 イーサリアム(Ethereum、ETH)

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額2位(※2018年1月30日現在。以下全て時価総額は同日現在)の通貨です。イーサリアムの一番の特長はスマートコントラクトを搭載しているということです。

また、ICOによる資金調達はそのほとんどにETH(イーサ)が使われています。ERC20トークンというイーサリアムのブロックチェーン上に発行されるトークンシリーズも増えてきていて、イーサリアムは仮想通貨界に不可欠なプラットフォームです。

このイーサリアムも全ての取引所で取り扱われています!よほどマイナーな取引所を使わない限り、イーサリアムが取り扱われているかどうかを心配する必要はないでしょう。

 ↓↓コインオタクのイーサリアムに関する記事はこちら↓↓

「Ethereum」の記事一覧です。

 

リップル(Ripple、XRP)

リップルは時価総額3位の通貨です。2017年末と翌年始の高騰の際は一時イーサリアムを抜いて時価総額2位に躍り出ました。リップルは他の仮想通貨とは少し違い、現在の金融インフラをより良いものにする役割を持ちます。中央集権的であるため、一部の仮想通貨界隈の人からはリップルは仮想通貨ではない、とも言われたりします。銀行間送金の実験が頻繁に行われていて、実用化が近づいてます

 ↓↓リップルの今後のスケジュールはCoinKoyomiで↓↓

仮想通貨ニュース・イベントカレンダー“CoinKoyomi”とは、1400種類以上の仮想通貨のニュースやイベントを一覧表示できるカレンダーサービスです。アラート機能やソート機能が備わっています。

 リップルを取り扱っている国内取引所はGMOコインの他に、コインチェックビットバンクビットトレードDMMビットコインミスターエクスチェンジQUOINEXがあります!ビットフライヤーやZaifといった日本の大手取引所で取引されていないのには注意が必要です!

このように知名度の割に意外と上場していない取引所は多くあるので、リップルを取り扱っている通貨はGMOコインの他にも押さえておきましょう

↓↓コインオタクのリップルに関する記事はこちら↓↓

「Ripple」の記事一覧です。

 

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash、BCH、BCC)

2017年8月1日にビットコインのハードフォークによって誕生した通貨で、時価総額4位です。ビットコインじゃなくてビットコインキャッシュこそが開発者ナカモトサトシの意志を継いだ本当のビットコインだ!と強く主張する熱狂的ファンも多く、あのビットコインの神、Roger Ver(ロジャー・バー)氏もその中の1人です。実際にスケーラビリティ問題対策などの性能ではビットコインよりも優れています

日本ではGMOコインの他に、コインチェックビットフライヤーZaifビットバンクビットトレードDMMビットコインみんなのビットコインフィスコ仮想通貨取引所QUOINEXBITPointBTCBOXがあります!

また余談ですが海外では、ほとんどの取引所の基軸通貨がビットコインである中2017年12月にビットコインキャッシュが基軸通貨の取引所CoinEXが誕生しました!将来が楽しみです!

 ↓↓コインオタクのビットコインキャッシュに関する記事はこちら↓↓

「Bitcoin Cash」の記事一覧です。

 

ライトコイン(Litecoin、LTC)

ライトコインは仕組みはビットコインとあまり変わらないのですが、2017年9月1日のライトニングネットワークの実験成功によりマイクロペイメントの実現可能性が高まっています。またビットコインでは解決しきれていないスケーラビリティ問題を解決する可能性があり、注目が集まっています。現在時価総額8位です。

日本では、コインチェックビットフライヤービットバンクビットトレードDMMビットコインQUOINEXBITPointBTCBOXで取り扱われています!

↓↓コインオタクのライトコインに関する記事はこちら↓↓

「Lite Coin」の記事一覧です。

 

まとめ!

以上GMOコインで扱われている通貨について軽く説明してきました!この一覧を見ると、GMOコインは主要な通貨をしっかり押さえているということがわかりますね!主要な通貨は値動きの幅が比較的小さく、どれも将来性が豊かで実用化の可能性も大いにあります。また、GMOコインは取引手数料も無料で販売所の信頼性は高いので、これらをガチホするのに向いています

GMOコインの登録はこちらから!

しかし、GMOコインでアルトコインを頻繁に取引するのはスプレッドを多く取られてしまうことがあるので注意が必要です!詳しくは以下の記事で解説してあるのでぜひ読んでみてください!

仮想通貨を取引する上で、手数料で損をしないというのは必須事項です。みなさんは手数料で損をしていませんか?この記事ではGMOコインの手数料を他と比較し、その安さ、高さを検証しました。比較に基づいたGMOコインのオススメ使い方も!

 アルトコインの頻繁な取引におすすめなのはビットバンクです!ビットバンクはアルトコインの「販売」でなく「取引」されているので、かなり相場に近い価格で売買することができます!ビットバンク公式サイトへ

1;95;0c