2018年リップルはどうなる?特徴・今後の価格予想・将来性を東大生が解説!

「リップルの価格があがってるようだけど、今後の価格はどうなるんだろう?いまリップルは買うべきなのかな?」そうお悩みではありませんか?

リップルの仕組みを勉強するのはなかな面倒ですし、専門家でもないのに将来性を予測するのは難しいですよね。

仮想通貨が大好きな東大生が500種類以上の通貨を調べた結果、リップルは2018年もっとも将来性の高い通貨のひとつであることがわかりました!この記事ではリップルの特徴や著名人の価格予想を紹介したのちになぜ将来性が高いと言えるのかを説明しています。

これであなたも迷わずにリップルの今後や将来性について知り投資判断ができるはずです!

GMOコインでリップルを購入する

リップルの特徴

ブロックチェーンを使わない仮想通貨!

リップルの最大の特徴は仮想通貨なのにブロックチェーンを利用していないことにあります。

ビットコインをはじめ仮想通貨の大半はブロックチェーンに送金データを蓄積することで価値が保証されています。リップルはXRP Ledgerと呼ばれる仕組みによって送金データを管理しています。

またリップルは、トランザクションの承認システムにプルーフオブコンセンサス(PoC)を採用しています。プルーフオブワーク(PoW)との違いは、後者は全てのノードが承認作業(マイニング)をできるのに対し一部のValidator(承認者)しかできない点にあります。これがリップルが中央集権的だと言われる所以ですが、一方でトランザクション承認の速さの秘訣でもあります。


国際送金が安く・早くなる!

リップルは国際送金インフラにおいてあらゆる通貨の仲立ちをするブリッジ通貨として活躍します。従来のインフラは銀行によって成り立っていました。国際送金に伴う両替などで手数料や時間が多く取られて、またマイナー通貨への両替ではそれが顕著でした。

PoCにより高い承認速度のリップルが両替の仲介をすれば、国際送金にかかる手数料や時間が大きく削減されます。


リップルの今後の価格予想

Ripple Coin News

Ripple COin Newsはリップルのファンダメンタル分析やテクニカル分析を主に行っているサイトです。リップルにはかなり詳しく、分析の信憑性も十分でしょう。2018年4月時点での分析では、2018年末までに最低でも7ドル(約770円)の壁を超えるとしています。具体的には、2018年にリップルの取引高は更に伸び7ドルから10ドルの間に収まると予想しています。

また、長期的・中期的な投資先としてはリップルは間違いなく、ほんとに最低でも1ドル(約110円)は超えると予防線を張ってもいます。Ripple Coin Newsを信じるなら、リップルの価格は間違いなく上がると見ていいでしょう。


Nasdaq

Nasdaqは、ベンチャー企業向けのアメリカの株式市場のことです。JASDAQはNasdaqの日本バージョンです。Nasdaqは2018年のリップルの価格予想をしています。予想した2017年9月末から52週間以内に簡単に1ドル(約110円)を超え数年で5ドル(約550円)を超えるとしています。

ですが2017年末に一度1ドルを優に超え5ドルにも近づきました。この予想は前倒しで達成される可能性があります。


Webbot

Webbot(ウェブボット)はSNSから仮想通貨に関する情報を集めてきて市場を予測するツールです。これまでも、中国による仮想通貨規制が強まるといった予想や、1月のNEOの高騰を的中させてきた実績があります。

そんなWebbotによると、リップルは2018年5月に銀行のシステムの不具合により需要が高まり急速に価格が上昇すると予想しています。具体的な価格には言及されていません。5月はWebbotとしてもリップルからしても注目の月となりそうです。


Investing pr

Investing prは投資情報を日々発信する英語の情報サイトです。リップルについてはいくつかの予想をしています。2018年内には、韓国などの仮想通貨を禁止した大国がカムバックしたら価格は5ドル(約550円)にも及ぶとしています。

また、2018年半ばにリップルはアメリカ最大手仮想通貨取引所Coinbaseに上場するという噂があります。これがもし現実とならば5ドルや、ビットコインの時価総額を肥える7ドルも視野に入ってきます。今後のニュースに注目です。


リップルの将来性

Googleが出資している!

リップルは、Googleから出資を受けています。Googleが提供する決済サービスGoogle Payにリップルが使われるようになるのではないかとの見方も強いです。これが実現したらリップルの価格は6ドルを超えるとする専門家もいます。

リップルはGoogle以外にも数多くの大手企業、銀行と提携した金融プラットフォームを形成していき、実際に既にUAE Exchangeとの提携も決まっています。Googleをはじめとした大企業との提携のニュースは今後も注目です。


複数の銀行で採用が予定されている!

送金手数料を安く、反映時間を短くするリップルは銀行にとっても魅力的であり、さらに胴元が存在しブロックチェーンを使用していないため既存の金融システムからしても受け入れやすいものです。

現在多くの銀行がリップルとの提携を発表しており、ホームページに載っているだけでも「MUFG」、「SBI」、「みずほ」など名だたる銀行がリップルとの提携を発表してるほか、複数の国立銀行(国が管理する中央銀行)が提携を発表しています!


アジアでは内外為替一元化コンソーシアムを形成中!

リップルに積極的な出資を行っているSBIホールディングスとリップルが共同でローンチした「内外為替一元化コンソーシアム」をアジアで展開しています。リップルを採用した24時間リアルタイム送金インフラであるこのプロジェクトには日本国内の銀行61行もが参加をしています。

2018年3月には、個人のユーザー間送金が24時間365日リアルタイムで行えるアプリ「Money Tap」を発表しました。現行のインフラでは実現できないスピードと手数料の安さを備えています。アプリは2018年夏にサービスをスタートする予定です。このようにリップル関連のプロジェクトは2018年に大きく動きます。


コインオタクの見解

2018年に動く可能性の高いリップル関連のプロジェクトは他にも、三菱UFJ銀行の次世代国際送金システムなど多く存在します。しかしその中にはリップルのシステムは使うがXRPという通貨を使うわけではないものも多いうえ、それらはXRPの価格上昇にあまりつながっていません。

2018年リップルの市場規模はまだまだ拡大していき価格は上昇するとは思いますが、すべてのリップル関連のプロジェクトが買い材料になることはないでしょう。


まとめ

リップルについて今後どのようになるかを主に解説してきました!

リップルまとめ

  • リップルはブロックチェーンを使わない仮想通貨!
  • 高速で手数料の安い国際送金を実現!
  • 価格の上昇を予想する専門家が多い!
  • リップルのシステムは使っても通貨は使わないプロジェクトもある!

 リップルは2018年成長や実用化が楽しみな仮想通貨のひとつです。価格上昇の兆候を見逃さずに購入するためにも今のうちにリップルが買える取引所に口座登録・入金を済ませておきましょう。口座登録と入金は平均して数日かかるので、取引したい時に登録の申請をしても手遅れです。機会損失を避けるためにも早めに準備をしておくことが大事です。

おすすめはGMOコインです。セキュリティが万全な上、取引所形式でリップルを扱っているのでお得に取引できます。

GMOコインでリップルを購入する

「GMOコインに登録したいけど、何が必要なのか分からない」「時間がかかるって聞いたけど。。。」GMOコインに登録するにあたって知っておきたいことって山ほどありますよね?知っておきたいことや疑問をこの記事で解消しましょう!目次そもそもGMOコインとは?GMOコインの審査、口座開設にかかる日数、時間は?速い?遅い?GMOコインの口座開設に必要なもの、条件GMOコイン仮登録方法!GMOコイン本登録方法GMOコイン登録のお悩み相談口座開設に伴うお得なキャンペーンそもそもGMOコインとは?GMOコインの概要GMOコインとは、2017年5月31に設立された、GMOインターネット株式会社の傘下のGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。仮想通貨FX取引をスムーズにできるアプリ「ビットレ君」が人気です。また、まだ実装している取引所が少ないアルトコインのFX取引を取り入れると発表しています。(もともと2017年内に実装すると発表されていたのですが、2018年1月現在まだされていません)GMOコインを選ぶメリットアプリが使いやすい!GMOコインが出す仮想通貨FX取引専用アプリ「ビットレ君」は、チャートが見やすい上9種類のオプションが揃っています。本格的なビットコインFXをスマホでできます!大手による運営運営元は大手会社GMOインターネットグループです。大手であることのメリットは、サーバーが強いということがまず挙げられるかと思います。サーバーが強いというのは、取引が殺到したときにサーバーダウンすることなく、スムーズな取引が可能です。GMOコインの審査、口座開設にかかる日数、時間は?速い?遅い?公式の目安GMOコインは、審査にかかる時間の目安は提示していませんが、審査の後、口座開設書類の送付に1〜2日かかるとしています。審査の時間の目安を設けていないのがちょっと不気味ですね。巷の噂やはり審査で非常に時間がかかっていることがわかります。TwitterでGMOコインの口座開設を申し込んだ人たちのつぶやきを見ていると、実際に開設までたどり着くのに平均してだいたい1ヶ月くらいかかっているようです。しかも、その待たせている間の対応も結構雑であることが多く、ユーザーは離れていっています。どうしてもGMOコインに口座がほしいという人は、開設にこのくらい時間がかかることを覚悟しましょう。GMOコイ


リップルのレバレッジ取引をするならDMM Bitcoinです。

DMM BitcoinならFXで持ってる資金の何倍もの利益を出せるほか、価格が下がっている時でも利益をあげられます。

DMM Bitcoin公式ホームページ


また、リップルの取引手数料無料、取引量世界一のbitbankという取引所もあります。


bitbankに無料登録!