「リップルは2018年に入ってから価格がだいぶ下がったし買ってみたいけど、今後価格はあがるのかな?」

そんな悩みを抱えていませんか?

たしかにリップルに将来性があるのなら、いまのうちに買っておきたいですよね。

仮想通貨が大好きな東大生が500種類以上の通貨を調べた結果、リップルは2018年もっとも将来性の高い通貨のひとつであることがわかりました!

この記事ではリップルの特徴や著名人の価格予想を紹介したのちになぜ将来性が高いと言えるのかを説明しています。

これであなたも迷わずにリップルの今後や将来性について知り投資判断ができるはずです!

リップルをGMOコインで購入する!



リップル(XRP)の特徴

多くのひとが口を揃えてリップルを高評価するのは、リップルが他の仮想通貨と大きく異なる特徴を持つからです。まずはリップルがどのような仮想通貨なのか説明します。

ブロックチェーンを使わない仮想通貨!

リップルの最大の特徴は仮想通貨なのにブロックチェーンを利用していないことにあります。これは仮想通貨の中でほぼ唯一といっていいほど珍しい特性です。

ビットコインをはじめ仮想通貨の大半は、ブロックチェーンに送金データを分散管理することで価値が保証されています。

一方でリップルは、XRP Ledgerと呼ばれる送金台帳によってリップル社が送金データを中央集権的に管理しています。

そのためリップルは仮想通貨の中でも段違いの送金速度を実現しています!

有名通貨の送金時間の比較


リップルについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

 

国際送金が安く・早くなる!

リップルの送金手数料
リップル公式Twitterより

リップルは国際送金においてあらゆる通貨の仲立ちをするブリッジ通貨として活躍します。

銀行が国際送金を行う際に両替や海外回線利用などで多くの企業の仲介が必要であり、数千円もの手数料がかかる上、反映までに1週間近くにかかってしまいます。

承認速度の早いリップルが両替の仲介をすれば、複雑な仲介を削減し、国際送金にかかる手数料は数秒、時間も数秒ですむことが期待されます。

銀行とリップルの国際送金手数料と送金時間の比較表

手数料送金時間
銀行約4000円1~3日
リップル約10円約3秒

そのため、多くの銀行がこぞってリップルと提携をしています

 

ブリッジ通貨についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ブリッジ通貨ってどういう通貨のことを言うの?ブリッジ通貨の価値ってほんとに上がるの?ブリッジ通貨に関する様々な疑問を持っている方のために、コインオタクがブリッジ通貨の役割や種類だけでなく価値についても解説します!

 

リップル(XRP)の将来性

「リップルの将来性が高い」というのはよく聞く話ですが、実際どのような点が評価されているのでしょうか?主にリップルは以下の4つの点で期待されています。

リップルの将来性が高い4つの理由

  • Googleが出資している!
  • 複数の銀行が採用している
  • 仮想通貨格付けで単独1位になっている!
  • アジアで内外為替一元化コンソーシアムが作られている!

 

Googleが出資している!

リップルは、Googleから出資を受けています。Googleが提供する決済サービスGoogle Payにリップルが使われるようになるのではないかとの見方も強いです。これが実現したらリップルの価格は6ドルを超えるとする専門家もいます。

リップルはGoogle以外にも数多くの大手企業、銀行と提携した金融プラットフォームを形成していき、実際に既にUAE Exchangeとの提携も決まっています。Googleをはじめとした大企業との提携のニュースは今後も注目です。


複数の銀行で採用が予定されている!

送金手数料を安く、反映時間を短くするリップルは銀行にとっても魅力的であり、さらに胴元が存在しブロックチェーンを使用していないため既存の金融システムからしても受け入れやすいものです。

現在多くの銀行がリップルとの提携を発表しており、ホームページに載っているだけでも「MUFG」、「SBI」、「みずほ」など名だたる銀行がリップルとの提携を発表してるほか、複数の国立銀行(国が管理する中央銀行)が提携を発表しています!


仮想通貨格付け「Weiss Ratings」でXRPが単独首位に!

株式や金融機関の評価を行うアメリカ有数の格付け企業「Weiss Ratings」が2018年11月1日に発表した仮想通貨格付けにおいて、XRPが単独トップの評価をうけました

Weiss Ratingsでは2018年1月以来、複数回にわたり74通貨の性能をA~Eで評価してきましたが、今回リップルは全通貨の中で唯一のB評価を獲得しました。

これは世界的にリップルへの期待が高まっていることの表れであり、今後もリップルの躍進が予想されます!


アジアでは内外為替一元化コンソーシアムを形成中!

リップルに積極的な出資を行っているSBIホールディングスとリップルが共同でローンチした「内外為替一元化コンソーシアム」をアジアで展開しています。リップルを採用した24時間リアルタイム送金インフラであるこのプロジェクトには日本国内の銀行61行もが参加をしています。

2018年3月に内外為替一元化コンソーシアムは、個人のユーザー間送金が24時間365日リアルタイムで行えるアプリ「Money Tap」を発表しました。現行のインフラでは実現できないスピードと手数料の安さを備えています。アプリは2018年夏にサービスをスタートする予定です。このようにリップル関連のプロジェクトは2018年に大きく動きます。

リップル(XRP)の価格とチャート

リップルの現在の価格と過去の価格推移を見てみましょう!

過去のリップルの価格とチャート

2017年はリップルの価格が急上昇!


上は2017年のリップルチャートの推移を表しています。

2017年の初めにはほぼ横ばいであって価格は、4月にSBIホールディングスがコンソーシアムを形成しリップルのRCクラウドを採用することを発表してから価格を4倍にまであげています

さらに5月にはXRPのロックアップが発表されると価格は50倍以上になりました。

その後はとくに目立ったイベントがなく価格が下がり続けましたが、12月にリップル社が銀行送金においてXRPを使用することを明言すると価格が大きくあがりました

結局年始には1円ほどであった価格は年末には300円近くまで迫っていました。

2017年はリップルが高騰しました。なぜ高騰したのか、また下落したのか、2017年のニュースとチャートを徹底分析し解説いたします。投資判断において重要な情報を分析しているので、本気の投資を考えている方は必見です!

 

2018年の初めからリップルの価格が急暴落

2018年に入っても数日間は上げ相場が続き、リップルの価格は最高で400円を超えました

しかしその後はビットコインの暴落に引きずられ、ずるずると価格を下げていき、今では50円付近で落ち着きを見せています

現在のリップルの価格とチャート



リップル(XRP)の今後の価格予想

自分ではなかなか難しい価格予測ですが、多くの仮想通貨著名人がリップルの価格は上昇すると予想しています!

今回は、

  • Ripple Coin News
  • Nasdaq
  • Webbot
  • Inveting PR
  • SBI北尾社長

の5つの団体・人物の価格予想を紹介します。

Ripple Coin News:年内に770円を超える予想

Ripple Coin Newsはリップルのファンダメンタル分析やテクニカル分析を主に行っているサイトです。リップルにはかなり詳しく、分析の信憑性も十分でしょう。

2018年4月時点での分析では、2018年末までに最低でも7ドル(約770円)の壁を超えるとしています。具体的には、2018年にリップルの取引高は更に伸び7ドルから10ドルの間に収まると予想しています。

また、長期的・中期的な投資先としてはリップルは間違いなく、最低でも1ドル(約110円)は超えると予防線を張ってもいます。Ripple Coin Newsを信じるなら、リップルの価格は間違いなく上がると見ていいでしょう。


ソース:Ripple Coin News

Nasdaq:数年で550円を超える予想

Nasdaqは、ベンチャー企業向けのアメリカの株式市場のことです。JASDAQはNasdaqの日本バージョンです。

Nasdaqは2018年のリップルの価格予想をしています。予想した2017年9月末から52週間以内に簡単に1ドル(約110円)を超え数年で5ドル(約550円)を超えるとしています。

実際に2017年内に1ドルを優に超え5ドルにも近づきました。この予想も達成される可能性はあるでしょう


ソース:Nasdaq

Webbot:上昇を予想するも価格は明言せず

Webbot(ウェブボット)はSNSから仮想通貨に関する情報を集めてきて市場を予測するツールです。これまでも、中国による仮想通貨規制が強まるといった予想や、1月のNEOの高騰を的中させてきた実績があります。

そんなWebbotによると、リップルは2018年5月に銀行のシステムの不具合により需要が高まり急速に価格が上昇すると予想しています。具体的な価格には言及されていません。5月はWebbotとしてもリップルからしても注目の月となりそうです。


Investing pr:年内に550円を超える予想

Investing prは投資情報を日々発信する英語の情報サイトです。リップルについてはいくつかの予想をしています。

2018年内には、韓国などの仮想通貨を禁止した大国がカムバックしたら価格は5ドル(約550円)にも及ぶとしています。

また、2018年半ばにリップルはアメリカ最大手仮想通貨取引所Coinbaseに上場するという噂があります。これがもし現実とならば5ドルや、ビットコインの時価総額を肥える7ドルも視野に入ってきます。今後のニュースに注目です。


ソース:Investing pr

SBI北尾社長:年末までに1000円を超える予想


北尾吉孝氏は日本有数の金融会社SBIホールディングの社長である一方で、内外為替一元化コンソーシアムを形成するなどリップルの普及に努めている中心人物でもあります。

北尾社長はリップルが金融を変えると確信しており、SBIが運営する取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」においてXRPを基軸通貨として採用しています。

さらにリップルの価格に関しても年内に1000円を超えるとの見通しまで立てています。金融界の重鎮が後ろ盾にいるのは、リップルにとっても大きなメリットです。

ソース:Smartereum

【リップル(XRP)の購入方法】おすすめ取引所3選

ここからは将来性の高いリップルの購入方法をご紹介します。

今回はリップルの購入におすすめな取引所を3つご紹介します。

リップルのおすすめ取引所3選

  • GMOコイン:日本最大手の取引所!基本手数料が全て無料!
  • DMM Bitcoin:国内でリップルのレバレッジ取引ができる数少ない場所
  • bitbank:リップルの取引手数料が無料!リップル取引量世界一!

 

GMOコイン

GMOコインのバナー

GMOコインは東証一部に上場している大手企業GMOインターネットが運営する国内最大規模の販売所です。 

FX取引高世界一の経験を生かし、 高いセキュリティ性能と使い勝手を誇っています。 取引所のハッキング事件が多発する中で大手取引所が運営するGMOコインは 安心感に秀でていると言えるでしょう!

基本的な手数料がすべて無料であるほか スマホアプリでFX取引ができるため、初級者から上級者までお勧めできる超人気の場所です!

いまなら口座開設をするだけで 20,000satoshi(1,500円相当)のビットコインをプレゼントするキャンペーン中!!!

GMOコイン公式ホームページ

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 

BitPoint

BitPointのバナー

BitPointは資本金44億円を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。

BitPointでは現物取引の手数料がすべて無料であるほか、リップルを取引所形式で扱っているため、国内最安値でリップルを購入できます

とにかく安くリップルを購入したい!という方におすすめです。

BitPointのキャンペーン

11月30日まで3000円分のビットコインをもらえるキャンペーン中!登録はお早めに!

BitPoint公式ホームページ

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは日本の大手企業DMM.comが運営する国内随一の知名度を誇る販売所です。

リップルの現物取引をすることはできませんが、国内で唯一リップルのFX取引ができます。レバレッジをかけてリップルの売買を行いたい人はDMM Bitcoinはおすすめです!

いまなら口座開設するだけで1000円をプレゼントするキャンペーン中です!登録はお早めに!

登録は5分で完了し、登録料も維持費も無料です!

DMM Bitcoin公式ホームページ

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

各取引所での具体的な購入方法についてはこちらをご覧ください。

「リップルに興味があるけど、どこで買えばいいかわからない・・・」そんな悩みの声に応えるべく、安さ・はやさの観点から購入方法を2種類教えます!

 

また、気にいる取引所が見つからなかった人はこちらをご覧ください。

リップルの取引所ってどこがイイの?手数料は?使いやすさは?リップルのトレーディングに精通している東大生たちが議論を重ね独自のランキングを制作!

 

コインオタクの見解

近日中に動く可能性の高いリップル関連のプロジェクトは他にも、三菱UFJ銀行の次世代国際送金システムなど多く存在します。しかしその中にはリップルのシステムは使うがXRPという通貨を使うわけではないものも多いうえ、それらはXRPの価格上昇にあまりつながっていません。

2018年リップルの市場規模はまだまだ拡大していき期待できるとは思いますが、すべてのリップル関連のプロジェクトに飛びつくのは得策ではありません

長期的な値上がりに期待するか、大事そうなイベントを見極めて短期投資を行うことをおすすめします。

リップルの今後と将来性まとめ

いかかでしょうか?今回はリップルについて、今後どのようになるかを主に解説してきました!

 リップルは今後も成長や実用化が楽しみな仮想通貨のひとつです。

価格上昇の兆候を見逃さずに購入するためにも今のうちにリップルが買える取引所に口座登録をしておきましょう!


リップルの今後と将来性まとめ

  • リップルはブロックチェーンを使わない仮想通貨!
  • 高速で手数料の安い国際送金を実現!
  • 価格の上昇を予想する専門家が多い!
  • 多くの企業や銀行と提携し普及していく可能性は十分あり!



GMOコインでリップルを購入する