「イーサリアムの価格があがってるようだけど、今後の価格はどうなるんだろう?いまイーサリアムは買うべきなのかな?」そうお悩みではありませんか?

ビットコインだけじゃなくてイーサリアムに手を出してみたいけど、専門家でもないのに将来性を予測するのは難しいですよね。

仮想通貨が大好きな東大生が500種類以上の通貨を調べた結果、イーサリアムは2018年もっとも将来性の高い通貨のひとつであることがわかりました!この記事ではイーサリアムの特徴や著名人の価格予想を紹介したのちになぜ将来性が高いと言えるのかを説明しています。

これであなたも迷わずにイーサリアムの今後や将来性について知り投資判断ができるはずです!

イーサリアムの取引はGMOコイン!


イーサリアムの特徴

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックッチェーンを利用して遂行される自動契約のことです。

たとえば毎月同じ食材を同じ個数宅配注文する場合を考えてみましょう。

通常は毎回注文のたびに商品を選択し注文を行い支払いをするという手間がかかるためかなりの不便を被ります。さらには注文をすること自体を忘れてしまう可能性もあります。スマートコントラクトを利用すれば、一度契約を結んでしまえば商品の選定や注文、支払いをシステムが自動で行ってくれるのです!

このようにスマートコントラクトは時間やコストを節約できるだけでなく、ブロックチェーンを利用しているため改ざん不可能で透明性が高いメリットを持ちます。

イーサリアムはスマートコントラクトを採用した通貨の代表例であり、高い機能性と利便性をもった通貨であるといえます!

目次スマートコントラクトとはスマートコントラクトのメリット スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性スマートコントラクトの将来性・活用事例スマートコントラクトの気になる疑問を解決!スマートコントラクトまとめ スマートコントラクトとは 一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。これにより取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり不正取引が減ったり、世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、かなり画期的で、今後の世界を変える可能性を秘めています。 そもそも契約とは、 契約定義イベント発生価値の交換、契約執行決済 という4つでできていて、スマートコントラクトでは、2〜4を自動で行うことができます。 ですが、これでもまだイメージが掴めないと思うので身近な具体例を用いて考えてみましょう。 スマートコントラクトの身近な具体例 実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からある概念です。1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。自動販売機はお金を入れると商品が自動で出て来ます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、何かの売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。上の契約とは、の話に当てはめると、 制約条件を満たす額のお金(買うものの値段)を入れてボタンを押すと、商品が出て来るという契約を定義する人が訪れてお金を入れてボタンを押す商品が出て来るお金が自動販売機のものになる と言った工程のうち2~4は自動で執行されます。 スマートコントラクトのメリット

 

Dapps(分散型アプリケーション)

Dappsとは中央管理者を持たないアプリケーションのことです。

現状存在するアプリケーションのほとんどは管理者が存在するため、多くの手数料を取られていたり管理サーバーが落ちた際にシステムが停止してしまったりするなどの問題を抱えています。

イーサリアムのDappsではスマートコントラクトを利用してシステムが中央管理者なしに自動で機能するため高い安定性と安さを実現できるのです!


ERC20トークン

ERC20とはイーサリアムのプラットフォーム上で発行できるトークンのことです。

ERC20トークンでは最低限必要な機能や、用語、注意事項などを基準化されているためトークンの作成が簡単であり、仮想通貨を通して資金調達を行うICOに用いられることが多いです。

また、ERC20トークンは同一のウォレットで保管できる場合も多く保管にも便利であるメリットをもちます。

目次ERC20とは?トークンにも違いがある?ERC20に対応するおすすめウォレット!ERC20準拠の token list(トークン一覧表)!ERC20 まとめ ERC20とは? 仮想通貨への投資をして、または投資に興味があって情報収集をしている際に、ICOに興味を持った方も多いのではないでしょうか。「ICO参加して爆益出したわww」など、超ハイリスク・ハイリターンな投資ですが、ICOについて調べる中で、「ERC20ってなに?」と疑問に思った方のために、コインオタクが徹底解説します!※2018年4月26日現在、ERC20にトークンが無限生成できるバグが見つかり、多くの取引所でERC20トークンの入金を停止しています。 ERC20って仮想通貨なの? 結論から言うと、ERC20は仮想通貨ではありません。ERC20は特定の仮想通貨の名前ではないので、「ERC20の相場の動きが~」や、「ERC20~枚買った」などといった使い方はしない、ということですね! ICO(initial coin offering)とは、資金調達をしたいスタートアップが新たな仮想通貨(トークン)を発行・販売して資金調達をする方法のこと (下記事より抜粋)ですが、その発行されたトークンが、スタートアップごとに全く異なる仕組み(プログラミング言語など)をしていると、受け取る側がそれぞれに対応することになり大変なので、「みんなでルールを統一しよう」となってできた、トークンに対する技術的な統一された仕様(についての議論)がERC20(Ethereum Request for Comments: Token Standard #20) になります。 バラバラに作ると受け手が混乱する ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む ICOについて詳しく知りたい方はこちら! 

 

イーサリアムの今後の価格予想

webbot

webbotはSNSなどを通しインターネット上の感情的動きを分析し株や仮想通貨の価格を予想するAI(人工知能)です。

Webbotは実際に、2017年6月にイーサリアムの価格が上昇するという予想を的中させています。

2018年3月にイーサリアムは価格が数倍になるという予想をしています。イーサリアムに限らず何度も正しい予想をしてきていることから、Webbotの予想を信じる価値は十分にあるでしょう。


サウスチャイナ・モーニング・ポスト

サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は香港で発行されている英字新聞です。

SCMPに載せられたブロックチェーン専門家たちへの調査結果によると、2018年末にイーサリアムの価格は同年2月27日の3倍にあたる約270万円にもなるということです。専門家たちの予想と、世界的に権威のある新聞への掲載ですから信憑性は高いでしょう。


Wallet Investor

海外の仮想通貨価格予測サイトであるWallet Investor2019年5月に1370ドル(約15万円)となっているとの予測をたてています。

多数の通貨において価格予測を的中させた実績のあるサイトであるため十分参考になる数字のように思われます。


イーサリアムの将来性

イーサリアムは将来性の高い通貨として評判が高く、アメリカの格付け機関Weiss Ratingsの仮想通貨格付けにおいてもっとも高い評価を得ています。また、コインオタクで「仮想通貨おすすめランキング2018年完全版|東大生が500銘柄を徹底考察し選んでみた」で2018年もっともおすすめの通貨として紹介しています!

ここからはなぜイーサリアムが将来性の高い仮想通貨と言われるかをみていきましょう。


計画的なハードフォークによる進化

イーサリアムでは計画的に全4段階のハードフォークが行われる予定です。現在は3段階目のアップデートであるビザンチウムが終了したところです。

 アップデートの主な内容にはPoWからPoSへの移行により電力消費量削減やzk-SNARKsの導入による匿名性の強化があります。

イーサリアムはまだまだ進化が約束されており、今後への期待が高まります!

目次イーサリアムのメトロポリスとはメトロポリス延期の原因は?? メトロポリスへの移行完了時期はいつ?メトロポリスによって価格は上がるのかビザンチウムによって変わったこととは?まとめ イーサリアムのメトロポリスとは メトロポリスとは、イーサリアムの大型アップデートの3つ目となる、プルーフオブワークからプルーフオブステークへの移行の準備段階です。メトロポリスはビザンチウムとコンスタンティノープルという2段階に分けて行われ、ビザンチウムは2017年10月16日に行われました。 プルーフオブワークの仕組みとは?プルーフオブステークとの違いも説明します!プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!続きを読む メトロポリスは元々は2016年後半に完了する予定でしたが、どうしてこんなにも遅れてしまったのでしょうか。コインオタクが解説します! メトロポリス延期の原因は?? ディフィカルティボムの影響 イーサリアムでは元々プルーフオブワークのチェーンからプルーフオブステークのチェーンにマイナーが移行するために、ディフィカルティボムというマイニングの難易度が上昇していく仕組みが予めプログラムされていました。しかしながら、開発の遅れによってプルーフオブステークに移行する準備が整わないままディフィカルティボムによる影響が出始めてしまい、ただ取引の承認に時間がかかる状態となってしまいました。 そこで、ディフィカルティボムへの対応を考える必要があり、それによって更なる遅れが発生することとなりました。 ハードフォークによる分裂の懸念 イーサリアムのアップデートはハードフォークによって行われます。ハードフォークというとビットコインの分裂を想起する方が多いのではないでしょうか。 イーサリアムのハードフォークは元々予定されているものであって、新しいブロックチェーンへの移行がスムーズに進むので、通貨の分裂を生むものではありません。 しかしながら、The

 

マイクロソフトやトヨタなど超有名企業が参入

イーサリアムを活用してビジネスをしていことを目指すイーサリアムアライアンス(The Enterprise Ethereum Alliance)という組織があり、その組織にはマイクロソフトやトヨタ、JPモルガンなどの超有名企業が沢山参加しています。

この組織によりイーサリアムを使用するビジネスやサービスが沢山展開されるようになれば、その分通貨としてのイーサの使用用途や日常的利用がどんどん増えていくため、イーサリアムのプロジェクトとしての価値もイーサの通貨としての価値も大きく向上していくことが予想できます。


Raiden Networkを採用予定

イーサリアムはICOプラットフォームとして高い人気を誇るあまりに送金処理に時間がかかってしまうスケーラビリティ問題が発生しています。

そこでイーサリアムのスケーラビリティを解決すべく、イーサリアムのトランザクションをオフチェーンでまとめて処理するRaiden Networkが開発されています。もしイーサリアムにRaiden Networkが実装されればイーサリアムの送金速度が速く、送金手数料が安くなり、イーサリアムはますます実用的な通貨へと進化するでしょう!

目次Raiden Networkとはコインオタク独自のICOを選ぶ基準!上場直後の伸びは正直何とも言えない長期的に価格はあがる!Raiden Networkのプロジェクト概要Raiden Networkのプロジェクトメンバー市場でのRaiden Networkの評価Raiden NetwrorkのメリットRaiden NetworkのデメリットRaiden Networkの入手方法Raiden Networkまとめ Raiden Networkとは Raiden Networkは、イーサリアムのブロックチェーン上のトランザクション情報量を減らし取引を高速化・低額化するサービスで、Raiden Network上で使われるRDNを単位とする仮想通貨も同じ名前を持ちます。最近話題のスケーラビリティ問題の解決策として注目が集まっています。今後注目が必要なICOです! 英語ですが、Raiden Networkについて説明した動画があります コインオタク独自のICOを選ぶ基準! 詐欺コインの可能性があるか 上場をしなかったり、システムが実体のない詐欺コインも存在するため注意が必要です。 プロジェクトメンバーがしっかりしてるか プロジェクトの方向性を決めるメンバーがプロジェクトの信頼度を決める一つの指針になります。 トークン設計が実用的か トークンの利用価値が高ければ高いほどコインの価値が上がりやすいです。 プロジェクトに将来性があるか プロジェクトが発展すればコインに信用も生まれますます需要が高まります。 上場後に価格が上がっていくようなロジックがあるか 上場とともに一旦値が上がるのが傾向ですが、そのごも価値を発揮するかは別問題です。 上場直後の伸びは正直何とも言えない 上場後は基本的に伸びるもの 基本的にICOで販売されるトークンは期間が限られているため、トークンを買うことができなかった人がトークンを買いたがるため上場直後に買いが増える傾向にあります。またただ単に期待や注目が上場までに増えたことで上場後に値を上げることもあります。たとえば、今年6月に上場したICOトークンIOTAは、上場後にその値を500倍にまで上げました。さすがにここまで上がるケースは珍しいですが、数倍に上がるケースは珍しくないです。そのためRaiden

 

ETF(上場投資信託)への上場予定

イーサリアムは投資信託の上場(ETF)を進めており、2016年7月15日に初めてETF上場申請が行われました。

申請は保留状態でありまだ上場には至っていませんが、もしイーサリアムはETF上場を果たせば多くの機関投資家の資金が流入しイーサリアムの価格が大きく上昇することが予想されます!


まとめ

イーサリアムについて今後どのようになるかの予想を紹介してきました!

イーサリアムまとめ

  • スマートコントラクトを搭載!
  • Dappsというスマートコントラクトを使ったアプリケーションへの応用が可能!
  • 2018年末には価格は一270万円になるとの予想も!
  • 価格が上がる可能性のあるイベントが豊富!

イーサリアムは2018年コインオタクが最も注目している通貨です!!価格上昇の可能性があるイベントですぐにイーサリアムを買うことができるように、取引所に今のうちに登録・入金しておきましょう!

おすすめはGMOコインです!お手軽に購入することができるので、簡単に素早くイーサリアムを購入することができます!

GMOコインの詳細はこちら


みんな読んでる!コインオタク人気記事はこちら!

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む