「NEMは今後どうなっていくの?

そんな風に考えてはいませんか?

コインチェック取引所のNEM流出事件で、そんな不安を感じている方もいるかもしれません。

事件を通して、世間ではネムというワードを知る人が爆発的に増えました。

しかし、その評判は『ネムってやばいらしいよ』とか『仮想通貨って怖い』というものが大半でしょう。

本記事では、NEMの特徴や機能から、将来性があるのかを考察していきます。

この記事を読んで、2019年のネムは期待できるのかを知りましょう!

NEMとは

NEMは、新しい経済圏を作ることを目的として開発された多機能プラットフォームです。

新しい仮想通貨(トークン)の発行公証機能など、他のプラットフォームでもできる機能が多いものの、取引の承認システムとしてProof of Importance(PoI)という仕組みを採用するなど、独自性も備えている通貨になります。


NEMについて詳しく知りたい方はこちらからご覧になれます

コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!

 承認方式はPoI(Proof of Importance)

仮想通貨というものは、中央集権的な管理者が存在せず、ユーザーみんなでネットワークを運営しなければ成り立ちません。

この運営方法というものは仮想通貨ごとに変わってくるのですが、NEMの場合はPoIという方法で、ユーザーのネットワークへの貢献度を測っていきます

そして、その貢献度に応じて報酬が分配(=ハーベスト)されます。

PoIというのは、文字通り「重要性(Importance)」を証明するということで、重要性を上げると取引において貢献度が高いと判断されます。

その重要度を上げるには、指標があります。

①NEMの保有量

②NEMの取引量

の2つです。

NEMは取引量だけではなく、取引量も指標に加えることで「お金を持っている人だけが報酬を獲得する」という構図ができないようにしています

保有量だけだと、お金を多く支払える余力がある人が保有量を上げやすいことは明らかです。

しかし、取引量も加えることで、NEMのネットワークに頑張って参加している人も、同じように報酬を獲得することができます。

承認報酬はハーベスト

ハーベストは、ビットコインでいうマイニングのような報酬獲得方法です。

上記のPoIで重要度を上げることができたユーザーに、ハーベスト報酬が与えられます

ちなみにこの報酬というのは、重要度を上げた方が貰いやすくなります。

アポスティーユ(公証)

NEMにすでにある機能として、アポスティーユ(Apostille)というものがあります。

アポスティーユはいわゆる公証というもので、土地や自動車の所有権の登記、契約書やメールなどのタイムスタンプ記録、売上データなどの監査が必要となるデータの記録などができます。

ブロックチェーンは改ざんが不可能であるため、公証にブロックチェーンを用いることによって、第三者機関を必要としない公証が可能となります。

本来公証は費用も時間もかかりますが、アポスティーユにより不要なコストを削減できるのではないかと注目されています。

NEMのチャート分析

2017年の前半は1NEM=1円だったのが順調に上昇しています。

その上昇の要因にはNEMプラットフォームの使いやすさや、コミュニティの活発さなど、これといった理由ではなく、NEMへの期待から上昇し続けました。

2017年12月、WechatがNEM China teamという誤報が流れました。

その影響から、2018年1月には1NEM=240円もの値段を付けました。

その上昇率はなんと240倍です!

しかし、2018年1月のネム流出事件以来、ガクンと暴落し、5月のmijin一般公開で価格が上昇しました。

その後は、値段は下がり続け、現在は1XEM=約7円程で取引されています。


mijinについて詳しく知りたい方はこちらへ↓ 

ブロックチェーンの革命児「mijin」が金融関連のインフラコストを1/10に?不動産・エネルギー分野といった金融業界以外からも次世代のコアテクノロジーとして期待を集めるmijinの正体をじっくりと解明していきたいと思います。

 

NEMの将来性

NEMの将来性

  • カタパルトの実装
  • 開発の容易さ
  • 決算手段としての拡大
  • 国内外の銀行で導入が期待される

 カタパルトの実装

カタパルトを実装したあとのNEMは、決済に支障がないレベルまでの処理数を行うことができます。

現在の1秒間に処理できるトランザクションの数は以下の表の通りです。(※NEMはカタパルト実装後)

通貨名トランザクション処理数(秒)
ビットコイン(BTC)約5~8
イーサリアム(ETH)約13~15
リップル(XRP)約1000~2000
ネム(NEM)※カタパルト実装後約2000~3000

時価総額上位1・2のビットコインイーサリアムを圧倒しているのがわかると思います。

送金詰まりなどが時々問題視されている中、利用者が増えても送金スピードが早いというのはかなりの強みになってくると思います。

もし仮想通貨でお店の決済をする時に、お店の中で決済がなかなかされずに待たされたら、誰もそんな決済手段は使わなくなりますよね?

このNEMの2000~3000という数字は、決済スピードを強みに持つリップルを超える速さで、カタパルトが実装されれば間違いなく決済に使えるレベルの決済スピードが備わります。


 NEMの処理能力の鍵となるAggregate Transaction(アグリゲートトランザクション)やカタパルトとmijinの関係性などを詳しく知りたい方はこちらへ↓

NEMのブロックチェーンを飛躍的に成長させるであろう「カタパルト」。この大型アップデートの時期については様々な予測がされていますが、実際にはいつ頃になりそうなのか?そもそもカタパルトとはどんなアップデートなのか?コインオタクが解説します!

 開発の容易さ

企業などが独自の仮想通貨を作って売り出すことをICO(Initial Coin Offering)といい、そこで生み出される仮想通貨をトークンと呼びます。

そしてNEMのプラットフォームを使えば、個人で簡単に自分の仮想通貨を作ることができます

例えばCoinOtakuが社内だけで使えるトークンを作りたいと思ったとき、NEMのブロックチェーン上で簡単にトークンを発行できます。

発行量:1000(COK)

公開日:2018年4月23日

使用用途:保有者に対して毎月利益の10%配布

みたいな感じのこともできちゃいます!

タイムバンクやVALUなど一般個人が価値を形成するようになっている中、個人用のICOプラットフォームはかなりの需要が望めるとおもいます。

もしアイドルが握手券代わりのトークンをCDを売り出すたびに発行して、そのトークンの取引所なども整備するとします。

すると握手券の適正価格も取引所の価格で分かるとともに、ブロックチェーンの強みでもある透明性が転売の撲滅にも貢献すると予想できます。

こう考えると、個人用のICOプラットフォームは社会に一定の需要があることがわかります。

NEMのプラットフォームがこの分野で広く使われるようになれば、NEMの需要が高まり、NEM価格の大きな上昇が期待できると思います。

最近では、NEMのプラットフォームを使って作られたCOMSAというICOが行われました

このICOは約100億円程度集め、かなりの注目を集めました。


ICOについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。

 COMSAについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

COMSAはZaifを運営するテックビューロ社によるプロジェクトです。この記事では、約100億円を集めることに成功したCOMSAについてメリットやデメリットに加え、これまでの状況と現状について詳しくお伝えします。

 決済手段としての拡大

NEMは決済手段として優れている点があります。

まず、NEMは送金手数料が安く、ビットコインと比べると50分の1の手数料で送金できます

そして、一切の匿名性がないので、すべての取引を追うことができるクリーンさも持ち合わせてます

取引をすべて追うことができるということは、横領やマネーロンダリングを防げたり、盗難があった時に犯人の特定ができるメリットがあります。

その決算手段としての実用性から、決済手段としてすでに一部の店舗で利用されています。

日本でNEM決済ができる店は88店舗あります。

NEM猫プロジェクトショップアイランドXEM専(ゼムセン)nemche
うなぎ料理専門店 川昌サンタルヌーnembar(ネムバー)マレーチャンsatu
キッチンマレーチャン Bar & Coffee RicePlus印田整体院整体院カラダノバス
 @makehair+ICH・GOIKAYAKIITADAKI | いか焼き庵頂オタクな酒屋 鈴木酒店
SRaSH | 御殿場のビリヤード・ダーツのお店Osteria Rakudo 楽道カンティーナ (Cantinaequal HAKATA

以上が一部の実店舗となっています。  引用元→MoneyHack

着々と店舗数を増やしているのは事実ですが、まだ日常的にNEM決済を使えるようになるのは時間がかかるでしょう。

しかし大手通販サイトなどがNEM決済を採用したら、爆発的にユーザーを伸ばせると思います。

そうすると、通貨としての役割が増すので、自然とNEMへの需要も上昇していくことが期待できます!

国内外の銀行で導入が期待される

NEMの技術を用いたmijinというソフトは、400社以上にそのサービスを提供しています。

このソフトを導入することで、コスト削減を行えるため今後金融機関との提携も予定されています。

金融機関へ実際に導入されれば、NEMの価格高騰もあり得るでしょう!

NEMの課題点

最近の流出問題やマイニングシステムの維持問題など、複数の不安材料があるNEM、そんな不安材料を一つ一つ考えていきます!

NEMの課題点

  • コインチェックのNEM流出事件の影響
  • スーパーノード報酬の枯渇
  • 競合通貨との戦いに勝てるか
  • NEMを扱う国内取引が少ない

 コインチェックのNEM流出事件の影響

報道でも言われていてように『流出問題とNEMのセキュリティ性は無関係』です。

取引所がハッキングされたことにより流出しました。

しかし、この流出問題は、爆発的に仮想通貨NEMという言葉を有名にしたとともに、仮想通貨に対する恐怖心を世間の人々に植え付けました

NEMに対するリテラシーの強化や、もっと単純化したウォレット管理の仕方が必要かと思いますが、これからの巻き返しは十分にあると思います。

この問題は、マネックスグループがCoinCheckを完全子会社化することにより一旦収束しました。

認知度の高さを生かせるかが今後の発展のカギとなるでしょう。

スーパーノード報酬の枯渇

SN(スーパーノード)とは、ふつうにハーベストを行っている人の中でも段違いにネットワークに貢献している人のことを言います。

SNになるためには、300万XEM=2100万円(※レート7円で換算)を保有する、十分な速度のネット回線などのテスト項目をクリアする必要があります。

そんな多大な貢献をしてくれるSNにたいして、SN専用のファンドが用意され、そこから報酬が配られます

しかし、そのファンド内の報酬は、今のペースだと2020年8月16日頃に枯渇すると予想されています。

枯渇したらSNの解体が起きて暴落する可能性があります。

枯渇するまでにNEMネットワークが潤っていて、SNを立てることによるインセンティブがあれば解体はないでしょう。

枯渇した後は、トランザクション手数料の一部が報酬に回される予定です。

その報酬が、ファンドからの報酬と比べた時に満足できるかが鍵になります。


 スーパーノードについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

スーパーノードってご存知ですか?その報酬はなんと月30万円になることも!誰しもがなりたいと願うと思いますが、もちろん誰もがなれるわけではありません。スーパーノードについて、その条件やハーベストとの違い、今後の展望について解説します!

 競合通貨との戦いに勝てるか

NEMは簡単に言えば、何でもできるプラットフォームを目指しています。

他にも同じようなプロジェクトは多数あり、その中でも最も強いのがイーサリアム(Ethereum)です

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨ですが、イーサリアム上で作られたプロダクトはすでに数多くあり、プラットフォームとして一定の成功を収めています。

このイーサリアムと同じ路線で行くと、差別化が図れず存在価値が薄くなってしまいます。

よって、何らかの形でNEMの独自性を出していかなければならないということが大きな課題と言えそうです。

NEMを扱う国内取引所が少ない

NEMは、現在2つの国内取引所のみで取り扱われています

DMM Bitcoin・Zaifの2つです。

以前はコインチェックもNEMを取り扱っていましたが、現在はNEMを購入することができないので実質取り扱っていないと言えるでしょう。

Coinchek取引所のNEM流出事件以降、NEMを取り扱うことが自粛モードになり、NEMを取り扱う取引所が少ないままです。

NEMを取り扱う取引所がすくないと、やはりセキュリティ面で不安があるという悪いイメージをなくすことがとても難しいです。

つまり利用者が少ないと、事実と異なる情報が独り歩きしてしまいやすいということです。

NEMの今後の価格予想

2018年度はNEMの知名度は高まりましたが、それと同時に危険な通貨というイメージもついてしまった年でした。

では、以下では3つのサイトが提示しNEMの価格予想を紹介します。

CRYPTOCURRENCYの価格予想

アメリカの価格予想サイト、CRYPTOCURRENCYの2017年12月段階の価格予想では、2019年1月には48USDまで価格が上昇していて、2019年を通して95USDまで上昇すると予測しています。

以下が2019年の価格予想です。

2019年1月現在のNEM価格2019年12月の価格予想
1XEM=約7円
1XEM=9,555円

為替予想の価格予想

為替予想によると、2019年の1月の後半から2月の前半にかけて相場が10円まで上昇し、そこからは下がっていくという予想です。

2019年1月現在のNEM価格2019年12月の価格予想
1XEM=約7円1XEM=3円

MCP FORCASTSの価格予想

MCP FORCASTSの価格予想は、為替予想サイトと同じ見解で、2019年の前半で少し価格の上昇がおきます。

しかし、1年を通して現在の0.06USDから 0.000001USDまで価格が下がるという辛口な予測しています。

2019年1月現在のNEM価格2019年12月の価格予想
1XEM=約7円1XEM=0.0001円

NEM購入におすすめの取引所

DMM Bitcoinは、2018年1月にサービスが開始された国内販売所です。

運営しているのがDMM.comという大企業なので、その蓄積されたノウハウから信頼度が高いといえます。

販売所形式なので、初心者でも簡単に取引を行うことができます。

加えて、国内では珍しく、NEMも含めた6種ものアルトコインのレバレッジ取引を行っています!

レバレッジ取引は価格が下がっているときも利益を出すことができます!

ぜひ、この機会にNEMを現物とFXで取引することのできるDMM Bitcoinに登録してみてください!

DMM Bitcoinのおすすめポイント

  • 運営会社が大企業で信頼度が高い
  • 販売所形式なので、初心者でも簡単に取引ができる
  • NEMのレバレッジ取引ができる

 今すぐDMM Bitcoinで新規口座開設!

 DMM Bitcoinについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

 

NEMの今後まとめ

NEMの価格上昇を見るポイント

  • カタパルトがいつ実装されるのか
  • 社会の中でNEMが使えるようになっているか
  • NEM独自のプラットフォームが活用されているか

 いかがでしたでしょうか?

昨年度は、悪い意味で話題を生んでしまったNEMですが、日本での認知度は飛躍的に上がりました。

機能的には、時価総額1位のビットコインを上回る機能もあるので、その実用性を活かしてどのように社会に浸透していくかが、今後NEMの価値が高まるカギとなるでしょう。

現在は、非常に安い値段でNEMを購入することができるので、値段が高騰する前に購入しておくのも一つの手ではないでしょうか?