「仮想通貨のバブルが崩壊したっていわれているけど、仮想通貨は今後どうなるんだろう?」そんな不安を覚えていませんか?

たしかに最近の仮想通貨市場は不安定で、今後どうなってしまうのか不安になりますよね。

そんなあなたのために東大生が仮想通貨市場を分析し、今後の流れを予想します!

この記事を読み終わる頃には、あなたも仮想通貨に対する不安がスッキリ晴れているはずです。

さっそく仮想通貨の今後を見ていきましょう!


現在の仮想通貨市場を分析 !

まずは現在の仮想通貨市場を分析し、今後について考察していきます。

仮想通貨バブルはひとまず崩壊した 

ビットコインの現在までのチャート


上は現在までのビットコインのチャートです。2017年のはじめには11万円だった価格は、12月には200万円を超え、世界中で「仮想通貨バブル」を引き起こしました。

価格が200倍以上になる「草コイン」も登場し、国税局によると日本だけでも331人もの人が仮想通貨で1億円以上を稼ぐ「億り人」になったといいます。

しかし2018年に入ると価格は一気に急落し、1月時点でビットコインの価格は100万円を割り込みました。CoinCheckやZaifなど大手取引所でのハッキング事件も相次ぎ、現在では70万円付近で価格は低迷しています。

仮想通貨バブルはひとまず崩壊してしまったと言って過言ではないでしょう。


仮想通貨の市場規模はまだまだ広がる見込み! 

仮想通貨の市場規模の図

仮想通貨バブルは崩壊してしまいましたが、仮想通貨のピークがすぎてしまったとは限りません

むしろ現在の仮想通貨の市場規模を考えると、仮想通貨は今後拡大していく可能性はまだ十分にあります

市場時価総額
仮想通貨市場24兆円
金取引市場約1012兆円
株式市場約8400兆円
FX市場
約123兆円
外国為替市場1京1200兆円

仮想通貨市場の時価総額は現在は約24兆円です。これはビットコインとよく比較される金の2%、外国為替市場の0.25%ほどの大きさしかありません。

仮想通貨ブームのピークであった2017年の12月でも約70兆円であり、ほかの金融市場には遠く及びません。

仮想通貨は世界共通の通貨となることを期待されています。仮想通貨が通貨として普及し、外国為替と同じくらいの市場規模を持つ可能性を考えると、仮想通貨の市場はまだまだ大きな成長をすると考えられます!


 仮想通貨の市場規模に関する詳しい考察はこちらの記事をご覧ください。

2017年、破竹の勢いでその市場規模を拡大してきた仮想通貨。この成長は今後も継続するのでしょうか?それとも停滞してしまうのでしょうか?この記事では現在の市場規模が実際どんなもんなのか、そして今後の予想を紹介します!

 

仮想通貨の今後を左右する3つの要素 

仮想通貨は今後成長していく可能性は十分にありますが、主に以下の3つの点が仮想通貨の今後を左右していると言われています。

仮想通貨の今後を左右する3つのポイント

  • ビットコインETF
  • 仮想通貨の法規制
  • スケーラビリティ問題

 

ビットコインETF 

ビットコインETFとは

ETFとは、日本語で上場投資信託を意味します。ETFでは資産を証券取引所において専門家に運用してもらうことになります。

このような運用方法ができる金融商品には株や証券がありますが、ビットコインでもETFができるようにしよう!ということが現在注目されている動きです。

ETFが承認されると、投資しにくい国・地域でも手軽に投資ができるようになるというメリットがあります。

現在はアメリカ政府機関によりビットコインが証券取引所に上場しても問題ないのか審査されています

ビットコインETF(上場投資信託)に関して最近よく聞くけれど、何のことかよくわからない・・・そのような方向けに、ビットコインETFの基礎知識から最近までのニュース、今後の承認の可能性までわかりやすく解説していきましょう!

 

ビットコインETFが承認されるとどうなる?

もしビットコインがETFとして承認されれば、政府が金融商品として価値があることを保障したことになります。

こうなることでビットコイン投資に大口の投資家が参入しやすくなり、多額の資金が流入してくることが予想されます。

そのためビットコインETFが認められた場合、ビットコインの価格が大幅に上がる可能性が高いです。さらにイーサリアムなどアルトコインもビットコインの価格につられて高くなっていくことでしょう!

一説によれば、仮想通貨の市場規模は2倍以上になるという予想もされています!

実際に金(ゴールド)は2004年に初めてETFが認可されて以来、約4倍も価格が上昇しました!

ビットコインと金の価格推移を比較するとかなり似た形をしています。こうみるとビットコインはETFにより価格を急上昇させる目前のようにも感じられます。


ビットコインETFに必要なこと

ビットコインETF承認が実現されるのに重要になってくるのが、SEC(米証券取引委員会)です。

SECとは米国における株式などの証券の管理をする政府機関で、このSECが承認することでビットコインETFは実現されます。

SECは、アメリカの上院の勧告・承認を経て、大統領によって任命される5人のコミッショナーと言われる委員によって編成されます。

過去に10以上のビットコインETF案がSECに提出されてきましたが、今のところはその全てが却下されています。却下の理由は「不完全な監視、未熟な先物市場」の2点を指摘されました。簡単に述べると以下のようになります。

  • 規制が未整備で市場の枠組みが未完成
  • 相場市場が行われやすくなっている市場で、投資の安全性を確保できない

また取引量が少ないという理由から、ボラティリティが大きいというのも問題となっています。これらの観点から金融商品としてのリスクが高いという見解となってしまっているのです。

株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

 

一方でSECのコミッショナーの1人であるは仮想通貨について「SECは仮想通貨のイノベーションや技術を容認・否認する立場ではない」と述べていています。ここからわかるのは、仮想通貨自体のテクノロジーを否定されているわけではなく、投資の対象として周りの環境が整っていないという点で否認されているということです。

ですから法律の整備などがしっかりとできれば、ビットコインETFが承認される可能性が高いです!

ビットコインETFはいつ頃承認される?

2018年は却下され続けたビットコインETFですが、多くの人はいずれ承認されると考えています!2019年2月に承認されるだろうという説が有力です!

これまで何回も否認されていますが、数多くの専門家が「承認されるのは時間の問題」という見方をしています。

2019年以降のビットコインETFの今後の動向に注目してみてください! 

仮想通貨に興味のある方なら一度は聞いたことがあるだろうビットコインETF。現在もっとも注目が集まっているトピックと言っても過言ではありません。今回はそんなビットコインETFに関するニュースを5分総ざらいできるようにまとめました!

 

 仮想通貨の法規制 

税制の改革

ビットコインをはじめとしてすべての仮想通貨には税金がかかります。

税金に関しては国によって規定が大きくことります。日本では、仮想通貨による利益は雑所得として計上されることになっています。そのため給与による所得と合算されることとなり、最高税率は住民税と合わせて55%となってしまいます。かなり税金として取られてしまいますね…

海外はどのようになっているのでしょうか?

国名税制
アメリカキャピタルゲイン税として10~40%
オーストラリア1万豪ドル(85万円)までは非課税
フランス最高45%が19%まで引き下げ
デンマーク8%(消費税25%と税金が高いことで有名)
ドイツ一年以内に利益確定しなければ非課税
イギリス法定通貨への換金は非課税。商品などへの交換は20%

日本に比べると海外では比較的税率が低く設定されています。

ほかにも仮想通貨には課税されない国と地域はたくさんあって、シンガポール・スロベニア・香港・マレーシアなど多くの国で非課税となっています。

こう見ても日本の税制は少し不利なものとなっていて、海外からも日本の税制はナンセンスといわれることもあります。

2019年以降の税制改革の動きに注目していきましょう。

仮想通貨に税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

 


ICO関連の改革

ICOとは企業や事業プロジェクトが独自で仮想通貨を発行し販売することで、資金調達を行うことです。

仮想通貨という媒体を使うことでだれでも参加しやすくなっているため大変人気のあるものとなりました。

ICOへの投資はほかの仮想通貨への投資に比べ、成功したときの利益が大きいのが特徴です。価格が100倍以上になったICOも複数存在します。

しかしこれまでにこのICOで詐欺が多発したため、ICOを禁止している国も少なくありません。

そこで注目すべきなのは「金商法」というものです。金商法とは「金融商品取引法」というもので、金融・資本市場を取り巻く環境の変化に応じながら、利用者保護・利便性の向上などを目指し投資の環境を整えるとものです。この法律が整えられるとICOの整備が上手くできるという声が上がっています。

しかしながら、ICOはなかなか難しい新しいテクノロジーであるため正解がはっきりとわかっておらず、手探り状態となっています。なかには自主規制で落ち着くとの見解もあります。

仮想通貨を扱い始めて耳にすることが多くなった「ICO」…いろんな情報は入ってくるけど全く仕組みがわからない…そんなあなたに東大生がICOを徹底解説!これを読めばあなたもICOをきちんと語れるようになります!

 


スケーラビリティ問題 

投資の対象としては人気の高い仮想通貨ですが、いまだ決済手段として使われるには程遠い状況にあります。

その主な原因となっているのがスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは取引量の増加に対応しきれず、送金の処理が遅くなってしまう現象です。特にビットコインではスケーラビリティ問題はかなり大きな問題になっています。

ビットコインではブロックサイズが1MBと小さめに制限されています。そのためデータの処理速度が他の決済システムに比べてとても遅くなっています。将来的にビットコインがもっと流行って日常決済で使われることを考えると、スケーラビリティ問題は必ず解決しなければ普及には至りません

これをしっかり解決していかないと決済における仮想通貨の利便性(銀行の取引よりも送金が早い、手数料が安い)などの長所が失われてしまうため、仮想通貨の今後の普及や、価格にも大きく影響します

ビットコイン界隈ではこれに関する話題がとても重要なことで値動きにも大きく関係してきますし、これを解決するだけで大きな価値がつきます。


スケーラビリティ問題について詳しくはこちらをご覧ください。

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!

 

仮想通貨の今後の価格予想

ビットコインの価格予想まとめ

  • ジョン・マカフィー氏:2020年までに100倍以上
  • トーマス・リー氏:2020年までに10倍以上
  • ウィンクルボス兄弟:2038年までに30倍以上
  • CoinOtaku:1時間後の価格予想を常時配信中!

 

ジョン・マカフィー氏の予想

ジョン・マカフィー氏は世界有数のセキュリティ対策会社McAfeeの創業者として有名です。アンチウィルスソフトウェア・デザイン・ウィルススキャナの先駆者です。

今年6月に「ICOにはもう一切関与しない。ICOを推進する人たちは逮捕されるのを楽しみにした方が良い」という発言をしていて、そのせいあってか毒殺されかける事件まで起きました。ここからも仮想通貨界に対する影響力が大きいことがうかがえますね。

そんなマカフィー氏が予想したビットコイン価格は…「2020年までに100万ドル(約1億円)」です!!!

もしこの価格予想が外れた場合は、ライブビデオで自信の性器を食べるというこれまた過激発言をしています…それほどこの予想に自信があるのかもしれません!

トーマス・リー氏の予想

トーマス・リー氏はfundstartのマネージングパートナーであり、研究責任者を任せれているという人物です。機関投資家としてもとても有名で1998年からずっとトップの地位を獲得しているほどの実力者です。

リー氏が予想したビットコインの価格は…「2018年末に25,000ドル(約280万円)」、「2020年の3月までに91,000ドル(1000万円)」です!!!

リー氏は「ヘッジファンドはビットコインの価格に大きな影響を与える可能性がある」と述べています!同氏はさまざまな視点からビットコインを見ていますが、ポジティブな発言が多いためこのような価格予想になっています。メディアへの露出も結構ありますので、参考にしてみるのもありかもしれません。

ウィンクルボス兄弟の予想

ウィンクルボス兄弟は仮想通貨投資で「億り人」になったことで有名です。世界最大のビットコイン所有者とも言われていいて「世界の仮想通貨長者ランキング」では4位にランクインしています。実はfacebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏に対して訴訟を起こしたことでも有名です!

ウィンクルボス兄弟が予想したビットコインの価格は…「10年から20年の間に30倍~40倍に上昇する」と予想しています。

2018年2月7日のCNBCのインタビューの際に出した予想で、そのときの価格と彼らの予想から具体的な金額を出すとおよそ2700~3600万円となります!彼らはSECに対してビットコインETFの申請を行ったり仮など想通貨業界に対して自らコミットしています。彼らの今後の言動に注目してみるのも良いでしょう! 

仮想通貨について調べていくと、ウィンクルボス兄弟という名前をよく耳にすると思います。今回はそんなウィンクルボス兄弟という人物について東大生が詳しく解説していきます。

 

CoinOtakuの予想

東大生集団CoinOtakuでは、仮想通貨は必ず世界を変える技術であると確信しています。そのため短期の変動は多少あれど、長期的な目で見れば仮想通貨の価格は上昇していくと考えています!

そんなCoinOtakuでは、AIによる主要通貨100種類以上の1時間後の価格予想を配信しています!

CoinOtakuによる仮想通貨の価格予想

東大生が開発したAIがリアルタイムで1時間後の価格予想を常時更新しています。

過去のシミュレーションでは的中率60%・利率30%ととても高い数字を出しているので、仮想通貨の今後を見通す手助けになること間違いなしです!


CoinOtakuのAIによる価格予想についてはこちらをご覧ください。

チャートを自分で読むの、難しくないですか?東大生が開発したAIなら1時間後の価格を予想してくれます。この記事では東大生が開発した仮想通貨の価格予想AIをご紹介します。

 

今後もっとも注目の仮想通貨ランキング 

今後の最注目銘柄BEST3

  • 1位 イーサリアム:BTCに代わり基軸通貨になり得る可能性を感じる人向け
  • 2位 クアンタム:仮想通貨技術の底上げに可能性を感じる人向け
  • 3位 ウェーブス:分散型取引所(DEX)に期待している人向け

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムのロゴ

イーサリアムはビットコインにつぐ時価総額2位の仮想通貨です。

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクトと呼ばれる、自動で処理される電子契約を生成できることです。たとえば、「毎月1日にティッシュボックスを一箱注文する」といってスマートコントラクトを生成すれば、自動で毎月1日に購買処理が行われます。

さらにイーサリアムのスマートコントラクトを利用して、ユーザーが独自のトークンを発行したりICOを行ったりすることができます

利便性の高いイーサリアムは今後もっとも期待の仮想通貨の一つだと言えます!

GMOコインでイーサリアムを購入する!

 イーサリアムについて詳しく知りたいかたはこちらをご覧ください。

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインオタクが徹底解説します!

 

ビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇り、スマートコントラクトを利用できる革新的なプラットフォームの通貨であるイーサリアム(Ethereum)の今後の価格がどのようになっていくのか、ファンダメンタルな観点から東大生が考察してみました。

 

クアンタム (QTUM)

クアンタムのロゴ

クアンタムはビットコインの残高表示システム「UTXO」とイーサリアムのスマートコントラクトを融合した、いわば2大仮想通貨のいいとこ取りをした仮想通貨です。

ビットコインの残高表示システムであるUTXOは間接的に残高を計算しているため、匿名性やプライバシーの面で優れています

クアンタムではそのUTXOにさらにスマートコントラクトを結びつけた独自技術「AAL」を導入することで、企業間の安全なデジタル契約を実現することを目標としています。

仮想通貨の中でも革新的技術を導入しているQtumの将来性は高いと言えます!

Binanceでクアンタムを購入する!

ビットコインとイーサリアムの融合仮想通貨だとICOで注目を浴びていた”Qtum”の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインオタクが徹底的に分析しました!


 ウェーブス(WAVES)

ウェーブスのロゴ

 ウェーブスは個人間で仮想通貨の取引ができる分散型取引所「Waves Platform」において利用される基軸通貨です。

分散型取引所(DEX)は仲介人が存在しないことから手数料がほぼかからずセキュリティも高いため、現状存在する取引所にとって変わる存在として注目されています

またウェーブスのプラットフォームではスマートコントラクトを利用して独自のトークンも発行できるため、ユーザーの自由度がとても高いのが特徴です。

ウェーブスをBinanceで購入する!

Wavesは仮想通貨としてよりICOにも使われる多機能プラットフォームとして有名です。チャート分析や特徴の説明はもちろん、エアドロップのもらい方は?購入できる取引所は?ロシアの通貨規制の影響は?などの疑問をすべて解消します!

 

仮想通貨の今後まとめ

今回は仮想通貨の今後について分析しました。仮想通貨は一時期に比べれば低迷しているのは事実ですが、まだまだ伸び代のある市場であるように感じられます。初心者のかたはとくに値動きに一喜一憂しがちなので、短期的な目ではなく長期的な目で見て投資することをおすすめします。

仮想通貨の今後まとめ

  • 仮想通貨はまだまだこれから!
  • 注目すべきは「ビットコインETF」「法規制」「スケーラビリティ問題」の3つ!
  • 多くの著名人も仮想通貨の価格が大きく上がることを予想している!