「仮想通貨のレバレッジ取引ってどんなものだろう」

なんて考えている方は多いのではないでしょうか?

実際にレバレッジ取引を得意として大きな利益を上げている人はたくさんいます!

レバレッジ取引の仕組みをしっかりと理解してポイントを押さえながらトレードし最終的には利益を上げるこうなればとても理想的ですよね

この記事を読めば、仮想通貨のレバレッジ取引の「仕組み」・「儲けるためのポイント」さらには「おすすめの取引所」までしっかりと知ることが出来ます!

この記事を読みレバレッジ取引で資産を増やしましょう

レバレッジ取引にはGMOコインがおすすめ!


仮想通貨のレバレッジ取引とは

 直訳すると「てこの原理」

レバレッジを日本語にすると、「てこ」です。

てこの原理は、小さい力で大きなものを動かすことです。

レバレッジ取引も同じ要領で、自分の元手(=小さい力)でその何倍ものお金(=大きなもの)を取引で動かすことができます。


 証拠金 

証拠金とは、レバレッジ取引を行うために取引所に預け入れるお金です。上の例でいうならば、小さい力のことです。

必要な証拠金は取引所ごとに定められています。

たとえば、仮に証拠金が10%必要と定められているとすると、100万円分のビットコインをレバレッジ取引したいとき、10万円が証拠金として必要となります。

レバレッジ取引は、自分が保有する元手を担保として、取引所から一時的にお金を借りているということなので、万が一損失が生じた場合、証拠金で損失分の決済が行われます


レバレッジ倍率

では、レバレッジ取引でお金をいくらまで増やすことができるか?、という点ですが、取引所ごとでレバレッジ倍率を設定しているので、一概には言えません

レバレッジ倍率とは、証拠金の何倍まで取引で使う金額を増やすか、ということです。

レバレッジ倍率が最大10倍の取引所もあれば、25倍の取引と様々ですが、日本国内の取引所では法律によって最大レバレッジ倍率が25倍までと決められています!


レバレッジ取引と現物取引の違い

仮想通貨の取引方法は大きく分けて、レバレッジ取引現物取引の2つがあります。

実際に取引を行う際、その差が曖昧にならないようきちんと理解しましょう!

現物取引は、「仮想通貨を安く購入して、価格が上がったら売ることで利益を得る仕組み」になっています。

レバレッジ取引は、「まず仮想通貨を売買したと仮定して、決済する際にその差額の資金をやりとりするという仕組み」になります。

つまり、通貨の「買い」から取引を行うことも、「売り」から始めることもできるということです。


「売り」から取引を開始するということはどういうことかといいますと、まずレバレッジをかけて、取引所から仮想通貨を借りていると考えます。

その通貨を高い値段で売却します。そうすると、手元に売却することで得た利益があります。

しかし、借りているお金なので取引所に借りた分のお金を返却する義務がありますよね。

なので、売却した仮想通貨を、売却した時よりも安い値段で買い戻し、借りた分の通貨は返却、差額分の売上は自分の利益になるという仕組みです。

レバレッジ取引と現物取引の違い

  • 現物取引:ポジションをとる際に、コインを買う
  • レバレッジ取引:ポジションをとる際に、コインを売買したと仮定できる

 

レバレッジ取引のメリット

現物取引とレバレッジ取引の違いがわかったところで、次はレバレッジ取引のメリットを見ていきましょう。

レバレッジ取引のメリット

  • 大きなリターンを狙える
  • 価格が下落してても儲かる!
  • 基本的に借金を背負うことはない

 

大きなリターンを狙える

当然大きな金額を取引することができれば、得られる利益も大きくなります

※下の図の数値は参考例です。

たとえば、レバレッジ取引で10万円を証拠金として預けたときに、「レバレッジが10倍」に設定すると、100万円分の資金を取引することができます。

そのときに1BTC=100万円だとしてたら、1BTCまで購入できます。

さらに1BTC=110万円に値上すれば差額の10万円はすべて利益になります。

もし現物取引でこの利益を上げる場合、100万円を用意しなければならないので、これだけでもレバレッジの偉大さがわかりますね...

価格が下落してても儲かる!

売りの注文から取引を始めることが出来ます。つまり、コインの価格が下がっているときでも利益を生み出すことが出来ます

これは「買い」から始めることしかできない現物取引との大きな違いです。現物取引では相場が下落しているときは、取引に参加しても必ず損をするので、参加することは基本的にしません。


しかし、レバレッジ取引は「売り」注文からでも取引に参加することができるので、コインの価格が上昇中でも、下落中でも利益を狙うことができるのです。

基本的に借金を背負うことはない

レバレッジをかけて取引をしたとしても、取引所が「証拠金維持率」や「追証ゼロ」と定めているので、基本的に証拠金として預けているお金以上に損失が出ることはありません

では、一体「証拠金維持率」と「追証ゼロ」とは何なのかを説明していきます。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、レバレッジ取引を行うのに必要な証拠金に対して、どれだけ純資産が割合として占めているのかを表すものです。この証拠金維持率を下回ると、取引が自動的にストップします。


例えば、100万円のレバレッジ取引をするときに必要な証拠金が10%、つまり10万円分だとします。

その証拠金に対して、証拠金維持率が仮に80%と設定されていたら、損失が20%(=2万円)でると、自動的に取引ができなくなります。


この証拠金維持率が高いと、早いうちに大きな損失を回避することができますし、証拠金以上の損失を生み出すことはありません


追証

追証(おいしょう)とは、預けた証拠金の中で、損失が証拠金が取引によって発生した損失によって、一定の割合を下回った時点で要求する追加の証拠金のことを表します。

この追証を期日までに追加で支払うと、証拠金維持率が上がるので取引を再開することができます。

支払わなかった場合、取引は強制的に決済(=ロスカット)されてしまいます。

この追証を取引所から要求される場面は、2つのパターンがあり、なぜ「追証ゼロ」で借金をしなくなるのかを説明します。

追証の2つのパターン

  • ①証拠金維持率を下回った場合
  • ②預けている証拠金以上の損失がでてしまった場合

 ①の場合ですと、損失は預けた証拠金の範囲内で済むので、借金を負うことはありません。


②ですが、このパターンはロスカットができない場面で起こってしまいます。

ロスカットができない場面というのは、相場が急激に動いたときです。

たとえば、急激な通貨が下落すると正常にロスカットされず、決済がされず損失が増えていきます。

追証がある取引所だと、その増えた損失を要求されるところ、追証ゼロの取引所は、正常にロスカットできず、証拠金を上回ってしまう損失は肩代わりしてくれるので、借金することがありません

なので、「証拠金維持率が高い取引所」、もしくは「追証がゼロの取引所」を選ぶことで借金のリスクはほとんど起こらないのです。


レバレッジ取引のデメリット

とても優れた特性を持ち、利益を出しやすいレバレッジ取引ですが、注意点もあります。ここでは2つあげるので順番に確認していきましょう。

レバレッジ取引のデメリット

  • 利益も大きくなる分損失も大きくなる
  • 手数料が高いので長期取引に向かない

 

利益も大きくなる分損失も大きくなる


レバレッジをかけると利益が何倍にもなる反面、当然のことながら損失も大きくなってしまいます。

たとえば、ある日1BTC=100万円のビットコインが、1BTC=90万円まで価格が下がったとします。すると、Aさん100万円を使って現物取引した人)とBさん100万円をレバレッジ5倍で取引をした人)では、損失が変わってきます。


Aさん:100万円分のコインを100万円で購入→10万円の損失

Bさん:500万円分のコインを100万円で購入→50万円の損失


たしかに、2人とも借金はしていませんが、損失に大きな差があるのが分かると思います。

ここから言えることは、レバレッジ取引は現物取引と比べて、損失が膨らみやすいということです。


手数料が高いので長期取引に向かない

レバレッジ取引が長期取引に向かない理由はスワップポイントと呼ばれる手数料にあります。

スワップポイントとは保有しているポジションに対してかかる手数料のことを言います。スワップポイントは日にちをまたいでポジションを保有すると発生する仕組みとなっています。

1日の内で取引を完了させてしまえば、この手数料はかからず取引をすることができますが、長期的に購入したコインを保有すると、毎日手数料がかかるのでレバレッジ取引において、コインの長期保有は向いていません。

取引所によってその割合は変わりますがおおよそ0.04%/日のところが多いです。

おすすめの取引所3選

では、実際にレバレッジ取引を行うのにおすすめの取引所をご紹介していきたいと思います。

取引所の比較一覧

取引所レバレッジ倍率取扱通貨追証・ロスカット
GMOコイン最大10倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH追証無し・ロスカット75~85%
BITPoint最大25倍BTC追証120%・ロスカット100%
BitMEX最大100倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC追証なし・ロスカット0%

取引所を選ぶにあたって、以下の点に気を付けてください!

取引所を選ぶポイント

  • サーバーの強さ
  • 使いやすさ
  • 手数料の安さ
  • 取扱い通貨の多さ
  • 取引高の多さ

 

GMOコイン |コインオタク一番のおすすめ取引所

GMOコインは、大手GMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

GMOインターネットグループはインターネットのサービスやサーバー貸し出しの事業も行っているため、取引所のセキュリティー面でいうとしっかりしていてとてもおすすめの取引所となっています。

バレッジが最大10倍で、なおかつアルトコインのレバレッジ取引ができることが売りとなっています。(レバレッジは5倍と10倍の選択制になっています)

また手数料がほとんど無料でスプレッドも小さく、スマホアプリでレバレッジ取引ができるので多くの人から人気があります。さらに追証制度が存在していなく、大きな借金が出来てしまった...という事態も起きにくいできるため、初心者にはおすすめの取引所と言えます。

使いやすさでも2way方式で買いや売り注文がわかりやすくなっていたりなど、初めて仮想通貨のレバレッジ取引をしようとしている方は、GMOコインから始めると良いでしょう

GMOコインまとめ

  • レバレッジ:最大10倍
  • 追証:なし(ロスカットアラート有り)
  • ロスカット:レバレッジ倍率によって証拠金維持率75~85%に変動

 GMOコインでレバレッジ取引を始める

GMOコインについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

BITPoint |国内最大のレバレッジ25倍

BitPointのバナー

 

BitPointはビットポイントジャパンが運営している仮想通貨取引所です。主要株主は東証二部に上場し、金融事業を行っているリミックスポイントで、さらにBitPointは金融庁からの認可も下りているため安心安全な取引所と言うことが出来ます。

BITPointの最大の特徴はなんと言っても、最大のレバレッジ倍率が25倍と国内最大となっています。さらに取扱通貨ペアの数は52種類と圧倒的に多くなっていて、日本円以外のドルやユーロなどで取引出来るようになっています。基軸通貨が変わると価格に差が生まれることもあるため、そこを狙って利益を出すことも可能となっています。

仮想通貨のレバレッジ取引で大きな利益を得たい人にとてもおすすめの取引所となっています。

またMT4というレバレッジ取引に使えるトレードツールが利用できるので、レバレッジ取引には適した取引所ということができます。このトレードツールを使うことが出来る取引所はBitPointだけです!これを使いたくてBitPointに登録する人も存在するくらい人気のツールとなっています。

BITPointまとめ

  • レバレッジ:最大25倍
  • 追証・ロスカット:証拠金維持率が100%を下回った場合、100%になるまで取引を自動決済。証拠金を越える損失が出た場合は追証

BITPointでレバレッジ取引を始める

BITPointについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

今回はBITPoint(ビットポイント)の評判・口コミを徹底的に調べ上げ、そこから見えるメリット・デメリットについて考察しました。みなさんが仮想通貨取引所を選ぶ際に気になるであろうポイントをピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

 

BitMEX | 追証ゼロで借金が発生しない

 

BitMexは今回紹介する取引所の中で唯一の海外の取引所となっています。本拠地は香港にあります。海外の取引所なのですが、しっかりと日本語にも対応していますので、使いやすさでもおすすめできます!

その海外という特性を活かして、最大のレバレッジ倍率は100倍となっています。日本ではできないサービスを行っている取引所となっています。またアルトコインのレバレッジ取引も行うことができますが、コインの種類によっては最大のレバレッジ数がことなりますのでご注意ください。100倍で取引出来るのはビットコインのみとなっています。

レバレッジ100倍となると当然含み損が大きくなってしまいます。借金が出来ちゃったらどうしようと考える人も多くいるかと思いますが、追証無し・ロスカット0%となっているので、最悪でも元手が0になって終わると言うことです。しかし、無理のある取引はしないようにしましょう。

仮想通貨の取引で一発儲けたいという方にうってつけの取引所となっています。

BitMexまとめ

  • レバレッジ:最大100倍
  • 追証:なし
  • ロスカット:証拠金維持率0%(元手がなくなったら終わり)

BitMexでレバレッジ取引を始める

BitMexについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

「そろそろFXにも慣れてきたし大きなレバレッジでFXをしてみたいけど、BitMEXってどんな取引所なんだろう?」そんな疑問をもっていまんか?たしかに海外の取引所であるBitMEXには不安をおぼえてしまいますよね。そんなあなたのためにBitMEXの特徴や注意点、具体的な使い方をまとめました!さらに後半ではBitMEXに慣れている人も意外と使いこなせていない上級操作も解説しているため取引の幅が広がること間違いなしです!これでもうBitMEXについて迷うことはありません。さっそくBitMEXをマスターしてしまいましょう!目次BitMEXの特徴BitMEXの注意点5分でできる!BitMEXのカンタン登録・口座開設方法 BitMEXの入金方法 BitMEXの取引画面・チャートの使い方BitMEXの出金方法 BitMEXの取り扱い通貨BitMEXの手数料【上級者向け】BitMEXを更に使いこなそう!BitMEXの使い方Q&A BitMEX使い方まとめBitMEXの特徴BitMEXのメリットレバレッジ倍率100倍は世界最大!追証がないため借金が発生しない!スマホアプリで取引できる!本人確認が不要!テストネットでトレードの練習ができる! 世界最大の100倍のレバレッジ取引が可能! 取引所最大レバレッジ倍率BitMEX100倍bitFlyer15倍DMMビットコイン5倍固定Zaif/AirFX7.7倍/25倍bitbank trade20倍GMOコイン10倍Quoinex25倍Poloniex2.5倍国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、BitMEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます!レバレッジ倍率が低いと大きめの値動きをしてもあまり大きな利益をあげることはできませんが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます!(もちろん損失も大きくなる可能性はありますが..

 

仮想通貨のレバレッジ取引で儲けるポイント

レバレッジ取引で儲けるためにはいくつかのポイントがあります。しっかりと確認しましょう。

レバレッジ取引で儲けるポイント

  • 自分に合った取引所を選ぶ
  • 短期の取引を行う
  • トレードツールを使う

 

自分に合った取引所を選ぶ

いろいろな取引所でレバレッジ取引を行うことは可能ですが、それぞれの取引所によって使える機能であったり、使いやすさ・サーバーの強さなどは変わってきます

自分のやりやすい環境を選ぶことであったり、サーバーが強いところを選ぶことがとても重要になってきます!


短期での取引を行う

レバレッジをかけて取引する際には手数料がかかる仕組みになっているところが多くなっています。多くの取引所はポジションに対して、0.04%/日となっています。

つまり、長期的に保有すればするほど、手数料が大きくなっていきます。また、取引する金額が大きくなればなるほど、手数料が大きくなってしまいます。

このことを考えると、レバレッジをかけてトレードする際には長期保有ではなく、短期的な売買を中心に取引する方が有利となっています

トレードツールを使う

レバレッジ取引を行っている人中にはトレードツールと言われる、高機能な道具を使って取引を行っている方も多くいます。

例えば、国内取引所であるBitpointが提供するMT4と呼ばれる取引ツールがあります。

このツールは複数のテクニカル分析を同時に行うことができ、勝ちにくい相場のときでも利益をだせることがあります。

ただし、このトレードツールが使える取引所は決まっていますので、使いたい場合にはそこの取引所を選ぶ必要があります。


レバレッジ取引まとめ

レバレッジ取引まとめ

  • レバレッジ取引は少ない元手で大きなお金を動かせる
  • コインオタク一押しの取引所はGMOコイン

 いかがでしたでしょうか?

今回はレバレッジ取引の詳しい仕組みから、レバレッジ取引で利益を出す方法を説明しました。そしてレバレッジ取引をする上で、コインオタクがおすすめする取引所についてご紹介しました。

取引所選びで迷っている方は今回紹介した取引所に登録し、仮想通貨のレバレッジ取引で利益を上げましょう