仮想通貨のレバレッジ取引って知っていますか?

レバレッジ取引で有名なのは株式売買や為替のFXなどですが、仮想通貨もレバレッジ取引はできます!

レバレッジ取引はてこの原理を使った取引のため通常の取引より大きく儲けることができるようになります。

この記事でレバレッジ取引のメリット、デメリット、そしてコインオタクおすすめの取引所を知り、仮想通貨のレバレッジ取引にしっかり役立ててください!



仮想通貨のレバレッジ取引とは?

「レバレッジ取引」とは証拠金取引とも呼ばれていて、少ない資金の証拠金を取引所に預け入れればその何倍もの大きな取引ができるようになります。レバレッジ取引はFXが一般的ですが、仮想通貨もこれができます。

例えば、資金10万円で1BTC(ビットコイン)=100万円を買う場合、0.1BTCしか買えませんが、その資金10万円を証拠金として取引所に預け入れてレバレッジ5倍で取引をすれば、50万円分の0.5BTCを買うことができるようになります。

なのでレバレッジ取引は少額の資金でも大きなリターンを得ることができるのでそれはとても大きなメリットです。


レバレッジ取引をするメリット

レバレッジ取引には主に3つのメリットがあります!

少額で取引できる 

普通の取引では10万円分のBTCを買う場合10万円必要ですが、レバレッジ5倍の取引だと2万円の証拠金だけでいいため少額での取引ができるようになります。レバレッジ25倍だと4000円の証拠金で10万円分のBTCを買うことができるようになるのです!

可能なレバレッジは取引所によって違いますが、海外のBITMEXはなんと100倍までのレバレッジが可能ですので1000円で10万円分のBTCを買うことができるようになるのです!

早速BitMEXで100倍のレバレッジ取引!!目次BitMEX(ビットメックス)とは?【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!【BitMEXの特徴2】レバレッジ取引は追証なし!【BitMEXの特徴3】日本語表示に対応BitMEXのメリットBitMEXのデメリットBitMEXの登録方法BitMEXの使い方!入金・取引の方法を解説BitMEXの出金方法と注意点!BitMEXのQ&ABitMEXまとめ BitMEX(ビットメックス)とは? BitMEXは香港をベースとする仮想通貨の取引所です。海外取引所の中ではそこまでメジャーなわけではありませんが、特徴的なのはそのレバレッジ!最高100倍の倍率は、これまでの国内取引所での取引で満足できなかった人におすすめです。まずは、BitMEXという取引所について詳しく調べてみましょう! ビットコインのレバレッジ取引についてはこちらも参照してください! ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!続きを読む BitMEXの概要 会社名HDR Global Trading Limited会社所在地Republic of Seychelles (BitMEXオフィス自体は香港)会社HP資本金不明 取扱通貨 XBT, BCH, ETH, ETC, ZEC, DASH, XMR, LTC, XRPの9種類 *XBTはビットコインのことです。BitMEXではXBTという名前の通貨を使い、言わば仮想取引を行っているので、100倍という高倍率のレバレッジが可能になるのです。 【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!

 

大きなリターンを望める 

レバレッジの倍率を大きくすればするほど大きなリターンが期待できます!

10万円分のBTCを購入して価値が2倍になった場合、利益は10万円だけですが、レバレッジ25倍にしていたら利益は250万円にもなります。つまりレバレッジの分だけ利益も増えます。

2017年の後半で仮想通貨の価格が大きく値上がりした時にレバレッジ取引をしていた人は大きな利益を上げることができ、多くの人が”億り人”となりました。

「億り人」って何だろう?あなたは今、そうお考えではありませんか?「億り人」という言葉を目にして言葉の雰囲気は掴んだけど、その正確な意味はよく分からない。どういう人のことを指すんだろう?仮想通貨に興味を持って調べ始めた人なら誰しも一度は考えることだと思います。そんなあなたに朗報です!この記事を読めば、億り人という言葉の意味や実際のその例などしっかり理解できます!しかもそれだけでなく、実際に億り人になるのはどうすれば良いのか?ということまで詳しく解説しているので、この記事を読めばあなたも億り人になれるかもしれません!また、実際に億り人になった時の税金の話なども書いているので、この記事を読んで億り人に関する理解を深めてもらえれば幸いです!目次億り人とは?有名な億り人4人の気になる投資先や生活を紹介! 今から億り人になる方法 3つ億り人の税金対策5選まとめ億り人とは?まずは、「億り人」の意味を説明していきましょう。元々は株式やFXの分野の言葉簡単に説明すると、その意味は「投資や投機などの取引によって資産が1億円を超えた人」(もちろん造語です)。元々は株の取引や外為取引(FX)をしていた人たちの間で生まれた言葉ですが、昨年多くの仮想通貨が大幅に値上がりしたことにより仮想通貨取引で資産が1億円を超える人が続出し、仮想通貨界隈でも頻繁に耳にする言葉となりました。億り人の人数は?では、今何人くらいの「億り人」が存在するのでしょうか?確かなデータは無いのですが、昨年5月の時点で大石哲之さんがTwitterで行ったアンケートでは時価総額が1億円を超えていると答えた人が366人いました。もちろんこれは誰でも虚偽の回答をできるTwitterのアンケートなので366人全員が億り人であるという保証はありません。ただ、大石さんのフォロワー(とリツイートを見た他の人)だけでこの人数ですし回答していないフォロワーもいるであろうことから、仮想通貨で億り人になった人は1000人単位でいるでしょう。また、2018年4月10日に一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が発表した「仮想通貨取引についての現状報告」という資料には国内の取引所に1億円以上置いているウォレットが268口座あるとの表記がありました。億り人になっている人の多くは仮想通貨資産を取引所に置いておかず自分のウ

 

売りからでも取引できる 

売りからでも取引できるのはレバレッジ取引の大きな特徴です。普通の取引では仮想通貨を買って値上がりしたら売って利益を生みますよね。この場合仮想通貨を「買い」からしか取引は始めることはできません。

ですが、レバレッジ取引は証拠金を取引所に一旦預けて取引所から仮想通貨を借りて取引しているため、その借りた仮想通貨を売ることができます。

つまり「売り」から取引を開始できます。

その後値下がりしたらその仮想通貨を買い戻し利益を上げます。そして借りた仮想通貨は取引所に返さないといけません。

例えば、1BTC=100万円の時に、証拠金10万円のレバレッジ10倍で1BTCを借りて売ったとします。その後1BTC=50万円に値下がりしてそれを買い戻したら2BTCをゲットできます。取引所から1BTCを借りているのでそれを返すと2BTC-1BTCより1BTC=50万円の利益になります。

上記の場合は「売り」からでも10万円の証拠金で50万円の利益を上げることができました!

つまりレバレッジ取引は値上がりすると思ったら「買い」、値下がりすると思ったら「売り」から取引をすることによって上げ相場でも下げ相場でも利益を上げることができるのです!


レバレッジ取引のメリットまとめ

  • 少額で大きな取引ができる
  • 大きなリターンが望める
  • 売りからでも取引できるため利益を上げやすい

 

レバレッジ取引をするデメリット 

レバレッジ取引にはメリットだけでなくデメリットもあります。

リスクが大きい

レバレッジ取引は望めるリターンは大きいですがその分損するリスクも大きくなってしまいます。

10万円分のBTCを購入して価値が1/2になった時、普通の取引は5万円の損失ですが、10倍のレバレッジ取引だと50万円の損になってしまいます。

このようにレバレッジの分だけ損も大きくなってしまうのです。

ロスカットにより強制的に損失が確定してしまう

上の例で、「損失を確定しなければ損って出ないんじゃないの?」と思う方もいると思いますがレバレッジ取引は証拠金維持率という制度があり、損失がこの証拠金維持率を下回るとロスカットされ損失が確定してしまいます。ロスカットとは強制的に取引が終了することです。

例えば、証拠金維持率40%の設定になっている取引所があるとします。10万円の証拠金で10倍のレバレッジ取引をして1BTC=100万円を買った場合、証拠金の40%にあたる4万円を切る、つまり損失が6万円以上となると強制的に取引が終了します。なので1BTC=94万円以下になってしまうとロスカットされるのです。

その後価格が上がると見込まれていても一時的な価格下落でロスカットされると利益を上げることができなくなってしまいます。

よってレバレッジ倍率を増やせば増やすほどロスカットされる確率が大きくなります。

金利が毎日とられるため長期トレードに向かない 

レバレッジ取引は取引所から資金を借りて取引をしているのでそこには金利がかかってきます。

この金利は1日ごとにとられるため長期的なトレードだとその金利の分収益は少なくなってしまいます。

なのでレバレッジ取引をする場合は長期ではなく短期トレードの方がいいでしょう。


レバレッジ取引のデメリットまとめ

  • リスクが大きい
  • ロスカットによる強制的な損失確定がある
  • 金利があるため長期トレードに向かない

 

取引所のレバレッジの倍率を比較 

取引所のレバレッジを比較してみましょう!取引所によって最大に賭けられるレバレッジが全然違いますね!

取引所レバレッジ
GMOコイン最大10倍
bitFlyer最大15倍
bitbank最大20倍
QUIONEX最大25倍
DMMビットコイン5倍
Zaif最大7.7倍
BITPoint最大25倍
BitMEX最大100倍
日本の法律ではレバレッジの最大倍率は25倍までに制限されていますが、香港にあるBitMEXは海外の取引所のためなんと100倍のレバレッジを賭けることができます。BitMEXは日本からの登録も可能なので多くの日本人が利用しています。

取引所を選ぶ基準は?

レバレッジ 

上の表でも分かるように取引所によって最大レバレッジは違います。なので自分がどのくらい利益を得たいか、また、どのくらいリスクをとれるのかをしっかり考え取引所を決めるようにしましょう。レバレッジが高いと大きな利益は上げやすいです。ですが、その分ロスカットもされやすくなってしまいます。

スプレッド 

取引所によってスプレッドは違います。スプレッドとは取引所がとってる手数料のことで買い値と売り値の差の事を表しています。

これはbitFlyerでの仮想通貨を買う場合のスプレッドです。買い値と売り値で2万円以上の差がありますね。

ですがレバレッジ取引はこのスプレッドが小さくなります。

なんとレバレッジ取引をすればスプレッドは1円しかありません!

これはほとんどの取引所でこうなっていて普通の現物取引をするよりレバレッジ取引をする方がスプレッドは安くなっています。

証拠金維持率 

証拠金維持率も取引所によって全然違います。

例えばDMMビットコインで80%となっています。DMMのビットコインのレバレッジが5倍なので証拠金10万円で1BTC=100万円を0.5BTC買った場合、証拠金が8万円になったら、つまり2万円の損失が出たらロスカットされてしまいます。なのでビットコインの価格が1BTC=96万円になったらロスカットになってしまいます。証拠金維持率が高く設定されているとロスカットされやすくなってしまうのです。

スマホアプリがあるか? 

スマホアプリがあると取引がとてもしやすくなります!特にレバレッジ取引は売買タイミングがとても重要であるためスマホアプリは必須です。


取引所を選ぶポイント

  • レバレッジ倍率
  • スプレッドの幅
  • 証拠金維持率の高さ
  • スマホアプリの有無

 

仮想通貨のレバレッジ取引おススメの取引所5選 

GMOコイン 

GMOコインは仮想通貨だけでなく他にも株式やFXの取引所も運営している東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する取引所です。なのでセキュリティにはとても長けていて”安心“、”安全“な仮想通貨取引所です。

レバレッジはBTC(ビットコイン)取引の場合は5倍か10倍選べて、他のアルトコインは5倍のみとなっています。

またスプレッドは約3%、証拠金維持率は75%となっていて、取引は24時間365日可能で取引手数料は全て無料となっています。

そして今口座開設すると2000satoshi分のビットコインを貰えるキャンペーン中です!!

スマホアプリはとても使いやすいので初心者から上級者までおすすめできる仮想通貨取引所です!

GMOコイン公式ホームページ


GMOコインの特徴まとめ

  • レバレッジ⇒5倍or10倍
  • スプレッド⇒約3%
  • 証拠金維持率⇒75%
  • スマホアプリ⇒◎

 

DMMビットコイン

DMMビットコインは株式会社DMM.comによって運営されている仮想通貨取引所で国内最多の7通貨、14ペアでレバレッジ取引をすることができます

これはとてもメリットでレバレッジ取引ができる通貨ペアが多いと色々な相場で利益を生むことができるため上級トレーダーにとても人気な取引所です。

レバレッジは5倍のみとなっていて、スプレッドは約5%、証拠金維持率は80%となっています。

DMM.comは株やFXの取引所も運営・サービスをしているためセキュリティーの安全さ、スマホアプリの使いやすさにはとても長けています!

今なら口座開設と1回の取引をすれば最大5000円プレゼントのキャンペーン中です!!

DMMビットコイン公式ホームページ


DMMビットコインの特徴まとめ

  • レバレッジ⇒5倍
  • スプレッド⇒約5%
  • 証拠金維持率⇒80%
  • スマホアプリ⇒◎

 

QUIONEX 

QUIONEX(コインエクスチェンジ)は金融庁登録第2号の仮想通貨取引所で日本だけでなく海外にも拠点を持っています。

なんといってもQUIONEXの特徴は国内最大のレバレッジ25まで対応しており、また1注文100BTCまで注文することができるので大きく利益を上げたい人や資金力が低い人から豊富な人まで幅広く対応している仮想通貨取引所です。

スプレッドは最低0.3%ととても低くなっておりますが、証拠金維持率は110%で高くなっています。なのでロスカットされやすい取引所と言えるでしょう。

スマホアプリは世界最高速度の取引エンジンを使っているためとても取引はしやすくなっています。

QUIONEXの公式ホームページ


QUIONEX特徴まとめ

  • レバレッジ⇒25倍
  • スプレッド⇒0.3%
  • 証拠金維持率⇒110%
  • スマホアプリ⇒◎

 

bitbank

bitbankは日本で初めて仮想通貨のレバレッジ取引を成功させた取引所です。とても有名な老舗の仮想通貨メディアであるBTCNを運営しています。

レバレッジ倍率は20倍でスプレッドは約2%となっていて、証拠金維持率は20%に設定されていて業界最低となっています。なのでロスカットは非常にされづらいです。

またbitbankはレバレッジ取引をする際、金利が一切かからないため長期のレバレッジ取引もしやすくなっています

長期トレードをしたい方はbitbankがおすすめです!

bitbankの公式ホームページ


bitbankの特徴まとめ

  • レバレッジ⇒20倍
  • スプレッド⇒約2%
  • 証拠金維持率⇒30%
  • スマホアプリ⇒〇

 

BitMEX 

BitMEXは香港にある海外の取引所で最大レバレッジ100で取り扱い通貨は9種類と世界で最大級のレバレッジ取引所となっています。

しかも、スプレッドはほぼ無しとなっています!仮想通貨で大きく稼ぎたい人は必須の取引所です!

証拠金維持率は50%となっているのでロスカットもされずらいですし、しかも日本語対応されているため使いやすい取引所です。

BitMEXの公式ホームページ


BitMEXの特徴まとめ

  • レバレッジ⇒100倍
  • スプレッド⇒2%
  • 証拠金維持率⇒50%
  • スマホアプリ⇒◎

 

まとめ

レバレッジ取引は少ない資金で大きく稼ぐことができるメリット、また売りからでも取引ができるメリットがありましたが、逆にリスクが大きかったりロスカットで損が確定させられてしまうというデメリットもありました。

仮想通貨のレバレッジ取引で成功するにはレバレッジスプレッド証拠金維持率の設定、スマホアプリの使いやすさをしっかり吟味し、条件の良い取引所で取引するのが必須です。

上記で紹介した取引所はとても条件のよい取引所なのでそれらを使って上手くレバレッジをかけていけば大きく儲けることができるようになります!