「未成年でも暗号資産(仮想通貨)って買えるのかな...?」

そのようなお悩みを抱えてはいませんか?

確かに、未成年でも暗号資産(仮想通貨)の取引ができるかどうかって気になりますよね。

結論から言うと、制限はありますが、未成年でも暗号資産(仮想通貨)の取引はできます!

この記事では、コインパートナーが未成年の暗号資産(仮想通貨)取引について解説します。

 
暗号資産(仮想通貨)の始め方

仮想通貨は未成年でもできるの?

結論から言うと、未成年でも暗号資産(仮想通貨)は購入できます!

暗号資産(仮想通貨)は、暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所で売買をするのが一般的です。

しかし、国内の取引所では未成年で口座開設ができるところがほぼないため、海外の取引所を利用することになります。

海外取引所の中にも、日本語に対応しているところがあるので安心してください。

 
暗号資産(仮想通貨)の始め方

未成年が仮想通貨を始める方法

暗号資産(仮想通貨)を始める具体的な方法を紹介

年齢制限が18歳以上の取引所を利用する

海外の取引所の中には18歳から口座開設ができる取引所があります。

コインパートナーのおすすめ取引所はクリプトGTです!

クリプトGT 公式サイト画像

クリプトGTはキプロス発の海外取引所です。もちろん日本語に対応しているので安心してください。

王道のビットコインだけでなく、イーサリアムやライトコインといった計50種類以上の通貨ペアで取引することができます!

クリプトGTに登録したら、クレジットカードを使って資金を入金しましょう!

MasterCardとVISAカードに対応していて、どちらも18歳以上であれば作成することができます。

未成年が暗号資産(仮想通貨)投資を始めるならクリプトGTに登録しておけばまず間違いないでしょう。

未成年が登録するなら

無料で暗号資産(仮想通貨)をゲットして取引所に送金する

ぴたコイン 操作画面

実は、暗号資産(仮想通貨)を無料でゲットできるスマホアプリがあるのは意外と有名です!

中でも代表的な「ぴたコイン」は、翌日のビットコイン価格が上がるか・下がるかの二択で投票をし、当たった場合はビットコインが無料でもらえるというアプリになっています。

ゲットしたビットコインを海外取引所に送金すれば、元手ゼロの状態からでも暗号資産(仮想通貨)取引を始めることができます!

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)が貯まる-ぴたコイン
ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)が貯まる-ぴたコイン
開発元:POPSHOOT, INC.
無料
posted withアプリーチ

ビットコインをゲットしてから
取引開始までの流れ

  • 1.アプリを使ってビットコインを無料でゲットする。
  • 2.アプリから海外取引所に送金する。
  • 3.海外取引所で取引開始!

ビットコインを取引するなら、日本語での対応が手厚いBybit(バイビット)がおすすめです。

なんと、Bybitでは本人確認が一切必要ありません!

メールアドレスの登録のみで取引が始められるため、未成年の方でも簡単に使い始めることができます。

本人確認不要

 
 
メリットと注意点

未成年が仮想通貨を始めるメリット

金融知識の勉強になる 

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるのは、とても勉強になります。

将来的に株や投資信託など、別の金融商品の取引を始めるきっかけにもなります。

経済的、金融的な知識や資金管理など、人生で必要になることがたくさん学べます。

暗号資産(仮想通貨)を始めるのは将来的にもとても役に立ちそうです。

他の投資商品に比べ少額から投資できる

暗号資産(仮想通貨)は株やFXなどと比べると少額から始めることができます!

例えば、ある取引所ではビットコインの購入最小単位は0.0001BTCです。

1BTC=100万円とすると、100円から始めることもできます!

暗号資産(仮想通貨)を始めるための最低資金について詳しく知りたい方はコチラ! 

 
メリットと注意点

仮想通貨取引の注意点

暗号資産(仮想通貨)の利益には税金がかかる!

暗号資産(仮想通貨)の利益には税金がかかります!

暗号資産(仮想通貨)の利益は雑所得という分類になります。

この雑所得の合計が20万円を超えてしまった場合は、確定申告をする必要があります。

また、給与所得との合計が38万円を超えた時点で、扶養から外れてしまいますので親に伝えましょう。

もし、それに則った手続きをしないと親が脱税となってしまう恐れがありますので、儲かった場合は注意してください。

取引を始める前に、一度親に相談しましょう。

暗号資産(仮想通貨)の税金に関して詳しくはこちら↓

ハッキングリスクに備えウォレットに保管しよう

暗号資産(仮想通貨)を購入したらウォレットに移して保管しましょう。

暗号資産(仮想通貨)を取引所のウォレットに預けたままだと、取引所がハッキング被害を受けた時に無くなってしまう可能性があります。

実際に国内でもハッキング被害による暗号資産(仮想通貨)の損失が報告されています。

ウォレットで保管すればハッキングリスクを抑えることができます!

暗号資産(仮想通貨)のウォレットについて詳しくはコチラ!

いろんな暗号資産(仮想通貨)に分散投資しよう

暗号資産(仮想通貨)に投資する際は、色々な種類の暗号資産(仮想通貨)を購入した方がいいでしょう。

1つの通貨に集中的に投資するとリスクが高まります。

その通貨の価値が上がればいいですが、もし下がった場合大きく損することになってしまいます。

リスクを分散するためにも様々な暗号資産(仮想通貨)に投資しましょう。

暗号資産(仮想通貨)サロン

どの暗号資産(仮想通貨)をどのくらい買えばいいのかよく分からない。。。

という方は、コインパートナーのオンラインサロン【コインパートナープレミアム】を活用してみてください!

コインパートナープレミアムで
出来ること

  • 1,500人以上のサロン生と暗号資産(仮想通貨)に関する情報交換ができる
  • 月利300%を達成した凄腕トレーダーの生実況を見られる
  • 暗号資産(仮想通貨)トレードに必要な基礎知識を網羅して学べる

コインパートナープレミアムは全てのサービスを無料で解放しています。

これから暗号資産(仮想通貨)投資を始める方に必要な知識が揃っているのでぜひ利用してみてください!

完全無料のオンラインサロン

 
まとめ

仮想通貨未成年 まとめ

今回は、暗号資産(仮想通貨)を未成年でも始めることができるのかについて解説しました。

新しいことを始めるのは少し勇気がいるかもしれませんが、暗号資産(仮想通貨)は今後社会の中心を取って代わるような可能性を秘めた存在です。

今のうちから暗号資産(仮想通貨)投資を始めて、同世代の友達と差をつけましょう!

未成年が登録するなら