「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)での取り扱い通貨にはどんなものがあるんだろうか?」

なんて考えてはいませんか?

実際どんな通貨が扱われているかを知るのは、口座開設するかどうかの大切な判断基準ですよね。

この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨の種類について解説します!

また、それぞれの仮想通貨の特徴や将来性ついて詳しく解説していき、コインオタク編集部が選ぶDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取引することをおすすめする仮想通貨もピックアップしました!

この記事を読めば、どのような人にDMM Bitcoinが向いているのかがわかります!

この記事の要約

  • DMM Bitcoinの取り扱い通貨数は全部で7種類!
  • すべての通貨でレバレッジ取引可能!
  • アルトコインのレバレッジ取引する人向きの取引所!
  • 現物取引可能通貨はビットコインとイーサリアムのみ!

また、もしここまで読んでDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座開設をしてみたいと思った方は登録は簡単にできますのでぜひやってみてください。

アルトコインのレバレッジ取引をする人には非常おすすめできる取引所になっています!

DMM Bitcoinで口座開設をする!

【簡単におさらい】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは、株式会社DMM.comによって2018年1月10日に設立された非常に新しい仮想通貨取引所です。

その特徴は

  • 取り扱い仮想通貨7種類すべてでレバレッジ取引が可能!
  • 入金出金取引手数料のすべてが無料!
  • 運営母体である株式会社DMM.comの信頼性が非常に高い!
  • 『取引所』ではなく『販売所』なのでスプレッドが大きいため、利益を上げるのが難しい
  • 現物取引可能仮想通貨はビットコインとイーサリアムの2種類のみ。。。


などがあげられます。

さらに詳しいDMM Bitcoinの説明は以下のコインオタクの記事を御覧ください!

 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録をおススメする理由 DMM Bitcoinとは DMM Bitcoinとは2018年1月10日にオープンした日本の仮想通貨販売所です。日本でFX口座数第1位であるDMMが運営していることでいま大きな注目を集めています!なぜそんなにDMM Bitcoinがすごいのか、登録する前にさらっと見てみましょう! DMMが仮想通貨事業に参入。来年1月から仮想通貨取引所DMM Bitcoinがオープン。FXにおいて業界1位を獲得しているDMM.comが2018年1月10日から新サービスDMM Bitcoinを開始します。FXで培っている技術をもとに高いユーザビリティと信頼性が予想される取引所を解説します!続きを読む   DMM Bitcoinの特徴 手数料が安い! DMM Bitcoinの最大の特徴の一つは破格の手数料であることです!特に現物取引に関してはなんと入金手数料・取引手数料・出金手数料のすべてが無料です! 使いやすい! DMM Bitcoinではスマートフォンアプリでワンタッチで売買ができるほか、チャートで様々な指標を確認できプッシュ通知で価格変動をお知らせする機能まであります。初心者に最適です! 運営企業がすごい! DMM Bitcoinの母体であるDMM.comはゲームや電子書籍など様々な分野で上位に位置する大企業です。とくにFX取引では日本口座数1位を獲得しておりトレーディングに精通していてほかの取引所と比べても段違いの安心感があります! いまなら1000円ゲットできるキャンペーン中! 2018年1月11日から2018年3月31日まで新規口座開設者に1000円をプレゼントするキャンペーンを行っています!登録するだけでお金をもらえる大チャンスです! DMM Bitcoinの口座を開設する! 目次 登録の前に~用意するものは3つだけ!~DMM Bitcoinの仮口座開設手順本人確認(本登録)の手順2段階認証の手順いまなら1000円プレゼントキャンペーン実施中!    登録の前に~用意するものは3つだけ!~ SMSが受け取れる携帯電話本人確認書類の写真SmartKey、Google

DMM Bitcoinの取り扱い通貨・アルトコイン全7銘柄一覧

仮想通貨現物取引(JPY建て)レバレッジ取引(JPY建て)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い仮想通貨は、上記に書いてある7種類です!

現物取引が可能な通貨は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)だけであることに注意してください!

その他の仮想通貨に関してはすべてレバレッジ取引のみで現物を扱えてません。そのためネム(NEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)は外部に送金を行うことができない上に、決済手段として使うこともできません。。。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はすべて『販売所』(=取引所・個人間での取引)になっているので、スプレッドはかなり大きいです。ただ、アルトコインのレバレッジ取引が可能で、企業の信頼性などを考えると大きなスプレッド覚悟で取引するメリットは十分にあると考えられます!

『販売所』と『取引所』の違いについては以下のコインオタクの記事を御覧ください。

  目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

DMMビットコインで購入可能銘柄の特徴と今後を分析!

ビットコイン(Bitcoin,BTC)の特徴

通貨名(通貨単位)Bitcoin(BTC)
運用開始時期2009年
時価総額約17兆円(第1位)
1日あたりの取引量約7750億円
ブロック生成速度約10分

ビットコイン(Bitcoin)とは、謎の経済学者サトシ・ナカモトによって発表された論文をもとに開発された世界初の仮想通貨です。

新しい決済システムとなることを目的に開発されてます。現在はさまざまな仮想通貨を取引する基軸通貨となっており、仮想通貨界の王様といえます!

その特徴は数多くありますが、その中でも最も特筆すべきはブロックチェーン技術です。この技術によって、ブロックチェーンと呼ばれる公開されている改ざん不可能な台帳に対して取引を書き込み、不正が絶対に存在しないお金のやり取りが可能になりました。

さらにネットワーク上で送金するので、かつての銀行などを介し高い手数料をはらって送金していたものをブロックチェーン技術を利用すれば手数料を非常に小さく抑え素早い送金が可能になります。

実用化も順調に進んでおり、日本ではビックカメラやH.I.S.などをはじめ多くの企業がビットコインによる決済システムを導入し始めています。

ビットコイン(Bitcoin,BTC)の今後・将来性

ビットコイン(Bitcoin)はさまざまな問題を抱えています。その代表例としては、トランザクション情報を素早く処理できないスケーラビリティ問題を抱えています。

スケーラビリティ問題を解決するために現在はSegwit2xを導入しブロックサイズを2倍にするという施策が取られていますが、そこに至るまでにさまざまな紆余曲折がありました。ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)もこのスケーラビリティ問題をどのように解決するかで意見が分かれハードフォークした仮想通貨です。

開発グループで意見が割れてその開発勢力が分散され弱まるという可能性もあるので一概には絶対安全とはいえませんが、多くの開発者が日夜研究していると考えるとその将来性は比較的安心だといえるでしょう!

スケーラビリティ問題については以下のコインオタクの記事を御覧ください。

目次1.スケーラビリティ問題とは2.技術的な解決方法3.解決する上での問題点4.スケーラビリティ問題に関するニューススケーラビリティ問題のまとめ 1.スケーラビリティ問題とは ビットコインのスケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズがボトルネックになって、1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られ、データ処理速度が遅くなるので、送金に時間がかかってしまうという問題です。 スケーラビリティ問題を知る上での予備知識 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンとは分散型取引台帳の一つで、いくつかの取引をまとめたものをブロックといいます。それらをつなげることで、台帳にするのでブロックチェーンと呼ばれます。ブロックチェーンはネットワーク上に存在し、中央管理者がいません。そのため、誰でも過去の取引全てを確認ができますが改ざんはできません。なぜ改ざんできないかとマイニングという膨大な計算量を必要とする技術(後述)によってブロックチェーンに書かれた取引は絶対正しいということが証明できるからです。 ビットコインは、実際に存在するわけではなく、今までの取引が全部ブロックチェーンにかいてあって、さらにそれがマイニングによって正しいことが保証されているので、自分がどれほどのお金を持っているか確認できるという仕組みです。 詳しく仕組みを知りたい方は、こちらの記事を見て下さい!   ビットコインの仕組みとは?ブロックチェーンやマイニング、最新技術を全て解説!ビットコインの仕組みってどうなってるの…?今さら人には聞けないそんな疑問にお答えします!この記事を読めば、ブロックチェーンやマイニングなどのビットコインの基本技術から、導入されたばかりの最新技術まで理解できること間違いなしです!続きを読む   マイニングの仕組み

 ビットコインの仕組みについての詳しい内容は以下のコインオタクの記事を御覧ください。

  目次ビットコインの仕組みの簡単な説明ビットコインの送金の仕組みを図解!ブロックチェーン技術マイニング(採掘)システムビットコインの仕組みの問題点は?ビットコインに後から導入された技術ビットコインの仕組みに関するQ&Aビットコインの仕組みのまとめ ビットコインの仕組みの簡単な説明 ビットコインの仕組みをまずは簡単に説明していきたいと思います。個々の技術についてはあとで詳しく述べていきます。 ビットコインの仕組みの基本はブロックチェーン、マイニング(採掘)です。ブロックチェーンには過去の取引の履歴がすべて記録されていて、マイニングという膨大な計算力を必要とする作業によって、ブロックチェーンに記録された取引は必ず正しいということが保証されています。 お金がここにある、ということによってお金を持っていることが保証されてるわけではなく、今までにあった取引はブロックチェーンに書いてある通りで、マイニングのおかげでブロックチェーンに書いてあるのは全部正しいから自分のもってるお金は今これだけだよね、という確認のしかたができる仕組みになっています。イメージとしては、家計簿を正しくつけているから、財布や通帳の中を見なくても持ってるお金が分かっちゃう感じです。 ブロックチェーンやマイニングの仕組みの前に、取引つまりお金のやり取りはどのような仕組みで行われているのか見ていきましょう。 ビットコインの送金の仕組みを図解! ビットコインの送金はどのような仕組みで行われているんでしょうか。ビットコインの送金には電子署名という暗号技術が用いられています。この電子署名の仕組みを図を用いながら分かりやすく説明したいと思います。 AさんからBさんに1BTCを送る場合について見ていきましょう。この場合、「Bさんに1BTCを送りました」という契約書が書かれて、しかもその契約書がたしかにAさんによって署名されたものなのかを確認できることが大事になっていることに注意しましょう。 STEP1:Aさんが秘密鍵によって契約書を暗号化する

 イーサリアム(Ethereum,ETH)の特徴

通貨名(通貨単位)Ethereum(ETH)
運用開始時期2014年2月
時価総額約10兆円(第2位)
1日あたりの取引量約3450億円
ブロック生成速度約15秒

イーサリアム(Ethereum)とは、分散型アプリケーション(Dapp)を開発可能なスマートコントラクトを実装した仮想通貨です。

ビットコイン(Bitcoin)が決済を目的に作られた通貨だとすると、イーサリアム(Ethereum)とはアプリ開発のプラットフォームになることを目的に作られた仮想通貨です。ビットコインとは大きく趣旨が異なります。

また、イーサリアムのブロックチェーン上でICOを行うために独自トークン(ERC20トークン)を発行可能です。ERC20トークンはその送金にイーサリアムを必要としているので、ERC20トークンの実用性が高まったり価値が上がったするとイーサリアムの需要も高まり、価値の上昇要因になると考えれられます!

イーサリアム(Ethereum,ETH)の今後・将来性

イーサリアムはアプリケーション作成の基盤となっているため、さまざまなサービスを展開可能であり、多くの企業がこれから参加してくると思います。

するとますます良いアプリケーションが開発されトークンの価格が上がりイーサリアムの需要も高まっていくと考えられます。

もしかしたら今後ビットコイン(Bitcoin)にかわる新しい基軸通貨になる可能性があります。

イーサリアムに関する詳しい解説は以下のコインオタクの記事をご覧さい。

 仮想通貨について少し調べてみたり、取引所に登録してみたりすれば必ずといっていいほど目にするイーサリアム(Ethereum)。ビットコインは分かるけど、イーサリアムってなに?って思いますよね。ビットコインなどと比べるとイーサリアムはかなり複雑な構造になっているんですが、実は根幹となる技術をしっかり抑えれば理解ははそう難しくありません。この記事では、イーサリアムがどういった特徴を持っているのかを解説したあと、イーサリアムの持つ将来性を具体的に説明していきたいと思います!最後まで読めば、イーサリアムについて超詳しくなれること間違いなしです!目次仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の今後のイベント仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の価格推移と最新チャート分析!仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の将来性と問題【取引所】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の購入方法【ウォレット】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の保管方法仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の気になるQ&Aまとめ仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)を構築できるプラットフォームのことで、Ethereum Foundationによって運営されています。このプラットフォームの基軸通貨であるEther(イーサ)は、ほぼ全ての取引所で取り扱われており、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨となっています。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明まずは、イーサリアムに関する基本情報をまとめたあとに、どんな仮想通貨なのか簡単に説明していきたいと思います。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報通貨名(通貨単位):Ethereum(ETH) 公開日: 2015年7月30日発行上限枚数: 91,786,546 ETH時価総額:下記参照 備考:ー 国内取り扱い取引所:bitFlyer,Zaif,GMOコイン,bitbank

 ネム(NEM,XEM)の特徴

通貨名(通貨単位)NEM(XEM)
運用開始時期2015年3月31日
時価総額約4500億円(第13位)
1日あたりの取引量約85億円
ブロック生成速度約1分

ネム(NEM)とは、New Economic Movementの略で、ブロックチェーンを利用して仮想通貨を普及させることを目的に開発されました。

PoIとよばれるコンセンサスアルゴリズムに基づいて行われる取引の承認作業:ハーベストという独自システムを採用しています。ハーベストはマイニングにあたるものだと考えてください。

日本企業テックビューロと連携しており、日本での知名度の高い仮想通貨となっています。

ネム(NEM,XEM)の今後・将来性

ビットコインなら決済手段、リップルなら送金・決済手段といったようにそれぞれの通貨に基本的にはなにか具体的な目的があります。しかしネム(NEM)の問題点は、その具体的内容が明確に決まっていません。そのため今後どのように事業が展開していくのかがわからないのが大きな不安要素になっています。

そのため一時はもしかしたらネムサービス自体が詐欺だと言われたこともありますが、Zaifを運営しているテックビューロ社が全力で提携しているため詐欺である可能性は低いと考えられます。

今後の開発によって大きく値動きしていくので、どのような開発が行われていくかをしっかり注目する必要があります。

ネムに関する詳しいコインオタクの記事は以下になります! 

目次NEM(ネム)とは?XEM(ゼム)との違いは?        NEMのチャート分析。ニュースと価格の関係は?NEMの問題と将来性NEMの仕組みNEMのメリットNEMのデメリット【NEMの入手方法】オススメ取引所3選【NEMの保管方法】オススメのウォレットは?まとめ NEM(ネム)とは?XEM(ゼム)との違いは?         NEMとは、New Economy Movementの略で、ブロックチェーンを用いて新たな経済運動を起こすことを目的としたプロジェクトのことです。 また、XEMとはNEMプラットフォーム上で発行された仮想通貨の単位のことですが、NEMという名称の方が圧倒的に知名度が高く仮想通貨自体がNEMと呼ばれることもしばしばあります。 ハーベストという独自の承認システムや、日本企業テックビューロとの提携もあって日本でも知名度の高いこのNEMとは一体どのような通貨なのでしょうか。コインオタクが詳しく解説していきます! NEMのチャート分析。ニュースと価格の関係は? (2017年11月29日現在) こちらが公開からのNEMのチャートです。2015年3月31日、NEMが公開されてからしばらくは1XEM=約0.01~0.2円ほどで推移していました。 2016年7月にZaifに上場し多少価格は上がりましたが、それでも1円には届かない程度でした。大きく価格が動いたのは2017年4月から5月にかけてです。4月にはNEM公式のiOSアプリのサービス開始などがありましたが、他の仮想通貨を見てもこの時期は急速に伸びていることから、仮想通貨全般の急激な成長が大きく影響していると考えられます。 その後価格が下がっていったのは、特に好材料が無い中急騰のバブルが弾けたからといったところでしょう。 2017年8月になると、下がり続けていた価格が再び上がり始めます。これは、テックビューロが日本初のICOプラットフォームであるCOMSAを発表したことに起因します。COMSAのホワイトペーパーではNEMの技術を活用していくことが述べられており、期待が高まったのだと考えられます。

 リップル(Ripple,XRP)の特徴

通貨名(通貨単位)Ripple(XRP)
運用開始時期2013年9月26日
時価総額約4.7兆円(第3位)
1日あたりの取引量約700億円
ブロック生成速度約5秒

リップル(XRP)とは、リップル社によって2013年にサービス開始された送金・決済システムの呼称であり、そのサービス内で使われる通貨の名称でもあります。リップル(XRP)はオンラインでとり行われる決済の全てに適用可能なサービスを目指して展開されました。

リップルネットワークを採用した銀行間なら、その他の決済手段(日本円やビットコイン)とは比べ物にならないほど、手数料を安く高速で送金することが可能になります。

またブリッジ通貨として機能することも目指しています。ブリッジ通貨とは、異なる2種類の通貨を取引する際に仲介役を果たす通貨のことを呼びます。メリットは取引ペアを圧倒的に減らすせることです。これは、扱われている通貨が多ければ多いほどその力を発揮します。

リップル(Ripple,XRP)の今後・将来性

リップル(XRP)の将来性は非常に素晴らしいです。そのシステムの発想のすごさも去ることながら、グーグルが出資していたり、三菱UFJがリップルネットワークを使った送金システムのテストを予定しているなど名だたる大企業が注目しているということで説得力が凄いです。

リップルのネックな部分としては、非常に中央集権的なシステムであるということです。コンセンサスアルゴリズムがPoC(Proof of Consensus)を取っていたり、リップル通貨の保有率はリップル社が50%を持っていると言われ、その開発がリップル社に一存しています。そのためリップル社の動向によってその将来やシステムが大きく変わってしまうのです。

これは非中央集権であることを特徴としている仮想通貨とは相反しています。。。

リップルに関する詳しい解説は以下のコインオタクの記事を御覧ください。

リップルの良いニュースに飛びつきXRPを買ってみただけでリップルをわかった気になっているあなた。 本当にリップルの仕組みを理解していますか? 仕組みを知らずに通貨の価値判断はできないし、次々にでてくるリップルのニュースの真偽判断もできません!この記事を読めば意外と知られていないリップルの詳しい仕組みだけでなく、あまり書かれることのないデメリットまでわかり、読み終わる頃にはきっとリップルについて知らないことはなくなっています!リップルが大好きな現役東大生がホワイトペーパーやGithubなど難解で一般の方にはとっつきにくい場所までリサーチにリサーチを重ね、図とともにわかりやすく解説しているのでスルスルと深い知識を身につけることができます!もうにわかとは言わせません!リップルオタクになって自信をもってリップルのトレードをしましょう!リップル(XRP)ってなに?新しい送金・決済システムの名称!多くの巨大企業が注目していて、将来性バツグン!このサービスで扱われる通貨の名称でもある!決済速度が極めて速く、手数料も安い!ブロックチェーンを使わない珍しいタイプの仮想通貨!リップラーと呼ばれるリップル大好きな仲間もいっぱい! bitbankでリップル(XRP)を購入する!目次仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン!RTXPとは?RTXP① ILP(インターレジャープロトコル)の仕組みRTXP② XRP Ledgerの仕組み実は仮想通貨ではない⁉︎XRPの仕組み XRPの役割は?XRPを使ってできることRippleNetの仕組み リップルのメリットリップルのデメリット リップル(XRP)チャート分析!ニュースが価格に与えた影響は? 今後のイベントは?XRPの今後の価格推移を予想!仲間もいっぱい!熱狂的なリップラーのみなさん 【リップルの購入方法】おすすめ取引所・販売所3選 【リップルの保管方法】おすすめウォレット3選 リップルまとめおまけ① リップル用語辞典おまけ② リップルオタク度テスト〜あなたはどこまでわかる?〜  仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン! リップルはXRPのことではないかも⁉︎ リップル(Ripple)とは、Ripple Inc

 ライトコイン(Litecoin,LTC)の特徴

通貨名(通貨単位)Litecoin(LTC)
運用開始時期2013年5月
時価総額約1.3兆円(第5位)
1日あたりの取引量約1000億円
ブロック生成速度約2.5分

ライトコイン(Litecoin)とは、第2のビットコインを目指して開発されている仮想通貨です。ビットコインのブロックチェーンを利用していますが、ビットコインと異なるのはブロック生成速度が4倍、通貨発行量も4倍とその流動性と実用性の高さです。

ビットコインはそのコミュニティの大きいためなかなかコンセンサスを取るのが難しく開発が遅れてしまうことも多々あります。しかしライトコインでは積極的に最新技術を研究しており、Segwit(セグウィット)というトランザクション情報をコンパクトに圧縮することでスケーラビリティ問題を改善することができる技術をかなり早く実装したり、ライトニングネットワークというトランザクション情報をオフライン上でまとめて、効率の良いトランザクション情報のみをオンチェーン上にあげることによって、無駄なトランザクション情報を省き手数料が安く即座に送金が可能になりマイクロペイメントを可能にしかつスケーラビリティ問題を解決する技術の試験運用に成功したりと積極的な開発が行われています。

ライトニングネットワークに関するより詳しい解説はコインオタクの記事を御覧ください。 

目次ライトニングネットワークとは?ライトニングネットワークの仕組みライトニングネットワークのメリットライトニングネットワークの懸念点・問題点ライトニングネットワークに関するQ&Aライトニングネットワークまとめ ライトニングネットワークとは? ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術です。ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須なので、ビットコインにSegwitが実装されたことによってライトニングネットワークの実現性が高まったと話題になりました。手数料、スケーラビリティなどたくさんの問題を持ったビットコイン、モナコイン、ライトコインなどの弱点を解決する可能性を秘めた技術です。 まずはマイクロペイメントについて知ろう! マイクロペイメントとは、少額単位での支払いを可能にする送金システムのことです。一円以下での支払いが出来るので、デジタルコンテンツに対する支払いなどに向いています。例えば、動画視聴に対して1秒に0.1円といった支払いです。今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5~10円程かかってしまうので秒単位での支払いをするには手数料がばかになりません。仮想通貨を用いることでより少ない手数料でマイクロペイメントを行うことができますが、ビットコインでもまだ問題があります。 それは、細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまうので結局手数料がかかってしまうことと、送金に10分かかることです。 マイクロペイメントに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!!!   マイクロペイメントとは?ビットコインや仮想通貨の可能性を東大生が解説マイクロペイメントとは、少額の決済が可能になるサービスです。今まで少額の決済をするのに手数料が決済価格よりも大きいなど、現実的ではありませんでした。今後仮想通貨を使って可能になる可能性があるマイクロペイメントの仕組みや将来性を解説します!続きを読む   ですが、そんな問題を解決する技術が存在して、それをペイメントチャネルといいます。

ライトコイン(Litecoin,LTC)の今後・将来性

ライトコインの時価総額はビットコインの約6%とまだまだシェアを獲得するには至っていないのが現状です。ただ今後さまざまな研究が進みライトニングネットワークの実装やスケーラビリティ問題の解決に向かうような技術の実装ができたとしたら、ビットコインに負けないくらいのシェアを得るのも夢ではないと思います。

そのためにはビットコインとの差別化をいかにうまくはかれるかが重要なポイントになると思います。

ライトコインに関する詳しい解説は以下のコインオタクの記事を御覧ください。

目次ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移ライトコインの問題と今後の将来性は?コインオタクの見解ライトコインの仕組み・特徴ライトコインのここが凄い!ライトコインのメリットライトコインにはこんなデメリットも・・・?!【ライトコインの入手方法】オススメの取引所3選【ライトコインの保管方法】おすすめウォレット4選ライトコインのQ&Aライトコインまとめライトコイン(Litecoin)とは? ライトコイン(Litecoin)とは、2011年ビットコインのソースコードをもとに作られた仮想通貨(アルトコイン)の一種で、特徴としては「ブロック生成速度が速い」「発行量が多い」ことが挙げられます。また、暗号化アルゴリズムもビットコイン(Bitcoin)と異なるものを利用していることで知られています。 ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移 2018年2月7日現在のライトコインのチャートは以下のようになっています。今回はコインマーケットキャップを使用しています。 3月末ごろから価格が上がり始め、5月上旬、6月下旬、9月上旬に大きく上昇、その後大きく値を下げていることがわかります。それらの原因などについて見ていきましょう。 Segwit(セグウィット)の結果によって高騰 まず、5月上旬の高騰について見ていきましょう。これが起きたのは、5月11日に導入されたSegwit(セグウィット)が背景にあります。Segwitは、取引のサイズを小さくすることで1つのブロックに収納できる取引の数を増やす技術で、これによってスケーラビリティが大幅に向上しました。これを受けて、ライトコインに対する期待が高まり、価格の上昇に繋がりました。   Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリット、知らないとヤバい情報を教えます!ビットコインを語る上で外せないsegwit。技術的な話でよくわからない、色々な専門用語が出てきてよくわからない、そんなことを思っているあなた!segwitを砕いてわかりやすく説明します!知っておくべき用語の1つなので必見です!!続きを読む   ビットコインへの不安と、BitStampへの上場

 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic,ETC) の特徴

通貨名(通貨単位)EthereumClassic(ETC)
運用開始時期2016年7月
時価総額約360億円(第16位)
1日あたりの取引量約46億円
ブロック生成速度約15秒

イーサリアムクラシック(ETC)とは、The DAO事件という約80億円相当のイーサリアムを大量に盗まれる事件が起き、その事件をきっかけに現在のイーサリアムとハードフォークした仮想通貨です。分裂以前のブロックチェーンを利用しており、コードのみに従う非中央集権的な仮想通貨を目指しているコミュニティを中心に利用されています。

イーサリアムとの明確な違いを出すために、現在イーサリアムクラシックはスケーラビリティ問題の解決のためにサイドチェーンを導入したり、IoT(Internet of Things)への対応を目指したりと現在開発が活発になっています。

『The DAO』に関する詳しい解説は以下のコインオタクの記事御覧ください。

目次The DAOとは?The DAOの仕組みThe DAO事件の真相とは?The DAO事件から学ぶべきこと The DAOとは? The DAOとは、Ethereumのスマートコントラクトを使用して作られた非中央集権の分散型投資ファンドのICOプロジェクトです。The DAOが集めた資金は出資の資金として使われ、その出資先はThe DAOへの出資者によって決定されます。 まずそもそもイーサリアムやスマートコントラクトすらわからないという人は、下記のリンクからコインオタクのEthereumについての記事を参照ください。 イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む   The DAOの仕組み The DAOを使って出資しようと考えている人は、Ethereum固有の通貨EtherでThe DAOが発行するToken(トークン)を購入します。 Tokenは現実世界でいうところの株券のようなもので、Tokenを購入することによって、出資者はトークン所持数に応じて、「実際に出資するか否か」の投票権を得ます。 そして、このTokenの購入に使われたお金は、出資のための資金に使われる、という寸法です。 逆に、出資を受けたい人は、The DAOに出資を受けてどのような事業を興すのか、また、それに必要な出資額はいくらで、それによってどれくらいThe DAOの収益が期待できるか、というプレゼンを行います。 そして、承認がおりて出資されれば、The DAOはその事業の利益をToken所持者に分配するという仕組みです。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic,ETC) の今後・将来性

イーサリアムクラシックは、いままで多くのスマートコントラクトを利用して作られたDapp(分散型アプリケーション)をもつイーサリアムに先行者優位を取られています。

ただ、現在開発しているIoTやサイドチェーンが実際にどのように進んでいくかが将来性に大きく関わってくると考えられます。

イーサリアムクラシックに関する詳しいコインオタクの記事も合わせてご覧ください。

最近どんどん存在感を増してきている仮想通貨、イーサリアムクラシック(ETC)。「イーサリアムクラシックってどんな仮想通貨なの?特徴が知りたい!」あなたは今、そうお考えではありませんか?面白そうな仮想通貨なのでちょっと気になってる。だけど投資に踏み切れるほどの情報を持っていない・・・イーサリアムクラシックについての情報があれば、投資判断に役立てることができますよね。そんなあなたに朗報です。「この記事を読めば、イーサリアムクラシックについてあなたが知りたかった情報が手に入ります。」東大生がくまなく集めてまとめた情報は、必ずあなたの役に立つでしょう!それだけでなく、イーサリアムとの違いやイーサリアムクラシックの今後の展望も解説しているので、将来性への理解も深まること間違いなし!この記事ではイーサリアムクラシックの特徴はもちろん、チャートの動きや将来性、問題点、そして購入にオススメの取引所まで知りたいことを完全網羅して解説します!この記事が投資判断のお役に立てば幸いです!目次イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の基本情報・概要説明 仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴・メリット・デメリットイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と本家イーサリアムとの違い イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後の予定 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後は?問題点と将来性 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の購入にオススメの取引所2選イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のオススメウォレット3選 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)についてのQ&A イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のまとめイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か 

 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH,BCC)の特徴

通貨名(通貨単位)BitcoinCash(BCH,BCC)
運用開始時期2017年8月1日
時価総額約2.7兆円(第4位)
1日あたりの取引量約700億円
ブロック生成速度約10分

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)とは、2017年8月に主に大手中国マイニンググループが中心となってビットコインからハードフォークした仮想通貨です。ハードフォークした理由は、スケーラビリティ問題を解決するのにビットコイン開発側がSegwit(セグウィット)を実装することで解決しようとしていたのに対して、大手中国マイニンググループ側はSegwitを実装してしまうと自分たちが開発したマイニングシステムを利用できなくなってしまうということを理由にブロックサイズを大きくすることでスケーラビリティ問題を解決しようとしたためと言われています。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH,BCC)の今後・将来性

ビットコインキャッシュでは、マイナー優位の仮想通貨になっています。フルノードになるインセンティブがマイナーにしか存在せず、今後どのようにユーザーによったシステムを導入して非中央集権的な仮想通貨になれるかが問題です。

ブロックサイズを大きくするとブロックチェーンの容量自体もかなり大きくなってしまいます。

将来性は、ビットコインキャッシュにかかわるノードがブロックチェーンの巨大な容量に耐えきれるかが問題となります。

ビットコインキャッシュに関する詳しい解説はコインオタクの記事を御覧ください。 

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA

DMM Bitcoinで取引すべきオススメの仮想通貨!!

取引すべきオススメの仮想通貨

  • ネム(NEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)

 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取引すべきオススメの仮想通貨はレバレッジ取引する場合のネム(NEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)です!

もしレバレッジ取引しないならば、DMM Bitocoinを使うメリットはほとんど存在しないです。スプレッドも低く他にもっとお得に取引可能な仮想通貨取引所はたくさん存在します。

国内で数少ないアルトコインのレバレッジ取引ができるDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。その特徴を活かすためにもぜひDMM Bitcoinを利用する際はアルトコインのレバレッジ取引に挑戦してみてください!

取り扱い通貨数で他の取引所と比較!

仮想通貨取引所取り扱い通貨数
DMM bitcoin(DMMビットコイン)7種類
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
Zaif(ザイフ)14種類
GMOコイン5種類
bitbank.cc(ビットバンク)6種類
Binance(バイナンス)100種類超
Poloniex(ポロニエックス)70種類程
Bittrex(ビットレックス)250種類超

(2018年2月現在)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は取り扱い通貨数は多くも少なくもなく平均的です。

ただ取り扱っている仮想通貨はどれもかなり将来性の高い通貨となっているためセンスは非常にいいと思います。

ただもし草コインなどで一発当てたい方は、今最も熱い海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)がおすすめです。

Binance(バイナンス)に関する詳しい解説はコインオタクの記事を御覧ください。

世界最大規模Binanceで仮想通貨取引を始める!

目次仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは【Binanceの特徴1】手数料が安い!【Binanceの特徴2】独自コインを発行している【Binanceの特徴3】日本語対応しているBinanceの今後BinanceのメリットBinanceのデメリットBinanceの登録方法Binanceの使い方Binanceまとめ   仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは   Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。 CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。 Binance公式サイトはこちら 【Binanceの特徴1】手数料が安い! Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります! BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、 Biance:0.1% Bittrex:約0.25% Poloniex:0.15~0.25% アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、 Binance:0.1% Bittrex:0.25% Poloniex:0.15~0.25% BTC送金手数料を比較してみると、 Binance:0.0005BTC Bittrex:0.001BTC Poloniex:0.0005BTC

DMMビットコイン内の日本円で取引可能な仮想通貨一覧

仮想通貨日本円との取引
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取り扱われている仮想通貨はすべて日本円で取引可能です!

DMM Bitcoinの取り扱い通貨まとめ

いかがでしたか?

これでDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨についてよくわかったのではないでしょうか?

まとめるとDMM Bitocoinの取り扱い仮想通貨は以下のものとなります。

DMM Bitcoinの取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)

国内で数少ないアルトコインのレバレッジ取引が可能な取引所として今後より注目されるでしょう!

もし興味を持たれた方は、無料で簡単に口座開設可能なのでやってみてください!

無料でDMM Bitcoinの口座開設をする