イーサリアム(Ethereum)とは


イーサリアムとは、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)を構築し実行する分散型プラットフォームの名称です。このイーサリアムのネットワーク内で使用される通貨の名前も同様に「イーサリアム」と呼びその通貨単位が「イーサ(Ether)」です。イーサリアムは現在時価総額2位の仮想通貨です。


めちゃざっくりとした説明をすると、ビットコインにスマートコントラクトという機能をつけたのがイーサリアムというような感じです。イーサリアムではブロックチェーン上にお金のやり取りに加えて契約の情報も書き込むことが出来ます。


スマートコントラクトについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

 


イーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移

コインオタクではイーサリアムの投資・トレードに重要な情報がこちらのページでみれるようになっています!イーサリアムのチャートや相場情報、価格予想をリアルタイムで表示し、チャートのテクニカル指数をコインオタクが独自に開発したAIがリアルタイムで分析して売り買いの分析を表示しています。


(2017年7月20日現在)

イーサリアムの価格推移です。2017年3月以降の価格の爆上がりは、仮想通貨の認知度が上がってきて投資家やトレーダーが参入してきたことと、ICOがめちゃ加熱していたことがあげられます。

ICOの多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使っているので、ICOに参加するにはイーサリアムが必要であり、ICOの盛り上がりによりイーサリアムの需要が大きくなったからです。


2017年6月からの暴落は、ICOの加熱により価格が暴騰しすぎてしまって完全にバブル状態になっていたことがあげられます。当時イーサリアムが人気すぎて、マイニングのハッシュレートの上昇が予想されていて、マイナーとしては「マイニングのハッシュレートが上がるとイーサリアムの入手が困難になって、通貨の価値もあがるだろうからイーサリアムをホールドしよう」という流れがあったのですが、6月頃にマイニングのハッシュレートがむしろ下降傾向にあることが拡散されて、ホールドされていたイーサリアムが売りに出されたことも価格暴落の要因です。


2017年7月からの上昇は、ビットコインの上昇に起因しています。


2017年9月の暴落は、中国のICO規制と取引所閉鎖という情報が出たことが大きい原因です。


イーサリアムのトレードをする上で集めたい情報は、イーサリアムに直接関係する情報はもちろん、規制などの情報や、取引所関係の情報や、ICO関連の情報も集めると良いです。セキュリティが甘いICOがあってお金が盗まれた時には、「〇〇というICOで△△イーサ盗まれました」みたいに報道されるので、イーサリアムは特に悪くなくても売られて価格が下落してしまいます(笑)


コインオタクによるイーサリアムの今後の価格予想はこちらの記事をご覧ください!

ビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇り、スマートコントラクトブロックチェーンに書き込めるイーサリアム(Ethereum)の今後の価格がどのようになっていくのか、ファンダメンタルな観点から東大生が考察してみました。

 

イーサリアムの問題と将来性。コインオタクが分析したイーサリアムの今後の展望

イーサリアムが今後どうなっていくのか、発展していく上で解決していかなければならない問題や、将来性がどのくらいあるプロジェクトなのか簡潔に書いていきます。


スマートコントラクトを実用したアプリケーションがまだ出来ていない

実際にイーサリアムのスマートコントラクトを活用して作られたアプリケーションはあるんですけど、どれもまだちゃんとした成功を収めていないという問題があります。

これはまだ時期的にも出来上がってから早いですし、ある意味仕方のないことではあるのですが、実際にイーサリアムのスマートコントラクトを使ったサービスが展開されていって、イーサリアムの実需が出るようになっていかないといけないです。

イーサリアムの価値はよく燃料に例えられていて、何かしらの取引やスマートコントラクトを実行する上で、イーサが手数料として消費されます。つまり車を動かすのにガソリンという燃料を使うのと同じように、イーサリアムでのスマートコントラクトを実行するためにイーサが使われるといった感じです。車を動かすことには価値も需要もあるからガソリンに価値がつきます。

イーサリアムでは分散型プラットフォームでスマートコントラクトを動かすことに価値や需要があるからこそイーサという通貨に価値が生まれるわけです。

スマートコントラクトをブロックチェーン上に書くことの脆弱性

スマートコントラクトをブロックチェーンに書くことは大きな脆弱性をはらんでいます。

スマートコントラクトは契約内容がプログラミングで書かれているからです。正しい契約内容をプログラミングで書かれていたつもりでも、バグが生じてしまった時は大問題になります。ブロックチェーンの長所として改ざん出来ないですが、逆に、プログラムにバグが生じてしまった時に修正することが出来ません


The DAO事件がその最たる例で、スプリットという機能のスマートコントラクトに致命的なバグが生じてしまって、ハッカーにその脆弱性を突かれてイーサを盗まれまくったのにバグを修正出来ないという状態に陥りました。

この脆弱性はかなり重大で、どう解決するのかというのが今後のイーサリアムにとってめちゃくちゃ重要です。


The DAO事件についてはコインオタクの記事をご覧ください! 

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインオタクが真剣に考察しました!

 

実用的になって利用者が増えた時のスケーラビリティ問題

今はビットコインのスケーラビリティ問題がよく取り上げられていますが、これはイーサリアムも将来的にはほぼ確実にこの問題に直面します。

ビットコインは、お金のやり取りだけをブロックに書いてますが、イーサリアムはお金のやり取りに加えて、契約内容まで書き込んでいるのでその分データ容量が大きくなって、深刻なスケーラビリティ問題にほぼ確実に発生すると思います。それについて、いかに開発を進めて解決していくかというのは大事な問題になります。


スケーラビリティー問題についてもっと深く知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!

 

開発が上手く行った時の将来性は半端じゃない!

上記にあげられたような問題をイーサリアムプロジェクトが解決した暁には、世界にものすごいインパクトを与えることになります。そして、イーサリアムの開発者たちは凄い優秀だし活発にコミュニティも動いているので、全然解決しきれる可能性はあります。

イーサリアムの存在で契約の形も変わるし、スマートコントラクトでは契約が自動履行されるので取引相手への信頼も不要になるので、仲介業者が不要になるような仕組みが出来上がる可能性が高いです。世の中には仲介業者がめちゃくちゃあってそこで生じている手数料を削減することが出来てしまうので、それが市場に与えるインパクトはめちゃくちゃ大きいです。

それだけじゃなくて、イーサリアムのプラットフォームを使った事業もドンドン出てくるはずだしその中で成長して行くものも沢山あると思われるので、イーサリアムプロジェクトががっつり成功した時は、マジで大変なことになります!!


イーサリアムの開発予定についてはコインオタクの記事をご覧ください!

メトロポリスはイーサリアムの3つ目の大型アップデートです。その前半であるビザンチウムが10月16日にようやく完了しました。メトロポリスが延期されている理由、完了する時期、アップデートの内容、そして気になる価格への影響についても解説します!

 

イーサリアムの仕組みは?ビットコインと何が違うの?

イーサリアムがどういう仕組みで具体的にはどんなことが出来るのか、ビットコインとの違いにも触れつつをここからわかりやすく説明していきます。

 

イーサリアム(Ethereum)の概要

仮想通貨名イーサリアム(Ethereum)
開発組織Ethereum Foundation
公開日
2015年7月30日
承認システムProof of Work ※1
コインの発行上限
未定 ※2
ブロック報酬
5ETH
ブロック生成速度約15秒

※1将来的にはProof of Stakeに移行することになっている ※2初期発行は7200万ETHで、今は9000万ETHを超えている。

【最大の特徴】スマートコントラクト

イーサリアムの説明でここまで何度も出てきスマートコントラクトという言葉が出てきていますが、このスマートコントラクトがイーサリアムの最大の特徴です。

スマートコントラクトを、めちゃくちゃ簡潔に説明すると「プログラミングによって書かれた契約」です。例えば、お金を貸し借りして返すのも、オンラインでお金を払う代わりにモノが送られてくるのものある種契約で、これはプログラミングによって自動執行出来るよねということです。

これを仮想通貨特有のブロックチェーンに書き込むことで、契約の改ざんや契約をバックレたりするのを防ぐことが出来るというメリットもあります。


スマートコントラクトの詳しい内容はコインオタクの記事を御覧ください!

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

 

マイニングの承認システム

イーサリアムは、マイニングのシステムの今はプルーフオブワーク(Proof of work , PoW)ですが、今後プルーフオブステーク(Proof of stake, PoS)に移行していくことになっています。プルーフオブステークの仕組みは、イーサリアムの保有量が多い人ほど簡単にマイニング出来るという仕組みです。

PoWからPoSに移行するメリットは色々あるのですが

  1. プラットフォームを維持するのに必要なコストを抑えられること
  2. ホールダーとマイナーの利害関係が一致すること

などがあげられます。


マイニングやプルーフオブワーク、プルーフオブステークについて詳しく知りたい方はコインオタクの記事を御覧ください。

 

仮想通貨でマイニングというのがあるらしくてやってみたいけど、どういうものなのか分からないし、始め方もよく分からないですよね…実は、マイニングはそんなに難しいことじゃなく、しかも簡単にいつでも始められるものなんです!この記事では、マイニングの仕組みを詳しく説明してから、実際にマイニングのやり方をいろいろ紹介します。そして、マイニングに似た、とても手軽でしかも儲かりやすいフォージングというものまで紹介しちゃいます!この記事を読めば、明日からあなたもマイニングマスターです!目次そもそも仮想通貨・ビットコインとは?仮想通貨・ビットコインを手に入れる方法マイニングとは?ビットコインのマイニングの仕組みを詳しく!マイニングのやり方には3種類ある!一番お手軽なのはクラウドマイニング!クラウドマイニングのおすすめサイト!みんなで協力!プールマイニング!おすすめのマイニングプール3選!報酬は独り占め!ソロマイニング!CPUマイニングにオススメの通貨マイニングに必要なものは?費用は?ハッシュレート(Hashrate)とディフィカルティ(Difficulty)マイニングに関わるコンセンサスアルゴリズムとは持ってるだけでマイニング!?PoSのフォージング(Forging)フォージングのおすすめ仮想通貨は?LISKのフォージングのやり方!マイニングに関するQ&Aまとめそもそも仮想通貨・ビットコインとは?仮想通貨とは、ブロックチェーンや電子署名のような暗号技術の上に成り立つ、国家による価値の保証のない電子的な通貨のことを指します。仮想通貨として初めて登場したのがビットコインであり、ビットコインは様々な仮想通貨を購入する際の基軸通貨として使われています。仮想通貨・ビットコインについての詳しい記事はこちら↓ 仮想通貨とは?初心者向けに話題のビットコインなどを分かりやすく解説!仮想通貨やビットコインって最近よく耳にするけど、実際どういうものなのか分からないし、なんだか危なそうですよね… 実はブロックチェーンなどの仕組みについて理解すれば、仮想通貨が意外と安全なものだと分かります。なぜなら、仮想通貨の背景には様々な高度な技術が関わっているからです。


プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!


Proof of Stakeは仮想通貨取引の承認システムの1つです。ビットコインに次いで有名なあのイーサリアムもこのProof of Stakeへ移行することを発表しています。仕組みや長所・短所はもちろん、イーサリアムの移行時期も教えます!

 

イーサリアムのここが凄い!イーサリアムのメリット

ここまでの説明で、イーサリアムがなんとなく凄そうっていう感覚はあるかと思うんですけど、実際に何がそんなに凄いのかということがわからないかと思うのでそこについて詳しく説明していきます。


イーサリアムのスマートコントラクトを利用したサービスが沢山出来る!

イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトがめちゃくちゃ将来性があるというのが、イーサリアムの凄さの中で一番大きいです。スマートコントラクトは応用出来る範囲がとても大きいです 。最近話題になっているICOもその多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使ったものですし、分散型アプリケーション(Dapps)もイーサリアムのプラットフォームを使うことが多いです。

また、スマートコントラクトを使った決済サービスや新しい契約形態がどんどん出てくる可能性大なので、これらだけをみてもスマートコントラクトが世界に与えるインパクトはとても大きいものになるであろうことがわかるかと思います!


マイクロソフト・トヨタなどの超有名企業がイーサリアムを活用しようとしている!!

イーサリアムを活用してビジネスをしていこうというイーサリアムアライアンス(The Enterprise Ethereum Alliance)という組織があるんです。その組織にはマイクロソフトやトヨタ、JPモルガンなどの超有名企業が沢山参加しています。

この組織により、イーサリアムを使用するビジネスやサービスが沢山展開されるようになれば、その分通貨としてのイーサの使用用途や日常的利用がどんどん増えていくので、イーサリアムのプロジェクトとしての価値も、イーサの通貨としての価値も大きく向上していくことが予想できます。


開発チームが強い!

イーサリアムは開発チームがコミュティが凄い活発で、開発が凄いすすんでいるのもイーサリアムの良いところです。今ある多くの仮想通貨やICOプロジェクトでは、開発者たちが全然やる気なくて開発が滞っていたりするものも多数です。そのような状況だとどんなに将来性のあるプロジェクト内容だとしても、全く期待できません。ですがイーサリアムは開発者たちも凄い頑張っていて開発状況も良好なようなのでかなり今後の成長にも期待できます!!


イーサリアムにはこんなデメリットも・・・?!

ここまでの説明だと、「イーサリアム無敵じゃん」という風に思うかもしれませんが、イーサリアムにもデメリットは存在しています。それについてこれからコインオタクがわかりやすく説明していきます。


スマートコントラクトのコードがめっちゃ難しい

イーサリアムのスマートコントラクトはプログラミング化された契約だという話をしましたが、プログラミングのコードにSolidityというものを採用していてそれが凄い難しいというデメリットがあります。コードが難しいというのがデメリットというと、アホっぽく聞こえるかもしれないんですけど、これは結構重要なことです。

まずこのコードはまだ完全に確立されているプログラミング言語ではなくて仕様変更がしばしば起きていたり、わかりやすく学ぶことが出来る本や情報が不足しているのもあって、使いこなせる人が少ないので、ビジネスやサービスにイーサリアムのスマートコントラクトを導入するのが難しいという問題があります。

また、コードの内容を理解できる人が少ないというのは、契約として使うのにも問題があって、自分の意図しない契約内容がしれっと書かれていても気がつくことが出来ないですし、最悪のケースだとそのプログラミングを書いた人に騙されて自分にめちゃくちゃ不利な契約をしてしまう可能性もあるということです。

もっとわかりやすく言うと、ロシア語で書かれた契約書にサインするの流石に怖いですよねっていうことです。(ロシア語がわかるなら別ですが)


イーサリアム創始者Vitalikの権限が強すぎる

これはよくイーサリアムについて言われることで、Vitalikの決断がイーサリアムの方向性に与える影響が強すぎるということです。これが一番顕著になったのは、イーサリアムがハードフォークした時のことです。イーサリアムのスマートコントラクトを利用したICOでThe DAOというプロジェクトがあったのですが、そのプロジェクトが書いたプログラムがガサツすぎてバグが生じて、そのバグをハッカーに攻撃されて50億円(当時のレートで)ほどのイーサが不正に送金されて盗まれてしまうという事件がありました。その際にイーサリアムはハードフォークをして、その不正な送金のことを取り消すことによって、イーサを盗まれる前の状態に戻すという対処しました。


これは一見いいことのように聞こえるかもしれませんが、非中央集権という仮想通貨の根本の思想に反することで、多少のリスクをはらみます。というのも、自分が正当に送ったお金や受け取ったお金を、Vitalikが不正だとみなせば取り消されてなかったことにされてしまいうるからです。



【イーサリアムの入手方法】オススメの取引所4選

Coincheck(コインチェック)

コインチェックは日本の取引所で、もの凄い使いやすいです!イーサリアムを円で買うことが出来て、日本の取引所なので日本語の情報も多いですし、スマホアプリもあって凄いチャートも見やすくて使いやすいです。

また日本の取引所の中ではもっとも通貨の種類が豊富です。デメリットとしては、スプレッドという、売値と買値の価格差が価格の3%前後取られてしまうという手数料の高さです。手数料が高いので短期のトレードには向かないです。

英語が苦手だけど、色々な通貨を買ったりしたくてイーサリアムの短期取引をしない、使いやすさ重視の人にオススメです!


コインチェックのアカウント解説はこちら

コインチェックのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

日本で最大の取引量とユーザー数を誇る仮想通貨取引所です。ビットフライヤーではイーサリアムをビットコインで取引することが出来ます。なので、コインチェックに比べると安い手数料で取引することが出来ます。

bitFlyerはビットコインはイーサリアムやライトコインなど、めちゃくちゃメジャーな主要通貨しか扱ってないので、まだあまり有名になってない仮想通貨を買いたい人には合わないかもしれません。

日本の取引所を使いたくて、取引通貨の種類よりもイーサリアムの手数料を抑えたい人にオススメです。


bitFlyerのアカウント解説はこちら

ビットフライヤーのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つで、ビットコイン取引高世界3位になるほど利用されています。初心者にオススメなビットフライヤーの評判や使い方を徹底解説します!

Bittrex(ビットレックス)

今一番人気の海外の仮想通貨取引所です。海外の取引所なのでビットコインをBittrexに送金してビットコイン建てでイーサリアムを買うことになうのと、英語が苦手な人には使うのが凄い難しいのですが、取引にかかる手数料が0.25%程と安いのがメリットです。またBittrexは取り扱ってる仮想通貨の種類がめちゃくちゃ多いです。

英語もある程度出来て、Bittrexのウォレットにお金を入れる手間よりも取引手数料を抑えたくて、色々な種類の仮想通貨を取引したい人にオススメです!


Bittrexのアカウント開設はこちら

 Bittrexのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

Bittrex(ビットトレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrex(ビットトレックス)の特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

 Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)はもともと世界最大の取引所で、めちゃくちゃ有名です。だいたいの手数料や仕組みはBittrexと同じです。

今はBittrexの方が仮想通貨取引所としては、勢いがあって取引量も多いのでイーサリアムを取引することだけに関して言えばBittrexの方がオススメです。

BittrexもPoloniexも取扱仮想通貨の種類は多いのですが、それぞれ取り扱っている通貨がことなるので、Bittrexにない通貨でPoloniexで取り扱っている通貨を取引したい場合にはPoloniexがオススメです。


Poloniexのアカウント開設はこちら

 Poloniexのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。

 

他にもおすすめの取引所を知りたい!もっと詳しく知りたい!というかたはこちらの記事をご覧ください!

 最近仮想通貨で安定した価値を見せているイーサリアム(Ethereum)。国内でイーサリアムを扱う取引所も増えています。そこで、ここではその取引所を様々な観点から比較し、ランキング形式で紹介していきます!!

  

【イーサリアムの保管方法】ウォレット3選


イーサリアムを保管するためのウォレットを何使えばいいの?と思っている人は多いと思います。一応イーサリアムが公式に出しているウォレットは存在するのですが、正直使い勝手があまりにも悪すぎてオススメ出来ません。なので今回は、イーサリアムを安全に保管できてかつ、比較的使いやすいウォレット3選を紹介していきたいと思います。

ここでは簡単な説明のみなので、もっと詳しく知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

イーサリアムのウォレットはたくさんあるけどどれを使えばいいか分からない!これは仮想通貨を扱っているほぼ全ての人がもつ悩みですよね。この記事ではそんな悩みを解決すべくおすすめウォレットをわかりやすランキング形式で紹介していきます!

 

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

まずひとつ目は、MyEtherWalletというデスクトップウォレットです。このウォレットはイーサリアムを自分で保管しているならみんな使っているんじゃないかというくらいのウォレットです。このウォレットは自分で秘密鍵を管理するタイプのウォレットです。このウォレットはPCがウイルスにかかったりハッキングされたりしない限りは安心です。なので本当はウォレット専用のPCを準備して基本的にはオフラインに置いておくというのが理想です。

ですが仮想通貨を本気でやってない人は仮想通貨のウォレット専用のPCを用意するのは大変だと思いますので、あまり大きすぎる額をこのウォレットで保有するのは避けくわからないアプリなどをダウンロードしたりしてウイルスにかかったりしないようによく気をつけてPCでを使って保管するのが良いかと思います。


MyEtherWalletのリンクはこちら

 

MyEtherWalletのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledger Nano Sはとても有名でもっとも人気なハードウェアウォレットの一つです。

ハードウェアウォレットはペーパーウォレットと並んで、最もセキュリティが高く仮想通貨を保有することが出来るウォレットです。オフラインで保管することが出来るのにペーパーウォレットより使い勝手が良いのでオススメです。懸念点としては、ハードウェアウォレットの機器の価格自体が高いという点と、人気すぎて品切れになったりしていて、買うのがむずかしいところです。

少し高いですが、Ledger Nano Sはイーサリアムだけでなく様々な仮想通貨を保管することが出来るので、ある程度以上の仮想通貨を保有するなら安全のためにもマストアイテムと言えるでしょう!


Ledger Nano Sの購入はこちらから

Ledger nano sのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 Trezor

TrezorもLedger Nano Sと並んで、最も有名で最も人気なハードウェアウォレットのひとつです。

Ledger Nano Sとセキュリティも機能もあまり変わらないので、見た目や値段や保管できる通貨の種類などをみて買うと良いです!TrezorもLedger Nano Sもどちらもとても良いハードウェアウォレットなので、完全に好みで好きな方を買うのがよいと思います!というかどっちも買ってしまっていいかと思います!ハードウェアウォレットはどのみち複数個あった方が良いので!

どちらにせよ、仮想通貨をある程度以上保有する人にはマストなアイテムです!


Trezorの購入はこちら

Trezorやハードウェアウォレットのことをもっと知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

(Trezorの記事リンク)


「仮想通貨を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に仮想通貨を管理してみませんか?

 

イーサリアムのQ&A


ここまで、イーサリアムについて書いてきましたが、みなさんが気になっているであろう質問についてこれから書いていこうと思います!


イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは何が違うの?

この疑問を持ってる仮想通貨初心者は多いと思います。イーサリアムとイーサリアムクラシックは通貨の機能としては大きい差はないです。

先程書いたThe DAO事件でVitalikがイーサリアムをハードフォークさせて、盗まれて発生したお金の移動をなかったことにしました。

それに対して、誰かの利益の為にハードフォークなどをするのは、非中央集権という仮想通貨の理念に反する、そのような通貨は良くないという意見をもった人達がハードフォークした通貨がイーサリアムクラシックです。

なのでスマートコントラクトなどの仕組みはイーサリアムとなんら変わりありません。イーサリアムクラシックサイドを支持した人達が少なかったこともあり、開発者たちも全然足りなくて開発が進んでいないといった問題や、そもそもその時点でイーサリアムに対して完全に下位互換ともとれるかもしれません。イーサリアムクラシックの方が圧倒的に非中央集権なので、非中央集権という考えを大切にしている人では、イーサリアムクラシックが好きな人も多いです。


詳しいことを知りたい方はコインオタクの記事を読んでみてください!

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂した通貨です。では、なぜ分裂してしまったのでしょうか。また、イーサリアムとはなにが違うのでしょうか。価格推移や将来性、イーサリアムとの違いをコインオタクが考察してみました。


イーサリアムでマイニングをしたいんだけど、どうするの?やったら儲かる?

 イーサリアムはビットコインに比べてマイニングへの参入障壁が低く、マイニングガチ勢じゃなくても現状は比較的収益化しやすいです。もちろん状況次第では全然赤字にも黒字にもなりえます。
マイニング方法については、大雑把に説明すると、PCとGPUを購入して、マイニングをするためのセッティングをして、マイニングをやる!!という感じです。


イーサリアムまとめ

イーサリアムは、他の仮想通貨と同様に解決していかなければならない問題はありますが、イーサリアムの持つポテンシャルはものすごいことがわかったかと思います。

実際にイーサリアムの構想が完全に具現化されるのかはわかりませんが、イーサリアムが健全に成長して世界が変わっていくのが楽しみですし、応援したいし将来性もめちゃくちゃ高い仮想通貨の筆頭だと個人的に思っています。

イーサリアムの関連記事も沢山あるので是非チェックしてください!!