トークンっていったい何なんだろう。。。

そのような悩みを抱えてはいませんか?

確かに、仮想通貨とトークンが頻繁にセットで出てくるけど、なぜ違う言葉なのか気になりますよね。

この記事では、仮想通貨におけるトークンとは何か、トークンのメリット・デメリットは何かについてコインオタクが解説します!

これを読めば読めば、今よりもさらに仮想通貨への理解が深まるはずです!

トークンとは

トークンのそもそもの意味 

そもそも、トークンとは「しるし」、「記念品」、「象徴」といった意味があります。

ここから派生して、硬貨の代わりとなる代替貨幣全般を指します。

つまり、法定通貨(円やドル)を使わずとも、ある一定の範囲内では法廷通貨と同じように商品を購入できたり、サービスを受けれるものををトークンと言います。

トークンの具体例

身近にあるトークン

  • 地下鉄・バス料金などに用いる代用貨幣(Suica,Pasmoなど)
  • スタンプカード(書店,美容院,商店街など)
  • ポイントサービス(楽天ポイント,Amazonポイントなど)

Suica(スイカ)などの交通系ICや書店のスタンプカードアマゾンの利用で貯まるAmazonポイントなどもトークンの一種です。

 

Amazonポイントを貯めると、ポイントがお金の代わりとして、何らかの商品・サービスを手にすることができますよね。

しかし、Amazonポイントが使えるのはアマゾン内だけです。

楽天では使えません。つまり、使える範囲は限定的です。

したがって、ある特定の範囲においては、ポイントもいわばお金の代わり(=代替貨幣)と言えるため、トークンに分類されます

このようにトークンが利用できる特定の経済圏のことを「トークンエコノミー」と呼びます。

仮想通貨においてのトークンとは 

仮想通貨においてのトークンとは、ブロックチェーン技術が用いられた通貨のことを指します。

ですので、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・モナコインなどは、ある意味では全てトークンに分類できます。

ブロックチェーン技術により、ユーザー間の取引が全て記録・公開されることで、不正アクセスなどで資金を盗むことがとても難しくなります。

従来は、お金の入出金について特定の会社しか確認できませんでしたが、この技術によりチェック&バランスが実現できます。

ブロックチェーンとは、仮想通貨を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!
 

トークンと仮想通貨の違い

結論から言うと、仮想通貨は自分自身のオリジナルブロックチェーンを持っていますが、トークンは持っていません。

既存のブロックチェーン上に発行された仮想通貨が「トークン」です。

 ※図の灰色のボックスと鎖マークはブロックチェーンを表しています。

現在、トークンのほとんどはイーサリアム上で設計されています。

イーサリアムというオリジナルのプラットフォームで使われる「イーサ(ETH)」は仮想通貨です。

一方で、イーサリアムのブロックチェーン上に作られた「Chainlink(LINK)」はトークンにあたります。

トークンはオリジナルブロックチェーンの技術をコピーして作られた通貨とも言えます。

トークンと仮想通貨の違い

  • 仮想通貨:オリジナルのブロックチェーン技術をもとに作られた通貨
  • トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して作られた通貨

そもそも仮想通貨って何だっけ?」と頭がごちゃごちゃになってきた方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

近年急速に広まっている仮想通貨・ビットコイン。どういう仕組みでどんなメリットを持っているのか?そして仮想通貨投資を始めるにはどうしたらいいのか?この記事を読めば仮想通貨に関する疑問が解消します!
 

トークンの種類

トークンの4つの種類

  1. カレンシータイプ
  2. ユーティリティタイプ
  3. アセットタイプ
  4. セキュリティトークン

カレンシータイプ

カレンシータイプは、発行者が存在せずマイニングによって発行されるトークンのことを言います。

代表的なものでは、世界初の仮想通貨ビットコインが該当します。

あらかじめ発行上限が設定されており、後からそのシステムを変更することができないのが大きな特徴です。

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

ユーティリティタイプ

ユーティリティタイプは、トークンの発行者が実施しているサービスや製品を手に入れるための決済手段として用いられるトークンのことです。

トークンを利用した資金調達「ICO」で発行されるのは、まさにこのユーティリティタイプのトークンです。
(ICOについては後ほど解説します)

いわゆるICOトークンは、資金を集める理由となったプロジェクトでの決済手段として利用できる場合や、特別なサービスを受けられるチケットのような役割などがあります。

アセットタイプ

アセットタイプは、発行者が存在し、発行上限の枚数を自在に操作できるトークンのことを言います。

代表的なものでは、Tether社が管理している仮想通貨テザー(USDT)が該当します。

仮想通貨テザーはTether社が保有している米ドルに連動しているため、価値の変動が限りなく小さい性質を持っています。

しかしその分、Tether社に問題が発生した際にテザー(USDT)が大きく影響を受けてしまうカウンターパーティーリスクがある問題を抱えています。

USドルと価格固定された通貨、Tether。仮想通貨相場がどんなに荒れていても価値がほとんど変化しないことから注目を集めており、多くの取引所で基軸通貨として導入されている。その仕組みについてわかりやすく徹底的に解説!
 

セキュリティトークン

セキュリティトークンは、株や債権のような有価証券、さらに不動産や絵画のような実物資産が裏付けられているトークンのことを言います。

簡単に言うと、上記のような資産をデジタル化した証明書のようなものです。

セキュリティトークンの定義(Howeyテスト)
1.金銭で投資をするものであるか
2.企業に投資するものであるか
3.利益が期待できるものであるか
4.利益は第三者の努力によって発生するものであるか

アメリカには、セキュリティトークンの定義を表すHoweyテストというものがあり、現時点でセキュリティトークンの定義はこれを基準に判断されていると言ってよいでしょう。

「セキュリティトークンは規制が厳しい」とか、「ビットコインはユーティリティトークンだ」とか巷で騒がれています。SECの基準とか大事なんだろうけど、ややこしい。そんなあなたのために、2つの分類の背景と違い、現状を1から丁寧に解説します。
 

トークンの使用用途

トークンの使われ方

  1. 企業の資金調達に用いられる
  2. 取引所の基軸通貨として用いられる

企業の資金調達に用いられる

トークンは、ICOに用いられることが多いです。

ICOでは、企業がトークンを発行して、それを投資家が購入することで資金を集める方法のことです。

ICOのプロジェクトが上手く行くことで、そのトークンの価格が上昇し、出資者は利益を得ることができます。

ICOトークンは、一見株式のように思えますが、経営などの権利は有していません。

ICOについて詳しくはこちら↓ 

ICO(Initial Coin Offering)とは、仮想通貨(トークン)を用いた資金調達の方法です。この記事ではICOの定義・目的・やり方などを分かりやすく解説しています。さらに、IPO・IEO・STOとの違いも簡単に紹介しています!
 

取引所の基軸通貨として用いられる

トークンは、取引所の基軸通貨として用いられることがあります。

その取引所発行のトークンを使用することで取引がお得にできるようになるものもあります。

例えば、Binance(バイナンス)が発行しているBNB(バイナンスコイン)を取引の際に使用すると、各種手数料が1/4になります。

 BNBについて詳しくはこちら↓

仮想通貨のBNB(Binance coin/バイナンスコイン)について徹底解説します!Binanceで購入することのできるBNBの特徴、将来性、購入方法まで丁寧にご紹介します!BNBを、口コミなどから評価します!
 

binanceのロゴ

Binance(バイナンス)は数百種類以上のトークンを取引できる「世界一の仮想通貨取引所」です。

Binance一つ使えば、主要なトークンは全て購入することができます。

「まだ使ったことがないな。。。」という方は、これを機にぜひ使ってみてください!

Binanceの詳細はこちら

トークンを保有するメリット

トークン保有の4つのメリット

  1. 小額から投資ができる
  2. 先行投資で大きな利益が期待できる
  3. トークンそのものを利用できる場合がある
  4. 取引手数料が無料になる

小額から投資ができる

ICOトークンは数百円程度の少ない金額から購入することができます。

購入した直後は価値がほとんどありませんが、投資先のプロジェクトが順調に進んでゆけばトークンの価値は一気に跳ね上がり大きな利益を得られるかもしれません。

この後詳しく解説しますが、ICOトークンを購入するには、基軸通貨となる仮想通貨をあらかじめ購入しておく必要があるので、気になる方は先に取引所でコインを買っておきましょう。

仮想通貨を購入する
(Coincheck公式)

仮想通貨を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、仮想通貨の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。
 

先行投資で大きな利益が期待できる

トークンの発行元の会社が、事業展開に成功すれば、保有しているトークンの分だけリターンが期待できます

期待できるリターンは大きく分けて2つあります。

1.トークンの価値が上がる前(プレセール)に買うことで、投資した以上の利益がでる。

2.事業展開の成功報酬として、トークンの付加価値(株式で例えるなら、株主優待)を受け取れる。

購入した直後はほとんど価値はありませんが、投資先のプロジェクトが順調に進んでゆけばトークンの価値は一気に跳ね上がり大きな利益を得られるかもしれません。

トークンそのものを利用できる場合がある

トークンは売買して差額を利益にする以外にも使い道があります。

関連プロジェクト内でのサービスを一般の人より早く体験できたり、製品を無料でもらえたりすることもあります。

トークンによって付与されている価値は異なりますが、保有しておけばいつかちょっぴりお得な体験をできるかもしれません。

取引手数料が無料になる

ICOトークンを購入する際には、仲介者が存在しません。

いわゆる、B to Bの形になるので、取引手数料は無料です

例えば、事業の資金調達をしたい企業や個人がトークンを発行→投資家が購入。ここの取引の間に仲介者は必要ありません。

したがって、取引手数料が仲介者によって取られる、といったことが起こりません。

トークンを保有するデメリット 

トークン保有の2つのデメリット

  1. 損失のリスクが高い
  2. 実用性が低い

損失のリスクが高い

トークンは、事業が失敗・停滞すると価格が下がってしまいます。

事業が上手く行きそうにないと、投資家たちがトークンを手放してしまうからです。

最悪の場合、無価値なトークンだけが手元に残る可能性もあるので注意です。

実用性が低い

トークンのデメリットの1つは、未だ実用性が低いことです。

ウォレットや決済で使用できるものがとても少ないのが現状で、ほとんどの場合では利益目的の投資対象として購入されます。

トークンへの投資手順

トークン購入の基本的な流れ

  1. トークンに関する情報を集める
  2. トークン購入に必要な仮想通貨を用意する
  3. ウォレットを準備する
  4. 仮想通貨を送金する
  5. トークンを受け取る

1.トークンに関する情報を集める

まずはトークンを発行している人物・企業についてしっかりと情報を集めましょう。

特にICOでは詐欺が横行しているので、発行元が信頼できるのかどうかを調べるのは最も重要な項目とも言えます。

2.トークンに投資するための仮想通貨を購入する

トークンを購入するには、土台となっている仮想通貨が必要です。

ほとんどのトークンはイーサリアム上で発行されているため、基本的にはイーサリアム(ETH)があれば大丈夫です。

まだイーサリアムを持っていない方は、今のうちに取引所で購入しておきましょう。

イーサリアム買うなら

Coincheckでイーサリアムを購入

イーサリアム(ETH)の購入におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します!時価総額2位でビットコインに次ぐ人気を誇るイーサリアムですが、どの取引所で購入するべきか悩んでいる方も多いでしょう。イーサリアム取引所の手数料も比較していきます!
 

3.トークンを入れるためのウォレットを準備する

Ledger Nano S

購入後のトークンはウォレットで管理することになります。

おすすめのウォレットは、ネットに接続しないオフラインの状態でトークンを管理できるLedger Nano Sです。

セキュリティ抜群

Ledger Nano Sの詳細を見る

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します
 

4.仮想通貨を送金する

それでは発行元が定めているアドレスに仮想通貨を送金します。

アドレスを間違えてしまうと二度と仮想通貨は戻ってこないので注意してください。コピペしてしまうのが一番良いです。

また、仮想通貨を送金するときは先ほど用意したウォレットから送るようにしてください。

トークンは仮想通貨を送金したアドレスに送られてくるからです。

5.トークンを受け取る

送金後、無事にトークンが送られてきたら取引はひとまず完了です。

あとはトークンが値上がりして売却する機会を待つか、関連サービスで使うか、それはあなた次第です。

トークンに投資するときに注意すべきこと

詐欺に合わないように注意

(Satis Groupのレポートより引用)

2017年から2018年にかけてICOが数多く行われましたが、詐欺目的のICOが乱発しました。

2018年にはICOの約8割は詐欺であるとの調査結果が出るほど、ICO詐欺は世界中で横行していたのです。

投資の際は、会社の事業の整調性と実現可能性の2点から判断して、安全なトークンかを自分で見極める必要があります。

日本ではICOが規制されている

こうした理由から、世界中でICOに対する規制は強まっており、日本国内では仮想通貨交換業者しか実質ICOをすることができない状態です。

今後は日本のICOに対する規制もさらに強まることが考えられれます。

そんな中、ICOに代わる新たな資金調達の方法として期待されているのがIEOとSTOです。

ICOは発行元と投資家が直接やりとりする仕組みになっていたため、投資家個人が発行元の信頼性をチェックするしかありませんでした。

しかし、IEOでは仮想通貨取引所が仲介、STOでは証券取引所が仲介することにより、どちらもICOより格段に安全性の高い取引が可能になります。

IEOの分かりやすい解説はこちら↓

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略で、一つの資金調達方法です。IEOは、ICOとよく間違われがちですが大きな違いがあります。この記事では、そんなIEOのICOとの違いや特徴、参加方法まで徹底解説します。
 

STOの分かりやすい解説はこちら↓

STOとは企業が独自の通貨であるトークンを使って資金を調達することです。この記事ではSTOの特徴や具体的な事例について解説しています!さらにICOやIPOとの違いについても分かりやすく比較しています。これを読んでSTOについて深く理解しましょう!
 

主なトークンの種類一覧

トークンを購入したい方はBinance(バイナンス)を利用してみてください。

Binanceは、トークンを含めた150種類以上の仮想通貨を取り扱う「世界一の仮想通貨取引所」です。

トークンを購入する目的でなくても、仮想通貨トレーダーなら絶対に登録しておきたい取引所の一つです!

世界一の仮想通貨取引所

Binanceでトークンを購入する

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインオタクが詳しく解説!
 

トークンの将来性は?

仮想通貨トークンの将来性に大きな影響を与えるのはやはりICO規制でしょう。

もし、規制が強まることとなれば、小規模な企業が資金を集めるのが再び困難になってしまいます。

ICOは企業の規模に関係なく、プロジェクトの将来性を重視して資金を集めることができたので、今後の世界的な経済成長を遅らせていく要因となるかもしれません。

しかし前述したように、IEOやSTOといった信頼性の高い新たな資金調達の手段が成長し始めています。

これらの普及が拡大していけばトークンに対する需要・供給は増えていくため、トークンの自体の将来性はとても高いと言えます。

世界一の仮想通貨取引所

トークンを購入してみる
(Binance公式)

トークン まとめ

トークンまとめ

  • トークンのそもそもの意味は、「法定通貨の代わりとなるもの」
  • 仮想通貨のトークンは、「ブロックチェーン技術が用いられている通貨」
  • 仮想通貨との違いは既存のブロックチェーン技術を用いている点
  • トークンは資金調達や取引所の基軸通貨に使われる

トークンとは何なのかから、仮想通貨との違いまで理解していただけたかと思います。

トークンを用いた資金調達は今後さらに世界規模で拡大してくことになるでしょう。

Binanceではすでに数百種類のトークンを取引しているので、ぜひ利用してみてください!

世界一の仮想通貨取引所

Binanceでトークンを購入