仮想通貨って安い時から何倍になったんだろう、、、?

とお考えの方もいるのではないでしょうか?

確かに、最近仮想通貨について目にする機会が増え、気になっている方も多いかと思います!

そこで今回はCoinOtakuが、仮想通貨が昔に比べて、どの通貨が何倍になったのかを解説していきます!

早速仮想通貨の値上がり具合を見ていきましょう!

Coincheckで取引を始める

何倍にも跳ね上がる仮想通貨についておさらい!

仮想通貨とは、インターネット上に存在しているデジタル通貨のことです。

現金のように手に取ることはできませんが、ブロックチェーンなどの技術を使うことで、安全が保たれています。

実用面では送金のスピードが早く、万国共通で使えるため、普及すればとても使い勝手の良い通貨になり得ます。

投資の面では、需要に応じて価値が大きく変動するため、少ない元手でも利益を出すことができます!

金融庁にも仮想通貨は、決済手段として認められているため、信頼性は高いと言えます!

Coincheckで取引を始める

近年急速に広まっている仮想通貨・ビットコイン。どういう仕組みでどんなメリットを持っているのか?そして仮想通貨投資を始めるにはどうしたらいいのか?この記事を読めば仮想通貨に関する疑問が解消します!
 

仮想通貨の価値は一体何倍になったのか?

2009年に最初の仮想通貨が誕生してから、どれくらい価格が上昇したのか気になりますよね?

今回、仮想通貨が最安値であった時から最高値であった時までの間について

  • 何倍になったか
  • もし一万円分購入していたらいくらになっていたか

を紹介していきます!

ビットコイン(BTC)

2009年:0.07円 → 2017年:2127600円と驚異の約3000万倍です!

もし0.07円のときに1万円分購入していたら、なんと3000億円になっています!

「億り人」と呼ばれるような方は、価格がまだ低い段階からビットコインに目をつけていたため、多くの利益を得ることができました。

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

イーサリアム(ETH)

2015年:44円 → 2018年:151623円と約3445倍です!

もし44円のときに1万円分購入していたら、なんと3445万円になっています!

イーサリアムは、様々な機能を兼ね備えたプラットフォーム型の仮想通貨なので、将来性もあると評判です!

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインオタクが徹底解説します!
 

Lipple(リップル)

2014年:0.29円 → 2018年:406円と約1400倍です!

もし0.29円のときに1万円分購入していたら、なんと1400万円になっています!

リップルは、仮想通貨では珍しい中央集権型の仮想通貨であり、仮想通貨同士の両替などの、通貨間での橋渡しの通貨として注目されています!

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説します!
 

ライトコイン(LTC)

2013年:470円 → 2017年12月:38752円と約82倍です!

もし470円のときに1万円分購入していたら、82万4000円になっています!

ライトコインは、ビットコインの補助が目的で作られた仮想通貨ですが、補助目的の通貨でも大きく価格が上昇しました。

これらの仮想通貨をCoincheckで購入する

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!
 

仮想通貨に数百倍の価値がついた理由!

もちろん仮想通貨がここまで価格上昇したことには理由があります!

こちらを分析することで、自分で仮想通貨の購入タイミングを決めるヒントにすることができます!

半減期による価格上昇

ビットコインには2100万枚の発行上限があり、通貨の総量を制限する「半減期」があリます。

半減期が訪れると、10分に1度発行される通貨量が半減します

そのため半減期前は通貨の希少性が上がり、価格が上昇する傾向があります!

最近では2020年5月12日の日本時間で午前4時23分に半減期が起こりました。

大体4年周期で半減期は起こっているので、次の半減期は2024年ぐらいだと推測できます。

半減期についてもっと知りたい方はこちら!

ビットコインの3回目の半減期は2020年って本当?半減期の仕組みや必要性のわかりやすい解説はもちろん、半減期の前後における価格変動を2016年の半減期やアルトコインの半減期との比較で徹底的に分析してみた!
 

取引所への上場による価格上昇

2017年に世界最大級の先物取引所である、CMEがビットコインを先物取引で取り扱うと発表し、その後価格が上昇しました。 

金融業界で大きな動きがあった際も、価格には上昇傾向があると言えます。

取引所上場について詳しく知りたい方はこちら!

12月18日にCBOEについでCMEがビットコインの先物取引を開始しました。CBOEでの上場ではビットコインの価格が上がる結果に終わりましたが、今回はどうなるのでしょうか。コインオタクがビットコインの今後を予想します。
 

ハードフォークによる価格上昇

「ハードフォーク」とは、仮想通貨の性能アップデートのために行われます。

2017年にビットコインがハードフォークされた時、その規模が大きく、問題が発生しないか危惧されていました。

結局、ハードフォークは何事もなく完了し、買い控えしていたユーザーが一挙にビットコインを買ったため、価格が上昇しています。

ハードフォークをもっと詳しく知りたい方はこちら!

Coincheck公式サイトはこちら

ハードフォークとは、ある特定のブロック以降の仕様を変更することです。この記事では、ハードフォークの仕組みやメリット、実例、注意点を図を使って分かりやすく解説しています。
 

価格が何倍にもなり得る仮想通貨の買い時とは?

半減期の一ヶ月前

過去2回の半減期の際、ビットコインは、半減期の約1ヶ月前ほど前から価格が急騰しています。

これは半減期前に、ビットコインの希少性が上がることを皆が予測し、購入の流れが起こるからです。

最近では半減期は2020年の5月12日に起こり、半減期は約4年周期で起こるため、次のチャンスは2024年ごろでしょう。

ハードフォークの2週間前

2017年に起きたビットコインのハードフォークでは、半月ほど前から価格の上昇が起こっています。

もちろんハードフォークで価格が下がることもありますが、このタイミングは買いとなる可能性も高いです!

ハードフォークとは、ある特定のブロック以降の仕様を変更することです。この記事では、ハードフォークの仕組みやメリット、実例、注意点を図を使って分かりやすく解説しています。
 

ビットコインETFが承認されたとき

ビットコインETFが上場承認されたタイミングは、仮想通貨の大きな買い時の1つとなるかもしれません!

もしビットコインETFが上場承認されると、大口の投資家の参入が期待されており、それに伴って価格の上昇が期待されています。

ビットコインETFは、米国証券取引委員会という機関から承認される必要がありますが、現時点ではビットコインETFの具体的な日時はわかっていません。

しかし、今後のニュース等に敏感になっておくことで、いい時期に購入ができるかもしれません。

Coincheckで仮想通貨を購入する

ビットコインETF(上場投資信託)に関して最近よく聞くけれど、何のことかよくわからない・・・そのような方向けに、ビットコインETFの基礎知識から最近までのニュース、今後の承認の可能性までわかりやすく解説していきましょう!
 

仮想通貨の取引方法とは?

仮想通貨の取引方法は様々なものがありますが、ここでは代表的な現物取引と、レバレッジ取引について解説します。

現物取引

仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を購入したり売却したりすることで、差額を利益にする取引方法です。

現物取引は価格が低いときに仮想通貨を購入し、価格が上昇したタイミングで仮想通貨を売却することで利益を出します。

に述べるレバレッジ取引と比べて、自分が購入した分以上の損失は負うことはありません。

そのため初心者におすすめの方法だと言えます!

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、手元にある自己資金の何倍もの金額の売買ができる取引のことです。

そのためハイリスク・ハイリターンな投資を行うことができます!

また現物取引と異なり、最初に仮想通貨を売って後から買うという取引ができるため、価格が下がっていても利益を出すことができます!

取引ができる倍率は、取引所によって異なりますが、国内ですと4倍程度の取引所が多いようです。

Coinceheckで現物取引を始める

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!
 

価格が何倍にもなり得る注目の仮想通貨を紹介

ビットコイン(BTC)

今後注目の仮想通貨としてはやはりビットコイン(BTC)が挙げられます!

ビットコインは現在、時価総額1位を保ち続けています!

先ほど述べたように、ビットコインETFが上場承認される話が出てくるなど、他の通貨に比べて信頼性は圧倒的に高いと言えます!

今後も注目の通貨であることは、間違いありません!

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことをいいます。

有名な仮想通貨では、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などが例として挙げられます。

アルトコインは、全世界で2000種類以上あると言われていますが、その中で価格が上昇するものは一握りです。

しかし価格が低い状態で購入しておいて、価格が上昇すれば大きな利益を得られます!

コインオタクでは、たくさんある仮想通貨の銘柄から、将来性の高い仮想通貨を選んでいるので、是非参考にしてください!

Coincheckでこれらの仮想通貨を購入する

2020年のおすすめ仮想通貨をコインオタクの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。
 

価格が何倍にもなったときに登録しておきたい仮想通貨取引所

登録しておきたい仮想通貨取引所

  • Coincheck(コインチェック)

使いやすい!初心者に最もおすすめ!

  • DMMBitcoin

アルトコインでレバレッジ取引ができる!

  • GMOコイン

運営会社が大手企業!取引ツールも充実!

次に仮想通貨取引をするなら、登録しておくべき取引所を紹介します!

取引所への登録は無料なので、気になったら登録しましょう!

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入できる

仮想通貨は、仮想通貨取引所で購入できます!

仮想通貨を購入する際は、販売所形式と取引所形式を選ぶことができます。

販売所形式は、取引所から仮想通貨を購入します。

取引所形式ではユーザーの間で、自分の取引したい金額で取引を行いますが、その分取引は少し大変です。

初心者は、簡単に仮想通貨が手に入る販売所形式での購入が良いでしょう!

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェックの特徴)

  • 登録や取引をはじめとする操作が簡単
  • 取り扱い仮想通貨の種類は12種と国内最多
  • マネックスグループの傘下企業が運営しているから安心

コインチェックは、登録から購入までがもとても簡単なので、初心者から絶大な人気を集めています。

取り扱い通貨は国内最多の12種類と、様々な通貨を取引することができ、様々な仮想通貨に分散投資したい方におすすめです!

現在はマネックス証券で有名なマネックスグループの傘下企業が運営をおこなっており、信頼性も抜群に良いです。

Coincheckで取引してみる!

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。
 

DMMBitcoin

DMMBitcoinの特徴

  • 大企業であるDMM.comが運営していて、信頼性抜群
  • アルトコインでレバレッジ取引ができる
  • LINEでのサポート体制が充実

DMMBitcoinは、幅広いオンラインビジネスを行う、DMM.comが運営している取引所です!

運営会社が、大手企業であることの安心感に加えて、LINEで365日サポートに対応しているなど、ユーザーへの配慮もしっかりしています。

DMMBitcoinは、アルトコインでレバレッジ取引ができることが特徴で、幅広い選択肢でレバレッジ取引が可能です!

レバレッジ取引を中心に行いたい方は、DMMBitcoinに登録しておくと良いでしょう!

DMMBitcoin公式サイトはこちら

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

GMOコイン

gmoコイン

GMOコインの特徴

  • 運営会社が東証一部上場企業でセキュリティが万全
  • 手数料が安くてお得
  • 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」が超優秀

GMOコインは、GMOグループが運営する国内最大級の仮想通貨取引所で、セキュリティが国内最高水準です!

また取引の際にかかる入出金、送金、取引手数料が全て無料なので、お得な取引が可能です!

また仮想通貨FXに関しても、仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」を出しており、とても便利だと評判です!

GMOコインで取引してみる!

GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所です。GMOコインの特徴、評判、メリット、デメリットは?登録方法は?使いやすい?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!
 

仮想通貨取引で注意すべきこと

仮想通貨取引の注意点

  •  レバレッジ取引は勉強してから行う
  •  最初は少額で、余剰資産を使って取引する
  • 1日に何度も取引しない
  • 様々な仮想通貨に分散投資を行う

レバレッジ取引は勉強してから行う

仮想通貨のレバレッジ取引は、元手の資金の何倍もの金額で取引ができます。

その分大きな利益を上げることができますが、反対に大きな損失に繋がる可能性があります。

したがってレバレッジ取引を始める際は、しっかり勉強してから取り組みましょう!

コインオタクプレミアムでは、トレードに必要なテクニカル分析からニュース配信、ファンダメンタル材料の分析まで網羅的に配信しています!

コインオタクプレミアムはコチラから!

仮想通貨投資は難しいと感じている方の悩みを解決するために、初心者のための「コインオタクプレミアム」というサービスを無料運営しています!
 

最初は少額で余剰資産を使って取引する

初心者の方は少額からかつ、余剰資産を使って取引を始めましょう!

仮想通貨取引では、必ず儲けを出せるとは限りません。

また利益を出すには、ある程度の取引の経験も重要です。

取引の経験を増やし、各取引のリスクを減らすという面でも、細かい金額での取引がおすすめです!

一日に何度も取引をしない

1日に何度も売買を繰り返して利益を得る手法をデイトレと言いますが、初心者にはあまりオススメできません。

なぜなら常に相場を見てテクニカルな分析を行うのは大変だからです。

1日で何度も取引をするため手数料がかさばりやすく、高確率で利益を上げる必要があります。

仮想通貨投資初心者は、中長期の分散投資をするようにしましょう。

仮想通貨の時間別の取引方法について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください!

仮想通貨の長期保有のメリットを教えます!長期保有におすすめの仮想通貨の銘柄や取引所、仮想通貨にかかる税金や注意点も解説しているのでこの記事一つで仮想通貨の長期保有を始めることができます!早速仮想通貨の長期保有を始めてみましょう!
 

様々な仮想通貨、取引所に分散投資を行う

仮想通貨投資を行う際は、様々な仮想通貨や取引所に分散投資を行いましょう!

特に取引所は複数口座開設しましょう!

一つの取引所に全財産を預けておくと、万が一のときに大きな損失が出てしまうからです。

取引所への登録は無料なので、気になった取引所には登録しておくといいでしょう!

Coincheckで取引を始める

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?仮想通貨投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!
 

まとめ

この記事のまとめ

  • 仮想通貨は数千から数千万倍の値上がりが期待できる
  • 仮想通貨の価格が上がる要因はたくさんある
  • 仮想通貨の取引には現物取引とレバレッジ取引がある
  • Coincheck(コインチェック)は操作が簡単で取扱仮想通貨の種類も日本一!
  • 仮想通貨の取引にはリスクも伴うことも理解しよう

今回は仮想通貨の価格が何倍に増えたのか、そして実際に取引して、利益を出すための買い時についてご説明しました。

仮想通貨投資は闇雲に投資して儲かるものではありませんが、戦略的に投資すれば勝率は上がると言えます!

Coincheck(コインチェック)は取引所の中でも操作が簡単で、取扱通貨の種類も多いので初心者におすすめです!

ぜひコインチェックに登録して、幸せな仮想通貨ライフを送ってください!

Coincheck公式サイトはこちら