bitbankってよく手数料安いって聞くけど実際どうなんだろう。。。って思っていませんか?

仮想通貨取引をする上で自分に合った取引所を見つけることはとても重要です。

今回はbitbankの口コミから評判を調べ上げ、メリットとデメリットをコインオタク独自の見解から徹底解説します!

最短1日!bitbankで無料口座開設!!

そもそもbitbank(ビットバンク)とは?

bitbankとは2014年5月7日に設立された老舗仮想通貨取引所です。

運営会社ビットバンク株式会社
所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20−9
ホームページhttps://bitcoinbank.co.jp/
資本金 11億3100万円
代表取締役CEO廣末紀之
取扱通貨ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)

他の取引所とは違って販売所形式ではなく、取引所形式のため仮想通貨取引にかかるコストが非常に少ないのが特徴の取引所でもあります。

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

bitbankにはアルトコイン(特にリップルやモナコイン)が安く買える取引所であるbitbank.ccと、ビットコインのFXトレードを行っているbitbank tradeが存在します。普通bitbankと言ったらbitbank.ccのほうをさすので、この記事内ではbitbank.ccの評判からメリット・デメリットまで解説します。


bitbank(ビットバンク)の評判は?口コミまとめ!

bitbankの評判はいいのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

Twitterを参考に評判を集めてきました!

手数料が無料!


手数料が安いという評判はかなり多いです。今キャンペーンを行っていて、2019年1月まで取引手数料が全て無料です。また、板による取引を行っているのでスプレッドがほとんどかかりません。スプレッドとは、売値と買値の差のことです。これを聞いてもどういうことかわからないと思います。

一般にアルトコインの売買は日本の取引所でしたら販売所の形式をとっているところが多く、販売所では取引所が儲けを出すために、売値と買値に意図的に手数料が付属されて、売値は相場よりも低い値段で、買値は相場よりも高い値段が設定されています。

ビットバンクでは販売所と違い、板による取引、つまり取引所の形態を取っているので意図的にスプレッドが取引所によって設けられてもいないです。つまり、アルトコインの取引をするならビットバンクは業界最安価だと思います。

↓スプレッドについても詳しくは下記の記事を参照してください↓

仮想通貨取引所を調べたら、誰しもが「手数料無料」という文字が目に触れたことがあると思います。取引をする上ではこれ以上にない魅力ですが、そんなおいしい話があるでしょうか?実は、この影にはスプレッドというものが潜んでいるのです。。。


スプレッドが狭い!

上記でも説明した通り、スプレッドは隠れた手数料で取引所はスプレッドを取ることにより収益をあげています。

スプレッドは値動きによっても変更されることから時期によっても大きく変わり、また、そのスプレッドがどのくらいであるか取引所は公表していません

したがって、スプレッドが狭くてお得な取引所を探して選ぶことはとても重要になってきます。

bitbankのスプレッドはとても狭いことで有名です。

特にリップル(XRP)のスプレッドは国内取引所の中で一番狭くお得に取引をすることができます。

リップル(XRP)の取引所ってどこがいいの?って思っても取引所は沢山ありすぎて選べないですよね。そこでコインオタクがリップルを安く購入できるおすすめの取引所を厳選してランキング形式で紹介します。


サーバーは弱め?

bitbankはリップル取引量日本一の仮想通貨取引所ということもあって取引量が多くなるとサーバーが重くなってしまうことがあるようです。サーバーが重くなると注文が通らなくなったり、多額の金額でしか仮想通貨の購入ができなくなる弊害が起きてしまいます。

リップル取引量日本一なので仕方ないことではありますが、どんな状況でも頻繁に取引するという方にはあまりおすすめはできません。

アプリはとても見やすい!

bitbankのスマホアプリは見やすいチャートに加えて簡単に取引ができる操作性を兼ね備えています。

仮想通貨投資初心には難しい板取引や指値注文も直感的に行うことができますので初心者にとても評判がいい取引所です。

また、60種類以上の高度なテクニカル分析もできることから上級者にも人気があります。


bitbank(ビットバンク)のメリット

bitbankのメリットまとめ

  • 全取引手数料が無料!!
  • スプレッドが狭い
  • スマホアプリが使いやすい

全取引手数料が無料!

bitbankの手数料が安い!という口コミは多数見受けられました!今現在、bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーンを実施中です!

2018年9月までとしていた全ペア取引手数料無料のキャンペーンを2019年1月4日までに延長しました。

 

全ペア取引手数料無料をしている取引所はbitbankここだけです!!

無駄に取引手数料をかけたくない方、どこの取引所に登録しようか迷ってる方は是非この期間に登録してお得に取引しましょう!!

スプレッドが狭い!

また、スプレッドはとても狭く、特にリップルを日本一お得に購入できる取引所です。

2018年10月25日現在ですと、リップルのスプレッドは0.002円となっています。価格比率に治すと約0.002%です。このスプレッド比率を他の取引所と比較してみます。

取引所スプレッド
bitbank0.002%
GMOコイン1.93%
DMM Bitcoin1.84%
Liquid0.03%

bitbankは圧倒的なスプレッドの狭さを誇っていますね。スプレッドは取引所が公表していない見えない手数料ですし、1%、2%の差でも何回も取引をすると大きく差がついてしまいます。

したがって、お得に安く取引したい方はスプレッドの安い取引所を利用することはとても重要です。

コインオタクはリップル取引ならbitbankをとてもおすすめしています!

スマホアプリが使いやすい!

スマホのトップ画面に表示される価格一覧がとても見やすく、価格をすぐ確認したい場合にとても便利です。

また、bitbankは販売所形式ではなく取引所形式なので自分で指値注文する必要があるのですが、他の取引所と比べてひと目で操作しやすいため初心者にも使いやすい構造になっています。

↓bitbankの取引方法などの使い方は下記の記事で詳しく解説しています↓

bitbank.ccはリップルなど多数のアルトコインの板取引が可能な取引所です。そんなbitbank.ccに登録したものの使い方がいまいちという方は、これを読めば入出金のやり方から複雑なチャートの見方まで全てがわかります。


bitbank(ビットバンク)のデメリット

bitbankのデメリットのまとめ

  • サーバーが弱いため注文が通らないことがある。
  • リップル以外の取引量が少ない

 

サーバーが弱く注文が通らないことがある

板が薄いということは取引量が少ないということです。

bitbankは日本の主要取引所であるGMOコインやbitFlyerと比べて利用しているユーザー数が少ないです。したがって、仮想通貨の取引量は少なくなってしまいます。

通貨の取引量が少ないと市場と現物価格が乖離してしまうことがあるため注意が必要です。bitbankではビットコインやイーサリアムの取引量は少なく、利用するのはおすすめしていませんが、リップルの取引量は日本一であるためリップル投資家にはとてもおすすめできる取引所です。


まとめ

bitbankまとめ

  • 全取引手数料が無料でスプレッドが狭いためとてもお得に購入できる
  • スマホアプリが使いやすくて初心者でも安心して利用できる
  • サーバーが弱く注文が通らなくなることもありえる
  • リップル以外の取引量が少ないためbitbankで取引するならリップルがおすすめ!!

 いかがでしたでしょうか?今回はbitbankの評判・メリット・デメリットについて解説しました。bitbankの大きなメリットとしては、やはりリップルの手数料が安いことですので、bitbankはリップルをできるだけ安く買いたい人におすすめの取引所と言えるでしょう。

2019年1月まで全取引手数料無料のキャンペーン中なのでこの機会に是非ご登録ください!


bitbankで無料口座登録はこちら!