「bitbank(ビットバンク )の実際の評判ってどうなんだろう?」

と思っても、実際に使っている人の評判や口コミをたくさん集めるのって大変ですよね。

そこでこの記事では、コインオタクが実際の評判からメリット・デメリットを徹底解説します。

bitbank公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)とは

bitbankは、2014年5月7日に設立された比較的昔からある仮想通貨取引所です。

他の多くの取引所とは違って販売所形式ではなく、取引所形式のため仮想通貨取引にかかるコストが非常に少ないのが特徴です。

【会社概要】

運営会社 ビットバンク株式会社
所在地 〒141-0031
品川区西五反田7丁目20−9
ホームページ https://bitbank.cc/
資本金 11億3100万円
代表取締役CEO 廣末紀之
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbank(ビットバンク)の評判からわかるメリット

bitbankのメリット

  • セキュリティが高い
  • 手数料が安い
  • アルトコイン売買に強い
  • アプリがとても見やすい
  • 貸し仮想通貨サービスがある

セキュリティが高い

仮想通貨取引所は、インターネットに繋がっているため、ハッキングの被害を受けやすいです。

そのためbitbankではハッキング対策として、マルチシグ(複数署名)やコールドウォレットが導入されています。

コールドウォレットとは、外部のネットワークから隔離されていてハッキングのリスクを極限まで抑えたウォレットです。

このウォレットで顧客の資産を管理しています。そのため、セキュリティはかなり高いと言えるでしょう!

コールドウォレットについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

 

この他にもセキュリティとして、二段階認証とSMS認証があります。

CoinCheckで起こったNEM流出事件は有名だと思います。

CoinCheckでは、マルチシグやコールドウォレットをビットコインにしか対応させていなかったため事件が起こったと考えられています。

NEM流出事件について詳しくははこちら。

コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!

 

このようなハッキングの被害にあわないよう、bitbankではしっかりとしたハッキング対策が施されています。

 

手数料が安い 

bitbankのメイカー手数料はマイナスなので、取引すればするほどお得になります!

メイカーとは、仮想通貨取引所で行われる板取引で新しい価格の注文を出す注文のことです。

bitbankでは、取引する際にメイカーとして自分で新しい価格の注文を出すと手数料がもらえます。

 

反対に、テイカーとは仮想通貨の板取引で既にある注文に合わせて注文する方法です。

例えば、成行注文などはすでにある最高値や最安値の注文とマッチするのでテイカーになります。

bitbankでは、取引する際にテイカーとして注文すると手数料がかかる仕組みになっています!

【bitbankの手数料一覧】

入金手数料 振込入金:無料
即時入金:無料
取引手数料 メイカー:-0.05%
テイカー:0.15%
出金手数料 3万円未満:540円
3万円以上:756円
送金手数料 通貨によって異なる
BTC:0.001BTCなど

即時入金無料!bitbankで仮想通貨取引をする

bitbankの手数料についてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

bitbank(ビットバンク)の入出金・送金・取引手数料まで現物取引のbitbank.ccとFX取引のbitbank Tradeに分けて丁寧に説明します。それぞれの手数料ごとに他社と比較し、お得な仮想通貨取引所をご紹介します。

 

アルトコイン売買に強い

bitbankは、全ての取り扱い通貨を仮想通貨取引所で取引することができます。

国内仮想通貨取引所でアルトコインを購入しようとすると、アルトコインに対応しているのは販売所のみのケースが非常に多いです。

取引所ではなく販売所を利用すると、スプレッド(実質的な手数料)がかかりアルトコインを最安値で購入することが難しくなってしまいます。

しかし、bitbankではアルトコインも取引所で購入することができるのでアルトコインも最安値で購入することが可能になります!

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

アプリがとても見やすい

bitbankのスマホアプリは、見やすいチャートに加えて簡単に取引ができる操作性を兼ね備えています。

仮想通貨投資初心には難しい板取引や指値注文も直感的に行うことができますので、初心者にとても評判がいい取引所です。

また、60種類以上の高度なテクニカル分析もできることから上級者にも人気があります。

2018年10月31日 iOS App Storeファイナンスカテゴリ 無料ランキングで国内1位を取っています。

ロック画面からでも価格変動を見ることができるので、取引タイミングを見逃すことがありません。

bitbankのアプリの使い方についてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

bitbank.ccでは公式のスマホアプリとWEBサイトからの取引が可能です。この記事ではbitbank.cc公式アプリの使い方について、ログイン方法からリップルの現物取引の方法まで画像を使いながら詳しく解説していきます!

 
ビットコイン リップル 取引アプリ bitbank
ビットコイン リップル 取引アプリ bitbank
開発元:bitbank,Inc
無料
posted withアプリーチ
 

bitbank(ビットバンク)の評判からわかるデメリット 

bitbankのデメリット

  • 取引量が少ない
  • レバレッジ取引ができない
  • 販売所形式を採用していない

取引量が少ない 

取引所では、取引量が少ないと望んだ価格で売買が成立しないというデメリットがあります。

アルトコインでは、GMOコインなどの販売所や海外取引所を利用されている方が多いです。

そのためbitbankでの取引量が少なくなり、取引が成立しづらくなっています。

 

レバレッジ取引ができない

以前はbitbank tradeでビットコインのレバレッジ取引が可能でした。

しかし、bitbank tradeは2019年4月でサービス終了してしまったため、bitbankではレバレッジ 取引ができなくなってしまいました。

そのため、ビットコインやアルトコインのレバレッジ取引を行いたい方には他の国内仮想通貨取引所をおすすめします。

 

販売所形式を採用していない

bitbankでは販売所形式にて2wayでの仮想通貨取引ができないため、初心者の方にとっては少し難しく感じるかもしれません。

取引所形式での板取引は最初のうちは戸惑うことがあるかもしれませんが、後々よく使うことになると思うので、使い方を覚えておくことをおすすめします。

bitbankのような取引所形式の方が、他の販売所形式より手数料を安く抑えることができます。

 

bitbank(ビットバンク)の評判・口コミ

リップル(XRP)の取引高国内No.1!

bitbankは、リップル(XRP)の取引で有名です!

bitbankの取引内訳は、3/4がリップルの取引となっています。

リップルでの投資についてもっと知りたい方は、こちらの記事をチェック!↓ 

リップル(XRP)投資の始め方・儲け方を初心者にわかりやすいように徹底解説します。リップル投資の特徴やおすすめの取引所、メリット・デメリットに加え、リップルの保管方法まで余すところなくご紹介していきます!

 

 

安心、信頼できる

bitbankのセキュリティについては良い評判が多く、大切な資産を預ける取引所として安心できる印象です。

 

bitbank(ビットバンク)の評判 まとめ

bitbank評判まとめ

  • bitbankで取引するならリップルがおすすめ
  • スマホアプリが使いやすい
  • セキュリティが高く安心できる

 

bitbankはアルトコインを安く購入することができ、セキュリティも高いため人気を集めています

レバレッジ取引ができないというデメリットもありますが、アルトコイン、特にリップルを買いたい人には非常におすすめの取引所です!

アルトコインの取引に興味のある方はこの機会に口座を開設しておきましょう!

最短二日!bitbankで仮想通貨取引を始める

bitbank(ビットバンク)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。さらに、すぐに取引が始められるように、2段階認証の設定方法や日本円の入金方法、スマホアプリの使い方も解説しています。