仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも保管できる?仕組みや使い方、オススメのウォレットまで徹底解説!

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」

コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。

そんなあなたに朗報です。

この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。

そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。

また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!

ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!


そもそも仮想通貨ウォレットとは?

ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。

秘密鍵と公開鍵

ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。

秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。

桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!

その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、

秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません

そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)

コールドウォレットとホットウォレット

ウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。

ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。

一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。

ウォレット比較の時の重要な視点

  • 秘密鍵を誰が持っているのか
  • ウォレットがネットに繋がっているのかどうか

 

ウォレットの種類一覧

ウォレットの種類一覧

  • 取引所のウォレット:利便性も高いがリスクも高い
  • ウェブウォレット:自分でアドレスが制作できるウェブサービス
  • デスクトップウォレット:パソコンにダウンロードして使うウォレット
  • モバイルウォレット:手軽にセキュリティアップできるスマホアプリ
  • ペーパーウォレット:1分でできる上に強力なセキュリティ対策
  • ハードウェアウォレット:完全オフラインで管理する最強の対策法

 

取引所のウォレット:利便性も高いがリスクも高い

多くの方は仮想通貨を買う際に取引所に口座を開設しますが、買った仮想通貨をそのまま取引所に預けている場合に取引所ウォレットに該当します。

他のウォレットとの大きな違い

一部のウェブウォレットを除いて多くのウォレットは秘密鍵が手元にありますが、取引所ウォレットでは秘密鍵が手元にありません。

取引所における資産の移動は、実際に仮想通貨が動いているわけではなく口座上の数字が移動しているだけです。そのため自分の口座には数字としてはあるものの、実際には自分の手元には無いようなものなのです。

ですので取引所がハッキングなどをされると預けていた資産は全てなくなってしまいます。

取引所ウォレットの中では、bitFlyerがおすすめ!

bitFlyerのセキュリティ性能はアメリカのセキュリティ会社の調査によると世界中の取引所の中で世界一安全であるという結果も出ていて、取引所ウォレットの中では安全性が高いです

https://blog.sqreen.io/cryptoc…

取引所ウォレットはカウンターパーティーリスクはあるものの、頻繁に取引をする人にとってはメリットも多くあります。

最近ではパソコンはもちろんアプリでも使用できるものが多くなり、ますます便利になってきています。


bitFlyerで無料でアカウント開設!

「最近話題の仮想通貨をやってみたいけど、どこの取引所を使えばいいのか全然分からない…」そうお悩みではありませんか?それぞれの取引所について詳しく調べたいけどそんな時間もないし、取引所のおすすめ度を簡単に知ることができたら嬉しいですよね。そこで、仮想通貨を1000万円以上持つ4人を含む東大生30人が国内外20社以上の著名な仮想通貨取引所を徹底的に比較・議論し、さらに初心者である友人に実際に口座開設し運用してもらったリアルな口コミを元に、本当におすすめできる取引所をランキング形式でご紹介します!しかも、おすすめの取引所だけでなく、記事後半では投資に役立つ情報サイト、おすすめの仮想通貨、投資における注意点などもお伝えします。この記事を読めば、必ずあなたにピッタリの仮想通貨取引所が見つかります!この記事を読んだら分かること仮想通貨取引所選びで重要な5つのポイントコインオタクが選ぶオススメ国内・海外取引所各取引所の特徴・詳細な評価利用目的ごとのおすすめ取引所仮想通貨取引で重要な知識 目次初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント2018年版!初心者におすすめの国内仮想通貨取引所ランキング結局どの仮想通貨取引所の口座を開設すればいい?国内仮想通貨取引所全18社を徹底比較【玄人用】海外仮想通貨取引所おすすめランキングTOP5アルトコインを購入したい初心者にはcoincheck(コインチェック)自動積立を使って低リスクでビットコインを入手するならZaif(ザイフ)リスクを抑えたレバレッジ取引をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)ハイリスクなレバレッジ取引をするならBitMEXMT4取引をするならBITPOINT(ビットポイント)これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始める人へ仮想通貨初心者はボラティリティについて理解すること仮想通貨の口座開設でどこまで損する可能性がある?仮想通貨初心者におすすめの購入通貨仮想通貨投資で役立つ情報収集サイト最初は現物での中長期保有がオススメまとめ 初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント コインオタク編集部の考える、仮想通貨投資を安全かつ簡単にそして出来るだけ儲けられる可能性を最大化するために重要なポイントは次の5点です!


取引所のウォレットはこんな人におすすめ!

  • 少額の取引を頻繁に行う人

ウェブウォレット:自分でアドレスが制作できるウェブサービス

取引所のウォレットもウェブウォレットの一種なのですが、ウォレット機能のみを持つものを特にウェブウォレットと言います。

秘密鍵はサービス側にあるタイプと手元にあるタイプと両方あり、手軽に作成することができます。

ウェブウォレットはこんな人におすすめ!

  • 取引所のウォレットだけでは心配で分散して保管したい人

 

デスクトップウォレット:パソコンにダウンロードして使うウォレット

デスクトップウォレットは自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードして使うウォレットです。

これは下記で説明するモバイルウォレットとも共通するのですが秘密鍵を第三者のサーバーに送らず手元に置く、

というのがウェブウォレットとの大きな差になります。

(そのためデスクトップウォレットとモバイルウォレットを合わせてソフトウェアウォレットと言います。)

そのためパソコン自体をハッキングされたりウイルスを仕込まれたりしないかぎり、

勝手にログインされて送金されるというようなことは起こりにくいでしょう。

デスクトップウォレットはこんな人におすすめ!

  • 取引所やオンラインのサーバーに預けるのが不安な人

モバイルウォレット:手軽にセキュリティアップできるスマホアプリ

モバイルウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、スマートフォン用のアプリを用いて自分の秘密鍵を管理するタイプのものを指します。

デスクトップウォレットのスマホ版で、取引所アプリよりもセキュリティが高く持ち運びが非常に便利です。

また、多くのアプリが存在するため多数のレビューなどを参考にしながら選ぶことができます。

モバイルウォレットはこんな人におすすめ!

  • 少額で知り合いへの送金や店での使用などをしたい人。

 

ペーパーウォレット:1分でできる上に強力なセキュリティ対策

ペーパーウォレットとは、紙にアドレスと秘密鍵を書いて保管する方法です。

経年劣化や紛失の心配はありますが、紙とペンだけで手軽に作成することができます。

また、送金する際にはデスクトップウォレットなどにウォレット自体をインポートする必要があるので、一度送金のためインポートすればペーパーウォレットとしては役に立たなくなります。

ですので出入金を頻繁にするのには、ペーパーウォレットは不向きです。

ペーパーウォレットはこんな人におすすめ!

  • 多額の資産を保有しており取引もせず長期的に保有したい人

 

ハードウェアウォレット:完全オフラインで管理する最強の対策法

ハードウェアウォレットとは仮想通貨を保管するウォレットのうち秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。

ネットに接続していないコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。

また、秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、

ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。

ウォレット自体が1万円以上するのですが多額の資産を運用されている方は必ず買うべきです。

ハードウェアウォレットはこんな人におすすめ!

  • 多額の資産を運用しており、セキュリティ面をとても重視する人


ウォレット作成のメリット

ハッキング耐性が高まる

取引所はハッカーによって狙われやすく、流出してしまう危険性がありますが、

ソフトウェアウォレットにするとパソコンやスマホ自体をハッキングされない限り勝手に送金されるというようなことは無く、

さらにペーパーウォレットやハードウェアウォレットにするとハッキングの危険性はほぼ0になります。

カウンターパーティーリスクがない

カウンターパーティーリスクとは「デリバティブ取引の相手方(カウンターパーティ)が契約満期前に経営面で行き詰まり、契約上定められた支払いが履行されないリスク」のことをいいます。

簡単にいうと仲介する取引所が潰れてしまうリスクのことです。

やはりこの時も秘密鍵が手元に無いのでどうすることもできませんが、

取引所以外のウォレットを利用していた場合、秘密鍵が手元にあるのでカウンターパーティーリスクの心配は無くなります。

DAppsを利用できる

DApps(分散型アプリケーション)とは、既存のアプリケーションとは異なり、中央管理者を持たないアプリケーションのことです。

DAppsは次の3つの条件を満たすものとして定義されています。(DAppsに投資するDavid JonstonのVCファンドによる定義)

アプリケーションがオープンソースで、オペレーションが自動化されていて中央のコントロール主体を持たずブロックチェーン技術を利用している。

トークンを利用している。(トークンによる経済圏が成立している。)

ユーザーのコンセンサス(合意)により改善していく

DAppsは様々なプラットフォーム上で作られますが、特にイーサリアムのスマートコントラクトを利用したDAppsが注目されています。

 それらのDAppsを利用するためにはイーサリアムなどのウォレットが必要になります。

スマートコントラクトについてはこちら!

目次スマートコントラクトとはスマートコントラクトのメリット スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性スマートコントラクトの将来性・活用事例スマートコントラクトの気になる疑問を解決!スマートコントラクトまとめ スマートコントラクトとは 一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。これにより取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり不正取引が減ったり、世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、かなり画期的で、今後の世界を変える可能性を秘めています。 そもそも契約とは、 契約定義イベント発生価値の交換、契約執行決済 という4つでできていて、スマートコントラクトでは、2〜4を自動で行うことができます。 ですが、これでもまだイメージが掴めないと思うので身近な具体例を用いて考えてみましょう。 スマートコントラクトの身近な具体例 実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からある概念です。1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。自動販売機はお金を入れると商品が自動で出て来ます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、何かの売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。上の契約とは、の話に当てはめると、 制約条件を満たす額のお金(買うものの値段)を入れてボタンを押すと、商品が出て来るという契約を定義する人が訪れてお金を入れてボタンを押す商品が出て来るお金が自動販売機のものになる と言った工程のうち2~4は自動で執行されます。 スマートコントラクトのメリット


ICOに参加できる

最近のICOはイーサリアムベースで行われることが多いのでイーサリアムのウォレットが必要です

また「わざわざ専用のウォレットで無くても取引所のウォレットではダメなの?」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし取引所のウォレットから直接ICOのアドレス宛に仮想通貨を送金することができたとしても、

トークンを受け取れない場合があるので取引所以外のウォレットを作成し、そこから送金することがオススメです。

ウォレット作成の注意点

操作ミスでお金がなくなってしまうことも

取引所のウォレットから別のウォレットへ仮想通貨を送金する際に、間違ったアドレスに送金してしまうケースがまれにあります。

間違ったアドレスへ送金された仮想通貨を取り戻すことは不可能なので

しっかりと送金先のアドレスを確認して送金するようにしましょう。

ウォレットごと紛失してしまう危険性がある

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットを使用している場合、ハードウェアや紙そのものを紛失してしまうことがあります。

ハードウェアウォレットの場合は紛失・故障しても、パスフレーズさえ残しておけば復元できます

しかし、秘密鍵やパスフレーズを書いた紙を紛失した場合全て消えてしまいます

仮想通貨は中央管理者がいないので(それがいいところでもあるのですが)完全に自己責任になってしまいます。

ウィルス対策は自分でしなければならない

ソフトウェアウォレットに仮想通貨を保管している場合はパソコンやスマホへのウイルス感染リスクがあります。

取引所よりはハッカーに狙われるリスクは少ないものの、可能性は少なく無いのでウイルス対策ソフトなどでしっかりと対策をしましょう。

通貨別のおすすめウォレット

続いて通貨別のおすすめウォレットを紹介していきます。

ここではソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットに絞って紹介します。

ビットコインのおすすめウォレット

ビットコインおすすめウォレット

  • copay:セキュリティ抜群のソフトウェアウォレット
  • Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット

 

copay:セキュリティ抜群のソフトウェアウォレット

copayはマルチシグウォレット機能を持つウォレットアプリです。

マルチシグウォレットとは、マルチ(複数の)、シグ(シグネチャー=署名)のことです。
ビットコインの送金を行う際に、複数の署名(暗号鍵)が必要になります。これにより、セキュリティの面がより強化されます。
複数の暗号鍵が必要になり、設定が面倒にはなりますがビットコインがなくなることを心配される方にはおすすめのアプリとなっています。

またモバイルだけでなく、WindowsやMac、LinuxとPCにも対応しているウォレットとなっており、デザインもシンプルで使いやすいと評判のアプリです。

copayを無料ダウンロード

Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット

Ledger Nano Sはオフラインで秘密鍵を管理できるハードウェアウォレットであるためセキュリティ性能がとても高いのが大きな特徴です。

値段は15000円するもののスタイリッシュであり直感的な操作が可能であることからとても人気が高く、多くの店で売り切れになっています。

取り扱い通貨数が27種類とハードウェアウォレットの中でも特に多く、MyEtherWalletと連携することでイーサリアム上のトークンなど100種以上の通貨を保管することができます。

Ledger Nano Sを公式サイトで購入!

目次ウォレットとはビットコインの管理にウォレットはなぜ必要?ビットコイン用のウォレットってどんなのがあるの?おすすめのビットコイン用デスクトップウォレット3選スマホアプリで保管するならこれ!モバイルウォレット3選超スタイリッシュかつ安全に!ハードウェアウォレット3選超簡単かつ超安全 ペーパーウォレットの作り方ビットコインのウォレットに関するQ&Aビットコイン用ウォレットまとめ ウォレットとは ビットコインに限らず仮想通貨は、ブロックチェーンを用いた取引によって送信先のアドレスにプールされていきます。 このアドレスにアクセスし、いくら貯蓄されているかを確認したり、他の人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがこのウォレットです。 ビットコインの管理にウォレットはなぜ必要? 実在通貨の場合を考えてみましょう。 あなたは今、銀行に口座を持って預金しているとします。そこで、自分の口座にいくらお金が入っているかとか、それを誰かに送金したりとかするためには、通帳やキャッシュカード、ATM、あるいは窓口のようなものが必要ですよね。 それらを全部ひっくるめたような機能を有しているのがウォレットです。 ビットコイン用のウォレットってどんなのがあるの? フルインストール版と簡易版 ウォレットには、フルインストール版と簡易版の二種類があります。 フルインストール版では、ビットコインが発行され始めてから今に至るまでの全てのブロックチェーン上の取引記録をダウンロードします。 なので、めっちゃくちゃPCに空き容量が必要です。 一方、簡易版は、必要な一部の情報だけをダウンロードして使用します。なので、PCにそれほど負担を強いることは無いでしょう。 一般のユーザーならば後者の簡易版で十分です。ですが、あなたがビットコインのマイニングをするつもりなら、フルインストール版が必要です。 PCで安全に管理「デスクトップウォレット」 PC用のソフトウェアをインストールして使う方式です。高性能かつ使いやすいものが多いので、始めるならこのタイプがオススメです。 ただし、PC用なので、持ち運びが少し不便です。「スマホとかタブレットで管理したい!」という人は、次にご紹介するモバイルウォレットのほうが向いているかもしれません。 

 

イーサリアムのおすすめウォレット

イーサリアムのおすすめウォレット

  • MyEtherWallet:イーサリアムの定番ソフトウェアウォレット
  • Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット

 

MyEtherWallet:イーサリアムの定番ソフトウェアウォレット


MyEtherWalletはイーサリアムを持っている人は誰でもこのウォレットを使っているくらい定番で有名なウォレットです。

その大きな理由として日本語対応していることが挙げられます。

また、MyEtherWalletではオフライン環境でイーサリアムの送付もできるため、ほとんどリスクなくイーサリアムを送ることができます。

ただしフィッシングなど怪しいURLなどには気をつけて使うようにしましょう。

MyEtherWalletについて詳しくは下の記事を御覧ください。

目次MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはMyEtherWalletの仕組みMyEtherWalletは実際どう?コインオタクの見解MyEtherWalletのメリットMyEtherWalletのデメリットMyEtherWalletのおすすめユーザーMyEtherWalletの使い方MyEtherWalletについての気になるQ&AMyEtherWalletまとめ MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは Myetherwalletとは、ブラウザから利用できるイーサリアムおよびイーサリアムトークン向けのウォレットです。 利用時にはMetamask、Trezor、Ledger Nano Sとの連携あるいは自分の秘密鍵、Keystoreファイル、ニーモック文節、パリティ文節のいずれかを入力する必要があります。 MyEtherWalletへ MyEtherWalletの仕組み MyEtherWalletはデスクトップウォレット MyEtherWalletは、PC上で操作可能なデスクトップウォレットです。 ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保存しているわけではないため、たとえMyEtherWalletのサーバーにサイバー攻撃がなされてもあなたの秘密鍵が漏洩することはないので安心ですね。 また、ハードウェアウォレットと連携したり、ペーパーウォレット化して使用することも可能です。 デスクトップウォレットについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ! デスクトップウォレットとは?メリット・デメリットとおすすめを紹介!仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します続きを読む MyEtherWalletの対応通貨 イーサリアム、イーサリアムクラシック、全てのイーサリアムトークンに対応しています。 イーサリアムトークンと言われてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、有名どころではAugurやGolemがそれにあたります。 AugurやGolemについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

 

Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット

これはビットコインでも紹介しましたがイーサリアムにも対応しています。

ハードウェアウォレットではLedger Nano STrezorが定番なのですが、

Ledger Nano Sの方が対応通貨が多いのでオススメです。

また、MyEtherWalletと連携することでができるので両方保有するのが一番セキュリティの面でも良いでしょう。

Ledger Nano Sをサイトで購入!

イーサリアムのウォレットを探しているけど、どれを買えばいいのかがわからない。そう悩んではいませんか?最近ハッキング事件が多発している中でウォレットの必要性は増しているけど、種類が多すぎて違いがよくわからないですよね。そんなあなたに朗報です!仮想通貨にとっても詳しい東大生がイーサリアムのウォレットを実際に使ってみて、最もおすすめのイーサリアムウォレットを選びました!この記事では写真とともにおすすめのイーサリアムウォレットBEST6をランキング形式で紹介しています。もうウォレット選びに迷うことはありません!自分にぴったりのウォレットを見つけ今日から安全な仮想通貨ライフを送りましょう。目次イーサリアムを保管するにはウォレットを作成する【第1位】一番人気で日本語対応もしているMyEtherWallet【第2位】安全性抜群のTrezor!【第3位】スタイリッシュなハードウェアウォレット Ledger Nano S!【第4位】iOSやAndroidに対応!スマホアプリでも使えるJaxx【第5位】気軽に利用できるmetamask【第6位】イーサリアム公式のmistイーサリアムのウォレットに関するQ&Aイーサリアムのウォレットまとめ イーサリアムを保管するにはウォレットを作成する イーサリアムなど仮想通貨を保管するには専用のお財布のようなものが必要で、このお財布のことをウォレットと呼んでいます。ウォレットは通貨の保管だけでなく指定した相手に送金することもできます。 イーサリアムや他の仮想通貨の取引というのはブロックチェーンを用いて各アドレスに通貨の増減を記録していくというものでした。ウォレットはこのアドレスを管理して人々によりわかりやすく通貨の管理や運用をさせるためのものであるということもできます。 とりあえずイーサリアムの取引をする人は必ずウォレットを作るようにしましょう。 また本格的に仮想通貨を取り扱う人は一つのウォレットだけでなくいくつかのウォレットを作って分散して保管すると良いでしょう。 イーサリアムについて詳しく知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

 

リップルのおすすめウォレット

リップルのおすすめウォレット

  • Toast Wallet!:スマホアプリで手軽にXRPを扱える
  • Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット

 

Toast Wallet!:スマホアプリで手軽にXRPを扱える

(↑AppStoreより)

Toast Walletはパソコンだけでなくスマホアプリでも利用できるリップル専用のウォレットです。

iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

モバイルウォレットであるため利便性がとても高く頻繁にXRPの送金を行うユーザーにとっては魅力的ですが、

ホットウォレットであるためハードウェアウォレット等と比べるとややセキュリティ性能が低い他、英語のみの対応であるデメリットもあります。

Toast Wallet!の公式ホームページ

 Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット 

またもやLedger Nano Sですが、

ハードウェアウォレットで唯一リップルに対応しています。

リップルをハードウェアウォレットで保管したいならこれ以外にはありません。

Ledger Nano Sを公式サイトで購入!

リップルを買ってみたはいいけど安全な保管方法がわからずに困ってはいませんか?最近はハッキング事件も多発しているし、大事な資産をセキュリティが高く使い勝手の良いウォレットで保管できたらベストですよね。そんなあなたのためにコインオタクがリップルの保管におすすめのウォレットを紹介します!ウォレットにはさまざまな種類があり一概にすべての人に「これがおすすめ!」ということはできません。そこで今回は3種類の目的別におすすめのウォレットをまとめました!さらには代表的なウォレットの入手方法と使い方まで書いてあるのでもうウォレットに関して迷うことはありません!この記事ではまずウォレットに関する基礎知識、ウォレットを持つべき理由、ウォレットの選び方、目的別おすすめウォレット、最後にはLedger Nano Sの入手方法と使い方を紹介しています。自分に最適なウォレットを見つけすぐに入手して安心・安全な仮想通貨ライフを送りましょう!リップルのおすすめウォレットは結局この3つ!Toast Wallet:頻繁にXRPを取引する人向けLedger Nano S:絶対に資産を守りたい大量保有者向けbitbankのウォレット:自分で管理ができない初心者向け 目次そもそも仮想通貨のウォレットとは? ウォレットを作成すべき2つの理由 最適のウォレットは人によって異なる! 頻繁にリップル(XRP)の送金をする人におすすめのウォレット2選 多額のリップル(XRP)を安全に保管したい人におすすめのウォレット2選 仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット2選 〜まだ見つからない方へ〜リップル(XRP)対応のその他ウォレット3選 Ledger Nano Sの購入方法・アドレスの作り方・使い方 まとめ そもそも仮想通貨のウォレットとは? ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。ウォレットには主に、デスクトップウォレットモバイルウォレットハードウェアウォレットペーパーウォレットウェブウォレット取引所のウォレットの6種類があります。それぞれについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

その他アルトコインのおすすめウォレット一覧

その他のアルトコインのおすすめウォレットもソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットに分けて紹介します。

通貨名ソフトウェアウォレットハードウェアウォレット
ビットコインキャッシュ(BTC)copayLedger Nano S
ライトコイン(LTC)

loaf wallet

Ledger Nano S
ネム(XEM)nano walletLedger Nano S
ダッシュ(DASH)jaxxLedger Nano S


【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!

セキュリティを大幅アップさせる4つのコツ!

  • 取引所からすぐにウォレットに移動しよう!
  • 取引所はブックマークに登録しよう!
  • 仮想通貨専用のデバイスを持とう!
  • マルチシグ対応のウォレットを使おう!

 

取引所からすぐにウォレットに移動しよう!

今まで見てきたように取引所のウォレットだけではセキュリティ面に心配があります。

なので多額の仮想通貨を保有されている方はコールドウォレットであるハードウェアウォレットを、

そこまで多額ではなく、よく取引をするという方はホットウォレットであるソフトウェアウォレットを入手しましょう。

どちらにせよ秘密鍵を第三者ではなく自分で管理するのが大切です。

取引所はブックマークに登録しよう!

最近ではフィッシングと呼ばれる取引所のサイトと全く同じような見た目のサイトを利用した詐欺が多く行われています。

URLが一文字違いなどでとても見分けづらいため、取引所などの重要なサイトはブックマークしておくようにしましょう!

仮想通貨専用のデバイスを持とう!

また、フィッシング詐欺と並んで多いのがハッキングによる被害です。

海外のサイトなどやメールからウイルスに感染してしまうとホットウォレットの場合全て引き出されてしまう恐れがあります。

そのため普段使いのパソコンにウイルス対策ソフトを入れることや、そもそも取引の時にしかオンラインにしないタブレットやパソコンなどを購入しておくとさらにセキュリティが強くなります。

マルチシグ対応のウォレットを使おう!

マルチシグとは、マルチシグネチャーの略称でトランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とする技術のことです。

一つの秘密鍵で署名を行う通常のシングルシグに比べセキュリティが高い、秘密鍵紛失時に対応しやすいなどのメリットがあります。

コインチェックのハッキング事件ではマルチシグを導入していなかったことも一因になっているようです。

通常のアドレスの場合、秘密鍵を紛失するとそのアドレス内の資金は一切利用できなくなります

しかし例えば公開鍵を3個登録して、そのうち2つから署名されれば大丈夫という2of3のマルチシグの設定しておけば、秘密鍵を1つなくしてしまったとしても資産を失わずに済みます。

目次マルチシグとは?仕組みについてマルチシグの利点・メリットマルチシグの欠点・デメリットマルチシグ対応デジタルウォレット2選マルチシグの実用例マルチシグはセキュリティ対策で必須! マルチシグとは?仕組みについて マルチシグとは、マルチシグネチャーの略称でトランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とする技術のことです。一つの秘密鍵で署名を行う通常のシングルシグに比べセキュリティが高い、秘密鍵紛失時に対応しやすいなどのメリットがあり、取引所やマルチシグウォレットなどで採用されています。 マルチシグアドレスの定義としては、2つ以上の公開鍵を登録していて、それに対応する一部もしくは全部の秘密鍵による署名によりトランザクションが出来るものです。例えば公開鍵が2つ登録されていて2つの秘密鍵を必要とするものもあれば、公開鍵は3つ登録されていてそのうちの2つの秘密鍵があればトランザクションができるものもあります。この場合前者を2of2、後者を2of3のマルチシグと呼びます。 普通のアドレスが1から始まるのに対して、マルチシグアドレスは3から始まります。 セキュリティ対策をするうえで今後必ず理解していなければならない話題なので、ここでしっかり学んでおきましょう!※1月26日のコインチェックのハッキング事件では、5億XEMものNEMが盗まれましたが、これは、コインチェックがマルチシグを導入していなかったことも一因になっているようです。コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対応について知りたい方は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む マルチシグの利点・メリット マルチシグの大きいメリットとしてはセキュリティが向上することと、秘密鍵の紛失時のリスクヘッジとなることです。 セキュリティーが向上

 まとめ

いかがだったでしょうか?

取引所のウォレットだけでなく少なくともソフトウェアウォレット、

多額の仮想通貨を保有されている方はハードウェアウォレットを推奨します。

安全で快適な投資生活を送りましょう!

まとめ

  • 取引所のウォレットだけでなく、他のウォレットでも保管しよう!
  • 基本はソフトウェアウォレット、できればハードウェアウォレットで保管しよう!