仮想通貨のマイニングって一体何なんだろう....

自分でも簡単にできたりするのかな?

そう考えているのではないですか?

 

一見とっつきにくい単語ですが、実はマイニングの仕組み自体はとっても簡単です。

通貨によっては個人でマイニングできるものもあるので、暗号資産(仮想通貨)の取引以外で利益を出すことも可能です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)オタクが運営するCoinPartner(コインパートナー)がマイニングの仕組みを説明し、具体的にマイニングを行う方法も解説します!

さらに初心者におすすめのマイニング方法についても紹介していきます。

 

これでマイニングについて知らないことはなにもありません。さっそくマイニングの世界に足を踏み入れてみましょう!

この記事を読むと分かること

  • 仮想通貨のマイニングの仕組みと役割
  • マイニングのやり方3手法
  • マイニングに必要なもの・費用
  • マイニングにおすすめの仮想通貨
  • マイニングより手軽で儲けやすいフォージング
基礎知識1

マイニングとは?

マイニングを詳しく解説!

マイニングはブロックチェーンを繋ぐ作業

マイニングはブロックチェーンを繋ぐ作業

マイニングとは「新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ作業」です。

ブロックチェーンとマイニングの関係性 図解

ビットコインの送金を行うと、その取引記録(トランザクション)はすぐに他の人に伝えられます。

しかし、その段階ではまだブロックチェーンには保存されていません。

トランザクションは、ブロックチェーンの中に含まれて初めて、正式に取引記録として共有されます。

 

トランザクションを集めたものをブロックといい、沢山のブロックを繋いでいったものをブロックチェーンといいます。

マイニングは、新しいブロックを、これまでのブロックチェーンに繋ぐ作業のことを言います。

ブロックチェーンとは?初心者向けにわかりやすく仕組みやメリットを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

成功するとマイニング報酬が得られる

成功すれば報酬が貰える

ハッシュ値計算の競争を行うマイニングですが、これには同様に膨大なPCパワーが必要になります。

これをボランティアで行う物好きはいません。

最初にブロックを繋いだ人には、マイニング報酬として暗号資産(仮想通貨)が支払われる仕組みになっています。

この新規発行を、金の採掘になぞらえて「マイニング」(=「採掘」)と呼んでいるわけです。

マイニング報酬は新規発行額と送金手数料

マイニングは誰がしているの?

マイニングは世界中で行われている

マイニングをしている人は「マイナー(Miner)」と呼ばれ、世界中にたくさんいます。

マイニングでは、送金取引を承認したマイナーに報酬が支払われます。

ビットコインの場合は、一つのブロック(約10分)ごとに6.25BTCが支払われています。(3回目の半減期後)

マイニングで得られる報酬はとても魅力的であり、外貨を稼ぐ手段でもあるので、世界中のマイナーがマイニングに参加しています。

基礎知識2

マイニングの2つの役割

マイニングの役割

仮想通貨の新規発行

先程も述べたように、暗号資産(仮想通貨)ではマイニングの作業を成功させた人に新しく発行した暗号資産(仮想通貨)で報酬を支払うことになっています。

マイニングによる新規発行量の減少

暗号資産(仮想通貨)が新規に発行されるのはこのマイニング作業を成功させたときのみです。

よって、暗号資産(仮想通貨)の新規発行という大きな役割を果たしているわけです。

ビットコインの総発行量は2140年までに2100万BTCとあらかじめ定められています。

現在、すでに8割以上は発行済みとなっていて、21万BTCごとにマイニング報酬は半減されていくので、これからはより採掘が難しくなっていくと予想されます。

発行量が半分になるタイミング:「半減期」

ビットコインには、約4年に一度、マイニング報酬が半分になる半減期があります。

新規発行量を減らすことで、急激なインフレが起こることを防いでいます。

市場に出回るビットコインが減ることになるので、半減期前になると価格が上がりやすい性質を持っています。

ビットコインの半減期は2020年5月に到来!仕組みと価格予想を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインの3回目の半減期は2020年って本当?半減期の仕組みや必要性のわかりやすい解説はもちろん、半減期の前後における価格変動を2016年の半減期やアルトコインの半減期との比較で徹底的に分析してみた!

取引の承認

マイニングは、暗号資産(仮想通貨)における取引を承認するという非常に重要な役割もあります。

マイナー(マイニングをする人達)は、「AさんからBさんにいくらのビットコインを送りました」というデータが正しいかをまず検証していきます。

正しいと認められたデータが、書き換えられないようにしていくのがマイニング作業です。

詳しい説明は次項で述べますが、一度マイニング作業が行われ「正しい」と認められた取引は改ざんをすることができなくなります

取引の承認については下記の記事で詳しく解説しています。

ビットコインの承認とは?その仕組みやビットコインの承認が遅い理由など詳しく解説します | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインの承認って何?なぜビットコインの承認って遅いの?その仕組みと詳しい理由はご存知ですか?「承認」はビットコインの取引を完了させるためのとても大事な作業であり、この記事を読めばその仕組みを理解できるようになります。
詳しい技術解説1

ビットコインのマイニングの仕組みを詳しく

ビットコインのマイニングの仕組みを解説!

最も代表的なビットコインを例に取って、マイニングの仕組みを詳しく説明していきたいと思います!

少々難しい話になるので、興味のない方はとばしてもらって大丈夫です!

まずはハッシュ関数について理解しよう!

一つずつ攻略していきましょう!

ハッシュ関数とは、代入して計算するのは簡単だけど、出てきた結果からは何を代入したのか分からないという特性を持った特別な関数のことです。

ビットコインではSHA-256というハッシュ関数が用いられています。

 

言葉だけの説明ではイメージが湧かないと思うので、具体例を見ていきましょう!

まずはハッシュ関数に"Coin Otaku"の文字列をハッシュ関数にかけてみると…

ハッシュ関数1

わけわからん文字列が出てきましたね。たしかに、出てきた結果から元が"Coin Otaku"だったとは考えにくいです。

 

次に、すべてを大文字にしただけの"COIN OTAKU"を代入してみると…

ハッシュ関数2

全く違う結果が出てきました!

このように、少し違うものを代入しても全く違う結果が出てきてしまうので、こういう値が出てくるにはこれを代入すればいい、ということも分からないようになっています。

ハッシュ関数は一方通行

これがどのようにマイニングに関わっているのでしょうか?

マイニングはハッシュ関数の計算作業!

マイニングでいう計算作業とは、実はハッシュ関数にいろんな値を代入して計算するという作業です。

ハッシュ関数の値がある決められた値よりも小さくなったときに、マイニング成功となり、報酬があたえられます。

そのような代入値のことをナンスと呼びます。

 

つまり、マイニングとは、ハッシュ関数の計算作業であり、報酬が与えられるのはナンスを見つけた人ということです。

先ほど述べたハッシュ関数の性質から、ハッシュ関数の値が決められた値より小さくなるような値を論理的に探すことは無理ですから、ナンス探しは当てずっぽうに代入していくしか方法がありません

下の画像は、マイニングを図で表したものです。

マイニングの図解

よって、マイニングの成功しやすさは単純に計算量に比例することになります。

このように仕事量(計算量)によってマイニングに成功しやすいような仕組みのことをプルーフオブワーク(Proof of Work/PoW)と言います。
"Work"が仕事の意味なので分かりやすいですね。
 
では、どうしてこれが"Proof(証明)"と呼ばれるのでしょうか?

マイニングが取引承認になるのはどうしてか

マイニングが取引の承認の役割を果たすのはどうしてでしょうか?

実際の仕組みに近づけて説明するので、ここからはさらに難しくなります。

 

まず、ブロックチェーンという概念を導入しましょう。

聞いたことがある方も多いと思いますが、ブロックとはビットコインの取引をいくつかまとめた集合のことであり、それが連なっているので、ブロックチェーンと呼びます。

マイニングの計算作業は各ブロックに対して行われていきます

ブロックチェーンとは?初心者向けにわかりやすく仕組みやメリットを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

 

ここで文字を色々定義していきます。

  • n番目のブロックの中に入っている取引をまとめた値をXn
  • 前のブロックのときに計算したハッシュ関数の値をYn
  • ナンスの値をZn
  • ハッシュ関数をF
  • 決められた一定値をM

とします。

Xn、Yn、Znをつなげた値をXn|Yn|Znと表すとすると、F(Xn|Yn|Zn)<MとなるようなZnがマイニングで探すべきナンスになります。

 

さて、悪意のある人がn番目のブロックに入っている取引を改ざんしたとしましょう。

そうすると、取引をまとめた値Xnが別の値X'nに変化してしまいます。

このとき、F(X'n|Yn|Zn)の値はほぼ必ずM以上になってしまいます

これは、ハッシュ関数の、少しでも違う値を入れたら全然違う結果が出るという性質から分かりますよね。

 

よって、さっきまで正しかったナンスZnが正しくない値となってしまいます。

つまり、改ざんをした人は改めて計算をしなおして新しいナンスZ'nを見つけなければいけなくなります。

マイニングの仕組み 図解1

さらに、Xn、Znを変化させたことによりハッシュ関数の値が変化するので、Y(n+1)の値が別の値Y'(n+1)に変化しますよね?

このため、F(X(n+1)|Y'(n+1)|Z(n+1))はM以上となってしまい、Z(n+1)も正しくないナンスとなってしまいます。

 

よって、また計算をしなおして新しいナンスZ'(n+1)を見つける必要もあります

マイニングの仕組み 図解2

もう気づいてきたのではないでしょうか。

つまり、あるブロックの取引を改ざんするには、そのブロック以降のすべてのブロックのナンスを計算し直さないといけないわけです!

 

そもそもナンス1つ見つけるのに世界中の高性能なコンピューターが競い合ってやってるのに、改ざん者だけでこれを計算し直すのは無理ですよね。

よって、ナンスが見つけられたブロックの中の取引は改ざん不能になる、つまり承認されたということになるのです。

これがプルーフオブワークが"Proof(証明)"と言われる所以です。

 

マイニングの仕組みについてまとめると…

マイニングの仕組みまとめ

  • ハッシュ関数の計算をたくさんしてナンスを探すのがマイニング
  • 取引を改ざんするとナンスを計算し直さなきゃいけない
  • ナンスの見つかったブロックは取引を改ざんできなくなる
プルーフオブワーク(PoW)とは? マイニングの仕組みからわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
プルーフオブワーク(PoW)は暗号資産(仮想通貨)の取引の承認システムの一つです。プルーフオブワーク(PoW)はビットコインに採用されていることで有名です。この記事では、プルーフオブワーク(PoW)に伴うマイニングという作業や、プルーフオブステーク(PoS)との違いについてもわかりやすく解説していきます!
詳しい技術解説2

ハッシュレート(Hashrate)とディフィカルティ(Difficulty)

ハッシュレートとディフィカルティ 画像

マイニングでどのくらい利益が出るのかを考えるのに重要になってくるのが、ハッシュレート(Hashrate)ディフィカルティ(Difficulty)という2つの指標です。

ハッシュレート(Hashrate)とは

マイニングに計算力を表している

ハッシュレートとは、マイニングにおける計算力を表す単位で、H/s(ハッシュ毎秒)で表されます。

1秒間に1回ハッシュ関数が計算されると1H/sとなります。

自分でマイニングをするときには、自分どのくらいのハッシュレートが出るのか、そして、マイニングしている通貨ではトータルでどのくらいのハッシュレートがあるのかをまずは知っておく必要があります。

 

たとえば、ビットコインのハッシュレートが2300万TH/s(2300京H/s)と仮定します。

そして自分の持っている計算力が1000TH/s(1000兆H/s)であるとすると、

1000÷23,000,000×100=0.004347…

と、ビットコインのマイニング報酬の0.00435%を得られることが分かります。

 

ビットコインは、10分に1度新しいブロックが作られることになっており、また、マイニング報酬は6.25BTCとなっているので、1日あたり、900BTCが新規発行されることとなっています。

ビットコインの価格が100万円であるとすると、
900×100×(0.00435÷100)=3.915万円

が一日当たりに得られると考えられる金額になります。

このようにハッシュレートを知っておけば得られる利益がざっと計算できるわけです!

ハッシュレートとは?仮想通貨取引において重要な指標を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
ハッシュレートは暗号資産(仮想通貨)においてマイニングで使われる指標の一つです。また、ハッシュレートの見方を押さえておけば、投資をする際の指標としても重要な役割を果たしてくれます。一つ上の投資を目指す方は必見です!!

 

ハッシュレートまとめ

  • 1秒間に何回ハッシュ関数の計算をできるかの値
  • 自分が得られるマイニング報酬を概算できる

ただ、実際にはマイニング報酬の他に各取引の手数料もマイニングの際にはもらえること、そして、マイニングには電気代がかかること、暗号資産(仮想通貨)の価格変動によってもらえるマイニング報酬の額は変わっていくことなど、色々考慮すべきポイントはあります。

マイニングの際に考慮すべきポイントとして他にも大事な指標があり、それがディフィカルティです。

ディフィカルティ(Difficulty)とは

マイニングの難易度を表している

ディフィカルティとは、マイニングの難易度を表す指標で、ビットコインの場合2016ブロック作られるごとにディフィカルティが調整されていきます。

よく「難易度調整」と呼ばれています。

これは、ビットコインのブロックが1つ生成されるのにかかる時間が長くなりすぎたり、短くなりすぎたりするのを防止する役割を果たしています。

 

このディフィカルティは、マイニングの仕組みのところで登場した、決められた一定値「M」を大きくしたり小さくしたりすることで調整が可能となっています。

Mが大きいほど適するナンスの数は増え、Mが小さいほど適するナンスの数は減少するので、それを利用してディフィカルティを調整しているわけです。

 

ハッシュレートが大きくなっていっている時には、自分が保有している計算力の割合は小さくなっていくものの、ブロックの生成される頻度が上昇するため、一日あたりに発行される暗号資産(仮想通貨)の量は多くなります。

しかし、ディフィカルティが変更されてマイニングの難易度が上昇した場合、途端に1日あたりに得られる報酬額が少なくなるので、マイニングをする際にはディフィカルティがどうなっているのかにも気をつけておかなければなりません。

デフィカルティまとめ

  • マイニングの難易度を表す指標
  • マイニング報酬の貰いやすさがわかる

ハッシュレート、ディフィカルティも考慮した計算のしかた

what to mineが簡単に計算してくれる

電気代、暗号資産(仮想通貨)の価格だけでなく、ハッシュレート、ディフィカルティなどなど、考慮することが多すぎて、自分でそんなの計算しきれない!ってなっちゃいますよね。どうやってこんなの計算するのか…

 

実は先ほども紹介した“WHAT TO MINE”(https://whattomine.com/)というサイトでは、このハッシュレートやディフィカルティも考慮した上でどのくらい儲かるのかを計算してくれます。

マイニングをする際には頻繁にこのサイトで確認をして、最も利益の出る暗号資産(仮想通貨)をマイニングした方がいいでしょう。

 

WHAT TO MINEの使い方を簡単に解説しておきます。

WHAT TO MINE 公式サイト画像

まず、上の2段は自分がマイニングで使用しているグラボを選択、そして数を入力する欄です。

そして、右下には、電気代を入力する欄があります。Costの欄に1キロワット時あたり何ドルかかるかを電気代から計算して入力してください。

日本では1キロワット時当たり約24円なので、現在のレートでは0.2184ドル程度です。

さらに、Difficulty for revenueの欄をcurrent difficultyに設定し、Calculateを押します。

 

WHAT TO MINE 画面

 

すると、マイニングで儲かる順に暗号資産(仮想通貨)が表示されます!

各通貨の欄の右下の方(上の写真で言えば$5.12と書かれた場所)が、1日あたりどのくらいマイニングによって利益が出るかを表しています。

 

詳しい技術解説3

マイニングに関わるコンセンサスアルゴリズムとは

コンセンサスアルゴリズムってなに?

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンに新たなブロックを繋ぐ人、つまり、取引を承認する人の決め方のことで、ビットコインのプルーフオブワークはこのコンセンサスアルゴリズムの一種です。

 

暗号資産(仮想通貨)にはマイニングができる通貨とできない通貨が存在し、その違いにはこのコンセンサスアルゴリズムが関わってきます

主に4種類のコンセンサスアルゴリズムがある!

コンセンサスアルゴリズム一覧

プルーフオブワークとは、計算量に比例して取引の承認権が得やすくなるという仕組みで、最初にできた暗号資産(仮想通貨)であるビットコインはこのプルーフオブワークを採用しています。

 

プルーフオブワークでは、改ざん不可能性を実現した画期的な発明であったものの、維持に電気代が凄まじくかかる、もし過半数の計算力を持つ団体があらわれた場合51%攻撃とというネットワークを乱す攻撃が可能、などの問題を持っていました。

51%攻撃とは、暗号資産(仮想通貨)で広く用いられているブロックチェーンの正常な動作を妨げる方法の1つです。51%攻撃をされるとどんな危険があるのか、どういう対策がなされているのかも含めて、コインパートナーが徹底的に解説します!
 

 

そこで、こういった問題点を解決できる新しいコンセンサスアルゴリズムとして、プルーフオブステークが考案されました。

プルーフオブステーク(Proof of Stake/PoS)はプルーフオブワークに次いでメジャーなコンセンサスアルゴリズムで、保有している通貨の量に比例して取引の承認権を得やすいという仕組みになっています。

プルーフオブワークでは大量の電力を消費するので、暗号資産(仮想通貨)の維持に莫大な費用がかかり続けることになりますが、プルーフオブステークではほとんどエネルギーを必要としません

 

また、51%攻撃を行うとすると、その暗号資産(仮想通貨)の半数以上を保有している必要があるので莫大な費用がかかります。

さらに、もし半数以上を保有して51%攻撃を行ったとすると、その通貨は暴落を起こしてしまうのげ攻撃者の損失が大きくなってしまいます。そのため、51%攻撃も起こりにくいと言えます。

ビットコインに次ぐ時価総額であるイーサリアム(Ethereum)もゆくゆくはプルーフオブワークからこのプルーフオブステークに移行することが予め決まっています。

 

プルーフオブステークについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓ 

PoS(プルーフオブステーク)は暗号資産(仮想通貨)の承認システムの一つで、ビットコインなどで採用されているPoWの問題点を克服しています。この記事では、PoSの特徴や問題点、PoWとの違いなどを解説しています!
 

 

ただ、プルーフオブステークにも当然デメリットがあります。

1つ目としては通貨の保有量の多い人達が常にマイニングに成功し続けてしまうので、中央集権的になってしまうという点です。そもそも暗号資産(仮想通貨)は「分散型」を目指していたわけで、これはあまりよろしくないですよね。

2つ目は通貨の溜め込みが起こりやすく流動性が下がってしまうという点です。通貨とは、「流通する」貨幣ですから、使われてこそ意味があるわけです。その元々の意義を失っているよ、ということですね。

 

そこで、プルーフオブステークを改良してできたコンセンサスアルゴリズムというのが色々登場しました。その中でも代表的なものを紹介したいと思います。

LISK(リスク)という暗号資産(仮想通貨)では、 DPoSというコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

これは、ユーザーが投票を行い、誰がマイニングの承認を得るか、というのを決める仕組みです。

投票にはLISKを消費する必要がありますが、自分が投票した人が選ばれた場合には、自分の保有している通貨の量に比例してお礼となるLISKをもらえるという仕組みになっています。

要するに、間接民主制と同じ仕組みを採用することによって、中央集権的であるという問題点を解決しているわけです。

 

LISKについて詳しく知りたい方はこちら↓

LISK(リスク)は、イーサリアムとよく比較されたり、国内取引所で取り扱いが開始されて知名度が上がっている暗号資産(仮想通貨)です。本記事では、LISKの特徴や今までのチャートの動き通して、将来性を徹底解説します!
 

 

NEM(ネム)という暗号資産(仮想通貨)では、Proof of Importance(PoI)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

これは、通貨の保有量に比例して取引の承認権を得やすいという点ではプルーフオブステークと同様なんですが、それ以外に取引の活発さも考慮するという仕組みになっています。

つまり、ただ大量にNEMを持っている人よりも、多くNEMを持っていてかつ、取引もよく行っているという人が承認権を得やすいようになっているわけです。

これは、プルーフオブステークの流動性が下がるという点を改善しているといえます。

 

NEMについて詳しく知りたい方はこちら↓

コインチェックのハッキング事件でも話題になった暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある暗号資産(仮想通貨)です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!
 

 また、NEMでは、取引の承認作業のことをマイニングとは言わず、ハーベスティングといいます。このハーベスティングのやり方については、こちらの記事で詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてください。 

NEMのハーベスト(ハーベスティング)は、ビットコインでいうマイニングにあたる承認作業のことです。しかし、マイニングとは大きく異なり、何もしなくても、なんならPCの電源オフでもお金が貰えちゃいます!今回はそんなハーベストを徹底解説します!
 

 

コンセンサスアルゴリズムまとめ

  • コンセンサスアルゴリズムとは取引の承認者の決め方のこと
  • 計算力によって決めるのがプルーフオブワーク(PoW)
  • 通貨の保有量によって決めるのがプルーフオフステーク(PoS)
  • 投票によって決めるのがDPoS
  • 通貨の保有量、取引量によって決めるのがPoI
マイニングのやり方1

マイニングのやり方には3種類ある

マイニングはどうやってやるの?

さあ、マイニングのしかたを理解したら、実際にマイニングやってみたくなりましたよね?マイニングで儲けてみたいな、と思ってこの記事を読んでいる方もいると思います。
マイニングのやり方には実は3種類あります!

 それぞれについて詳しく見ていきましょう!

一番お手軽!クラウドマイニング

クラウドマイニングが一番簡単!

クラウドマイニングとは、マイニングをしている団体にお金を出して代わりにマイニングをしてもらい、その利益を自分が受け取るという形のマイニングのしかたです。

つまりクラウドマイニングはマイニング企業への投資であり、自分では実際にマイニングを行うわけではありません。

クラウドマイニングのメリット・デメリット

クラウドマイニングのメリットは、なんと言ってもその手軽さでしょう!

マイニングの他の方法では、様々な機材を買ったりしないといけないことが普通ですが、クラウドマイニングならお金を出すだけです。

マイニングに興味はあるけど、いろいろ準備するの大変だなという方にはクラウドマイニングがおすすめです。

マイニングを自分でする場合にはどうしても電気代の問題がつきまといます。日本は海外とくらべて非常に電気代が高くなります

クラウドマイニングでは、初期投資額は自分でマイニングをする場合よりも高くつくものの、電気代のことも考慮するとクラウドマイニングを利用する方が安く済みます。

よって、利益は出やすくなっているわけですね。

クラウドマイニングは海外のマイニング企業に投資をするので、お金を払ったのに本当はマイニングを全くしていないという可能性もありますよね。

実際、クラウドマイニングを利用した詐欺が横行した時期があり、現在も資金の持ち逃げリスク倒産のリスクなどは当然あります。

クラウドマイニングを行う場合には、必ず信頼できる団体に投資をすることが必須となります。

また、もし万が一倒産しても生活に支障のでない範囲での投資を行うべきだと思います。

マイニングで得られた報酬は暗号資産(仮想通貨)によって支払われるので当然暗号資産(仮想通貨)が暴落した場合には、利益が期待してたよりもずっと少なくなってしまう可能性があります。

これは特にクラウドマイニングに顕著で、クラウドマイニングでは、得られた利益を1日単位でまとめて受け取ることがほとんどなので、もしその通貨が暴落していてもそれを売却するには、そのお金が振り込まれるまで待たなければならないからです。

これは、詐欺とかではないのですが、かなり見落としがちで注意したいところです。

イーサリアムは現在はマイニング作業を行っていくプルーフオブワーク(Proof of Work)を採用していますが、ゆくゆくはプルーフオブステーク(Proof of Stake)という別の仕組みに移行することが決められています。

プルーフオブステークではマイニング作業が行われなくなってしまうので、「クラウドマイニングの契約期間中なのにイーサリアムのマイニングができなくなっちゃった!」という風になる可能性があります。

目次イーサリアムのメトロポリスとはメトロポリス延期の原因は?? メトロポリスへの移行完了時期はいつ?メトロポリスによって価格は上がるのかビザンチウムによって変わったこととは?まとめ イーサリアムのメトロポリスとは メトロポリスとは、イーサリアムの大型アップデートの3つ目となる、プルーフオブワークからプルーフオブステークへの移行の準備段階です。メトロポリスはビザンチウムとコンスタンティノープルという2段階に分けて行われ、ビザンチウムは2017年10月16日に行われました。   プルーフオブワークの仕組みとは?プルーフオブステークとの違いも説明します!プルーフオブワークは暗号資産(仮想通貨)の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!続きを読む   メトロポリスは元々は2016年後半に完了する予定でしたが、どうしてこんなにも遅れてしまったのでしょうか。コインパートナーが解説します! メトロポリス延期の原因は??  ディフィカルティボムの影響 イーサリアムでは元々プルーフオブワークのチェーンからプルーフオブステークのチェーンにマイナーが移行するために、ディフィカルティボムというマイニングの難易度が上昇していく仕組みが予めプログラムされていました。しかしながら、開発の遅れによってプルーフオブステークに移行する準備が整わないままディフィカルティボムによる影響が出始めてしまい、ただ取引の承認に時間がかかる状態となってしまいました。 そこで、ディフィカルティボムへの対応を考える必要があり、それによって更なる遅れが発生することとなりました。 ハードフォークによる分裂の懸念 イーサリアムのアップデートはハードフォークによって行われます。ハードフォークというとビットコインの分裂を想起する方が多いのではないでしょうか。 イーサリアムのハードフォークは元々予定されているものであって、新しいブロックチェーンへの移行がスムーズに進むので、通貨の分裂を生むものではありません。 しかしながら、The

 

クラウドマイニングの詳しい解説はこちら↓

クラウドマイニングとは?特徴とメリット・リスク、安全でお得なサービスを解説! | CoinPartner(コインパートナー)
クラウドマイニングとは、マイニングを行う会社に出資することでその分の配当を得るというサービスです。自分でマイニングをしなくて良い代わりに、出資する会社が安全かどうかよく確かめる必要があります。この記事でしっかり比較しましょう!

 

クラウドマイニングのまとめ

  • お金を出すだけなので超手軽にマイニングができる!
  • 資金の持ち逃げ詐欺に注意!
  • クラウドマイニングならGenesis Miningがおすすめ!

みんなで協力!プールマイニング

皆で協力!?プールマイニングとは?

プールマイニングとは、グループで計算力を合わせてマイニングを行っていくというマイニングのしかたです。

その集団のことを「マイニングプール」といいます。

プールマイニングのメリット・デメリット

プールマイニングでは、みんなで計算力を合わせてマイニングを行い、得られたマイニング報酬を提供した計算力の割合に応じて分配するので、ほぼ期待値通りの報酬が得られるようになっています。

得られる報酬のばらつきが小さくなることが特徴です。

クラウドマイニングやソロマイニングでは、自分で所有している小さな計算力で計算を行っていくのに対して、プールマイニングでは、みんなの力を使うので一人一人の負担が軽くなります。

そのため、効率よくマイニングを行うことができます。プールマイニングでは期待値通りの報酬を得やすいです

安定した収入が得られるということは、運良くマイニングに成功しまくって大きな収入を得るということは起こりにくいということです。

もし自分が計算した範囲でナンスを見つけることに成功したとしても、それはマイニングプールがナンスを見つけ出したこととなり、利益は分配されてしまいます。

また、少額ではあるものの手数料も取られてしまうことも知っておきましょう。

クラウドマイニングとは違い、自分で実際にマイニングを行っていくわけなので、当然マイニングに必要な機材を買ったり組み立てたり設定をしたり、といろいろやらないといけません。ここが面倒なところですね。

マイニングプールの詳しい解説はこちら↓

マイニングプールとは?マイニングプールの仕組みやシェアを解説します! | CoinPartner(コインパートナー)
皆さんは「マイニングプール」をご存知ですか?今や主要暗号資産(仮想通貨)のマイニングのほとんどがマイニングプールでおこなわれており、その影響力は見逃せなくなっています。この記事ではその仕組みや、実際のシェアなどを解説します!

 

プールマイニングまとめ

  • みんなで協力して行うマイニング
  • 安定した収入を得られる
  • 機材はちゃんと準備しないといけない

報酬は独り占め!ソロマイニング

独り占めできる?ソロマイニングとは?

ソロマイニングとはその名の通り、他の人と協力せずに自分ひとりでマイニングをすることです。

このソロマイニングを趣味としている人も結構多いです。

ソロマイニングのメリット・デメリット

プールマイニングとの裏返しになりますが、自分ひとりで報酬を独り占めできるわけなので、運良くマイニングに頻繁に成功する日があれば、一気に報酬が多くなったりします。

プールマイニングの場合は少額ではあるもののマイニングプールの運営側に手数料を取られてしまいます。また、クラウドマイニングの場合もビットコインのマイニングに限り、毎日メンテナンス代を差し引かれるのが普通です。

ソロマイニングであれば、自分しか関係しないので、こういった手数料の類が一切かからないのがメリットです。

当然、運が悪く、全然マイニング報酬が得られないという日もあります。

プールマイニングと比べると日々の収入にバラツキがあるということですね。

プールマイニングと同じように、結局自分でマイニングをしないといけないわけなので、マイニングのための機材を買ったりセットしたりといろいろすることがあります。

クラウドマイニング以外の2つはどっちも始めるまでが結構面倒だということです。

ソロマイニングまとめ

  • 自分ひとりで行うマイニング
  • プールマイニングと異なり手数料を取られなくて済む
  • 収入が不安定になりがち

 

マイニングのやり方2

マイニングに必要なものは?費用は?

マイニングに必要なものとその費用は?

自分のPCやスマホ・iPhoneでもできる!

先ほどのBitZenyのような暗号資産(仮想通貨)であれば、自分が持っているパソコンや、スマホ・iPhoneでもマイニングが可能かつ、利益を出すことも可能となっています。

他の通貨も普段使うようなPCでのマイニングは可能といえば可能ですが、電気代も考慮するとほぼ利益が出ないと思っておいた方がいいです。

 

パソコンでちょっとだけマイニングをやってみたい、という場合には“MINERGATE”というアプリを使うのがオススメです!MINERGATEはインストールしたらすぐにマイニングを始めることができます

MINERGATEのインストールはこちらから

CPUマイニングにオススメの通貨

マイニングをするときによく用いられるのがGPU(Graphic Processing Unit)というゲームPCなどに入っているものなんですが、これはかなり高価になっています。

ここではCPU(Central Processing Unit)つまり普通のパソコンのなかに入っているのと同じタイプの演算装置でもマイニングがしやすいような暗号資産(仮想通貨)を紹介しようと思います。

Monero(モネロ)

モネロ(XMR)

Monero(モネロ)は匿名性の高い暗号資産(仮想通貨)として有名ですが、実は、マイニングにおいてはGPUマイニングがしづらくなっているという特性を持っています

これは、MoneroがCryptoNightというCPUと相性のいいハッシュ関数を用いているからです。

 

ガチでやりたい人はGPUマイニングをしよう!

マイニングをもっと真面目にやりたい、という方はGPUマイニングをするといいでしょう。

GPUマイニングをする際には、外付けのGPUであるグラフィックボード(グラボ)を購入したりして計算力を高めることができます。

GPUマイニングは計算力が高くなる!

各暗号資産(仮想通貨)によって、採用しているハッシュ関数、アルゴリズムが異なっているため、マイニングに向いているグラフィックボード(グラボ)は異なるという点に注意しましょう。

グラボにかかる費用は様々ですが、少なくとも1つあたり3万円〜4万円はかかります

 

では、GPUマイニングをする際にどの暗号資産(仮想通貨)をマイニングすればいいの?と困ってしまう方も多いと思います。

ここで便利なのが“WHAT TO MINE”というウェブサイトです。(https://whattomine.com/coins)

このサイトではどの種類のGPUをどれだけもっているのか、そして電気代はどのくらいかかるのかなどを入力すると、各ハッシュ関数に対してどのくらいの計算力が得られるのか、そして、どのくらい電気代がかかるのか計算してくれます

 

しかも、それを元に、各通貨の価格、そしてマイニングの難易度も考慮して、どの暗号資産(仮想通貨)をマイニングすれば一番利益が出るのか、そして、どのくらい利益がでるのかまで教えてくれます!

ASIC Boostを搭載したマイニングマシンを使うのもアリ!

ASIC(Application Specific Integrated Circuit)とは、特定の目的のためだけに作られた集積回路のことであり、ASIC Boostというのはビットコインのマイニングを効率的に行うASICです。

このASIC BoostはAntpoolの運営も行うBitmain社の特許技術であり、ハッシュ関数にSHA-256を採用している暗号資産(仮想通貨)のマイニングを行う上で必要な計算量を3割程度削減できます

Bitmain社の販売しているAntminerはこのASIC Boostを搭載した機械であり、非常に効率的にマイニングをすることが可能となっています。

Antminerの値段はかなり高く、たとえば、Antminer S9の価格は50万円です。

 

ただ、ASIC Boostの対策というのが最近は考えられており、ビットコインではSegwitという新技術の導入に付随して、ASIC Boostが効力を持たなくなっています

そのため、Bitmainの代表であるジハン・ウー氏はASIC Boostがまだ使えるビットコインキャッシュを支持しています。これが、ビットコインとビットコインキャッシュの分裂の原因となっているわけです。

 

Segwitについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください↓

Segwitとは?仕組みやメリット・デメリットを初心者向けにイラストで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは暗号資産(仮想通貨)の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!

電気代がかなりかかるので注意

実際にマイニングを始めようとなったときに、ついつい最初に買う機材の費用のことだけ考えがちですが、当然電気代もかかることを忘れてはいけません。

日本の電気代は海外に比べてかなり高く、マイニングをするには不利な国です。

よって、マイニングでどのくらい利益が出るかを考える時には、電気代がどのくらいかかるのかもしっかり調べて計算するようにしましょう!

 マイニングにかかる電気代ついて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください↓

マイニングにかかる電気代はどのくらい?頑張って節約しても大赤字!? | CoinPartner(コインパートナー)
マイニングの電気代がどれくらいかかるのか、検討もついてないのではありませんか?マイニングで儲かるならいいですが、電気代で赤字になってしまうのであれば本末転倒ですよね。今回は電気代と、マイニングで手に入るお金を計算してわかりやすく解説します!
マイニングのやり方3

持ってるだけでマイニング!?PoSのフォージング(Forging)

PoSのフォージングとは?

フォージング(Forging)とは

通貨の保有量に応じて報酬がもらいやすくなる

フォージング(Forging)とは、プルーフオブステークをコンセンサスアルゴリズムとして採用している通貨での取引の承認作業のことです。

プルーフオブワークでは計算作業によって報酬を得ることができますが、プルーフオブステークの場合は貨の保有量に比例して報酬を得やすいという利息が発生する状況と似ているため、マイニングと対比され、フォージングと呼ばれます

 

つまり、プルーフオブステークを採用している通貨なら持ってるだけでマイニングができちゃうっていうことですね!

フォージングのメリット

実質、不労所得!?

フォージングのメリットとしては、コンピューターに大量の計算をさせたりしないので、電気代がほとんどかからないということがメリットです。

つまり、電気代を差し引いたらこのくらいになるから…というように利益の計算で電気代のことをそこまで考える必要がありません

 

そして、放置するだけでいいのですごい楽ですよね。

マイニングもいろいろセットしたあとは放置すれば良さそうですが、そのあとも機器の冷却やブレーカーが落ちないかなどなどいろいろ考慮すべきことはあります。

フォージングなら新しい機材を買い足そうみたいなことも起こらないわけです。

フォージングのデメリット

インターネットに繋げていないといけない

フォージングのデメリットとしては、オフラインではフォージングができないという点です。

取引の承認権を得るのに通貨の保有量だけが関係するのは事実ですが、実際に選ばれた場合にはちゃんと取引の承認作業を行わないといけないわけですから、常にオンラインじゃないと困りますよね。

つまり、「パソコンを付けた状態で」放置するだけというのが正しいということです。

 

また、通貨を大量に保有しないといけないので、その通貨の価格変動の影響を大きく受けます

フォージングをする場合はほぼ常に大量の通貨を保有しなければならないので、通貨の量自体は増えたけど、日本円で見るとお金が激減しているなんてことになりかねません。

したがって、フォージングをするとしても必ず有望な通貨を選んでおく必要はあります。

フォージングまとめ

  • PoS採用通貨の取引承認を行うこと
  • 放置するだけで電力もあまり使わず報酬がもらえる
  • パソコンを常にオンラインにしておく必要あり
  • 将来性のある通貨を選ばないと損する可能性大

フォージングをやるなら日本人でも始めやすいLISKがおすすめ!

LISK 画像

フォージングで稼ぎたいなと思っている方にオススメの通貨は圧倒的にLISKです。
(厳密にはフォージングではなく投票するだけなのでヴォーティング(Voting)が正しいですが。)

LISKのフォージングはかなり利益が出やすく、しかも誰でも簡単にやりやすいです。

仮想通貨リスク(LISK/LSK)の特徴・将来性・価格・購入方法を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
LISK(リスク)は、イーサリアムとよく比較されたり、国内取引所で取り扱いが開始されて知名度が上がっている暗号資産(仮想通貨)です。本記事では、LISKの特徴や今までのチャートの動き通して、将来性を徹底解説します!

LISKのステーキングサービスは国内だとコインチェックしかない!

コインチェック ステーキング

実際にLISKのフォージングやってみたくなりましたか?

実は国内取引所のコインチェックなら、一般の方でも簡単にLISKフォージングの恩恵をうけることができます!

細かい説明は省きますが、これをステーキングサービスと呼びます。

日本でステーキングサービスを提供しているのはコインチェックだけですので、興味のある方はぜひコインチェックに登録してみてください。

ステーキングやるならココ

コインチェックに登録の際はこちらの記事をご参考ください↓

【動画・画像で解説】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法【5分で簡単】 | CoinPartner(コインパートナー)
Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるように日本円の入金方法やセキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の方法なども解説しています。
マイニングのやり方4

マイニングに関するQ&A

マイニングって何?

マイニングとは、新しいブロックをブロックチェーンにつなげる作業のことです。

世界初の仮想通貨"ビットコイン"を形作っているものこそ、このマイニングです。

こちらでマイニングについて詳しく解説しています。

マイニングは誰がやってるの?

マイニングをやっている人はマイナーと呼ばれています。

マイナーは新規発行されるビットコインを得るために、マイニングをしています。

こちらでマイナーの役割や報酬について解説しています。

一般人でもマイニングはできるの?

マイニングは、誰でも行うことができます!

マイニングにはいくつかの種類があり、それぞれ参入のハードルが異なります。

こちらで個人の方でも参入しやすいマイニングについて解説しています。

マイニングウィルスって何?対策は?

マイニングウィルスとは、パソコンに勝手にマイニング作業をさせてしまうというウィルスのことです。

よく分からないファイルを開いてしまって以降、やけにパソコンの動作が重くなった、という場合にこのマイニングウィルスの感染が考えられます。

また、ウェブサイトの中にこのマイニングウィルスを仕込むことも可能です。

 

このマイニングウィルスの対策としては、まず、「よくわからないファイルは開かない」ことです。

そもそもパソコンのウィルスに感染しないようにするための鉄則ですよね。

 

そして、ウェブサイトの中に仕込まれたマイニングウィルスについてはどうしようもないです。

Macであれば、ユーティリティの中に入っているアクティビティモニタを開くと、自分のパソコンが何にどれだけCPUを割いているかが分かります。

アクティビティモニタ(MAC)

この%CPUという欄を見て、ブラウザを閉じたはずなのに、ブラウザの%CPUがめっちゃ高い!という場合にはマイニングウィルスに感染している可能性があります

%CPUの高いやつをダブルクリックしてから終了を押すと、その動作を止めることができます。

 

また、“No Coin”というGoogle Chromeの拡張機能を利用すれば、そもそもウェブサイトからマイニングウィルスに感染しないようにできます

No CoinをChromeの拡張機能に追加する場合はこちらから。

マイニングで得た利益の税金は?確定申告は?

マイニングによって得た利益は、雑所得に分類され、所得税の課税対象となります。

よって、確定申告も必要になってきます。

つまり、暗号資産(仮想通貨)の取引で得た利益とかと同じような扱いなわけですね。

 

ただ、マイニングの場合にはマイニングをするにあたってかかった費用を利益から差し引いて計算することができるので、その点が違うことに注意していください。

こちらの記事で仮想通貨の税金について解説しています。

まとめ

マイニングまとめ

マイニングというのは、暗号資産(仮想通貨)を入手する方法の1つであり、また、暗号資産(仮想通貨)取引を承認していくための重要な作業であることがわかったと思います。

マイニングまとめ

  • クラウドマイニング、プールマイニング、ソロマイニングの3種類がある
  • マイニングする通貨はWHAT TO MINEで調べるといい
  • LISKのフォージングも儲かりやすくておすすめ!
  • マイニングで得た利益にも税金がかかる

暗号資産(仮想通貨)に興味があるなら、一度はマイニングをしてみてもいいのではないでしょうか?

お金があまり儲からないとしても、暗号資産(仮想通貨)のネットワークを強固にすることに繋がりますから、マイニングの意義は必ずあるはずです!

はじめの一歩がなかなか踏み出せない方には、コインを持っているだけで報酬が得られるCoincheckのステーキングがおすすめです!

ステーキングやるなら

Coincheckの無料登録はこちら

仮想通貨・ビットコインは儲かる?儲かる方法や仕組み、投資するメリットデメリットを徹底分析! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインは、儲かるのでしょうか?実は、実際に何人もの億り人(資産1億円以上の人)がビットコインによって誕生しました。この記事では、そんなビットコインでどのようにしたら儲けることができるのかについて説明していきます。