「PoS(Proof of Stake)って何?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

PoW(Proof of Work)と比べ知名度が低く、どのような特徴があるのかあまり知られていません。

そこでこの記事では、PoSの特徴やマイニング方法、PoWとの違いなどを解説しています。

この記事を読めば、将来主流になる可能性もある承認システムPoSの魅力がわかるようになります。

PoS(Proof of Stake)とは?

承認システムの一つ

Proof of Stakeとは、ブロックチェーンのマイニングを承認するシステムの一つです。

マイニングとは新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ作業のことで、この作業によって取引情報が正式なものとして共有されます。

PoSはビットコインで用いられる承認システムPoW(Proof of Work)の改善策として考案されました。

プルーフオブワーク(PoW)は仮想通貨の取引の承認システムの一つです。プルーフオブワーク(PoW)はビットコインに採用されていることで有名です。この記事では、プルーフオブワーク(PoW)に伴うマイニングという作業や、プルーフオブステーク(PoS)との違いについてもわかりやすく解説していきます!
 

2種類のPoS

PoSには2種類あります。

一方は、Coin Age(コインエイジ)と呼ばれる「保有量と保有年数」によってマイニングの成功率が変わる仕組みです。

 Coin Ageでは、より多くより長く通貨を保有していた方が、マイニングによって報酬を受け取れるようになっています。

もう一方は、マイニングに成功する確率が「保有量」に応じて決まり、ランダムに選ばれる仕組みです。

報酬をもらえる確率がコインの保有量に単純に比例するので、マイニング(採掘)と対比されフォージング(鋳造)と呼ばれています。

PoS(Proof of Stake)とPoW(Proof of Work)の違い

消費電力

PoWではより多く計算作業をした人がブロックの生成の権利を獲得し、報酬をもらいやすい仕組みとなっています。

そのためPoWでマイニングに成功するには、高性能なコンピューターを何台もフル稼働し、大量の電力を消費する必要がありました。

しかしPoSでは、マイニング成功率を計算量に左右されない仕組みになっています。

そのためPoSは必要電力が少なく、環境に優しい承認システムと言えます。

51%攻撃

51%攻撃というのは、世界の計算力の半分を越える計算力を持つ人や集団によってブロックチェーンの改ざんが行われてしまうことを指します。

PoWではこの51%攻撃が懸念材料でした。

しかしPoSで51%攻撃を行うには、大量の仮想通貨を保持していなければならないので、大量のコストがかかります。

さらに、51%攻撃を行うとその通貨の信頼度が下がり、攻撃のために集めたコインが無価値になってしまい、結果的に損をしてしまいます。

そのため、PoSでは51%攻撃が起こる可能性が低くなっています。

51%攻撃とは、仮想通貨で広く用いられているブロックチェーンの正常な動作を妨げる方法の1つです。51%攻撃をされるとどんな危険があるのか、どういう対策がなされているのかも含めて、コインオタクが徹底的に解説します!
 

PoS(Proof of Stake)のデメリット

流動性が損なわれる

PoSでは通貨の保有量が多いほどマイニングやフォージングに成功しやすくなるので、通貨を溜め込む人が多くます。

その結果、通貨の流動性が損なわれる可能性があります。

人と人の間を活発に移動してこそ通貨としての意味があるので、これは致命的な問題点だと言えます。

何重にも報酬を受け取れてしまう

PoWでは最も長いブロックチェーンにブロックを繋いでいかないと報酬がもらえなくなるという仕組みにより、ブロックの分岐を防いでいます。

しかしPoSでは、通貨を保管して放置するだけで報酬がもらえるため、最も長いブロックチェーンにブロックを繋げていくインセンティブが低いです。

そのためブロックチェーンが何重にも重複し、無効なはずのチェーンがマイニングされ続ける可能性があります。

その結果、報酬が何重にも支払われてしまう「Noting at Stake」という問題が発生してしまいます。

PoS(Proof of Stake)のマイニング方法

通貨を必要枚数以上購入

PoSでは、通貨の保有量が重要になります。

そのためまず承認システムにPoSを採用している通貨を必要枚数以上、購入する必要があります。

マイニングに参加するのに必要な枚数は通貨によって異なりますが、数万円から数十万円の場合がほとんどです。

通貨を一定期間以上保有

2種類あるPoSのうちCoin Ageの方は、通貨を必要枚数以上購入し、一定期間以上保有することでマイニングの参加資格が得られます。

このような条件を設けることで、頻繁に取引を行う投資目的の人が承認を行うことを防ぎます。

通貨を専用のウォレットで保管

仮想通貨を所有している期間は、マイニングの機能がある公式ウォレットへ保存しておかなければいけません。

公式ウォレットは、その仮想通貨の開発元が提供しています。

ほとんどの場合公式サイトから無料でダウンロードして入手し、自分のパソコンにインストールして動作させます。

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。
 

パソコンを起動させて放置

マイニング中はパソコンを起動して、公式ウォレットを実行しておく必要があります。

PoWのように計算をさせ続けるようなことはありませんので電力消費はそれほどではありませんが、多少の電力消費は覚悟しておきましょう。

PoS(Proof of Stake)の将来性

PoSはPoWより優れると評判で、PoSは注目されています。

仮想通貨で時価総額が第2位のイーサリアムは消費電力や承認速度の問題を解決するため、PoWからPoSへの移行を予定しています。

イーサリアムのPoSへの以降が成功すれば、大きく価格が上昇する可能性も考えら、今のうちに購入することで大きな利益を上げられる可能性があります!

今後イーサリアム以外にもPoSに移行する通貨が増えていく可能性も十分に考えられます。

承認システムの移行は通貨の価格に大きく影響を与える可能性が高いので、マイニングをしていない方も動向に注意しましょう!

イーサリアムが最近人気だけど、購入方法が分からない...。そうお悩みの方のために、最短での購入方法や手順について徹底解説!最もおトクに売買できるおすすめ取引所も手数料やセキュリティを含めて紹介します。
 

PoS(Proof of Stake)まとめ

PoS(Proof of Stake)まとめ

  • PoWの改善案として発明された
  • 消費電力を抑え、51%攻撃に強い
  • 個人でもマイニングに参加しやすい
  • イーサリアムがPoWからPoSに移行予定

PoSでは一定の条件を満たせば、あとはパソコンを起動させておくだけでマイニングを行うことができます。

poWと比べ、個人でマイニングに参加するハードルはとても低く、数十万円で参加できます。

今後、イーサリアムに続きPoWからPoS移行する通貨が出てくるか知れません。

PoSへの移行は通貨の価格に大きく影響するため、動向には注意しましょう!

国内外のイーサリアムに関するニュースはもちろん、様々な切り口のオリジナルコンテンツを配信。ETH価格に関する簡潔なニュースを《価格速報》、ETH相場をテクニカル分析やファンダメンタルズ要因分析を用いた詳細なニュースを《相場分析》としてCoinOtakuでは配信しています。