「暗号資産(仮想通貨)を新しく始めたいけど、暗号資産(仮想通貨)って危険なのかな?」

そんな悩みを抱えていていませんか?

たしかに暗号資産(仮想通貨)の取引所ハッキング事件などのニュースを聞いて、なんとなく暗号資産(仮想通貨)に手を出すには抵抗がありますよね。

そこで本記事では、暗号資産(仮想通貨)を新しく始めたい人のために暗号資産(仮想通貨)の危険性と安全な投資方法についてCoin Otaku(コインパートナー)が教えます。

暗号資産(仮想通貨)投資は決して怖いものではありません。

安全に取引する方法を理解し、暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩を踏み出しましょう。

暗号資産(仮想通貨)の危険性をまとめると...

    • 取引所ハッキングの可能性がある
    • ハイリスクハイリターン
    • 暗号資産(仮想通貨)の管理が難しい
    • 安全な取引所を選べば大丈夫

\おすすめNo.1取引所/

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)で無料口座開設

仮想通貨取引の危険性・リスク

取引所のハッキングされる可能性

2014年、当時世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所がハッキングされるという事件が起きました。マウントゴックス事件と呼ばれています。

この事件でビットコイン約75万BTC(約480億円)が流出してしまいました。

また、マウントゴックス事件以外にも取引所のハッキングは後を絶ちません(コインチェック事件など)。

暗号資産(仮想通貨)投資をする人は取引所を介して様々な取引を行うのですが、取引所がハッキングされると自身が取引所に保有していた資産は全て失うことになります

ハッキングされないような安全な取引所を選定することが重要です

暗号資産(仮想通貨)を始めてみたいけど、ハッキングとかが怖い...そんなあなたのために、実際に過去に起こったハッキング事件の詳細から、その手口、さらにはそれらの対策方法まで!この記事を読んで安心して暗号資産(仮想通貨)を始めてみませんか?
 
コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど暗号資産(仮想通貨)はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!
 

値動きが激しい

暗号資産(仮想通貨)は株などに比べて値動きが激しいです。したがって暗号資産(仮想通貨)は株などと比べると、ハイリスクハイリターンで大儲けできる可能性ある反面、大損する可能性があります。

また、暗号資産(仮想通貨)取引で億単位稼ぎだした人を「億り人」なんて言ったりするのですが、反対に価格が暴落する危険性も示唆しています。

暗号資産(仮想通貨)について調べ始めた人は「億り人」という言葉を(特にTwitterで)よく目にするかと思います。或いは「億り人」を調べて暗号資産(仮想通貨)を知った人もいるかと思います。そこで、「億り人」の意味、億り人のなり方などを分かりやすくまとめてみました!
 

セルフゴックスの可能性

セルフゴックスとは、自身のミスによって自分の所有している暗号資産(仮想通貨)を紛失してしまい、引き出すことが不可能になることを指します。言葉の由来は先ほど、少し紹介しましたマウントゴックス事件に倣ったものです。

セルフゴックスの例として以下のものが挙げられます。

暗号資産(仮想通貨)取引では、秘密鍵というものを使って自身の暗号資産(仮想通貨)の管理をします。銀行口座の暗証番号みたいなものです。この秘密鍵を紛失してしまうと、自分の所有している仮装通貨が取り出せなくなってしまいます。

暗号資産(仮想通貨)取引において公開鍵と秘密鍵は避けて通ることができません。暗号資産(仮想通貨)を安全に送るためにはこの2つの鍵が必要になります。公開鍵と秘密鍵はそれぞれ何なのか、管理する時に何に注意すればいいのか、どう管理すればいいのかを解説します!
 

暗号資産(仮想通貨)はアドレスを使って取引をします。間違ったアドレスに送金ミスをしてしまうと、基本その暗号資産(仮想通貨)は回収できなくなります。

自分の暗号資産(仮想通貨)の財布であるウォレットのパスワードを紛失してしまうと、復元できない可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。
 

暗号資産(仮想通貨)の選定が難しい

現在、世の中には2000種類以上の暗号資産(仮想通貨)が存在していると言われています。これだけ多くの種類の暗号資産(仮想通貨)があるとなると選定が難しいです

暗号資産(仮想通貨)の種類はいま1500以上もあるってご存知ですか?多すぎてそのひとつひとつの特徴なんて調べるのも面倒ですよね。この記事では代表的な暗号資産(仮想通貨)51種類を分野別に分けて紹介しているので、特徴をすぐにつかむことができると思います
 

また、世の中に存在している暗号資産(仮想通貨)には詐欺を意図して作られた暗号資産(仮想通貨)も存在します。スキャムと呼ばれるのですが、絶対に手を出してはいけません。

どこかで一度は聞いたことがあるワード「ビットコイン」「暗号資産(仮想通貨)」。2017年は「暗号資産(仮想通貨)元年」とも呼ばれています。でも一体ビットコインて何??仮想なのに通貨??詐欺じゃね??そんなビットコイン詐欺にまつわるあれこれを徹底解明!!!
 

仮想通貨レバレッジ取引の危険性

暗号資産(仮想通貨)レバレッジとは? 

レバレッジとは、英語lever、てこが由来の言葉で、レバレッジ取引をすれば、証拠金の何倍もの取引を行うことが可能となります。

上図のように、元手10万円でレバレッジを10倍に設定すると、最大100万円の取引ができるようになります。

日本では最大のレバレッジは4倍と上限が決まっていますが、海外にはレバレッジ100倍の取引所も存在します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!
 

ハイリスク、ハイリターン

暗号資産(仮想通貨)は株式・FXなど比べて、仮装通貨自体のボラティリティ(変動性)が大きいです。

そこにレバレッジをかけるとさらにハイリスクハイリターンになります。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引では大きな利益を狙える一方、大損する可能性があることに注意しなければなりません。

ロスカットがある

ロスカットとはレバレッジ取引において、一定の損失ラインを敷いてそれ以上に損失が転落しないように強制的に決済されることを指します。

ロスカットは取引者にとって損失額の拡大を防いでくれる一方、ある一定の損失限度額で損失が確定されてしまいます。

追証とは、損失が出ている時に取引所から追加で支払いを要求される証拠金のことです。

追証を支払わない場合には、強制的に決済されることになります。

上図では、追証ラインが80%で、50%のラインを下回るとロスカットが起こることを示しています。

もっと詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください!

DMM Bitcoinは広告塔にローラを起用したこと、手数料が安いことで有名ですが、レバレッジ取引ができる国内の取引所ということでも有名です。システム、手数料、具体的な操作の仕方をしっかりと把握したうえで取引にのぞめるようになりましょう。
 

安全に仮想通貨取引を行うには

情報収集が大事 

前述した通り、暗号資産(仮想通貨)取引では詐欺コインを買ってしまう危険性があります。情報不足により、このような詐欺コインに騙されないようにするために事前の情報収集が重要です。

CoinPartnerでは、投資初心者のために「コインパートナープレミアム」というアプリのサービスを提供しております。もちろん、無料です!

コインパートナープレミアムでは、リアルタイムでの暗号資産(仮想通貨)相場の実況、暗号資産(仮想通貨)に関するニュースなどを配信しています。いち早く暗号資産(仮想通貨)のトレンド情報を入手することができます。

安全な取引所を探そう

マウントゴックス事件をはじめとする取引所ハッキングからの被害を防ぐために、安全な取引所の選定をすることが重要です。

こちらの記事でコインパートナーおすすめの取引所をランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【2019年10月最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめランキング!初心者にとって暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩は、取引所で口座を開設すること。どこの暗号資産(仮想通貨)取引所の口座で投資を始めるか迷う初心者向けに、各社のおすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所がきっと見つかります。
 

初めは少額投資から

初めから大金で暗号資産(仮想通貨)投資をすると、暗号資産(仮想通貨)の値動きの激しさやレバレッジ取引によって、大きな損失を生む可能性があるので、暗号資産(仮想通貨)投資初心者は少額投資から始めましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?
 

仮想通貨初心者おすすめ取引所・ウォレット・サロン

DMM Bitcoin(取引所)

暗号資産(仮想通貨)投資初心者の方には、DMM Bitcoinをお勧めします。

大企業であるDMM .comが運営しているので、信頼性が高くセキュリティーやサポートなど多くの面で安心できる取引所です。

また暗号資産(仮想通貨)取引でトラブルなどが発生した場合に、DMM Bitcoinでは、LINEで365日体制でサポートセンターに直接問い合わせることができます

DMM Bitcoin はこちら!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

Ledger Nano S(ウォレット)

ウォレットとは名前の通り財布であり暗号資産(仮想通貨)を保存する場所です。

ウォレットは主に二つのタイプに分類されます。

ネットに繋がっているホットウォレットネットに繋がっていないコールドウォレットです。

コールドウォレットはネットに繋がっていないため、ハッキングされる可能性がほぼ0と言えるでしょう。

ここではコールドウォレットである「Ledger Nano S」を紹介します。

「LedgerNano S」は全世界で10万人以上の人が愛用しているコールドウォレットでセキュリティが高いです

Ledger Nano S の購入はこちら!

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。
 

コインパートナープレミアム(サロン)

暗号資産(仮想通貨)初心者のためにコインパートナープレミアムというサロンがあります。

コインパートナーで月利300%を3ヶ月連続で達成した凄腕トレーダーを始め、5人のメンバーによって運営されています。

サロン生の人数は700人を超えており、2年以上前から継続している歴史あるサロンです

完全無料で暗号資産(仮想通貨)に関する様々な情報を発信しており、暗号資産(仮想通貨)入門者が1から10までトレードを学べます!

仮想通貨 危険のまとめ

今回は暗号資産(仮想通貨)の危険性・リスクについてまとめました。

暗号資産(仮想通貨)の危険性をしっかり理解すれば、暗号資産(仮想通貨)に怖がる必要はありません。

暗号資産(仮想通貨)は決して怖いものではありません。

暗号資産(仮想通貨)投資家としての第一歩を踏み出しましょう。

DMM Bitcoinに無料登録する