億り人の意味って何?仮想通貨で億り人になる方法や税金対策まで解説します!

「億り人」って何だろう?

あなたは今、そうお考えではありませんか?​

「億り人」という言葉を目にして言葉の雰囲気は掴んだけど、その正確な意味はよく分からない。どういう人のことを指すんだろう?

仮想通貨に興味を持って調べ始めた人なら誰しも一度は考えることだと思います。

そんなあなたに朗報です!

この記事を読めば、億り人という言葉の意味や実際のその例などしっかり理解できます!

​しかもそれだけでなく、実際に億り人になるのはどうすれば良いのか?ということまで詳しく解説しているので、この記事を読めばあなたも億り人になれるかもしれません!

また、実際に億り人になった時の税金の話なども書いているので、この記事を読んで億り人に関する理解を深めてもらえれば幸いです!

億り人とは?

​まずは、「億り人」の意味を説明していきましょう。

​元々は株式やFXの分野の言葉​

簡単に説明すると、その意味は「投資や投機などの取引によって資産が1億円を超えた人」(もちろん造語です)。

元々は株の取引や外為取引(FX)をしていた人たちの間で生まれた言葉ですが、昨年多くの仮想通貨が大幅に値上がりしたことにより仮想通貨取引で資産が1億円を超える人が続出し、仮想通貨界隈でも頻繁に耳にする言葉となりました。

億り人の人数は?

​では、今何人くらいの「億り人」が存在するのでしょうか?

確かなデータは無いのですが、昨年5月の時点で大石哲之さんがTwitterで行ったアンケートでは​時価総額が1億円を超えていると答えた人が366人いました。

もちろんこれは誰でも虚偽の回答をできるTwitterのアンケートなので366人全員が億り人であるという保証はありません。

ただ、大石さんのフォロワー(とリツイートを見た他の人)だけでこの人数ですし回答していないフォロワーもいるであろうことから、仮想通貨で億り人になった人は1000人単位でいるでしょう

また、2018年4月10日に一般社団法人日本仮想通貨交換業協会​が発表した「仮想通貨取引についての現状報告​」という資料には国内の取引所に1億円以上置いているウォレットが268口座あるとの表記がありました。

億り人になっている人の多くは仮想通貨資産を取引所に置いておかず自分のウォレットで管理していると考えられ、さらに取引所のウォレットに預けるとしてもリスク分散のために一つの取引所ではなくいくつかの取引所に分散させていると思われるため、やはり日本に億り人は1000人単位で存在すると考えて良いでしょう。

​有名な億り人4人の気になる投資先や生活を紹介! 

​では、億り人にはどんな人がいるのでしょうか?そして、1億円以上の資産を構築した彼らはどのような生活を送っているのでしょうか?

Twitter等で有名な億り人を4人紹介していきたいと思います!

イケダハヤトさん 

まずは、コインオタクでも紹介したイケダハヤトさん。

目次仮想通貨ツイッタラー:イケダハヤトイケダハヤトさんのTwitterをチェック!イケダハヤトさんはどんな人物?イケダハヤトさんってどんなことをやっているの?まとめ仮想通貨ツイッタラー:イケダハヤト仮想通貨に関する情報を調べる際にインターネットを利用する人は多いでしょう。その中でもTwitterは他の情報リソースと比べても更新頻度が高く、生の、リアルタイムの情報が手に入れられます。そこで、今回はTwitterで仮想通貨に関する情報を集めたいならば絶対にフォローすべき有名人ツイッタラーのイケダハヤトさんについて紹介します。「イケハヤ信者」と呼ばれる熱狂的な支持者がいるように、仮想通貨界隈では非常に大きな影響力をもつイケダハヤトさん。なぜ彼が人気なのか?一体何をしているのか?その謎について詳しく見ていきたいと思います。イケダハヤトさんのTwitterをチェック!イケダハヤトさんは本人の似顔絵がアイコンとなっており、フォロワーは約16万2000人(2018年2月4日現在)と、他のツイッタラーに比べると圧倒的にフォロワー数が多いです。(アイコンは最近顔出しを控えるようになり、月に一度のペースで更新するかもしれないとブログに記してあります。)通常の仮想通貨トレーダーさんは仮想通貨に関する正確な情報を即座に伝えるべく、ニュースやチャートに関する速報を主にツイートしており、専門用語が多くある程度の知識がないとわかりにくくなっているのが現状です。それに対して、イケダハヤトさんは仮想通貨に関連する事柄に関して過剰書きで簡潔にまとめており、一般人でもわかるような内容になっています。先日のcoincheckにおけるXEMの盗難被害騒動もいち早くまとめて、さらには盗難防止策となるハードウェアウォレットについてもわかりやすく解説しています。さらには日常生活の風景や社会一般に対する秀逸な自説も多く投稿しており、仮想通貨に限らない幅広い分野に関するツイートが人気を博しています。そんなイケダハヤトさんのTwitterは以下のリンクから見ることができます!イケダハヤトさんのtwitterをチェック!イケダハヤトさんはどんな人物?一般企業に勤務後にブログ開始有名ツイッタラーとしているイケダハヤトさんですが、肩書きは「プロブロガー」であり、元はと言えばブログが人気となったきっかけでした。大学卒業後半導体

この人は東京での満員電車通勤に嫌気が指して高知県の嶺北エリア(本山町)に移住し、プロブロガーとして活動している方です。

今年の1月にコインチェックからの流出事件が発生したNEM(ネム)を推していて、今年の年明けには自身のブログで億り人となったことを明かしました。元手は1000万円だそうです。

それにしても、1億円以上もの資産を手にしても田舎の山奥で生活しているのって意外ですよね・・・と思いきや、億り人になる前ではありますが2500坪の土地を購入していたりします。

cisさん 

​この人は仮想通貨でけでなく株式やFXなどの様々な投資で莫大な資産を築いている方です。なので、仮想通貨の億り人とはちょっと違うかもしれませんね。

上の画像にもあるように、この人の資産は実に230億円!

​Twitterで度々取引に関することを呟いており、資産230億円の投資家の取引を参考にしようとするフォロワーはなんと25万人

影響力の大きさが分かりますね。

ぼのぼのですよさん 

​この人は元々不動産投資を行っていた人で、元手500万円から仮想通貨投資をスタート。昨年秋の高騰により億り人になったようです。

また、Twitter上ではその毒舌で皮肉の効いた情報発信で有名で2万人のフォロワーを擁し、毒舌すぎて同様に億り人であるKAZMAXさんから訴訟を起こされたほど

訴訟を起こすと言われた時には一度全てのツイートを消しましたが、直後には再びこのようなつぶやきをしました。訴訟を起こされてもこのような返しができるのはすごいですね。

与沢翼さん​

​この人はいわゆる元「ネオヒルズ族」で、情報商材などのビジネスで多額の資産を築いていましたなのでcisさんと同様に仮想通貨で億り人になったわけではありません。

しかし、その莫大な資産を元に仮想通貨リップルに1億円単位で投資しています。

そして気になる生活ですが、与沢翼さんはなんと今年の4月までドバイに住んでいました。しかも、世界一高いビルとして有名なブルジュハリファに住んでいたそうです。

ただ、今年の4月11日にはtwitterでドバイを離れることを報告しています。

今から億り人になる方法 3つ

以上、億り人について色々説明してきました。しかし、みなさんも仮想通貨に投資する以上はできれば億り人を目指したいですよね

そこで、ここからはどうすれば億り人になれるかを考えていきましょう。

​コインオタクの記事を読んで、今後伸びる通貨を見極めよう! 

​まず、億り人になる方法を考えるにはこれまで億り人になった人がどのようにして億り人になったのかを見ていくのが一番大事です。

最初は自分で新たな道を開拓していくのではなく、先人たちが歩いてきた道を辿ってみましょう。

​去年は多くの通貨が爆上がりしたから億り人が大量発生した​

多くの仮想通貨億り人が誕生したのは、「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年でした。

そして昨年数多の億り人が誕生した背景には、やはり様々な仮想通貨が著しい値上がりを遂げたという事実があります。

例えばビットコインは元旦に約11万円だったのが12月には200万円を超え、実に20倍もの値上がりを見せました。リップルに至っては約1円だった元旦から年末には一時約400円まで値上がりしました。

もし元旦に50万円分のリップルを購入していたら年末にはその時価は2億円まで膨れ上がっていたことになります。

一般社団法人仮想通貨交換業者協会の資料より

​このように、多くの仮想通貨が値上がりしたため、早めに購入していた人は持っているだけで億り人になることができたのです。

つまり、億り人になる方法の基本は「値上がりする通貨を見極めて購入し、値上がりまで待つ」ことです。

コインオタクのおすすめ通貨

​じゃあこれから値上がりする通貨はどれ?というのがあなたの正直なところかもしれません。

しかし、値上がりする通貨というのは個々の通貨にそれぞれ値上がりする要因があります。これから値上がりする通貨はもちろん一つではなく、様々な用途を想定して開発された様々な通貨が存在します。

なので、これから値上がりするであろう通貨を全部ここで説明すると非常に長くなるのでできません

そこで、下の記事にコインオタクおすすめの通貨をまとめました! 

仮想通貨を買ってラクして稼ぎたいけど、仮想通貨について勉強するのもめんどくさい、、、」そうお考えではありませんか?仮想通貨でうまくいけば資産が増えていく。でももし変な通貨を買って大暴落したらお金がなくなってしまう。もし、期待できそうな通貨を誰かが教えてくれたら手間がかからず理想的ですよね。「そんなおいしい話あるわけないじゃーん!」と思ったあなた。コインオタクが今年最も注目の仮想通貨を教えます。仮想通貨にも旬や流行があり、「いつでもこの通貨が一番いい!」などということはできず、はっきりと言うと世の中に出回っている「仮想通貨ランキング」の信憑性がないものが少なくありません。コインオタクでは仮想通貨が大好きな東大生30人が各コインのシステムを隅から隅まで分析したうえで「この1年間でもっとも期待できる通貨ランキング」を始め様々な観点からのランキングを作成しています。しかも、この記事ではどの仮想通貨がおすすめかを教えるだけでなく、どのように立ち回れば一番得するかまでお教えします。この記事を読み終わる頃にはお金持ちへの第一歩を迷わず進めることができるでしょう!今回は、ジャンル別おすすめ通貨と仮想通貨取引で最大限の利益を出す方法を紹介します!この記事をきっかけにあなたの素敵な仮想通貨ライフがスタートできたなら幸いです。この記事を読んだらわかること将来性・人気度・実用性など複数の観点からみたオススメ仮想通貨がわかるどのように仮想通貨を扱えば最も得するのかがわかるさっそく仮想通貨のおすすめランキングを見る!目次 いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 ビットコインだけじゃない⁉︎1500以上の銘柄から仮想通貨を選ぶポイント コインオタクが独自に選ぶ!2018年最注目おすすめ銘柄ランキングBEST3世界の超有名銘柄!時価総額ランキングBEST3友達はみんな買ってる!国内人気ランキングBEST4 価格が100倍以上になる可能性も⁉︎?草コインおすすめランキングBEST3すでに買い物に利用されている!実用性ランキングBEST3 仮想通貨で最大の利益を出すための6つのポイント取引で利用できるオススメツール5選まとめ いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 

この記事では今年注目の通貨を注目の理由と共にとても分かりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください! 

ICOで一攫千金!

今後値上がり​するであろう通貨を買っておくだけでなく、有望なICOに参加するという方法もあります。

ICOとは?​

​そもそもICOって何?という人のためにちょこっと説明しておきましょう。

ICOは「Initial Coin Offering」の略で、日本語にすると「新規仮想通貨公開」となります。

似たようなものにIPO(=Initial Public Offering、新規株式公開)というものがありますが、これはある企業が資金集めをするために新たに自社の株式を売り出すことを言います。

同様に、ICOとは何らかの事業を始める企業などが独自のトークンを発行して資金を集めることを言います。大抵の場合、そのトークンはその事業の成果物としての製品またはサービスで使用できます。 

詳しくは下の記事を参考にしてください!

目次仮想通貨を用いたICOとは?ICOの特徴ICOのメリットICOのリスク、詐欺の可能性も!?ICOの成功例日本での事例は?ICOの具体的な方法・トークン購入方法おすすめのICO案件は?コインオタク独自の判断基準ICOに関するQ&AICOまとめ 仮想通貨を用いたICOとは? ICO(initial coin offering)とは、資金調達をしたいスタートアップが新たな仮想通貨(トークン)を発行・販売して資金調達をする方法のことです。トークンセールやクラウドセール、プレセールとも呼ばれています。IPO(新規公開株)にかわる新たな資金調達方法として世界中で注目されています。 この記事では先にICOの特徴を述べて、その後に買い方などの手段を説明します。買い方を知りたい方は先にそちらをみてください。ただ、ICO参加は一攫千金が狙える夢のあるものですが、もちろんリスクも大きいので、よく理解してから参加しましょう。まさに、超ハイリスク・ハイリターンといった感じです。 ICOの特徴 ICOの仕組み あるスタートアップがプロジェクトを計画したときに、そのプロジェクトを実際にローンチするには、多額の開発資金が必要です。この開発資金を集めるときに、銀行から融資をうけたり、ベンチャーキャピタルで集めるのが一般的です。しかし、まだそのスタートアップの信用がない場合は、その資金調達方法を取れるとは限りません。審査など面倒くさいですし時間もかなりかかってしまいます。 そこで、使うのがICOです。自分たちで新たなコインを発行してそれをトークンセールで投資家たちに安く売ります。その対価としてBTCやETHなどの資産をもらうことで資金調達をします。この資金をもとに開発をすすめて、そのプロジェクトがうまく行けば、そのプロジェクトのトークンは価値が上がり、トークンセールで安くトークンを買った投資家も得をします。これがICOの仕組みです。 IPOとの違い

 ICOで儲けるにはどうしたら良い?​

​では、そのICOでお金を稼ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、基本としては有望なICOを見極めることです。

そして、ICOで購入した通貨が値上がりした時に売却します。

その売却のタイミングは二つ。

一つは、取引所に上場した直後です。ICOで発行されたトークンの中には、上場直後に瞬間的に異常なほどの値上がりを見せるものもあります。それを狙うのです。

二つめは、長期的に保有し時間をかけてジワジワと値上がりしてからです。本当に良い事業で発行されたトークンというのは、上場直後は大きく値上がりしなくても時間がたてばジワジワと値上がりするのものです。

​おすすめICOはある?​

​では実際におすすめICOはあるのでしょうか?

・・・残念ながら、「これを買っておけば確実に値上がりする!」というものはありません。あるとしたらそれを大量に買っておけばすぐに億り人になることができますが、投資はそこまで簡単ではありません。

しかし、有望なICOを見極めるための基準というものは存在します。それをいくつか紹介しましょう。

有望ICOを見極めるためのポイント5つ

  • スキャム(詐欺)の可能性は無いか​
  • プロジェクトメンバーはしっかりしているか
  • トークン設計はイケてるか
  • プロジェクト自体に将来性はあるか
  • 上場後に価格が上がっていくようなロジックがあるか

有望 ICOを見極めるには、ホワイトペーパーなどを読んでまずはこの5つのポイントでICOを評価しましょう!

また、ポイントを列挙されても実際にどういう面を考慮してこのポイントで評価すれば良いのか分からない・・・という人もいるかと思います。

そういう人は、コインオタクの記事にはICO案件についてこういったポイントに基づいて評価して独自の考察を書いている記事もいくつかあるのでそれも参考にしてください!

​最近ネット広告でよく見かけるPATRONというICOに参加してみたいけどよく分からない、そうお考えの方も多いのではないでしょうか?ICO自体は最近詐欺も多いし、もし参加したICOが詐欺だったら嫌だなぁと心配な方も多いかと思います。そこで、コインオタク独自のICOを選ぶ基準を踏まえた上でPATRONの内容を解説して評価していきたいと思います!ICOにはリスクがつきまとうことは事実ですが中にはビットコインなどへの投資より大きなリターンを得られるものもあるので、この記事を読んでもしPATRONに将来性を感じたら自己責任のもとでICOに参加してみてはいかがでしょうか?目次PATRONとは​コインオタク独自のICOを選ぶ基準!​PATRONは上場直後に売り抜けられるような値上がりするとは断言できない​PATRONは長期的に見ると値上がりする可能性が高い!​PATRONのプロジェクト概要​PATRONのプロジェクトメンバー​市場でのPATRONの評価​PATRONのメリット PATRONのデメリット 【PATRONの購入方法】ICOに参加するための手順◯つ PATRONまとめ​PATRONとは​​​Airbnbをモデルとしたシェアリングエコノミー​PATRONとは、一言で言うと「インフルエンサーのシェアリングエコノミー」です。シェリングエコノミーと言うとAirbnbやUberが有名ですが、要するにモノや場所、サービスなどを不特定多数の人間の間で共有して利用する仕組みのこと。宿泊場所を共有するのがAirbnb、車を共有するのがUberです。そして、PATRONは「インフルエンサー」を共有するのです(ホワイトペーパーにはAirbnbをモデルとしていると書いています)。インフルエンサーを共有、と言われてもピンとこないかも知れませんが、詳細は下記の「プロジェクト概要」で説明します。(以下プロモーションビデオ)​​コインオタク独自のICOを選ぶ基準!​あるICOが参加すべき案件なのか、それとも見送った方がいい案件なのかを見分けるためには、考慮すべきいくつかの基準があります。なので、PATRONに参加すべきか判断するためにPATRONをコインオタク独自の基準に照らし合わせてみましょう。​スキャムの可能性があるか​まず、スキャム(詐欺)の可能性があるかどうかで

  

MyTokenのICOがあるらしいけどよく分からない。そうお考えでは無いでしょうか?ICO自体最近だと詐欺も多いらしいし、実際のところどうなんだろう?と心配な方も多いと思います。この記事を読めばMyTokenのICOのことを詳しく知ることができます!もちろんICOにはリスクがあることは事実ですが、投資するならビットコインなどよりもリターンが大きいことも事実です。ICOのことを詳しく知って判断し、MyTokenに将来性を見出したならば投資するのも良いかもしれません!目次​MTとは?コインオタク独自のICOを選ぶ基準!取引所上場直後に値が上がりそう!長期的にも価格が上がる予想!MyTokenのプロジェクト概要MTのメリットMTのデメリット【MTの購入方法】ICOに参加するための手順MTまとめ​​​MTとは?​MTとは中国NO.1人気仮想通貨ツールアプリであるMyToken内で使えるトークンのことです。具体的には、取引手数料や有料コンテンツなどの利用料としてお金の代わりに使用されます。MyTokenユーザーはMTが無いと取引やコンテンツを見ることが出来ないため、MyTokenユーザーにとってMTは必須となるでしょう。コインオタク独自のICOを選ぶ基準!​​仮想通貨が定着し始め近年数々のICOが行われています。ICOの中から次のイーサリアムやリップルを見つけるために、コインオタクは以下の基準によってICOについての投資判断をすることをお勧めします!詐欺コインの可能性はないか​最近ではICOを利用した詐欺も急増しています。美味しい話にはやはり裏があるので、せっかく資産を投資したICOが詐欺である可能性をもあります。情報をしっかりとリサーチし、常に疑う姿勢をつけましょう。トークン設計がしっかりしているかいくら技術的にいいものでも利用価値がなければ普及することは難しいでしょう。トークンが流通する仕組みが整っているか確認しましょう。​プロジェクト自体に将来性があるかユーザーが利用したくなるプロジェクトであれば需要が高まります。​ICOの計画などをしっかり確認して将来的に発展するものであるかを考えてから投資するようにしましょう!上場後に価格が上がっていくようなロジックがあるかやはりICO自体には投資が盛んになり購入する方も多いと思うのですが、一番大事なのは取引所などに上場してからどう

FXで儲ける 

仮想通貨でお金を稼ぐ方法として、上で挙げた2つの方法以外にも​仮想通貨でFXをするという方法があります。

FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語に直すと「外国為替証拠金取引」になります。

「外国為替」という言葉の通り、元々は仮想通貨ではなく米ドルや英ポンド、ユーロなどの外国の通貨と日本円を取引する仕組みでした。

しかし、仮想通貨が登場してこのFXの仕組みが仮想通貨取引にも導入されて以降、外国の通貨ではないのですが仮想通貨でも「FX」という言葉が使われるようになりました。

通常は「現物取引」と言って、自分の持っているお金の分しか仮想通貨を購入できないのに対し、この「FX」という仕組みを使うことによってレバレッジをかけて自分の持っているお金以上の仮想通貨を取引することができるようになるのです。

(詳しくは下の記事をご覧ください!)

「ビットコインの現物取引には慣れたからそろそろFXにもチャレンジしてみたいけど、やり方や仕組みがよくわからないしなんだか怖い、、、」 そんなことを考えたことはありませんか?FXの仕組みをしっかりと理解して上手にトレードできれば今以上に利益をあげられる可能性が高くなって理想的ですよね。そんなあなたのために、FXに精通している東大生トレード集団がビットコインFXの仕組みを解説します!さらにFXでの勝率をあげるための具体的なテクニカル分析の手法も紹介しているので、より確実性をもってFXを実践することができます!この記事ではそもそもビットコインFXとは何なのかというところから、ビットコインFXにおすすめの取引所、チャートの分析の仕方まで徹底解説します。仕組みとテクニカル分析の手法をしっかりと理解して、確実性の高い取引で安心してFXデビューを果たしましょう!目次ビットコインFXとは?現物取引との違いは?ビットコインFXのメリットビットコインFXのデメリット 知っておくべきリスクとは国内外のビットコインFX取引所比較ビットコインFXのやり方ビットコインFXでのチャート分析ビットコインFXにかかる税金は?まとめ

 FXはハイリスクハイリターン

このFXという仕組みは5倍や10倍などの高いレバレッジをかけて取引するため、ハイリターンであると同時に非常にハイリスクでもあります。

上手くいけば1日で元手が倍になることがある一方、下手すれば1日で元手がゼロになることもあります

ただ、先ほど紹介したcisさんのように仮想通貨FXで大きく稼いでいる人がいることは事実ですし、FXについて勉強した上で挑戦してみるのもいいかもしれません。


億り人の税金対策5選

投資が成功して無事億り人になれたとしましょう。しかし、ここ日本では利益をあげるとその額に応じた税金を支払わなければなりません。

せっかく頑張って利益をあげたのに多額の税金をとれるのはもったいないですよね。

なので、少しでも納めなくてはならない税金の額を減らそうと様々な方法が考えられてきました。それをご紹介したいと思います。


その前に、まずは最初に億り人の人たちがどのくらい税金を支払わないといけないのかを見ていきましょう。

​税率は利益額による 

日本において所得税は仮想通貨の場合は仮想通貨資産額ではなく一年間で利益確定した額に応じて発生します。

そして、その額は利益が4000万円以上ならなんと45%!さらにここに住民税10%が加算されます。

つまり、1億円の利益が出ても5500万円は税金として取られて手元に残るのは4500万円だけなんです

(厳密には479万6000円が控除されます)

仮想通貨の税金について詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください!

目次ビットコインでの利益に申告は必要か?いくら税金がかかるの?仮想通貨で利益を出した時の節税方法計算方法と課税についてのQ&Aまとめ ビットコインでの利益に申告は必要か? ビットコインで得た利益はもちろん課税対象です。もし申告しなければ脱税行為とされる可能性があるので気を付けましょう。しかし脱税ではなく節税は違法ではありません!賢く節税して儲けはしっかり確保しましょうね!! 確定申告が必要 普通の会社員の方は年末調整も含めて会社で行われるので納税は会社が済ませてくれますよね。 しかしビットコインによる利益は税務署に確定申告を行う必要があります。これは、1月1日~12月31日までの1年間の所得の計算を行い、翌年の2月16日~3月15日の間に国に対して報告することです。 確定申告の条件 各自で確定申告が必要な類型として大まかに以下の3つに分類することができます。 a.給与の収入金額が2,000万円を超える方b.給与所得や退職所得以外の所得金額(収入金額から必要経費を控除した後の金額)の合計額が20万円を超える方c.2か所以上から給与の支払を受けている方 ビットコインの取引で利益を得た場合(キャピタルゲイン)は、給与所得や退職所得以外の所得に分類されるので、上のほとんどの方がbに該当すると思います。 確定申告の計算 基本の計算は以下のシンプルな式で計算されます。 利益ー必要経費=収入 では次に実際にその収入にいくらの税率がかかるのか見ていきましょう。 所得に応じた税率と控除額に注意せよ! つまりサラリーマンなら20万円が分岐点 確定申告の類型からサラリーマンの方なら20万円以上の利益を上げるかどうかが分岐点になることがわかりますね。そして所得税に関しては所得額により税率が変わる(累進課税)が採用されていることがもうひとつのポイントです! 注:消費税については平成29年度税制改正大綱で仮想通貨の取引に関して2017 年 7 月 1 日より消費税が非課税となりました。(消費税法施行令の一部を改正する政令) いくら税金がかかるの? ビットコイン(仮想通貨)の課税所得と控除額まとめ 課税される所得金額所得税率控除額195万円以下5%¥0195万円ー330万円以下10%¥97,500330万円ー695万円以下20%¥427


目次 ビットコインの利益に確定申告は必要?確定申告が必要なのはどんな人?確定申告早見表会社員でもできる節税法って?確定申告しないとどうなるの?どうやったらできるの?仮想通貨の確定申告に関するQ&A仮想通貨の確定申告に関するまとめ ビットコインの利益に確定申告は必要? 今年のビットコインの価格上昇でたくさん利益を得られた方も多いのではないでしょうか?もうけたお金で何を買うか考える前に何か忘れていませんか?そう、税金のことです!!せっかくの給与も手取りになるとこんなに少なくなるなんてと毎月ため息をつきたくなりますよね。 ではビットコインなら税金とは無縁かというとそう甘くはないのです。ビットコインで得た利益は今年から所得扱いで確定申告が必要です! 確定申告が必要なのはどんな人? では確定申告はすべての人が必要なのでしょうか?確定申告と聞くとうちはサラリーマンだしそんなの関係ない話と思った方は注意してくださいね! そもそも確定申告とは1月1日~12月31日までの1年間の所得の計算を行い、翌年の2月16日~3月15日の間に国に対して報告することです。ではどんな人なら確定申告が必要なのでしょうか?ここからは給与所得を得ている人を前提とします。そうすると対象者は以下の7類型にわけられます。 1 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人 2 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人3 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人 (注) 給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。4 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人5 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人 6 源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている人 7 退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人) Source: No

 では、税金対策は?

​莫大な利益が出たのに、同時に莫大な税金を取られてしまうのは勿体無いですよね。

そこで、少しでも支払う税金額が少なくなるように様々な節税方法が考えられてきました。それを少し見ていきましょう。

できるだけトレードせずに長く保有する

これはいわゆる「ガチホ」と言われる方法です。「ガチホ」という言葉は聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

 (ガチホについて知りたい人は下の記事をご覧ください!)

マイニングとは?仕組み・やり方・儲け方・おすすめ仮想通貨まで解説!

 仮想通貨は他の通貨に交換したり仮想通貨で商品を購入したりすると税金が発生します。

なので、細かくトレードせずに価格が上昇するまで長く保有するというのは基本的な節税方法と言われています。

個人事業主として開業する

個人事業主として開業すれば、仮想通貨投資で利益を上げるためにかかった費用を経費として利益額から差し引くことができます。

なので、細かい経費などもきっちり領収書を取っておくとそれなりに節税になります。

毎年少しづつ利益確定していく

先ほど1年間の利益が4000万円以上の場合は所得税率45%になると言いましたが、もっと利益額が少なければ

1800万円〜4000万円の場合は40%

→900万円〜1800万円の場合は33%

→695万円〜900万円の場合は23%

→・・・

という風に、利益額が少なくなればなるほど税金額も少なくなります

なので、もし1年間で6000万円の含み益が出たとしても1年間に1500万円の利益確定(利確)を4年間続ければ、1年で6000万円利確した場合の所得税額2700万円から2000万円に減り、700万円も節税できることになります。

含み損の通貨も損益として決済することで利益額を減らす

​仮想通貨の課税対象は1年間の利益額ですが、その「利益額」とは1年間の仮想通貨交換で発生した利益だけでなく損益も一緒に計算します。

なので、もしあなたが今含み損の通貨を持っていてその通貨が上がる見込みも無ければ、その通貨を決済して損益を計上することで合計の利益額を圧縮することができます。

ふるさと納税を活用する

ふるさと納税という制度をご存知でしょうか?

詳しくは総務省のHPを見ていただきたいのですが、要するに「地方の任意の自治体に寄付をし、その寄付額に応じた返礼品を受け取ることができ、なおかつその寄付額分が所得税及び住民税から基本的に全額控除になる」という制度です。

この制度を活用することで節税をすることもできます。

以上、仮想通貨での節税方法を5つ書いてみました!まとめると以下のようになります

節税方法5つ

  • ガチホ
  • 開業
  • 少しづつ利確
  • 損益も計上
  • ふるさと納税

  以上、億り人になった時の税金について理解が深まれば幸いです!

まとめ​​

億り人のまとめ

  • 億り人とは、投資で1億円以上の資産を築いた人のこと
  • 億り人になるには、値上がりを見込める通貨を購入するのが基本
  • 有望なICOに参加するという方法もある

 以上、億り人についてまとめてみましたが、参考になったでしょうか?

ただ億り人とは何かを知りたかった人、億り人にどうやったらなれるかを知りたかった人、色々いるかと思いますがこの記事が参考になれば幸いです!