仮想通貨はどこまで下落するか

3日の仮想通貨市場はビットコインが-1.4%、リップルが-0.5%、イーサリアムは-1.7%の下落となった。

下落の圧力が強くて、トレンド転換するには厳しい展開が続いている。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

3日5時現在のビットコインの価格は794,341円、前日同時刻比で-1.4%の下落となっている。

ここまで下落傾向の続いているビットコインは、流れを変えられずに更なる下落を記録した。

2日4時台から上昇が始まり、11時台には81.2万円まで価格を上昇させてピンクライン(83.1万円)に近づく動きを見せた。

しかし、12時台からは下落となって17時台には79.3万円まで価格を落とすこととなった。

18時台には反発して、そこから80万円前後で推移が続いていたが、22時台からの下落で80万円を割り込んだ。

今後も引き続き厳しい展開が続いていきそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!

 

リップル(XRP)

3日5時現在のリップルの価格は0.221ドル(24円)、前日同時刻比で-0.5%の下落となっている。

ここまで下落傾向が続いているリップルは、一時上昇があったものの、そこから価格を落とす形となった。

2日5時台から上昇が始まると、10時台には0.225ドル(24.44円)までの上昇を見せた。

しかし、11時台から下落傾向となると、下落は17時台まで続き、0.221ドルまで価格を落とすこととなった。

18時台からは大きな変化なく、一定の水準で推移が続いているため、今後は上昇を見せてこの価格帯からの脱却を期待したい。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま

 

イーサリアム(ETH)

3日5時現在のイーサリアムの価格は148.62ドル(16,062円)、前日同時刻比で-1.7%の下落となっている。

下落傾向の続いているイーサリアムは上昇を見せたものの、その後は下落傾向が続いている。

2日1時台からは始まった上昇は、7時台まで続いて151.80ドル(16,406円)まで価格を伸ばした。

しかし、8時台から下落が始まると、14時台には148.67ドル(16,068円)まで下落することとなった。

その後は15時台から上昇したものの、23時台には下落となって価格を落としている。

この調子でいくと、オレンジライン(144ドル:15,563円)までの下落もあり得るので注意が必要だ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓