Zaif(ザイフ)とは

Zaifとは、国内の仮想通貨取引所でbitFlyerやcoincheckと共に三本の指に入る非常に規模の大きな取引所です。手数料の破格の安さや、コインの自動積立機能、最近のCOMSAのICOトークンセールなどによって最近さらに人気が高まっている取引所です。その反面、人気の高まりによって本人確認に時間がかかる頻繁にサーバーがダウンするなどの問題も出てきていてイライラしている方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!

 

一方で運営元であるテックビューロ社2018年に金融関連のインフラコストを10分の1するというワクワクさせる目標を掲げて次世代型のブロックチェーンであるmijinを開発するなど高い技術力に裏打ちされた面白い企業であることも見逃せません。今後のZaifの環境改善・さらなるサービスの質の向上を期待しましょう。Zaifの公式ホームページはこちら


Zaifの入金方法

さて、早速本題に入っていきます。実のところ、Zaifの入金方法は他の取引所よりも多少特殊で少しばかり注意が必要です。仮想通貨界隈でも、入金方法がわからないという発言をしばしば見るので軽く紹介しておきたいと思います。

銀行振込による入金

Zaifのマイページにログインして右上の「アカウント」という項目を選んでください。

このようなページが出てくるので、「日本円」の項目を選択します。

銀行振込による入金を選択すると下記のような表示が出てくるのでそこに自分が入金したい額を記入します。ここでは仮に20000円入れるとします。20000と記入して入金開始のボタンを押します。(このボタンでお金が動くことは決してないので気楽に押してもらって大丈夫です。コインオタク自身は最初押すときだいぶ緊張しましたが……)

入金開始を押すと下記のように、振込先や識別コードが表示されるのでそれを確認して振込を各金融機関で行えば完了です!一番下の項目で入金リクエストを取り消すことも簡単にできるので安心ですね。

識別コードは見落としがちなのでしっかりこれを確認したうえで振込に行くように注意してください。





イレギュラーなケース

一番左側にある「銀行振込による入金」を選択すると、銀行の営業時間外だと下記のような表示が出てきます。営業時間外に日本円を振り込んだとしても、翌営業日にしか反映されないことに注意が必要です。

そのことを理解したうえで、右下の「銀行振込による入金を開始する」を選択すると、③と同様の画面に行くので同じように処理できます。



たったのこれだけです!もう大丈夫かなと思います。


コンビニ決済入金・ペイジー入金

基本、Zaifの入金は手数料の観点から銀行振込をお勧めしますが、せっかくの買いのタイミングなのに取引所の円はすっからかん、という場合はコンビニ決済入金・ペイジー入金をするのも選択肢の一つでしょう。こちらは簡単に雰囲気を掴んでもらうくらいでいいと思います。

コンビニ決済入金

①「銀行振込による入金」の項目の隣にある「コンビニ決済入金」を選択します。


②入金金額を記入するとアカウント情報が出てくるから確認して続行します。


③利用するコンビニを選択してそのコンビニの決済方法に従って決済して入金完了です。

※コンビニ決済はクレジットが使えず現金のみ可であることに注意してください!


ペイジー入金

①「ペイジー入金」の項目をクリックします。


②入金金額を入力して入金開始ボタンを押します。


③ペイジーでの支払いに必要な番号をチェックし、ペイジー対応のATMやネットバンキングで支払いすれば入金完了です!


Zaifの入金手数料が無料ってホント?


突然ですがZaifの入金手数料を無料にする方法があるのをご存知ですか?

Zaifの場合であれば提携している住信SBIネット銀行という金融機関で口座開設をすれば入金手数料が何度でも無料です。そして、極めつけは24時間いつでも入金が可能です。

実際に仮想通貨投資をされている方は特に便利さが伝わるかと思います。


ネット銀行という概念はどうしても受け入れられないという方は仕方ないですが、仮想通貨という実態のないものに投資をしているのであればそういう抵抗感を感じるのは不思議でしょうがないですが…。

Zaifの入金は銀行orコンビニ?


Zaifの入金は銀行振込がおすすめ 

Zaifに関わらず基本的に他の取引所でも、大前提として銀行振込をお勧めします。その理由は下記の通りです。

〇自分の口座の金融機関と取引所の提携金融機関が同じであれば手数料が無料あるいは割安になります。


〇クレジットカードは手数料が高すぎて論


〇ペイジー入金・コンビニ決済入金も手数料が銀行振込よりも高い


Zaifの入金を最大限お得にする方法


取引所と提携する金融機関をチェック!

Zaifに関わらず、入金に関するアドバイスとしては取引所との提携金融機関をチェックしておくことくらいです。それだけかと思われるかもしれませんが、案外ここを意識して入金している人はあまり多くないです。仮想通貨は今、圧倒的に成長分野だから小さい手数料なんてと思われるかもしれませんが、一回何百円の手数料でも10回・20回と回数を重ねていくと馬鹿になりません


Zaifの場合は、先ほど紹介した通り住信SBIネット銀行と提携しておりここの口座を開設しておけば何度でも入金が無料で、しかもいつでも入金することが可能です。

新たな口座開設が面倒くさい!

自分の使っている口座の金融機関がZaifの提携金融機関と違うが、もう新たに口座を開設するのが面倒くさいという方ももちろんいらっしゃるでしょう。無料で入金することはできませんがこの場合は別の注意すべき点があります。


Zaifでは金融機関の営業時間外では入金が反映されるのが基本翌日になる、という厄介な問題です。

ある通貨の期待感を高める情報をつかみ、いち早くその通貨を買いたいと考えたときに手元にお金がない状況だったらあなたはどうしますか?コインオタクなら、迷わずペイジーかコンビニ決済を使います。クレジットは正直手数料が高すぎて論外です。

ただ、あくまでそれはこういう状況になったらということです。基本的には、追加投資したいときにすぐに動かせる日本円を常に一定額入れておくようにしておきましょう。そうすることで、銀行振込よりも高い手数料を払う必要もないし絶好のチャンスを逃すこともありません。


ちなみにZaifの入金手数料は下記のようになります。

コンビニ入金→3万円未満:486円 3万円以上:594円

ペイジー入金→3万円未満:486円 3万円以上:594円

Zaif以外の国内取引所と比較

bitFlyer(ビットフライヤー)について

bitFlyerは、住信SBIネット銀行三井住友銀行と提携しています。住信ならZaifと同様いつでも無料で入金が可能であり、三井住友なら108円という比較的安い手数料で入金ができます。


入金方法は、自分のマイページのホームの左側の「入出金」の項目を押下→書いてある口座に振り込む、これだけです。


三井住友銀行では出金手数料も割安なのでSMBCユーザーはおいしい思いができるでしょう。


また、bitFlyerではクイック入金と言われるペイジーやコンビニでの入金の手数料が324円(税込み)/1回というように、Zaifよりも安くbitFlyerならこれらの入金方法も割とありです。

coincheck(コインチェック)について

コンビニ関連の手数料が高いのがコインチェックの特徴です。なおさら、銀行振込をするのがよさそうですね。下記がコンビニ入金の手数料一覧になります。

3万円未満:756円

3万円以上50万円未満:1000円

50万円以上:入金金額×0.108% + 486 円

ちなみに、コインチェックも例の住信SBIネット銀行と提携しています。

まとめ


Zaifの入金方法はちょっと特殊だが慣れればちょろい!

提携する住信SBIネット銀行の口座開設は考慮に入れる!

住信以外の口座なら、Zaifの入金は基本銀行振込を時間的な余裕を持ってやっておくのが一番!

ペイジー入金・コンビニ入金もったいない

住信無敵

これだけ持ち帰ってくれば大丈夫です。

Zaifの公式ホームページはこちら