「ライトコインってどんな通貨なの?」そんな風に思ってはいませんか?

ライトコインの名前は知っていても、どんな特徴があるとか詳しいことって分かりにくいですよね。

この記事ではライトコインの特徴や将来性について分かりやすく解説しています。

さらにライトコインのおすすめの購入方法も紹介しています。

この記事がライトコインの正しい理解に繋がれば幸いです!

 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin・LTC)とは?

ライトコインは2011年11月に公開されました。

ライトコインとは、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発された仮想通貨で、アメリカでは特に人気の通貨です。

ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり普及したりするかは、ビットコインにかかっています。

通貨単位はLTCです。

ライトコイン(Litecoin・LTC)の特徴

ビットコインを改良した仮想通貨

ライトコインとは2011年に開発されたビットコインの次に歴史のある仮想通貨です。

ライトコインの開発者は、元Googleエンジニアのcharlie lee氏(チャーリー・リー氏)です。

ライトコインとはビットコインをサポートする通貨であり、ビットコインが「金」ライトコインが「銀」だと表されています

具体的には、ビットコインの次の通貨であるライトコインは、ビットコインの問題点であると指摘されていたブロックの生成速度を改善し、少額決済の用途も担えるよう、手数料が少額になるよう改善しました。

下の表は、決済速度や手数料を比較した表です。

評価基準 ビットコイン ライトコイン
決済速度 10分 2.5分
手数料 500円 10円
ブロックサイズ 1MB(実質1.7MB) 20GB

手数料は大きく変動することがありますが、やはりビットコインはまだ人気があり取引量が多く、手数料が少し高くなっています。

 

ビットコインの仕組みや課題について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

 

 優れた決済サービスを提供

2018年からは、ビットコインやライトコインの送金システムのLitePalが開始されました。

ALiants Paymentsとの提携も発表されました。

またライトコインはライトニングネットワークにも対応をしていて、アトミックスワップにも対応できますし、少額決済にもライトコインを使えるようになりました。

ライトニングネットワークとは、少額の決済記録をブロックチェーン以外のところに保管しておいて、ある程度時間が経ったら二者間でどれだけの量移動したかという記録だけをブロックチェーンに記録するという技術です。

ライトニングネットワークについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

ライトニングネットワークとは?ビットコインにsegwitが導入されたことで最近話題になっているライトニングネットワークですが、決済が早い!って情報しか知らない人も多いですよね。詳しい仕組みや問題点はないのか解説します!!!

 

ライトコイン(Litecoin・LTC)の仕組み

Segwit

ライトコインではSegwit技術を導入しています。SegwitとはSegregated Witenssの略語です。

本来ブロックに書き込まれるトランザクションには、取引でどれだけの量の通貨が動いたかという情報と、誰と誰の間でその取引が行われたかという署名に当たる情報があります。

Segwitは、この署名の部分を切り離してWitness Commitmentという値にまとめて、その値だけブロックに書き込みます。

Witness Commitmentは変換される前と比べて使う容量が少ないので、り多くのトランザクションを1つのブロックに詰めて処理することができ、スケーラビリティ問題を解決することができます。

Segwitについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは仮想通貨の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!

 

 アトミックスワップ

アトミックスワップとは第三者を信用することなく仮想通貨を直接交換できるようになる技術のことです。

従来のアトミックスワップでは手数料がかかってしまったり、時間がかかってしまったりという問題点がありましたが、ライトニングネットワーク技術によってそれらの問題が克服されアトミックスワップ技術の実用化に大きく近づいています。

ライトコイン(Litecoin・LTC)の評価

知名度 ☆☆☆☆
将来性 ☆☆☆
投資リスク ☆☆☆☆
買いやすさ ☆☆☆☆☆
実用性 ☆☆

知名度 ☆☆☆☆

2011年からある歴史のある通貨ということもあり、知名度は非常に高いです。

また、仮想通貨の取り扱い数が少ない国内の仮想通貨取引所でも良く扱われています。

将来性 ☆☆☆

将来性はビットコインの成長に大きく影響されます。

あくまでもビットコインを補助する通貨であるという見方なので主役であるビットコインの成長に期待することになります。

投資リスク ☆☆☆☆

ライトコインは2011年から長く取引されていて通貨としてある程度成熟しています。

そのため、暴騰を期待することはできませんが暴落の危険性も極めて少ないと考えられます。

買いやすさ ☆☆☆☆☆

ライトコインは国内・国外含め多くの取引所で取り扱われています。初心者の方でも購入しやすい販売所を運営しているコインチェックなどでも購入することができるので、とても簡単に購入することが可能です。

実用性 ☆☆

Segwitやライトニングネットワーク、アトミックスワップなどの技術の導入により、ビットコインの苦手としていた少額決済や決済スピードを向上させることには成功していますが、実用化の例はまだ少ないです。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin・LTC)の今後・将来性

ライトコインの今後はどのようになっていくのでしょうか。

ライトコインの価値が今後上昇するかどうかは、ビットコインの成長とライトコインの決済機能の向上にかかっています。

ライトコインではLitePalの実施やALiants Paymentsとの提携により、確実に決済機能向上のためのアップデートを行い続けています。

2019年にはライトコインの半減期がありました。ライトコインでは4年に一度マイナーのマイニング報酬を半減する半減期が設けられています。

そのため、長期的にはライトコインの希少価値が高まっていくものと思われます。

ライトコインの今後のについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

仮想通貨のライトコイン(LTC)の今後について徹底予想します!ライトコインは2019年現在時価総額5位の優良コインです。この記事では、特徴や過去のチャートから将来性を予想していきます。購入におすすめの取引所もご紹介!

 

また、ハッキングのリスクを抑えるため購入したライトコインはウォレットで管理するようにしましょう。

ライトコインの保管におすすめのウォレットはLedger Nano Sです。

Ledger Nano Sについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin・LTC)のおすすめ取引所

coincheck

ライトコインの購入はコインチェックがおすすめです。

コインチェックは初心者でも簡単に仮想通貨を購入できる取引所です。

とても使いやすいスマホアプリからいつでもライトコインを購入することができます。

コインチェックの口座開設はこちら!

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。
 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin・LTC)のマイニング

マイニングとは取引が正しいことを承認しブロックを繋ぐ作業・新規通貨を発行する作業のことです。

ライトコインでビットコインと同じPoW(プルーフオブワーク)のシステムが採用されています。

しかし、PoWの仕組みにも問題があり、指摘されている問題が「51%攻撃」です。

マイニングを行う人が一部の人間に集中してしまい51%が集中してしまうと不正な取引を承認することができてしまいます。

ただ、ライトコインのマイニングの難易度は比較的低いのでたくさんの人がマイニングを実施しているため、そのような事態には至っていません。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin・LTC) まとめ

ライトコインのまとめ

  • ライトコインはビットコインの補佐の役割をもつ仮想通貨!
  • 決済機能が進化している!
  • 2019年8月には半減期があり希少価値が高まった!

この記事ではライトコインの特徴や将来性について解説しました。

チャンスを逃さないためにもコインチェックの口座は開設しておくようにしましょう!

コインチェックの口座開設はこちら!