最近、仮想通貨相場が下がっているけどライトコインの今後の価格ってどうなるの...?と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

ライトコインの将来性を踏み込んで予測し、強い根拠を持った投資判断をつけるのは難しいかと思います。

そんなあなたのために、今回は投機的な要素・実際の需要などのファンダメンタル的な面と長期のライトコインのチャートから買いのタイミングを分析するテクニカルの面からライトコインの今後の価格変動についての考察をまとめました!この記事を読めば、ライトコインの将来性や技術的な特徴について改めておさらいすることができます。

この記事を読んでいただいたあなたに適切な投資判断の参考にしていただければ幸いです。

CoinOtakuでは、主要5通貨の毎日のチャート分析や一流プログラマーが開発したAIによる相場分析、東大生アナリストによる有名30通貨のファンダメンタル分析などを提供しているプレミアムプランをご用意しています。普段の記事作成から心がけている読者さんに有益な情報を届けたいという気持ちがさらに形になったものとなります。是非ご覧ください。

今なら1ヶ月無料トライアル!

この記事を読んだらわかること!

  • ライトコインの技術
  • 過去のチャートからのトレード戦略
  • ライトコインの将来性

ビットコインとライトコインの違いは?

ビットコインとライトコインの基本情報を簡単にまとめると次のようになります。

ビットコインライトコイン
発行上限2100万枚8400万枚
ブロックサイズ1MB1MB
アルゴリズムSHA-256Scrypt
時価総額(2018年6月19日)12兆8684億円(1位)6257億円(5位)
承認速度10分2.5分

ビットコインとは金と銀の関係

ライトコインはもともとビットコインの補助の役割やビットコインがゴールドでライトコインがシルバー、といったコンセプトで仮想通貨自体の知名度がまだ高くない時にすでに開発されていたコインです。銀は金よりも量自体が多く流通していますが、その分価値は低いといった関係をライトコインとビットコインの関係で実際に実現しています。日本ではイーサリアム、ビットコインなどに比べ知名度がそこまで高くありませんがアメリカでは多く取引されている人気の通貨です。

ライトコインについての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ライトコインってビットコインとどう違うの?って疑問はありませんか?詳しく説明してある記事があれば楽に理解することができていいですよね。そこでコインオタクがライトコインについて徹底的に調べてこの記事にまとめちゃいました!アルトコインのことを知ろうとするときには、ビットコインと比べてどっちがいいか、と調べるのが一般的かと思います。ですがリサーチの結果、ライトコインとビットコインのどっちがいいかというのを比較すること自体がナンセンスであるということがわかりました!果たしてそれはどういうことなのか、将来性と併せて詳しく解説します! 目次仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の3つの特徴・メリット・デメリット仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の今後2018年以降のイベント仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のおすすめ購入方法【ウォレット】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の保管方法仮想通貨ライトコインの気になるQ&A仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のまとめ仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは ライトコインとは、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発された仮想通貨で、アメリカでは特に人気の通貨です。ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり普及したりするかは、ビットコインが普及するかどうかにかかっているため、ビットコイン信者にも多くファンがいて、実際開発責任者のCharlie Leeもビットコイン信者です。ライトコインはこんな人におすすめ!ビットコインの普及を応援している人、信じている人 仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコインの基本情報 通貨名(通貨単位):Litecoin(LTC) 公開日:2011年10月7日 発行上限枚数:84,000,000枚 時価総額:下記参照 備考:―国内取り扱い取引所:bitflyer、bitbank.cc、GMOコイン、etc海外取り扱い取引所:binance、bittrex、etc 公式サイト:https

暗号化技術の違い

ビットコインの暗号化技術はSHA-256というアルゴリズムを使っているのに対してライトコインはScryptというアルゴリズムが採用されています。アルトコインに多く採用されており、Scryptはハッシュ関数の演算は複雑でメモリを多く利用します。ビットコインはASICという特定の用途に使うマシンがマイニングに使われていますが、Scryptに対しては現状開発されていないのでCPUでのマイニングが主流となっています。

ライトコインの技術

ライトコインの目玉と言えるような技術的はこの2つになります。

ライトコインの技術

  • Segwit
  • ライトニングネットワーク

Segwit

ライトコインはこの技術をビットコインよりも早い2017年4月に導入されました。

Segwitとは、利用者など決済の情報が記載されているトランザクションへの署名(サイン)をブロックのデータから分離させ、1ブロックに格納されるデータ量を圧縮することによって1ブロックに入るトランザクションの数を増やす仕組みのことです。Segwitを導入する目的となる問題解決は、スケーラビリティ問題とトランザクション展性の2つが挙げられます。

スケーラビリティ問題は、ライトコインのブロックチェーン利用者の増加に伴いトランザクション自体の数が増えるので検証や送金に遅延が生じる問題が発生します。Segwitはこれを1トランザクションのデータを小さくすることで改善しようとしています。

トランザクション展性とは、取引情報となるトランザクションのIDがブロックの承認にかかる時間(ビットコインは10分、ライトコインは2分30秒)の間に第三者に書き換えられてしまい、二重支払いが発生してしまう問題です。しかし、Segwitを導入することによってトランザクションのIDとなる署名のデータの部分をブロックデータから隔離できるのでこの問題を解決します。

Segwitに関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

目次Segwit(セグウィット)とは? Segwitの仕組みとトランザクションとの関係 ハードフォークとソフトフォークの違いSegwitはどんな仮想通貨に導入されたの?Segwitのメリットデメリット SegwitとSegwit2xの違いSegwitとライトニングネットワークの関係って? まとめ Segwit(セグウィット)とは? Segwitとは segwitとは、Segregated Witnessの略で、ブロックチェーン上に記録されるトランザクション(取引)のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できるトランザクションの量を増やすことを指します。 これにより、トランザクションの滞りを抑制し、取引を速やかに処理することが期待できます。 これから、segwit、トランザクションについて説明します。 Segwitの仕組みとトランザクションとの関係 トランザクションとは トランザクションとは、簡単に説明すると、通貨の送り手が受取手に対していくら通貨を送金したかという取引のことを指します。 ビットコインにおいて、ブロックチェーン上では、送信元が送信先に対して何BTCを送金したかという記録になり、送信元が送金したBTCと送信先が受け取ったBTCには差があります。その差が手数料であり、トランザクションを承認するマイナーの報酬として扱われます。 スケーラビリティ問題とは ビットコインにおいて、スケーラビイティ問題は切っても切り離せない問題です。ビットコインに用いられているブロックチェーンの1ブロックあたりの容量は1MBと制限されています。これは1MB以上の容量を持つ記録は組み込めず排除されることやたくさんの取引が短い期間に行われ、そのトランザクションの総容量が1MBを超えた場合にトランザクションの承認に遅れが出る、つまり、送金に時間がかかってしまうということが起きます。さらに、トランザクションの処理が滞ると、トランザクションを優先的に承認してもらおうと手数料を多く払う人が出てきて、結果的に送金の手数料が高くなってしまうということが起きます。このように、1ブロックあたりの容量が制限されていることによって起こる問題がスケーラビリティ問題となります。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは送金にブロックチェーンを介さず、送金情報のトランザクションをまとめ効率化された情報のみをブロックチェーン上に送るだけでの送金を可能にする技術です。ライトニングネットワークが利用される機会が利用されることによって取引回数が減り、現状のスケーラビリティ問題の解決にもつながります。

しかし、これを利用するには常にネットワークに接続する必要があるのでハッキングのリスクのあるホットウォレットが必要になってしまう点やこの仕組みでネットワークの中継を行うのはコストの観点から難しく、ここに企業が介入し中央集権的になってしまう点などのデメリットも抱えています。

ライトニングネットワークに関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

目次ライトニングネットワークとは?ライトニングネットワークの仕組みライトニングネットワークのメリットライトニングネットワークの懸念点・問題点ライトニングネットワークに関するQ&Aライトニングネットワークまとめ ライトニングネットワークとは? ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術です。ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須なので、ビットコインにSegwitが実装されたことによってライトニングネットワークの実現性が高まったと話題になりました。手数料、スケーラビリティなどたくさんの問題を持ったビットコイン、モナコイン、ライトコインなどの弱点を解決する可能性を秘めた技術です。 まずはマイクロペイメントについて知ろう! マイクロペイメントとは、少額単位での支払いを可能にする送金システムのことです。一円以下での支払いが出来るので、デジタルコンテンツに対する支払いなどに向いています。例えば、動画視聴に対して1秒に0.1円といった支払いです。今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5~10円程かかってしまうので秒単位での支払いをするには手数料がばかになりません。仮想通貨を用いることでより少ない手数料でマイクロペイメントを行うことができますが、ビットコインでもまだ問題があります。 それは、細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまうので結局手数料がかかってしまうことと、送金に10分かかることです。 マイクロペイメントに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!!! マイクロペイメントとは?ビットコインや仮想通貨の可能性を東大生が解説マイクロペイメントとは、少額の決済が可能になるサービスです。今まで少額の決済をするのに手数料が決済価格よりも大きいなど、現実的ではありませんでした。今後仮想通貨を使って可能になる可能性があるマイクロペイメントの仕組みや将来性を解説します!続きを読む ですが、そんな問題を解決する技術が存在して、それをペイメントチャネルといいます。

ライトコインの価格とチャート分析

ライトコインはこれまで乱高下を繰り返しています。ここでは大きな値動きのファンダメンタル的な面の解説と、最近のチャートを分析しこれから長期保有などをする場合のかいや売りのポイントを具体的に解説します。

これまでのチャート分析

2013年5月〜2017年3月

・ライトコインはまだ仮想通貨自体の知名度がなかった2013年の年末に3ドル程度から55ドル台まで急騰していれはギプロスの金融危機が関係しています。ギプロスの経済圏の人々は資産の移し先としてビットコイン・ライトコインが選ばれました。

・2015年8月26日に一時的に大きく上昇したのはブロック半減期であることが原因と考えられます。

2017年4月〜現在

・わかりにくいかもしれませんがライトコインは2017年4月にSegwitが導入されたことにより投機的な買いは多く発生し、大きく高騰しています。

・特に2017年12月16日には仮想通貨相場全体の異常なまでの盛り上がりと大手ゲーム会社のsteamが現行のビットコイン決済を止めてライトコイン決済を導入すると言うニュース(実際にはこれは誤り)が流れ、投機的な買いが発生しました。その後の12月19日のタイミングで最高値となった370ドルをつけています。

日足チャートのテクニカル分析

上のチャートはライトコインの2017年6月〜の約1年分のものになります。2017年12月から仮想通貨相場全体の大きな盛り上がりでかなり価格が釣り上がり、ここ半年は12月3日の高値、2月6日の安値を結ぶネックラインと12月19日と5月6日の高値を結ぶトレンドラインで大きな直角三角形の三角持ち合いを形成していましたが6月12日にブレイクしました。現在は下落トレンドにあり、節目である100ドルを割り込んだ97ドル付近で取引されています。(6月19日現在)

目安でサポートラインともなりうる下の価格は、仮想通貨市場バブル前の11月29日につけた71.44ドルの安値・2017年9月15日の32.45ドルを見ておきましょう。

また、ネックラインと下落のトレンドラインは7月3日に交差し強い抵抗帯になってしまうので、あと2週間ほどで106ドルのラインと下落トレンドラインをブレイクすることが今後のライトコインの上昇へ投資家心理的に良く働くと考えられます。

トレード戦略

現状では仮想通貨市場全体の煽りも受けダウン基調のトレンド相場になっています。半年単位での下落トレンドからの脱出には5月6日につけた184.7ドル、5月からの短期的な下落トレンドの脱出には6月3日の129ドルを越える必要があります。

また、逆張りで考えると71.44ドル付近もしくは32.45ドル付近で反発を確認したところでのエントリーでもいいかもしれません。

ライトコインの実需と将来性

決済サービスに多く導入されている

2017年12月にゲーム会社大手のsteamがビットコイン決済を止めライトコイン決済に切り替えたり、クロスチェーンと言われる複数のブロックチェーンを繋いだDappsで決済をライトコインのBlocknetで利用できるようになったりしています。

送金手段としても優秀

ビットコインは取引が多くトランザクションが混雑しマイナー手数料も高いので送金にはあまり向いていません。ライトコインであれば比較的手数料が安く抑えられるのでビットコインに替わるものとしては優秀ですが、送金手段としてはリップルの送金手数料の方が安くこの中で勝てるかどうかが問題になります。

ライトコインの今後の投機的買い要素

CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"も運営しています。ライトコインに限らず仮想通貨のファンダメンタルについてはこちらのサイトもご参考にご覧ください。

1400種類以上の仮想通貨のニュース・イベントをまとめたカレンダー“CoinKoyomi”(コインコヨミ)。コミュニティの投票により投稿の真偽を判定するevidence-basedな国内最大級のプラットフォームです。

2019年8月に半減期を迎える

ライトコインの今後の投機的買い要素として2018年8月にある4年に一度の半減期があります。これはマイニングのブロック報酬が25LTCから12.5LTCに半減します。

ブロック報酬の半減の前の時期は定期的に流通して行くものが少なくなるので希少価値が高まる投機の買いとマイニングを行うマイナーの売りで大きく価格が動きます。

ビットコインの代替投資先

特に「アルトコイン」は直訳すると「代替コイン」という意味で、ライトコインがビットコイン以外でかなり早い段階で開発された仮想通貨であることからアルトコインと呼ばれるものになりました。ライトコインにはビットコインに何か問題が起こったときにビットコインに替わる避難投資先としての役割があります。

2017年12月にsteamにライトコインに代替されたことは実用性の観点でライトコインを上に見られたと判断できるものでした。

ライトコインの問題点

これといった特異な技術はなし

ビットコインと技術的に似ている点が多く、イーサリアムネムのように目新しい技術は特にありません。よって、ビットコインの普及が伸び悩んだときには他通貨と差別化できるポイントがなく存在感が落ちてしまいます。ビットコインの発展にライトコインの成長は依存しているとも言えます。

チャーリー氏の権力が強い

ライトコインは元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏のライトコインの開発への発言力が強すぎることも問題です。

2017年12月30日のツイートですが、チャーリー氏は利害関係を取っ払うことを目的として保有していたライトコインを全て売却したことを発表しました。今後の開発に専念することを発表しています。

ライトコインの購入方法

ライトコインの購入であれば、bitbank.ccでの購入がオススメです!取引所について簡単に説明します。

bitbank.cc

bitbankはリップルの取引高が世界1位の取引所で、チャートにはtrading viewが採用されているので短期的な買いのタイミングも分析で予測を立てることができます。

国内取引所に多い販売所形式ではなく取引所形式で売買できるのでお得に購入することができます。また、顧客から預かった資産は全てインターネットに接続していないコールドウォレットで管理しているのでセキュリティの面でも安心して利用することができます。

bitbank.ccの口座開設をする!

ライトコインが購入できる取引所をもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

「ライトコインを購入してみたいんだけど、実際どうやるの?」「ライトコインは購入すべき仮想通貨なの?」こんな悩みを最近よく聞きます。実際、仮想通貨の購入は複雑ですし、あらかじめ知っとかなければいけない知識がたくさんあります。それに、ライトコインの将来性をはかるのも難しいです。そこで、この記事では「ライトコインを購入したことない取引未経験者」から「ライトコインに将来性があるか知りたいトレーダー」までが満足できるよう、仮想通貨取引のいろはからライトコインの将来性、おすすめ取引所の紹介から実際の口座開設方法までを紹介します。これを読めばあなたもライトコイン取引に必要な知識を全て知ることができます!この記事を読んでわかることライトコインの基本知識と将来性がわかるライトコインの購入方法がわかる 目次ライトコイン(Litecoin)とは?その特徴は?ライトコインは購入すべき?将来性は?ライトコイン購入〜基礎知識〜いざライトコイン購入!全23社を比較してわかったおすすめ取引所3選!bitbank.ccでのライトコイン登録/購入方法:最短3ステップ!購入したライトコインを保管!〜おすすめウォレット2選〜ライトコインの購入方法まとめライトコインとは?その特徴は?まずは、ライトコインの基本情報から理解していきましょう。ライトコインは、仮想通貨の中ではいわばバランスタイプとも言えるようなタイプで、特徴の持ち方としては極めて平均的です。今回はそんなライトコインの特徴を以下のようにまとめました。気になるところがあればクリックしてみましょう!より詳細なことは以下の記事に譲ります。 ライトコインの一般知識まとめ 【歴史】ビットコインの次に古い仮想通貨である

まとめ


お分かりいただけたでしょうか。ライトコインはビットコインの今後の発展に依存しているところがありますが、技術的な成長もあり将来性が高く有望なコインと言えます。これからの売買に少しでもこの記事を参考にしていただければ幸いです。