仮想通貨市場は変動少なく 今後大荒れの可能性

4日の仮想通貨市場はほぼ変動のない横ばいの相場となった。

ただ、どの通貨も重要なラインやチャートの形を目前に控えており、今後価格が大きく変動する可能性が高いだろう。

相場に大きな影響を与えるようなファンダメンタルズ要因は特段なかったと言える。

では、今後の相場を占う今日の推移を見ていこう。

ビットコイン(BTC) 

(出典:TradingView BTC/JPY 1時間足

4日19時現在のビットコイン(BTC)価格は374,000円となっている。前日同時刻の価格と比べてもあまり変化はない。

下落のシナリオとしては、まず三尊ネックラインである紫ラインが注目ポイントになる。

上昇のシナリオとしては、三尊天井として意識される38万円(赤ライン)に注目だ。

このラインをブレイクするようであれば、大きく上昇し39万円(黒ライン)まで価格を伸ばすであろう。

4日19時現在のビットコイン(BTC)価格は374,000円となっている。前日同時刻の価格と比べてもあまり変化はない。

イーサリアム(ETH)

(出典:TradingView ETH/USD 1時間足

イーサリアム(ETH)の2月4日18時の価格は12,010円。前日同時刻比-0.3%の下落となった。

下落のシナリオとしては、1月1日の安値11,639円を目指すことになる可能性が高い。

上昇のシナリオとしては、1月3日の高値12,381円を目指すことになるだろう。

イーサリアム(ETH)の2月4日18時の価格は12,010.11。前日同時刻比-0.3%の下落となった。

リップル(XRP)

(出典:TradingView XRP/USD 1時間足

2月4日18時現在、仮想通貨リップル(XRP)の価格は0.306ドル(33.33円)。前日同時刻比で、-0.9%の下落となっている。

下落のシナリオとしては、青ライン(0.3ドル:32.87円)を明確に割ったのち、直近安値ラインのオレンジライン(0.285ドル:31.1円)まで下落する可能性が高い。

上昇のシナリオとしては、黄緑ライン(0.318ドル:34.9円)をブレイク出来れば、水色ライン(0.325ドル:35.4円)・ピンクライン(ドル:37.36円)と順に上昇していく可能性が高い。

2月4日18時現在、仮想通貨リップル(XRP)の価格は0.306ドル(円)。前日同時刻比で、-0.9%の下落となっている。

ビットコインキャッシュ(BCH) 

(出典:TradingView BCH/USD 1時間足

ビットコインキャッシュ(BCH)の4日18時の価格は12,967円。前日同時刻比で-0.5%の下落となった。

下落のシナリオとしては、12,700円付近が下落の際意識されるだろう。

上昇のシナリオとしては、13,200円を目指すことになる。

ビットコインキャッシュ(BCH)の4日18時の価格は12,967円。前日同時刻比で-0.5%の下落となった。直近の値動きとしては、本日午前6時に12,656円の安値を付けた後反発、現在に至る。


ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。