​ビットコイン(BTC)は三尊形成で下落の可能性

​​​​4​19時現在のビットコイン(BTC)価格は374,000円となっている。前日同時刻の価格と比べてもあまり変化はない

ビットコインは​価格変動が少ないながらも特徴的なチャートを描いて価格変動している。

ビットコインはここまで価格の上下に動かしながら、ここまで三尊を形成している。

​​​(出典:TradingView BTCJPY 1時間足)​​

チャート的には一旦下落を試す展開となる可能性が高いと考えられる。​

下落のシナリオとしては、まず三尊ネックラインである紫ラインが注目ポイントになる。

ネックラインはちょうど37万円ライン(水色ライン)と重なっているため、かなり重要ラインである。

この二つのラインを割る展開となれば、直近安値の36.5万円(黄緑ライン)まで下落することであろう。

もしこの黄緑ラインも割るようであれば、昨年安値の35.5万円まで下落していくだろう。

上昇のシナリオとしては、三尊天井として意識される38万円(赤ライン)に注目だ。

このラインをブレイクするようであれば、大きく上昇し39万円(黒ライン)まで価格を伸ばすであろう。

ビットコインは厳しい相場が今後も続きそうである。

弱気な相場が続くビットコインであるが、頼もしい声も聞こえる。

Twitter社のCEOであるジャック・ドーシー氏​はビットコインは将来的にインターネットの通貨となると言う発言をしている。

ビットコインの価格は低迷しているが、技術的な面はかなり評価されていることがわかる。

 

ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。​​​