GameCredits(ゲームクレジット)とは?課金ゲーム界を変える仮想通貨の将来性を解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!

 

​GameCreditss (ゲームクレジット)とは?

GameCreditsとは、その名の通りオンラインゲームで使うことのできる仮想通貨です。仮想通貨自体としての利用にとどまらず、GameCredits Storeでのゲーム購入やゲーム内でのアイテム購入などに使うことができ、ゲーム界、特に課金ゲームの成長と共にまだまだ成長していく可能性があります。

Gamecreditsはそのプロジェクト全体を指す場合と通貨としてのGamecreditsを指す場合がありますが、ここでは通貨の場合はGAMEと表記します。

そんなGameCreditsには、既存のゲーム界を変えうる革新的なアイディアが含まれているんです!

GameCreditsの最新チャート分析!相場から見る価格推移

2017年12月19日取得のGAMEのチャートです。GAMEは2014年9月1日にローンチされ、徐々に注目を集めていきました。当時は0.001円程度で取引されていました。

特筆すべきは2017年に入ってからの急騰でしょう。5月にかけて高騰したのは、アルトコイン全体の上昇と半減期が訪れたことが理由でしょう。一気に400円までいきましたが、その反動で一気に下がります。

6月に2つの山が見えますが、これは関連仮想通貨であるMobileGoのリリースに伴う期待増が考えられます。7月のGamecredits Storeのリリースや8月の公式サイトリニューアルなどに伴って価格の高騰と下落を繰り返しました。

9月には開発概要が発表されましたが、思ったほど価格は上がらずじまいでした。12月現在も価格が高騰していますが、これは仮想通貨界全体の上昇に伴うものでしょう。

ローンチ当初の価格から考えると、現在は40万倍の価格を付けているわけですから、相当注目を集めていることがわかると思います!開発の情報にキャッチアップしていくためにも公式サイト、公式twitterや仮想通貨ニュースサイトのチェックは怠らないようにしましょう。

 

GameCreditsの問題と将来性は?コインオタクの見解

ホワイトペーパーがない…

 これはどう考えても問題点です。公式サイトを見ると「◯◯ (Coming Soon)」のようなプロジェクトがあまりに多いです。また説明も具体性を欠いていて、感想としては「そりゃできたらいいけど…」といったところです。詳細なプランや今どのような開発を行っているかについての情報などをしっかりと配信してもらいたいものです。

開発が遅い

 これは関連プロジェクトであるMobileGoにも共通して言えることですが、開発が遅いです。上述のようにホワイトペーパーがないので、具体的な日程が載っていなかったり、Gamecredits Storeのリリースに関しては何度か延期が行われています。

チャートを見てもわかるように、2017年に入ってやっと多くの開発が進展しましたが、それまでは正直大きなニュースもなく来ていました。せっかくGAMEを買ったのに開発が進まないのでは、革新的なアイディアも実現されませんし、少しこれからが心配です…

将来性は…開発の進展と認知度の拡大次第!

詳しいことはメリットの点で述べますが、GameCreditsとその関連プロジェクトが成功すれば既存のAppleやGoogleといったスマホゲーム界の重鎮を倒すことも可能かもしれないんです!

そのためにまず必要なことは、具体的な時期を決めて開発のプランニングを提示し、その期日までに開発を進展させていくことでしょう。また、世界的に見てもまだ知名度はそこまで高くないでしょう。開発を進めて、しっかりとアイディアをマーケティングしていくことで知名度を上げれば、GameCreditまだ価値が上昇することは間違いないと言えると思います!


GameCreditsの仕組み

ここではGameCreditsの技術的側面についてコインオタクが説明します!

GameCreditsの概要

​通貨名GAME​
​公開日​2014年9月
​承認アルゴリズムProof of Work​
​ハッシュアルゴリズムScrypt
​発行上限8400万GAME​
​ブロック生成速度​約1分半
​ブロック報酬12.5GAME​
​公式サイトhttps://gamecredits.com

上がGameCreditsの概要になりますが、通貨の技術自体で特筆すべきことは正直ないです…そのため注目すべきはプロジェクト全体ということになります。


マイニングプールは5ヶ所

 マイニングプールとは、簡単に言えば「一人でマイニングするのは限界があるから、みんなで集まってマイニングする」場所です。GameCreditsには5ヶ所あります!

マイニングプールについて詳しく知りたい方はコインオタクの記事を読んでみてください!

(マイニングプールの記事リンク)


異なるゲーム間の共通通貨

​ みなさんも課金したことがあるかどうかは別として、一度くらいはスマホゲームをやったことがあると思います!例えば有名なパズドラを例に取れば、「魔法石」がゲーム内通貨に当たります。当たり前に使われている魔法石ですが、こうしたゲーム内通貨のシステムを作るには、AppleやGoogleを通して買えるようにしなければならないので、非常に労力とコストがかかります…

しかし、GameCreditsは異なるゲーム間の共通通貨を目指しているので、開発者はシステム開発の手間が省けますし、ゲーマーはゲームごとに違う通貨を買う手間が省けます!


GameCreditsのメリット

ここではGameCreditsとそのプロジェクトのメリットについて説明します!

ブロックチェーンによるセキュリティ

これは仮想通貨全体のメリットとも言えますが、ブロックチェーンのメリットとして安全性が高いということが挙げられます。取引が暗号化されていることによる匿名性に加え、過去の取引データが全てブロックチェーン上にあることによりデータの改ざんが出来なくなっています

従来のように企業に依存した形では​、個人情報やクレジットカード情報の流失などが​発生していましたが、GAMEではこうした事件が起こる確率が非常に低いと言えるでしょう。これは開発者とゲーマーの両者にとって、無駄なコストを使わずに済むので大きなメリットでしょう。


ブロックチェーンについて詳しく知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください! 

ブロックチェーンの仕組みを知っていますか?ビットコインをはじめとした仮想通貨で広く用いられているのに、きちんと知っている人は意外と少ないです。初心者向けの簡単な説明から始めて、他のサイトではなかなか教えてくれない細かい仕組みまで教えます!

 

ゲーム内支払いが簡単!

​Gamecreditsは異なるゲーム間の共通通貨なので、ゲーマー側としては、事前に買っておいたGAMEでゲーム内支払いが可能ですし、他のゲーム用に買ったGAMEが併用できて非常に利便性が高いです。これは仮に一つのゲームがサービスを終了しても、他のゲーム内での使用や投資先として保有することが可能です。また、ユーザー間でゲーム内アイテムを現金で売買するRMT (Real Money Trade)も行われやすくなることも考えられます。​


開発者側としては、課金システムのAPIが公開されているので、課金システムの開発に力をいれないで済みます。現在のようにゲームごとに課金システムを開発するようでは圧倒的に時間がかかりますが、GAMEの導入でその手間が省けます。これにより、ゲーム自体のクオリティ向上に費やせるリソースが増えると考えることもできます。

また、現在では課金制限のあるゲームも存在しますが、Gamecreditsではそういった制限なく課金が行えるようにもなっており、課金したいゲーマーと利益を得たい開発者側の双方にメリットがあります。

 

処理速度が速い!

GAMEの支払いシステムはビッグデータ向けの処理基板を用いているので、数千万人のデータを同時に処理可能です。これにより、ゲーマー側は快適なゲームライフを楽しめますし、開発者側としてはシステムトラブルに割く時間とコストを節約することができますので、相互にメリットがあるといえるでしょう。


開発者の収益が増えてクオリティも向上!

開発者がAppleやGoogleのストアにゲームをリリースするにあたっては利益の30%をAppleやGoogleに支払いますが、Gamecreditsでは10%で済みます。また売上は60時間以内に手に入ると謳っていますし、上述のように課金制限がなくシステム構築の手間もないので、従来より利益を上げやすいといえるでしょう。

これにより、ゲーム自体の開発により力が入れられるようになり、ゲームのクオリティが上昇していくと考えられます。また、Gamecreditsのシステムを導入したゲーム間では相互に自分のゲームを広告可能なので、ゲーマーを取り込みやすくなっています。


Gamecreditsのデメリット 

開発が遅く、延期も多い

これは前に言ったとおりですが、開発があまり進んでいないのが現状です。 また、ウェブウォレットがアップデートされる前までは、ウェブウォレットからFINAL FANTASY零式やFIFAといった有名なゲームをSteam上で、GAMEで買うことが出来たようなのですが、12月24日現在の新しいウェブウォレットでは購入できないようです…

また、新たに出来たGamecreditsのストア”G Store”にアクセスしてみても、下のように正直全然面白くなさそうなゲームばかりです…

このようなラインナップでは既存のAppleやGoogleに太刀打ちすることはできないでしょう。

 

日本の取引所では購入できない

 今現在GAMEを手に入れることができるのは、基本的に海外の取引所のみです。海外の取引所は基本的に英語ですし、一旦日本の取引所で口座を登録してから、海外の取引所にビットコイン等の仮想通貨を送金して、仮想通貨建てで新たな仮想通貨を購入することになり、少々煩雑です。仮想通貨初心者の方にはオススメできません。

 

【GameCreditsの入手方法】オススメの取引所3選

上に書いたように、海外の取引所のみで購入が可能です。コインオタクのオススメは…

Bittrex (ビットレックス)

今世界中で一番勢いがある取引所と言っても過言ではないでしょう。取引量も圧倒的に多く、アルトコインの数も200以上あり非常に豊富です。アメリカに本社を置いておりサポートもしっかりしている印象です。

Bittrexはこちらから!


また詳しい情報や登録方法などで知りたいことがある方は、コインオタクの記事をご覧ください!

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!


国内の取引所じゃあもう足らない・・・もっとたくさんのアルトコインを買いたい!そう思っていらっしゃるあなたに、200以上のアルトコインを取り扱う米大手取引所「Bittrex」の登録方法を紹介します。これで日本語非対応でも安心登録!

 

Bittrex(ビットトレックス)の使い方はこれさえ見れば完璧!取引操作の方法や入金・出金、さらには気になるトラブル対処法まで完全ガイド!海外取引所だからといって尻込みしていませんか?今日からあなたもBittrexマスターです!

 

Poloniex (ポロニエックス)

こちらも有名な海外の取引所です。勢いはBittrexに負けますが、アルトコインも70種類ほどあり豊富です。こちらはサポートなどが弱いように感じますが、仮想通貨に慣れている人は使っている人が多い印象です。

Poloniexはこちらから!


また詳しい情報や登録方法などで知りたいことがある方は、コインオタクの記事をご覧ください!​

ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。

  

ポロニエックス(Poloniex)に登録するなら絶対に知っておきたい手順を紹介!英語表記にハードルを感じていても、これさえ読めば楽勝です!今日からあなたも世界最大級の取引所で仮想通貨を楽しみましょう!

 

Poloniex(ポロニエックス)の使い方を徹底解説。海外取引所だからとハードルを感じていませんか?大丈夫!登録方法から入金・取引・出金方法、そして気になる注意点やエラーの対処法まで、余すところなく説明します!

 

BTC BOX (BTCボックス)

「え、BTCBOXって日本の取引所じゃないの?」と思った方もいるかもしれません。実はGAMEを取り扱っているBTC BOXは国際版の方の取引所で、中国語と英語に対応していますが、表記などでわかりづらいところも多いので、上の2つよりオススメ度は劣ります。日本のBTCBOXに慣れていて、海外も使ってみようという方は、登録してみるのもありだと思います。

BTC BOXはこちらから!

 

日本のBTC BOXについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

BTCボックスについて知りたいけど調べてもよくわからない!そんなあなたのためのこの記事、3秒前に仮想通貨に手を出し始めた人でもわかるように堅苦しい用語を解説しつつ、取引所としての長所短所、特徴をまとめました!

 

【GameCreditsの保管方法】ウォレット3選


ウォレットは正直「絶大な信頼をおける!」というものがないのですが、3つを紹介しておきます。

公式デスクトップウォレット

Gamescreditsが公式に出しているデスクトップウォレットがあります。パソコン自体をネットから切り離しておけばハッキングされる心配がありませんし、Gamecreditsの入出金に際してオリジナルのパスコードを設定できるので、安心です。ただ2段階認証がないので、万が一ハッキングされてしまったときに対処できません。


Windows64bit版のダウンロードはこちらから!

Windows32bit版のダウンロードはこちらから!

Mac版はこちらからダウンロード!

公式ウェブウォレット

G Walletという名称で、登録自体も容易で、非常にシンプルなUIで、使いやすいです。ただこちらはウェブ上に仮想通貨を置いておくことになり、ハッキングされる危険がデスクトップウォレットより高い上、2段階認証も設定できません。正直心配過ぎます。

公式ウェブウォレットはこちらから! 

​取引所のウォレット

​言わずもがなこれが一番危険です。マウントゴックス事件のように会社が全て私達の資産を持ち逃げする可能性もありますし、取引所がハッキングされてしまう可能性すらあります。できるだけデスクトップウォレットに移動させておくことをおすすめします。


GameCreditsについての気になるQ&A

Q1. MobileGoとの関係性は?

A. 関連プロジェクトですが、用途が違います。

MobileGoの使いみちは

  1. ​ゲーム内コンテンツをGamecreditsで購入する際のクーポン割引
  2. VIPトーナメントへの無料参加、現金での賞金の獲得
  3. ストア内の新しいゲームのテスト参加資格を得る
  4. プレイヤー間での賭け

のためであり、別物の仮想通貨ですが、価格変動などは連動しやすいのでどちらの情報も追いかけるべきだと思います。

MobileGoの公式サイトはこちらから!

MobileGoの詳しい説明はコインオタクの記事をご覧ください! 

MobileGoはICOによって当時史上最高額となる58億円もの資金を調達した、仮想通貨をモバイルゲームに導入するプロジェクトです。チャート分析や仕組みの解説はもちろん、オススメの取引所やウォレット、将来性についても教えます!

 

Q2. Twitterでは何が見れるの?

A. ​最新の情報を見ることができます!

 

このように「どんなゲームが買えるようになったか」など目を離せない情報もツイートされますので、Gamecreditsを手に入れた方はフォローしておくことをおすすめします。


Q3. 2chでは何が見れるの?

​A. ユーザーの生の声が聞こえます。

2chは言わずと知れた日本最大級の掲示板ですね。2ちゃんねらーの中にはネットや仮想通貨、ゲームに精通している人も多く新たな知見が得られることもありますが、基本的にはガセネタや適当に発言されたものが混じっていることを忘れてはいけません。ネットリテラシーが大切です。


まとめ

いままで見てきたようにGamecreditsというプロジェクトはGAMEを軸として、ゲーマーと開発者の相互に利益をもたらすのは明らかです。将来性はこれからゲームの購入だけでなく、「有名ゲーム内の通貨としてGAMEが採用されるかどうか」にかかっており、そのためにも開発やプロジェクト全体を進展させ、知名度を上げていくことが必要だと思います。

コインオタクとしてはアイディアはAppleやGoogle、ひいてはPlaystationなどを超えていくことのできるプロジェクトだと考えているので、これから是非注目してみてください!

 

1;95;0c