「BTCBOXってどんな取引所なの?」

と悩んでいるか方も多いと思います。

確かに、国内の取引所なのにあまり知名度が高くなく、情報も少ないですよね。

そこでこの記事では、BTCBOXの特徴や評判、手数料、口座開設方法などを詳しく解説しています。

この記事を読めば、あなたもすぐにBTCBOXの特徴を理解することができます!


BTCBOXの特徴

BTCBOXは、2014年3月に設立した取引所で、BTCボックス株式会社によって運営されています。

BTCBOXは、仮想通貨交換業の「関東財務局長 第00008号」に登録されており、信頼できる取引所です。

簡単にBTCBOXの特徴をまとめると以下のようになります。

取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
取引の種類現物取引
ビットコイン融資
通貨ペア現物取引:4種類
ビットコイン融資:1種類
取引手数料ビットコイン:0.05%
その他の仮想通貨:0.10%
スマホアプリiOS版
Android版
本社所在地東京都中央区日本橋茅場町
2丁目8番1号 BRICK GATE 茅場町 5階
設立日2014年3月

取り扱い通貨は4種類ととても少なくなっています。

現物取引の他にビットコイン融資という、ビットコインをBTCBOXから借りて取引する方法があります。

手数料が比較的安く、スマホアプリもリリースされています。

BTCBOXのメリット

BITBOXのメリット

  • アプリ取引ができる
  • システムが安定する
  • APIが利用できる
  • ビットコインの融資制度がある

アプリで取引ができる

BTCBOXにはスマホアプリがあり、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

価格や自分の財産の確認、ビットコイン融資などができるほか、現物取引もできます。

電車や仕事先で手軽に取引ができることは利点ですね。

とてもシンプルなつくりであるがゆえ、わかりやすいとの意見もあれば、機能性が悪いという意見もあり賛否両論です。

BTCBOXビットコイン取引所
BTCBOXビットコイン取引所
開発元:BTCBOX CO.,LTD
無料
posted withアプリーチ

BTCBOXは2014年3月に創業し、この約5年間一度もサーバーダウンを起こしたことがありません

取引高が少ないとはいえ、これは世界的に見ても珍しい事例だと思います。

またBTC BOXは、本人確認の2段階認証やSMS認証、コールドウォレットマルチシグネチャの採用などセキュリティ性能も高いです。

コールドウォレットとは、資産をオフラインで管理することでハッキングなどの外部からリスクを抑えることができます。

マルチシグネチャとは、資産を引き出す際に複数の認可が必要になるシステムで、内部・外部からのリスクを抑えることができます。

ハッキングなどの事故も発生していないため、そのシステムは信用に足るものといえます!

APIが利用できる

BTCBOXのAPIを取得すると、BTCBOXからではなく外部のプログラムから操作することが可能になります。

APIを公開してない取引所も多いため、BTCBOXのメリットの一つになっています。

プログラムを組めば、仮想通貨を自動売買することも可能です。

ビットコインの融資制度がある

BTCBOXには、ビットコインの融資という珍しい制度があります。

この制度は、自分の保有している資産の3倍までビットコインを借りることができる制度です。

レバレッジ取引はありませんが、この制度を利用することで大きな利益を上げることが可能になっています

ただ、1日ごとに手数料が発生するので注意が必要です。

BTCBOXの評判・口コミ

システムを信頼できる

先ほど説明したようにBTCBOXは、システムがとても安定しています。

システム上のトラブルを起こしてしまったことのある取引所は多く、BTCBOXは信用できる取引所です。

ビットコインアービトラージに利用できる

ビットコインアービトラージとは、取引所間の価格差を利用して利益を得る手法のことです。

ビットコインが安い取引所で購入し、高い取引所で売却します。

BTCBOXはビットコインの価格が高いことが多いため、ビットコインの売却場所として適しています。

ビットコインアービトラージは取引所ごとの価格差で利益を上げる投資方法です。低いリスクでコツコツと利益を上げることができます。この記事ではやり方やコツ、注意点などを詳しく解説しています。

 

BTCBOXの手数料一覧

BTCBOXの手数料を種類別に紹介します。

取引手数料

取引手数料は、通貨を購入・売却する際に発生します。

購入・売却金額に一定の割合で手数料がかかります。

通貨取引手数料
ビットコイン(BTC)0.05%
イーサリアム(ETH)0.10%
ビットコインキャッシュ(BCH)0.10%
ライトコイン(LTC)0.10%

ビットコインが0.05%で、その他の通貨が0.10%になっています。

国内の取引所としては比較的安く設定されています。

送金手数料

送金手数料は、仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金する際に発生します。

通貨送金手数料
ビットコイン(BTC)0.001 BTC
イーサリアム(ETH)0.01 ETH
ビットコインキャッシュ(BCH)0.001 BCH
ライトコイン(LTC)0.002 LTC

国内の取引所と比較すると、平均的な手数料になっています。

送金をあまり頻繁に行わない方は、あまり気にする必要はなさそうです。

日本円の入金・出金手数料

BTCBOXの口座に日本円を入金したり、口座から銀行口座に出金する際に発生する手数料です。

入金手数料無料
出金手数料15万円以下:400円
15万円超:750円

入金手数料は無料ですが、出金手数料がかります。

国内の取引所と比較すると、平均的になっています。

日本円の入出金はあまり頻繁に行うものではないので、あまり気にする必要はないでしょう。

BTCBOXの登録・口座開設方法

BTCBOXの登録・口座開設方法の手順を簡単に説明すると以下のようになります。

公式サイトにアクセス 

まず公式サイトに行きます。

以下の画像にあるように「新規登録」の部分をクリックします。

メールアドレス・パスワードの設定 

メールアドレスとパスワードを設定します。

メールアドレス・パスワード・確認用パスワードを入力し、「クリックして検証」と書かれている部分をクリックします。

すると以下のような画面が出てくるので、パズルのピースをドラッグして穴のところまで移動させましょう。

利用規約を読み、「同意する」をクリックします。

「上記の規約に同意して、次へ」をクリックすると、入力したメールアドレスにBTCBOXからメールが届きます。

メールに記入されているURLをクリックすれば、メールアドレス・パスワードの設定は完了です。

携帯SMS認証の設定

URLを開くとそのまま、携帯SMS認証の設定画面になります。

「携帯番号」に自分の携帯番号を入力し、「コード取得」をクリックします。

すると入力した携帯電話にSMSメールが届くので、記載されている4桁の数字を入力します。

「次へ」をクリックすれば、携帯SMS認証の設定は完了です。

本人確認の設定

携帯SMS認証が完了すると、個人情報の入力フォームに自動的に飛びます。

入力事項を全て入力し、チェック欄に全てチェックを入れたら「次へ」をクリックします。

次に本人確認書類をアップロードする必要があります。

本人確認書類として以下の7つのいずれか1つ使用します。

本人確認書類

  • 運転免許証または運転履歴証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 印鑑登録証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カードまたは住民票
  • マイナンバーカード

提出する書類によってアップロードが必要なページが異なるので注意欄をよく読んでからアップロードしましょう。

アップロードが完了すると、以下の画面が出てくるので口座開設の手続きは終了です。

書いてある通りハガキを受け取ると、実際に取引を行うことができるようになります。 

BTCBOXの二段階認証

2段階認証を行うことで、セキュリティ性を大幅に高くすることができます。

Google認証システムにはスマホアプリの「Google Authenticator」を使用します。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

以下のようにQRコードが表示されるので、Google Authenticatorを起動して読み取りましょう。

QRコードが読み取れない場合は、記載されている16文字の英数字を入力しましょう。

するとアプリ内で6桁の数字が表示されるので、「2段階認証コード」と書かれている部分に入力しましょう。

6桁の数字は1分ごとにランダムに変化するので、素早く入力する必要があります。

利用設定の部分には、「ログインの時」「出金の時」両方にチェックを入れることをおすすめします。

以上で、2段階認証は完了です。

BTCBOXのQ&A 

Q.日本版と国際版の違いは? 

BTCボックスには日本版と国際版が存在します。

国際版はビットコインの他に、Game Creditsが使え、さらにはICOの受け付けも行っています。

日本版と国際版は別物であり、それぞれ別のアカウントとして作らなければなりません。

国際版も日本で使うことができますが、言語が中国語であるため使うのは難しいでしょう。

Q.APIキーの取得法は? 

BTCボックスの公式サイトでAPIキーを取得することができます。

APIキーを取得することでBTCボックスでの自動売買ができたり、BTCボックスのウェブサイトが重いときでも取引ができたりします。

APIキーの取得方法に関する詳しい説明はこちら。

参考:BTCボックス公式|APIキー取得の手順

Q.アフィリエイトは? 

アフィリエイトは現在やっていません。

BTCBOX まとめ

いかがでしたか?

BTCボックスは仮想通貨取引所のなかでは古参でありシステムが安定していることから信頼できる取引所であると言えます。

一方、取引銘柄数や機能性といった点で欠点も多いようです。

コインオタクとしてもおすすめとはいいがたいです。

ただ、ビットコインしか使わない初心者や、ビットコインを大量に扱う人にとっては有用な取引所であるかもしれないです。

BTCBOXの口座開設はこちら