今回はこの特徴を深掘りしていきながらビットレ君の使い方を解説していきます!「ビットレ君の使い方がわからない」「評判がいいからビットレ君を使いたい」「ビットレ君を使って上手に取引したい

このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

GMOコインが作ったレバレッジ取引の最強アプリを使いこなせたら、嬉しいですよね?

今回はビットレ君の使い方をログイン方法から注文方法まで画像付きで詳しく解説しますさらには取引の際に役立つ情報も一緒にご紹介していきます

これさえ読めばビットレ君を使って上手に取引できるようになります!

なおビットレ君使うにはGMOコインの口座が必要になりますので、まだの方は先に登録してください。

GMOコインの口座開設はこちらから!

レバレッジ取引アプリ「ビットレ君」とは

ビットレ君とは仮想通貨取引所の「GMOコイン」が提供している公式アプリです。

ビットレ君はGMOコインが提供しているサービスの中の一つであるビットコインレバレッジ取引の専用アプリとなっています。

このビットレ君はとても機能が優れています。ビットレ君の特徴をまとめると...

ビットレ君特徴

  • 操作方法が簡単
  • 価格変動を即座にキャッチ出来る「スピード注文」
  • 充実のチャート機能でテクニカル分析できる

今回はこの特徴を深掘りしていきながらビットレ君の使い方を解説していきます!

 アプリをまだ入手でない方は今すぐダウンロードを!

App Storeからダウンロード   Google Playからダウンロード   

GMOコインのFXの特徴

GMOコインでのレバレッジ取引の特徴をまとめていきます。

取扱通貨BTC/ETH/BCH/LTC/XRP
入出金手数料無料(※振込入金のみ振込手数料がかかる)
取引手数料無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04%/日
レバレッジBTC:5倍・10倍/アルトコイン:5倍
追証/ロスカット追証なし/ロスカット75%

GMOコインの詳しいレバレッジ取引についての記事は以下からご覧ください!

「GMOコインでレバレッジ取引をしたいけど、やり方が分からない。。。」 そう思って一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか? そんな方のために、GMOコインのレバレッジ取引の特徴、そして 実際の取引のやり方を徹底解説します! この記事を読んで、レバレッジを駆使した取引ができるようになりましょう!目次GMOコインでのレバレッジ取引の特徴GMOコインの登録方法 GMOコインの入金方法 GMOコインの画面の見方GMOコインのレバレッジ取引のやり方まとめGMOコインでのレバレッジ取引の特徴GMOコインの取扱通貨GMOコインでは現在、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの主要5通貨での仮想通貨現物売買、仮想通貨FXが可能です。仮想通貨現物売買とは、仮想通貨を購入・売却する際に、実際に仮想通貨の受け渡しが行われる取引のことです。仮想通貨現物売買では、レバレッジ取引はできません。仮想通貨FXとは、仮想通貨の受け渡しを行わずに、売買した価格差に相当する日本円の受け渡しのみで決済する取引のことです。仮想通貨 FXではレバレッジを使った取引が可能です。 現在、GMOコインの仮想通貨FXでは、ビットコインのみレバレッジ5倍もしくは10倍、アルトコインではレバレッジ5倍の取引が可能です。仮想通貨FXにアルトコインが導入される前、レバレッジ5倍・15倍・25倍でビットコインの取引ができました。しかし2018年1月31日7時からレバレッジは一律5倍に変更され、2018年4月25日15時からは5倍・10倍の取引が可能になりました。現在では、15倍、25倍のような高レバレッジでの取引はできません。銘柄名レバレッジビットコイン5倍・10倍イーサリアム5倍ビットコインキャッシュ5倍ライトコイン5倍リップル5倍手数料GMOコインではレバレッジ手数料以外の「取引手数料」「即時入金手数料」「口座開設手数料」「出金手数料」がすべて無料です。建玉を翌営業日に持ち越した時に、建玉の0

 

ログインの方法

ビットレ君を使う前に当たっての前準備としてまずはアプリにログインする必要があります。
アプリのインストールが完了したら早速起動してみましょう!起動が完了すると以下の画面が表示されるはずです。

ログインする際には口座開設の際に登録したメールアドレスパスワードの入力が必要となります。メールアドレスを保存を有効にすると次回からはメールアドスがあらかじめ入力された状態でログイン画面が表示されます。自動ログインを有効にするとアプリ起動と同時にログインすることができます。

便利な機能となっていますが、自動ログインを有効にするとセキュリティーが低下してしまうということは必ず頭に入れておいてください。

ログインが完了するとビットレ君を利用することが出来ますので、ここから本格的な利用方法を解説していきます。

入金の方法

基本的にはGMOコインのPCサイトから入金を行いますが、ビットレ君からも入金が出来ます。今回はビットレ君から入金する方法をご紹介します。

まずはメニューを開きます。メニューを開くと以下のような画面が出てきます。

アプリからの入金する際は、「即時入金」のアイコンをタップします。すると入金を選択する画面に移ります。


楽天銀行住信SBI銀行ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は専用の入金方法がご利用できますので、表示されているアイコンをタップしてください。

その他の銀行からの入金方法はPay-easy経由となっています。その他の銀行をタップして入金金額を入力します。入金が完了したら実際に取引をしていきましょう!

取引画面の使い方

ここからは実際に注文する際につかう取引画面の使い方についてご紹介していきます。

取引画面の見方

トレード画面はこのようになっています。

画面上の「BID(売)」「ASK(買)」をタップすることで、注文画面が切り替わるようになっています。建玉からは現在保有しているポジションについてを確認でき、注文からは現在出している注文内容を確認することが出来ます。約定履歴からは過去の約定した記録が記載されるようになっています。

スピード注文

スピード注文は画面下から選択することが出来ます。取引画面はこのようになっています。

スピード注文は、1タップで即時注文することが可能である注文の方法で。新規・決済ともに簡単な操作で注文することが出来ます。即時に注文を出すことが出来るので、常に変動する相場とってとても有利な注文方法となっています。

実際の使い方は、取引数量を入力したあとに「BID(売)」「ASK(買)」をタップするだけです。これなら確かに即時に注文を出すことが出来ます。スピード注文はビットレ君の優れた機能のうちの一つとなっています。

通常注文

以下が通常注文の取引画面となっています。

通常注文とはいわゆる「指値注文」のことで、購入・売却したいレートと購入量/売却量をあらかじめ指定しておく注文方法となっています。つまり現在のレートより低いレートで買い、高いレートで売るという注文です。

逆指値注文とはストップ注文ともいい、現在のレートより上で買う、現在のレートより下で売るという条件で注文したい場合に使われます。目的としては利益確定や損切りなどに使われます。

成行注文

以下は成行注文の取引画面となっています。

成行注文とはレートを指定せずに注文を行う方法です。成行注文では注文が有効となった時点で売買が成立し、確実に売買が成立するようになっています。

しかし、注文を出したときに表示されたレートよりも大きく上下して約定する場合が有ることが注意点としてあります。注文時と約定時の差額のことをスリッページと言います。このスリッページは価格の変動が大きいときに発生しやすいですが、GMOコインではその許容範囲を0~999円まで設定することが出来ます。

OCO注文

以下はOCO注文の取引ページです。

OCOとはOne Cancels the Other odrerの略で、「二つの注文を出しておいて、どちらかが成立したら、どちらかをキャンセルする」というような注文方法です。上がるか下がるかわからないときに「もし価格が上がったら利益を確定して、さがったら損切りしたい」というな用途で注文を出します。チャートに張り付く必要なくなるのでとても便利なものとなっています。

IFD注文

以下はIFD注文の画像となっています。IFDとはIf Donの略称です。IFD注文は新規注文と決済注文をあらかじめ発注するようになっています。ですので表示画面も新規注文と決済注文の2回に分かれています。

まずは取引を開始したいレートを設定して、新規注文を発注します。これは「指値注文」と同じということになります。次に決済入力へのボタンをタップして、決済をしていきます。

次に取引を終わりにしたいレートをあらかじめ設定して一通りの注文が完了します。

IFD注文では新規注文と決済注文を同時に出すので当然いくつかの注文パターンがでてきます。その中で断然おすすめなものは「新規注文:指値、決済注文:ストップ」とすることです。つまり相場の予想が外れたときを想定して損切りのためにストップ注文を活用するという方法です。相場予想通り動いたときは好きなタイミングで利益を確定するとこになります。

IFDOCO注文

以下はIFDOCO注文の画像となっています。IFDOCOとはIFDとOCOをさらに組み合わせた注文方法です。これもまた新規注文と決済注文をあらかじめ発注するようになっています。ですので表示画面も新規注文と決済注文の2回に分かれています。

IFDOCOもまず取引を開始したいレートを合わせて指値注文を出します。ここまではIFDと同じですが、ここからの設定からOCOのようとなっています。「決済入力へ」をタップして、決済の注文画面へいきます。

決済注文の際には指値注文と逆指値注文の両方を設定します。つまりこの決済注文で利益確定と損切りの注文をあらかじめ出しておくことになります。これはOCOの注文方法を採用しています。このIFDOCOは一度注文を出しておけば自動で売買してくれるので、とても便利な注文方法となっています。

ビットレ君のテクニカルチャート

ビットレ君の最大の特徴のひとつでもあるテクニカルチャートは機能がとても優秀で、レバレッジ取引の上級者の方でも見やすく使える仕様となっているのが特徴です。レバレッジ取引にテクニカル分析は欠かせません。

トレンド系指標

トレンド系指標とは、「現在トレンドが発生しているか」「トレンドは上昇か下降」「どのくらの勢いなのか」を分析するためのものとなっています。

以下の表ではビットレ君で使うことのできるトレンド系の指標を説明しています。

名前意味・特徴
単純移動平均(SMA)一定期間の平均価格をつなげて出来た線です。上昇トレンドか下降トレンドかが一目で見てわかります。サポートラインレジスタンスラインとなるなどとても便利な指標となっています。また期間の違う移動平均線を組み合わせるとこによって、トレンドの転換シグナルとなることがあります。
指数平滑移動平均線(EMA)指数平滑移動平均線とは単純移動平均線の応用版で、直近の値に重みを与えて平均価格を出した線となっています。単純平均線のデメリットである期間内のデータしか分析の判断に使っていない問題を補っています
ボリンジャーバンドボリンジャーバンドとは移動平均線に統計学の考えをプラスして、相場の反転や保ち合い放れを判断する指標です。±2σの範囲に価格が収まる確率は95.5%で、それを元に順張りや逆張りに使用することがあります。
一目均衡表一目均衡表とは「価格」の動きよりも「時間」の概念を重視し、売り手と買い手のバランスが崩れた方に相場の行方は向かうという考えに基づいてできたものです。ローソク足と5つの線で形成されています。
平均足平均足とは4本値の平均値から作るテクニカル手法です。ローソク足よりもトレンドがはっきりするので、見えにくいトレンドを探すことに使われたりします。

左のチェックボックスをタップしたのち、設定をタップするとチャート上に表示したい指標が現れます。

オシレータ系指標

オシレーター系とは価格の絶対水準とは関係なく、相場が買われすぎなのか、売られすぎなのかを分析するのに優れています。

以下の表ではビットレ君で使うことのできるオシレーター系の指標を説明しています。

名前意味・特徴
MACDMACDもまた移動平均線を応用したテクニカル分析となっています。短期のEMAと中期EMAの平均値を用いている。一定方向に動くトレンド発生時にとても有効性を発揮するが、もみ合いなどには曖昧な判定となりがちです。
RSIRSIは「相対力指数」と呼ばれて、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を表す指標で、代表的な逆張りの指標となっています。ボックス相場で使用することがよく、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られすぎであると判定します。
DMI/ADXDMIとは「方向性指数」と呼ばれ、一定期間の相場の方向性を示します。上昇力と下降力を示す2本の線があり、これらがクロスするときは強いトレンドが出現する。トレンドに強いが、もみ合いには弱いとされている。
ADXもレンジがトレンドか見分けるためのテクニカル指標です。しかし、ADXではトレンドの上か下ははんていできず、トレンドの強さ表すだけとなっています。ADXが20以下であればレンジ相場、ADXが50以上であればトレンドが発生しているということになります。
ストキャスティクスストキャスティクスとは安値・高値・終値を使って分析する指標です。買われすぎ・売りすぎのラインがわかり、RSIが20%以下で「買い」のタイミング、RSIが80%以上で「売り」のタイミングとなっています。
RCIRCIは「順位相関指数」と呼ばれ、相対的に今の相場は強弱どちらに傾いているかを表しています。これもまた買われすぎか売られすぎかの指標となっていて、使い方はRSIと同じようなとなっています。

左のチェックボックスをタップしたのち、設定をタップするとチャート上に表示したい指標が現れます。


以下の画像はボリンジャーバンドMACDストキャスティクスを反映させたチャートとなっています。自分の使いやすいテクニカルチャートを使って上手にトレードしてください!

ここまでチャートの解説をしてきましたが、分析するのは難しいし、時間もあまりないって方も多いのではないでしょうか?そこでそんな方のために...

コインオタクプレミアムというコインオタクが提供している、相場分析サービスをおすすめします!

コインオタクプレミアムでは、優秀な東大生30人と月利25%達成の最新AIによって日々の仮想通貨の相場の分析をしています!

分析データはこのプランを参考に出来ますので、相場分析に知識があまりない方・時間があまりないかたにもとてもおすすめとなっています!気になる方は是非登録してみてください!今なら無料で体験することが出来ます。

詳しい使い方については以下の記事からご覧ください!

 

コインオタクプレミアムはこう使え!!編集部おすすめの使い方!!コインオタク編集部がおすすめする、プレミアムプランを最大限有効活用する方法を紹介します!普段気になる通貨のAIテクニカルアラートと、テクニカル分析記事公開のアラートを設定しておきます。AIのアラートを受け取ったら、その指示通りにサクッとトレードをします。また、その日のテクニカル分析記事が公開されたアラートを受け取ったら、いま持っているポジションのままでいいのかどうかの相場観を確認します。これらは仕事の合間などの短い時間でできます!まとまった時間があるとき長期的にホールドする通貨を選ぶために、アナリストレポートを読んだり偏差値評価を見たりします。「開発」や「コミュニティ」といった指数が鍵となるでしょう。また、日頃読んでいるテクニカル分析記事を参考にしながら自分でチャートにラインを引いてポジションを持ってみるのもいいでしょう。目次コインオタクプレミアムはこう使え!!編集部おすすめの使い方!!各機能の紹介ログイン方法AIによる通貨の売買判断を1時間ごとのリアルタイムで見れる!主要5通貨のテクニカル分析を毎日公開!東大生アナリストによる通貨ごとのレポートが読める!合計111種類の通貨を偏差値で評価!コインオタクプレミアムその他の機能コインオタクプレミアムに関するFAQコインオタクプレミアムを実際に使った人たちの声コインオタクプレミアムに関するお問い合わせ各機能の紹介AIによる通貨の売買判断!コインオタクが独自に開発したAIが全111通貨の売買判断をします!1時間ごとに情報は更新され、また価格が急変する予兆があるときにはメールでアラートを流す機能も付いています!実際に見てみる!東大生アナリストによるテクニカル分析!東大生アナリストがビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ネムの5通貨のテクニカル分析記事を毎日公開しています。記事が公開されたタイミングでメールによる通知を受け取る設定がおすすめです。ビットコインはこちらイーサリアムはこちらリップルはこちらビットコインキャッシュはこちらネムはこちら から確認できます。東大生による通貨レポート!東大生アナリストが各通貨30ページ以上にわたるレポートで、通貨の詳細な情報の解説やファンダメンタル分析をお届けしています。BTC,BCH,ETH,NEO

 

今なら無料でコインオタクプレミアムに登録!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はビットレ君の使い方について解説しました。

ビットレ君のログインの方法から、注文方法・チャートの種類についても少しご紹介しました。

今回の記事さえ読めばビットレ君を余すことなく活用することが出来ます。

是非この記事を参考にして、仮想通貨取引で一儲けしてください!

GMOコインの口座開設はこちらから!