【ビットコインキャッシュ(BCH)購入方法(買い方)】BCHの購入方法を解説!オススメ取引所3選

ビットコインの代わりになるかもしれないと言われているビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ購入する方法が分かりやすくまとめられている記事があったら便利ですよね。

ビットコインキャッシュどうやって購入するのか口座開設から購入後の保管まで、分かりやすく解説しました!

これさえ読めば、ビットコインキャッシュの購入方法で困ることはありません!

ビットコインキャッシュ(BCH)のおすすめ購入手順

  • DMM Bitcoinの口座を開設
  • 本人確認の完了
  • 日本円を入金する
  • ビットコインキャッシュの取引
  • 購入後はウォレットで安心保管

 

DMM Bitcoinでビットコインキャッシュを始めよう!


​ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴や将来性をおさらい

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュとは、中国人がビットコイン(BTC)から2017年8月1日にハードフォークされ生まれたものです。

ビットコインは一ブロック当たり1MBであるのと比べ、ビットコインキャッシュは8MBあり、スケーラビリティの問題を解決したものとして活躍しています。

ビットコインキャッシュは最初のハードフォークコインで国内外問わず取引されています。

リプレイアタック対応しており、セキュリティも高いです。

​​現在、時価総額第4位に位置しています。

多く取引されているということが分かります。

ビットコインキャッシュを詳しく知りたい方はこちら!

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。​この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは​ ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明​​​​まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性 

マイナー企業の発言は相場に強く影響を及ぼします。

ビットコインをマイニングしているマイナー企業がビットコインキャッシュに回ってきた場合、価値の高騰が予想されます

ブロックのサイズ・リプレイアタック対応・送金が数秒で出来る点がビットコインよりも上回っているので、十分にあり得るでしょう。

また、ビットコインキャッシュはビットコインの代わりになる可能性があります

bitpay社のウォレットのVisa対応のbitpay cardでビットコインキャッシュ決済ができ、請求の支払いにも使えるようになります。

今後も要チェックなアルトコインです!


​​ビットコインキャッシュ(BCH)の購入はこの3社がおすすめ!

​DMM Bitcoin

ビットコインキャッシュが安く取引できる!

​指値注文での売買取引手数料が無料となっており、販売所より安く取引することができます。

レバレッジ1倍から最大5倍まで、トレードスタイルに合わせて選択できます。​

​DMMBitcoinは、仮想通貨7種類(BTC・ETH・XRP・BCH・LTC・XEM・ETC​​)を最大5倍までのレバレッジ取引が可能です。

現在(~2018年6月31日まで)、DMM Bitcoinで新規口座開設すると1000円が貰えるキャンペーンを実施しております。

DMM Bitcoinについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコインキャッシュがすぐ買える!

国内取引所bitFlyerでスマホアプリもあるため簡単に取引することが可能です。

利用者が多く知名度が高いため安心して使うことができ、アルトコイン販売所から簡単に購入することが出来ます。

また、販売所・取引所どちらでも購入可能です。

以上のことから、bitFlyerは初心者の方でも簡単に扱え、すぐに購入していただけます。​

安全性が高い!

電通デジタルホールディングス(電通)・三菱UFJキャピタル株式会社(三菱UFJ銀行)・合同会社RSPファンド5号​(リクルート)など多くの大企業が株主となっており、現在安全性はトップクラスであるといわれています。

また、不正出勤被害を受けた場合には、最大500万円まで保証されます。保証を受けるためには、二段階認証を完了する必要があります。

bitFlyerをもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

 

GMOコイン

売買取引が簡単!

​「GMOインターネット株式会社」の傘下である、「GMOコイン株式会社」が運営している仮想通貨販売所です。

この後解説しますが、売買取引がとても簡単です。

365日24時間売買取引が可能となっていますので、好きな時に売買取引が出来ます。

GMOインターネット株式会社の傘下なので、セキュリティが高い!

また、最大レバレッジが10倍までの取引が可能です。​

現在キャンペーンで、口座開設書類の発送後7日以内に、口座開設を完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)​すると、無料でビットコイン20,000Satoshiを貰えます。

GMOコインをもっと知りたい方はこちら!

 

DMM Bitcoinでビットコインキャッシュを購入するまでの流れ!買い方の3ステップ!

​ビットコインキャッシュを購入するにあたり、まずは口座設立をしなければなりません。

口座設立には、メールアドレス・銀行口座・本人確認書類の三つが必須になりますのでご注意ください。 

DMM Bitcoinの購入手順!

STEP1. 口座を開設する

​1.​DMM Bitcoinのホームページを開く

ここでホームページでメールアドレス入力します。​​

その後、無料登録へをクリックしましょう。

​2.​ユーザー登録で確認

記入したメールアドレスに届いたURLを開き、パスワードを設定しましょう。

この際、第三者から不正アクセスを受けないために簡易なパスワードにしないようにしましょう。

パスワード設定が終わると仮口座登録完了して、以下の画面が出てます。

​3.基本情報設定の記入

名前・生年月日・住所・電話番号・職業・取引目的・使用言語を記入します。

記入漏れがないように注意しましょう。

4.本人確認書類の登録

ユーザーの基本情報設定後、本人確認書類(運転免許証・日本国内パスポート​・住民基本台帳など​)の写真をアップロードします。​

5.はがきを確認

本人確認書類提出後、3週間~1か月ほどでテックビューロ社から登録完了のはがきが来ます。

そこに記載されている本人確認コードでログインすれば完了です!

​STEP2. 入金する

お金を入金しなければ購入ができないので、今回は国内取引所DMM Bitcoinの日本円入金の仕方をご紹介します。

​DMM Bitcoinのホームページの左側に、この画面が出てきます。

日本円の欄をクリックすると、日本円を入金することができます。

日本円入金の方法が二種類あるので、自分に合った方法を選んで入金しましょう!

​STEP3. 取引を開始する

ここに記載されているように、BCH/JPY(ビットコインキャッシュを日本円で購入する方法)・BCH/BTC(ビットコインキャッシュをビットコインで購入する方法)があります。

今回は日本円で購入するため、BCH/JPYの欄をクリックしてください。

DMM Bitcoinには、注文方法(注文タイプ)指値・逆指値・ストリーミング(成行)・ IFD・ OCO・ IFOの6種類あります。

指値注文・成行注文はビットコインFXの主な注文方法です。

​指値注文とは

自分で値段設定ができる購入方法です。

買い指値の時には指定した値段以下で、売り指値の時には指定した値段以上で取引される可能性があります。

設定額に到達しなければ取引されません。なので、希望のタイミングで取引されない場合があるので、気を付けなければなりません。

成行注文とは

既存の売買注文を安い順から買っていく購入方法です。 自分の好きな時に確実に購入することができます。ですが、値段の変動が大きいため希望額より高い場合があります。

どちらも良い点・悪い点があるため、購入する際の状況によって使い分けするのが良いでしょう。

左側に画像のようなBCH/JPY取引の欄があります。

自分の買いたいと思っている、買いたい量(BCH)を必須で記入し、必要証拠金目安を確認します。

それが終わり、買Askをクリックすると購入完了です。

指値注文・成行注文

  • 指値注文:自分で値段の設定をすることができる購入方法
  • 成行注文:既存の売買注文を安い順から買うことができる購入方法

 

今すぐDMM Bitcoinで購入!

bitFlyerでビットコインキャッシュを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ!

​bitFlyerの購入手順!

STEP1. bitFlyerの口座を開設する

​1.bitFlyerのホームページを開く

ここでホームページでメールアドレス入力します。​​

その後、無料登録でアカウント作成をクリックしましょう。

2.本人情報の記入

名前・性別・生年月日等を記入します。

入力に間違いがないか確認が終わりましたら、本人情報登録完了です。

3.本人確認資料の登録

本人情報登録完了後、確認資料の写真をアップロードします。

資料として使えるか注意しましょう。資料として使えるもの、写真をアップロードするときの注意点はこちら

後日bitFlyerから記入した住所先にはがきが届くので、確認しましたら完了です。

STEP2. 入金する

ホーム画面左側に入出金の欄をクリックすると、以下の画面になります。

ここで銀行口座情報を追加しましょう。

追加した銀行口座から日本円を入金しましたら入金完了です。

STEP3. 取引を開始する

ホーム画面の左側にあるアルトコイン取引所を開き、ビットコインキャッシュを選ぶと以下の画面​が出てきます。



あとは、欲しい数量(BCH)を決めコインを買うをクリックすると取引完了になります。

今すぐbitFlyerで取引を始めよう!

GMOコインでビットコインキャッシュを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ!

GMOコインの購入手順

STEP1. 口座を開設する

​1.GMOコインのホームページを開く

GMOコインの新規登録ページでメールアドレスを登録しましょう。​​​

その後、新規登録をクリック!

​2.パスワード設定・電話番号登録

記入したメールアドレスにパスワード設定のメールが来ますので、パスワード設定しましょう。

​3.基本情報を記入

名前・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・取引目的・職業​・国籍を記入します。

「確認画面へ」をクリック​で完了です。続いて本人確認書類のアップロードです。

4.本人確認書類のアップロード

運転免許証・個人番号カード(マイナンバーカード)・各種健康保険証・パスポード(日本国のもの)・住民票の写し・在留カード・特別永住者証明書​の写真をアップロードします。​

運転免許証​​

パスポート

健康保険証

​個人番号カード(マイナンバー通知カードは不可)

住民票の写し

​在留カード

特別永住者証明書​

​5.はがきを確認

本人確認書類アップロード後、1ヵ月程でGMOコインから確認書類が届きます。

はがき確認が終われば口座設立完了です。​

STEP2.​ 入金する

​​GMOコインでは、楽天銀行・住信SBIネット銀行・その他の銀行(Pay-easy)の三種類の入金方法があります​。​

自分に合った方法を選んで、入金することができます。

​STEP3. 取引を開始する​

売却価格・購入価格の下の金額指定(円)で金額を指定し、購入を押すと購入完了です。

数量指定(BCH)からでも売買が可能となっています。

数量指定の場合は、買いたい・売りたいBCHの数量を指定してから購入または売却を押すと完了です。

GMOコインでBCHを購入!

購入後のアフターケアも大切!おすすめウォレット2選

​ビットコインキャッシュを購入した後は、それを保管するためのウォレットが必要になります。

そこでオススメのウォレットの簡単な解説をつけて紹介します。

ウォレットについて詳しく知りたい方はこちら!

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 Ledger Nano S

​ 

Ledger Nano Sは、Chromeアプリケーションに対応するPC専用のハードウェアウォレットのことです。

USBメモリーみたいなもので、機密情報を漏らすことなく不正アクセスを防ぐことが可能です

Ledgerデバイス専用ウォレットアプリがあり、ネットワークから安全に簡単に遮断されたウォレットです。

ビットコインキャッシュの他にもビットコイン・イーサリアム・リップル・アルトコインも保管できます。

Ledger Nano Sについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

bitpay  

bitpayは、モバイル・デスクトップの両方に対応したウォレットです。

なので、スマートフォンでいつでも保管した通貨を確認でき、PCでもしっかり保管することができます。

日本語に対応しており、使い方が分かりやすく、安全性も高いためビットコインキャッシュを保管するのに最適です。

bitpayについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

目次bitpay/copayとは?bitpayの仕組みbitpayは実際どう?コインオタクの見解bitpayのメリットbitpayのデメリットbitpayのおすすめユーザー​bitpayの使い方や手数料bitpayについての気になるQ&Abitpayのまとめ bitpay/copayとは? ​ ​bitpay/copayは、bitpay社の運営するウォレットです。別のサービスのように扱われていますが、copayは現在bitpayに統合されており、機能も操作もほとんど同じものです。 bitpayはWindows,Mac,Linux,iPhone,​Androidの全てに対応したデスクトップウォレット、モバイルウォレットです。様々な端末からアクセスできるので便利ですね。 ウォレットについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をどうぞ! ビットコインのウォレット、どれにする?ウォレット選びの完全版!「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインオタクが徹底的に比較・紹介します!続きを読む bitpayの仕組み ​ ​ bitpayはモバイル、デスクトップ両ウォレットに対応 ​記事の冒頭にも書いた通り、モバイルウォレット、デスクトップウォレットの両方として利用できます。 外で気軽にチェックしたい方にも、PCでしっかり保管したい方にも便利なウォレットです。 また上の記事にも書いてある通り、ウェブウォレットよりもハッキングなどのリスクが低く、安心して利用することができます。 BCH(ビットコインキャッシュ)にも対応! ​bitpayは、ビットコインとビットコインキャッシュに対応しています。 ハードフォークの噂が多い二つのコインなので、頻繁に取引はしないが持っておきたいという方にはおすすめですね。 マルチシグで共有ウォレットとして使える! ​bitpayはマルチシグに対応しています! マルチシグとは「マルチシグネチャー」の略で、同じアカウントを複数の秘密鍵で管理する技術のことです。 例えば自分のスマホとPCで設定して二段階認証のようにしておけば、片方を落としたりしてもコインを盗まれる心配はありません!

 ​まとめ​

今回は、DMM Bitcoin・bitFlyer・GMOコイン​の口座開設から保管ウォレットまで解説しました。

今後保管する取引所・ウォレット選びは重要なので、自分に合ったものを選びましょう!

​今回紹介した取引所・販売所は有名な分とても扱いやすくなっており、初心者でもすぐに始められますので早速始めましょう!​