仮想通貨Viberate(VIB)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説


現在のViberate(VIB)のレート



Viberate(VIB)とは?概要・基本情報まとめ

概要

Viberate(VIB)は、音楽のライブを通じたアーティストとイベンターのマッチングを目的としたブロックチェーンプラットフォームです。現在β版のサービスが公開されています。

基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):Viberate(VIB)​

公開日:2017年7月​18日​

発行上限枚数:200,000,000 VIB

取扱取引所:Binance,OKEx,Bittrex

公式サイト:https://www.viberate.com/fan

公式ツイッター:https://twitter.com/Viberate_com

ホワイトペーパー:https://icobazaar.com/static/bee8c56553d8d0c6b7fc0bb64bacb872/Viberate.io_Whitepaper.pdf

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x2c974b2d0ba1716e644c1fc59982a89ddd2ff724

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2029450.0

公式ブログ:​https://medium.com/viberate-blog

公式フォーラム(テレグラム):https://t.me/ViberateOfficial

備考:ERC20トークン

Viberate(VIB)の特徴・メリット・デメリット

アーティストとイベンターとを繋げるプラットフォーム

​まだ無名のアーティストがライブなどのイベントに参加する場合、ブッキングエージェントという仲介人に仲介料を支払う場合が多く見られます。Vibrateは、ブロックチェーンを利用して実際に開催される予定のイベントや、より有能なエージェントとそういったアーティストをマッチングさせることで、まだ無名のアーティストにもより平等にチャンスを与えられるようにするプロジェクトなのです。

スマートコントラクトを利用した広告システム

​アーティストは自己PRを広告料を支払うことで、よりイベンターの目に付きやすい場所に広告を打つことが可能です。広告料はスマートコントラクトによって決められており、どこにどのような広告を表示させるか、どれくらいの期間表示させるかなどによって変化します。

また、Viberateではチケットの販売も可能で、その場合はスマートコントラクトを利用した電子チケットが発行されます。ただし、Viberateによって販売されたチケット料金の一部は手数料として徴収されます。


Viberate(VIB)の最新チャート!相場からみる価格推移

ICO直後は0.27ドル程度でしたが、すぐに大量の売りが入り暴落。その後2017年年末から2018年1月初頭にかけてのアルトコインバブルで一時は0.70ドルを記録しましたが、その後の仮想通貨市場全体の暴落によって価格は低迷、βサービスの開始にともなう孤島で0.60ドルまで一瞬回復するも長くは続かず、現在0.23ドル付近を推移しています。

しかし、サービスが更にバージョンアップしていくことでその都度高騰する可能性があるので、チェックしておいたほうがいいでしょう。

仮想通貨の最新イベントはココカラチェックできるので、ぜひご利用ください!

 

1400種類以上の仮想通貨のニュース・イベントをまとめたカレンダー“CoinKoyomi”(コインコヨミ)。コミュニティの投票により投稿の真偽を判定するevidence-basedな国内最大級のプラットフォームです。

 


【Viberate(VIB)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは香港に本拠地を置く仮想通貨取引所です。手数料が0.1%ととても安いのが大きな魅力ですね。

取扱通貨数は約70種類とまずまずですが、その取り扱い通貨のセンスが非常によく、最近価格が高騰しているものを多く含んでいます。ですから、草コインによる一攫千金を狙っていらっしゃる方には非常にオススメの取引所です。

また、取引所独自のアルトコインである、バイナンスコイン(BNB)を発行しており、このBNBで手数料を支払うことで、全手数料が最大0.05%まで割引されます(ただし、この割引率は変化します)。

Binanceの登録はこちら!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Bittrex

Bittrexはアメリカに本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。取引手数料は0.25%と海外の取引所の中では少し高めですが、取扱通貨数が250種類以上と非常に多いのが魅力です。草コインの取引に興味のある方にはBinanceと並んでオススメできる仮想通貨取引所です。

Bittrexの登録はこちら!

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

【Viberate(VIB)の保管方法】ウォレット

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットといって、仮想通貨の管理に必要な秘密鍵をオフラインで管理するウォレットです。そのため、非常に安全性が高く、沢山仮想通貨を保有されているかたは盗難リスク回避のためにも購入をオススメします。デメリットとしては、9800円と少し高額な点人気が非常に高いため品薄が続いている点が挙げられます。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系仮想通貨全般を管理できるデスクトップウォレットです。非常に人気が高く、Ethereumトークンを保有している方の多くがこのウォレットを利用しています。ただしMyEtherWalletでは、公式ウェブサイトから資産を管理するのですが、そのページにアクセスする人をターゲットに、秘密鍵を抜き取るために偽のページを用意するという手口の詐欺が最近横行しています。利用の際にはそのことも念頭において注意深く利用しましょう。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Viberate(VIB)の将来性

アーティストとイベントとを繋げるプラットフォームViberate(VIB)。これは、もしかするとインディーズ活動をしているアーティスト達に大きな影響を与えるかもしれません。既に事務所と契約しているアーティストにとっては、イベント出演などの決定は複雑に利権が絡み合った上で決定されることですから大きな変化が起きることはないでしょう。しかし、このViberateがターゲットにしているのはそのような層ではなく、いまだ無名の自分たちで売り込みや営業をしているミュージシャンたちであり、彼らにしてみれば、Viberateによってオンラインのマッチングが簡単にできるようになることで負担が大幅に減るのではないでしょうか。

まだサービスは始まったばかりなのでどれほどの効力を発揮するかは未知数ですが、今後に期待できそうです。


Viberate(VIB)まとめ

Viberateの特徴をまとめると次のようになります。

Viberate(VIB)の特徴

  • アーティストと音楽イベントをマッチングさせるプラットフォーム
  • スマートコントラクトを利用したチケット販売などが可能
  • インディーズミュージシャンの利用が見込める

 



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!

 


東大生×AIが毎日仮想通貨の価格予想CoinOtakuプレミアム