2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!


MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

Myetherwalletとは、ブラウザから利用できるイーサリアムおよびイーサリアムトークン向けのウォレットです。

利用時にはMetamask、Trezor、Ledger Nano Sとの連携あるいは自分の秘密鍵、Keystoreファイル、ニーモック文節、パリティ文節のいずれかを入力する必要があります。

MyEtherWalletへ

MyEtherWalletの仕組み

MyEtherWalletはデスクトップウォレット

MyEtherWalletは、PC上で操作可能なデスクトップウォレットです。

ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保存しているわけではないため、たとえMyEtherWalletのサーバーにサイバー攻撃がなされてもあなたの秘密鍵が漏洩することはないので安心ですね。

また、ハードウェアウォレットと連携したり、ペーパーウォレット化して使用することも可能です。

デスクトップウォレットについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ!

 

 

仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します

 

MyEtherWalletの対応通貨

イーサリアム、イーサリアムクラシック、全てのイーサリアムトークンに対応しています。

イーサリアムトークンと言われてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、有名どころではAugurやGolemがそれにあたります。

AugurやGolemについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

Augurのことを全然知らない人も、少しは知っているけどもっと知りたい人も、これを読めばスッキリ理解できること間違いなし!Augurの基本的な仕組みやチャート分析、さらには将来性までをわかりやすく解説していきます!

 

Golemってどんな仮想通貨?買い方は?パブリッククラウドコンピューティングの未来を担う、とてつもない将来性を秘めたICOコイン「Golem」の相場・仕組み・購入方法・保管方法をわかりやすく、徹底的に解説します!


MyEtherWalletは実際どう?コインオタクの見解

コインオタク的にMyEtherWalletはぶっちゃけどうなのか、「利便性」「安全性」「対応通貨の種類」この三つに焦点を当てて◎(めっちゃいい)〇(ええな)△(イマイチ)の三段階でもって評価していきます!

利便性

評価〇

秘密鍵さえあればどの端末からでもアクセス可能なので利便性の面では優れています。ただ、スマホからのアクセスだとページがちょっと使いづらいので最高評価の◎ではなく〇という少し厳しい評価をさせていただきました。

安全性

評価◎

MyEtherWalletは、アクセスしているときだけ自分のウォレットがネットワークに接続されるようになっており、常にサーバー上に秘密鍵がさらされた状態のウェブウォレットなどより安全性は高いです。

そのうえ、秘密鍵を記入したペーパーウォレットだけをふだん持ち歩くようにすれば非常に高いセキュリティが実現できるのです。

対応通貨の種類

評価〇

MyEtherWalletでは、イーサリアム、イーサリアムクラシック、そしてイーサリアムのブロックチェーン上で使える全てのトークンが保管できます。

ただ、イーサリアム系列でない仮想通貨には対応していないので、評価は〇とさせていただきました。

ただし、ICO直後のトークンなどはまだ対応していないことがあるので、カスタムトークンとして新しく登録する必要があります。

MyEtherWalletのメリット

日本語に対応してる

MyEtherWalletは日本語に対応しているんですね。なので、「英語わかんない・・・」という人でも安心して利用できるのです!ただし、サポートまでは流石に日本語対応していません。そこはちょっと残念ですね。

イーサリアムのウォレットは英語にしか対応していないものもけっこう多いので、これは大きなメリットです。

どの端末からでもアクセス可能

基本的に手元に秘密鍵を控えたメモさえあれば、どんなPCだろうとスマホだろうとブラウザでMyEtherWalletを利用可能です。

ただ、スマホからのアクセスだとUIがちょっと使いづらいのでできるだけPCでアクセスしたほうがいいかもしれません。


MyEtherWalletのデメリット

リスク管理は自己責任

MyEtherWalletはウェブウォレットではありません。なので、自分の鍵の管理は自分で行わなければいけません。

秘密鍵の記録媒体を紛失したり、Keystoreファイルを保存したPCが破損したりするとウォレットにアクセスできず事実上凍結されてしまうという危険があります。また、Keystoreファイルや秘密鍵を保存したパソコンがウィルスなどに感染して、それらの情報が盗まれる可能性もあります。

このようなリスクを回避するために、こまめにバックアップをとったり、スパイウェア対策したりしなくてはいけません

あまりそういった管理に自信のない方は気をつけるようにしましょう。もしくは、TrezorやLedger Nano Sといったハードウェアウォレットと連携させて使うのも一つの手です。スマホからはウォレットにアクセスできませんが、その端末だけ持ち歩けばいいので管理がカンタンです。

また、そのように利用することで更に安全性を確保することができます。


Trazorはここで購入!

Ledger Nano Sはここで購入!

(Trezorの記事リンク)

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

ハードウェアウォレットについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

「仮想通貨を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に仮想通貨を管理してみませんか?

 

スマホのブラウザからだと操作しづらい

スマホのブラウザからだとちょっと操作が難しいのが難点です。

MyEtherWalletにアクセスすると、「このウォレットの利用にはこういったリスクがあることをわかったうえで利用してくださいね!」みたいな運営からのメッセージが表示されるのですが、ここがスマホだとかなりわずらわしいです。

また、ウォレットからの送金も画面が小さく結構使いづらい等など難点があります。おそらくもともとスマホのブラウザ向けに作られていないためでしょうね。


MyEtherWalletのおすすめユーザー

複数のイーサリアムトークンを保有している人

イーサリアムトークンを保有されている方は、そのトークン自体を使う予定がないならば一括で楽に管理できるこのMyEtherWalletがおすすめです。


Trezor、Ledger Nano Sを利用している人

TrezorやLedger Nano Sでは、実際にウォレットを管理する際にMyEtherWalletとの連携が必要です。なのでそれらのハードウェアウォレットを利用している方はぜひこの記事でMyEtherWalletの使用法をマスターしてください。

MyEtherWalletの使い方

ログイン・ログアウトの方法

ログインは必要ありません。そのかわり、自分のアドレスの秘密鍵を打ち込むか、そのデータの入ったKeystoreファイルを読み込ませるだけでウォレットは利用できるようになります。

ログアウトもページを離れたりタブを変更するたびに自動で行われるため、安全性が高くなっています。

送金の方法

送金は、「Ether/トークンの送出」のタブを開いてください。

そこでまた秘密鍵の入力やKeystoreの提出などを求められるので、それに従うとこのような画面が出てきます。

このフォームに必要事項を入力し、「トランザクションを生成」してください。

ETCを送りたい場合は、右上のタブから下の画像の赤で囲った部分をクリックすると切り替わります。


カスタムトークンの登録方法

ICOなどで、まだMyEtherWalletに対応していないトークンも存在します。

それらはカスタムトークンとして登録することによって利用できるようになります。

「お財布情報を見る」のページのトークン残高のすぐ下に「カスタムトークンを追加」というボタンがあるのでそこをクリックしてください。

するとこのようなフォームが出てきます。

この3つを順次埋めていくわけですが、ます2つ目のトークンシンボルついて説明します。

トークンシンボルとは、ビットコインならBTC、イーサリアムならETHといった、仮想通貨の単位のようなものです。追加したい通貨の単位を入力してください。

次に、アドレスの追加ですが、このサイトを使って行います。

右上のSearchの欄にトークンシンボルを入力してみてください。すると、下の画像のようにその通貨の情報が出てくるはずです。


赤で囲まれた「Contract Address」が今必要なアドレスですね。Augurなら「0xe94327d07fc17907b4db788e5adf2ed424addff6」がそれにあたります。

そして最後にケタ数ですが、先ほど赤で囲んだアドレスのすぐ下にある「Token Decimals」の数字を入力すればOKです。

全て入力したら「保存する」をクリックしましょう。

MyEtherWalletについての気になるQ&A

MyEtherWalletのスマホアプリってある?iPhoneで使いたい!

iOS向けにも、Android向けにもスマホアプリはありません。

ただ、App Storeに明らかにMyEtherWalletを意識したであろうウォレットアプリがありましたが、有料なうえ開発元が怪しいので使わないよう注意してください

仮に悪意ないこのMyEtherWalletと連携したアプリだったとしても、サードパーティー製のアプリを使うとせっかくの安全性が損なわれてしまうので使用しないほうがいいと思います。

ガスリミットって何?

ガスリミットとは送金時に必要な手数料のことです。詳しくは次で説明します。

MyEtherWalletの送金手数料は?

送金手数料は自分で設定することができ、送金時にGas(単位はWEI)というプラットフォーム内通貨で支払います。このGasは実際にはイーサリアムに変換されて支払われるのですが、1WEIあたり何ETHかというレートは日によって異なるため注意してください。

また、この手数料をあまりに低く設定しすぎると、マイナーたちに取り合ってもらえない可能性があるので注意しましょう。

また、そのように送金できない状況を避けるため、ウォレット内に0.01ETHは入ってないと送金できませんので注意してください。

入金したトークンはどこで確認するの?

画像の「お財布情報を見る」のところで確認できます。

お財布情報を開いたら「トークン残高」からLoad Tokenをクリックしてください。

これで確認できます!

MyEtherWalletまとめ

イーサリアムとイーサリアムトークンをまとめて管理するのにとても便利なMyEtherWallet。その使いやすさもさることながら、高いセキュリティも備えています。おすすめユーザーの項目では2パターンの人しか紹介していませんが、実のところイーサリアム保有者全員にオススメしたいウォレットです。

MyEtherWalletはここから!


コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!