仮想通貨iEx.ec(RLC)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

現在のiEx.ec(RLC)のレート



iEx.ec(RLC)とは?概要・基本情報まとめ

概要


iEx.ec(RLC)はイーサリアムのスマートコントラクトを利用した、企業向け分散型コンピューティングプラットフォームです。

基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):iEx.ec(RLC)

公開日:2017年1月

承認アルゴリズム: Proof-of-Contribution (PoCo) 

発行上限枚数:86,999,785 RLC

取扱取引所:Binance、HitBTC、Bittrex

公式サイト:https://iex.ec/

公式ツイッター:https://twitter.com/iEx_ec

ホワイトペーパー:https://iex.ec/whitepaper/iExec-WPv3.0-English.pdf

ソースコード:https://github.com/iExecBlockchainComputing

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/RLC

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1746241.0

公式ブログ:https://medium.com/iex-ec

公式フォーラム(Slack):https://slack.iex.ec/

iEx.ec(RLC)の特徴・メリット・デメリット​

分散型コンピューティングプラットフォーム

​​iEx.ecはイーサリアムのスマートコントラクトを用いて開発されたDAppを利用することで分散型クラウドコンピューティングを可能にするブロックチェーンプラットフォームです。プラットフォームの参加者にはストレージや計算リソースを提供する人と、それを利用する人の二種類が存在しており、全者にたいして後者は利用料を支払うことで利用できるようになります。

この技術によって、これまではAWS(AmazonWebService)やMicrosoftAzureといった大企業に高額の利用料を払わなくては利用できなかった高度なデータ分析などを、より安価かつ安全に利用できるようになる、という点にあります。

開発力に期待できる

​このプロジェクトの主要な開発者に、2017年中国で最もクリエイティブな100人に選ばれたHaiwu HE氏がいます。

Haiwu HE氏はクラウドコンピューティング技術を10年以上研究してきた中国精華大学出身の研究者で、フランス国立情報学自動制御研究所​と共同でiEx.ecのプロジェクトを立ち上げました。

また、中国の国立情報研究所と国立中央研究所も開発に協力しており、開発力の点では申し分ないでしょう。

かなり先を見据えたロードマップ

iEx.ecのロードマップはこのページから確認できます。2021年までの壮大なロードマップですが、その各目標を予定通り進めているのがiEx.ecのスゴいところです。


iEx.ec(RLC)の最新チャート!相場からみる価格推移

こちらがRLC/USDのチャートになります。1ドル未満の草コインとして2017年11月までは価格が推移していましたが、年末から新年にかけてのバブルで4.5ドルまで高騰。その後暴落し、2018年4月現在は1.5ドル前後を推移しています。

【iEx.ec(RLC)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは香港の取引所で、取引手数料が0.10%と非常安いのが特徴です。

また、取扱仮想通貨数は70種類以上で、その中の多くが将来性は高いのに現在の価格が低い草コインです。一攫千金を狙った草コインのトレードに興味のある方にぜひともオススメしたい取引所です。

また、取引所独自の仮想通貨バイナンスコイン(BNB)を発行しており、これで取引手数料を支払うと最大で0.05%まで取引手数料が割引されます。

Binanceの登録はこちら!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

HitBTC

HitBTCはイギリスの仮想通貨取引所で、ICO通貨の上場速度を売りにしています。ICO後の通貨をいち早く取り扱い始めるだけでなく、ICO中の通貨の先物取引も実装されており、ICO通貨に興味のある方には登録をオススメします。

HitBTCへの登録はここから!

Bittrex

Bittrexはアメリカに本拠地を置く世界最大規模の仮想通貨取引所です。手数料が0.25%と海外取引所にしては少し高めですが、取扱通貨数が250種類以上と非常に多く、アルトコイントレードに興味を持った方は登録しておいて損はしないでしょう。

Bittrexの登録はこちら!

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

【iEx.ec(RLC)の保管方法】ウォレット


Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットといって、最も安全性が高いウォレットの一つです。非常にセキュリティが高い代わりに、値段が9800円程度と少し高く、人気のため品薄が続いているという問題があります。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人の大多数が利用しているウォレットです。ウォレット自体の安全性はたかいのですが、最近このウォレットのユーザーを狙った成りすましサイトを用意し、ウォレットの情報が打ち込まれたところで資産を盗むという手口の詐欺が流行しているため、利用には十分注意する必要があります。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

iEx.ec(RLC)の将来性

iEx.ecのプロジェクトが開発している技術そのものは非常に将来性が高いと思われます。ですが、プロジェクト全体の将来性についてとなると、少し話が変わってきます。というのも、この「ブロックチェーンを利用した分散型クラウドネットワーク」の分野は既にさまざまなプロジェクトが立ち上がっており、レッドオーシャンとなっているためです。特に、同じEthereum系列のGolemは知名度の面でかなりの強敵だといえるでしょう。

ただし、それらのプロジェクトはどれも開発が思うように進んでおらず、ロードマップに遅延が生じるなどの問題が発生しており、完全な実装までこぎつけたプロジェクトはありません。ですから、開発力の強さとマーケティングを活かすことによってほかのプロジェクトから頭一つ抜けた存在になることも十分考えられるでしょう。

iEx.ec(RLC)まとめ

iEx.ec(RLC)の特徴をまとめると次のようになります。

iEx.ec(RLC)の特徴まとめ

  • ブロックチェーンを利用したクラウドコンピューティングプラットフォーム
  • 開発者は中国でも有数の研究者によって開発されている
  • 競合に勝ちうるポテンシャルも十分にある!

 




CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!