「最近Avalanche(アバランチ)ってよく聞くけどなんなんだろう...?」「将来性はあるのかな...?」

そう思ってはいませんか?確かにAvalanche(アバランチ)は最近よく聞く名前ですよね。

2021年の8月に時価総額11位まで上昇したAvalanche(アバランチ)、実はとんでもないものだったんです...!

今回はそのAvalancheの特徴や将来性、国内での買い方をコインパートナーが解説していきます!

この記事を読んでAvalancheについての理解が深まれば幸いです。

Avalanche(アバランチ)についてざっくり説明すると...

  • ビットコイン・イーサリアムを遥かに凌ぐ性能
  • 優秀な開発陣による資金調達が活発
  • 将来に大きな期待ができる通貨
  • 価格上昇の前には前兆がある

日本円での買い方を徹底解説!

Avalanche(アバランチ)とは 

Avalancheとは

通貨名 Avalanche(アバランチ)
ローンチ日 2020年9月
基軸通貨 AVAX
時価総額 12位
発行上限 720,000,000枚

※2021/11/8 執筆時点

Avalanche(アバランチ)は、あらゆる面で高い性能を誇るスマートコントラクトプラットフォームです。

そのため、ここ最近ものすごい盛り上がりを見せているDeFi(分散型金融)やNFT業界においてかなり需要が高まってきています。

アバランチのガバナンストークンであるAVAXは、つい最近の2021年8月に起きた価格急上昇で一気に話題になりました。
執筆時点の価格(2021年11月8日)は10700円程です。

Avalancheとは

そんなアバランチがなぜ急激に伸びてきているのか、その理由を次で徹底解説していきます!

最新のAvalanche(AVAX)の価格はこちらでチェック!

Avalanche(アバランチ)が2021年に急上昇した理由とは?

Avalancheとは

アバランチの人気の理由は2020年に話題になったBSCやポルカドットのような高い性能にあります。

ビットコインやイーサリアムはいまだにスケーラビリティ問題に悩まされています。

スケーラビリティ問題とは送金や決済処理までに時間がかかってしまうことです。その結果コストが大幅にかかってしまい、手数料が高騰してしまうこともあります。

では、Avalanche(アバランチ)がどれほどの性能を持っているのか見てみましょう。

ビットコイン・イーサリアムを遥かに上回る性能

Avalancheとは

avalancheの性能を他のブロックチェーンとも比較してみましょう!

AVAX BTC ETH DOT BNB
平均TPS 4500 7 14 1500 2000
ブロック生成速度 2秒 60分 6分 60秒 6秒
手数料(ドル) 0.03 15~20 20~35 0.5 0.05
コンセンサス
アルゴリズム
PoS PoW PoW PoS PoS

※2021/11/8時点

ビットコインやイーサリアムと比べると、遥かに高い性能を誇っていることがわかりますね。

Avalancheの平均TPS4500という数字は、VISAの決済速度に匹敵すると言われています。
それに加えて1回の取引にかかる手数料が0.03ドルというのはDeFi市場にとってかなり魅力的なものなんです!

イーサリアムでは取引ごとに20ドル近くのガス代を払わなければいけないので、この手数料の安さに惹かれてAvalancheに移行した人も多いと考えられます。

その他のブロックチェーンと比べても頭ひとつ抜けていますね!

話題のDeFi市場で大きな人気を誇っている

Avalancheとは

DeFi市場では、とにかく早くて安いプラットフォームが求められています。そのため、Avalancheの性能はDeFi市場においてとても貴重です。

Avalancheは2020年の9月にローンチしたばかりにもかかわらず、TVL(そのプロジェクト内にどのくらい資金がロックされているかを表した数値)は2017年にローンチされたPolygonを上回っています。

このようにAvalancheは現在、DeFiでのエコシステムを急速に拡大しています。

すでに約70以上のプロジェクトを抱えているAvalancheは、DeFi市場でとても大きな人気を誇っていると言えるでしょう!

Avalanche(アバランチ)の将来性は?今後の価格を決める2つの要素

Avalancheとは

Avalanche(AVAX)の今後・将来性をより深く理解するために、プラットフォームであるAvalancheとトークンであるAVAXの違いを確認しておきましょう!

Avalancheは通貨名ではなく、スマートコントラクトプラットフォームです。
これを使ってDEXやレンディングプラットフォームなどを作り上げていきます。

AVAXはAvalancheの基軸通貨で、Avalanche基盤のプラットフォームを使ったり、作るときに必要です。

ユーザーがAvalancheを使いたい!と思う度にAVAXが購入されるので、AVAXの価格は上昇します。

つまり、Avalancheの需要が今後のAVAXの価格にそのまま直結するということです。ここでは、これからの価格上昇につながる重要な要素を2つ紹介します!

優秀な開発チームによるAvalancheの進化

Avalancheとは

Avalancheの開発チームはとても優秀です!さまざまな界隈から優秀な人材を集めているイメージが強いですね。

Avalancheとは

Avalancheの開発チームの動きで目を見張るのは、その活発な資金調達力です。Avalancheの開発チームは何回も多額の資金調達に成功しています。

実際にAvalancheは2021年の9月3日に5億円、17日に250億円の大型の資金調達を成功させています。

Avalancheがここまで機関投資家からの資金調達を成功させているのは、開発チームが資金をアップデートやプロジェクト支援に回しているからです。

9月17日にテストネットをリリースさせ、大幅なAvalanacheのアップデートを成功させています。

資金調達の後は価格が上下しますが、結局は上昇して最高値を更新する傾向にあるため資金調達の後は高確率で価格が上昇すると考えられます。

Avalancheとは

それだけでなく、同日17日に調達した資金に関してはDeFi、NFTにおけるAvalanche基盤のプロジェクトへの支援や更なるアップデートに投入すると公表しています

このようなAvalancheの姿勢が機関投資家やDeFiプロトコルからの評価や信頼を得ているのだと思います。

資金調達の能力や、開発までのスピードが今後のAvalancheの将来性を高めている要因の1つだと言えるでしょう。

DeFiやNFTのプロジェクトとの統合

Avalancheとは

Avalancheの特徴の1つとしてイーサリアムとの互換性というのがあります。
イーサリアムとの互換性があると、今あるDeFiやNFTの主要プロジェクトと統合することができます。

DeFi業界において他の有名プロジェクトと統合することは、そのプロジェクトの今後を決める上で最も重要な要素と言っても過言ではありません。

現在Avalancheは有名なDeFiプロジェクトで言うと、AAVE、SushiSwap、Curveと統合しています

AAVEとの統合は10月からのスタートですが、Avalancheエコシステムの中で一番TVLを獲得しているのはAAVEです!

Avalancheとは

元からあるBENQIのようなAvalanche基盤のプロトコルを抑えてTVL1位をキープしています。
つまり他プロジェクトの統合は、今後のAvalancheの需要を上げてくれる重要な要素というわけです!

Avalanche(アバランチ)/AVAXの買い方・購入方法

Avalancheとは

Avalanche(AVAX)の購入方法

  1. GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入
  2. GMOコインからBinanceに送金
  3. Binanceに送金した通貨をAVAXに交換

Avalancheを購入するためにはBinance(バイナンス)から購入しないといけません。
しかしBinanceは日本円を入金できないので、他の取引所で暗号資産を購入してからBinanceに送金する必要があります

GMOコインなら暗号資産の送金の際に手数料がかからないのでオススメです!
取引所形式で購入すると、手数料がかからないのでBinanceまでの送金を1番安くできます。

基本手数料無料!!

GMOコインで暗号資産を購入しよう

まずはGMOコインのホームページから取引所の画面に切り替えます。

まだGMOコインで口座開設していないという人は、こちらの記事をご覧ください!

取引所の画面に移る

Avalancheとは

取引所の画面に移ったら、ビットコインやイーサリアムなどの適当な通貨を購入します。

今回はビットコインにしましょう。

必要な項目を入力する

Avalancheとは

注文数量、注文金額を入力して購入を確定しましょう。

最低でも0.01BTCないと注文できないので気を付けて購入してください。

GMOコインからBinanceに送金しよう

まずはBinanceのホームページからログインしましょう。

まだBinanceで登録していない方はこちらの記事で登録方法を解説しているので、まずはこちらをご覧ください!

BinanceのウォレットをGMOコインに登録する

Avalancheとは

まずBinanceのホームページからログインします。

右上のウォレットからフィアットと現物を選択ましょう。

ビットコインを選ぶ

Avalancheとは

上の操作を完了したら、今度は通貨の一覧が出てきます。

この中からGMOコインで購入した通貨、今回はビットコインを選択します。

通貨に対応したネットワークを選択してアドレスをコピーする

この画面になったことを確認したら、正しいネットワークを選択します。
今回はビットコインなので、BTCネットワークを選択しましょう。

そのすぐ下にアドレスが表示されるので、コピーしてください。
QRコードでの読み取りがいい場合には、矢印からQRコードを表示しましょう!

次からはGMOコインでの操作になります!

GMOコインからBinanceに送金する

銘柄を選択する

GMOコイン 入出金 送付方法2

GMOコインの画面に戻ったら、左側から暗号資産の入出金を選択します。

銘柄の一覧が出てくるので、ビットコインを選択しましょう。

GMOコインにBinanceのウォレットを追加する

GMOコイン 預入・送付 宛先リスト1

そこから右上の宛先リストを選択して、新しい宛先を追加しましょう。

GMOコイン 預入・送付 宛先リスト2

ビットコインアドレスのところに先ほどコピーしたアドレスをペーストします。

わかりやすいように名前をつけて登録するのをオススメします。

GMOコイン 預入・送付方法 送付2

そしたら次に宛先を選択してビットコインを送金する数量を決めます。

GMOコイン 預入・送付方法 送付3

数量を決めたら、2段階認証を完了させ、確認画面まで進めて確定させれば送金は完了です!

早速BTCをAVAXに交換しましょう!

BinanceでAVAXを購入する

取引方法はコンバートを選択

Binanceに送金が完了していたら、次ははBTCをAVAXにトレードします。

上のトレードから「コンバート」を選択します。

必要な数値を入力する

Avalancheとは

AVAXに交換したい量のBTCを入力して「コンバート」を押します。

確認が取れたら注文を確定して、AVAXの購入は完了です!

Avalanche(アバランチ)とは まとめ

Avalanche(AVAX)とは まとめ

  • イーサリアムを超える可能性を十分秘めている
  • 開発チームが優秀で短期間で著しい成長を遂げている
  • 他プロジェクトとの統合が今後のカギ

いかがでしたでしょうか!Avalancheがとても素晴らしいプラットフォームということが分かったと思います!

イーサリアムより性能の良いブロックチェーンは最近のDeFiではよく見られていますが、やはりAvalancheは他よりも頭ひとつ抜けているような感覚ですね。

DeFiにはsolanaやBSCもありますし、今後も競合が増えて盛り上がるのではないでしょうか!

あなたもこれを機にAVAXを購入してみては?

solanaに関してはこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください!