ベトナム仮想通貨取引所がハッキング被害に

ベトナムを拠点とする仮想通貨取引所VinDAXがハッキング被害にあい、少なくとも50万ドル(約5,500万円)が盗まれた。

海外仮想通貨メディアであるTHE BLOK紙が、VinDAX直接確認を取っている。

VinDAXはマイナーな銘柄を主に取り扱っている仮想通貨取引所であり、月に39万人ほどの人数が取引を行っている。

そんなVinDAXが23の銘柄を通じて5,500万円相当の資金を失ったのだ。

仮想通貨取引所のハッキング被害は、その勢いが留まるところを知らない。

世界中の仮想通貨取引所では、今年だけで既に約110億円相当のハッキング被害にあっており、その中にはBitpointなど日本の企業も含まれている。

今後、仮想通貨の信頼度をあげていくためには仮想通貨取引所の安全性確保が絶対条件である。

仮想通貨業界のさらなる発展のため、仮想通貨取引所の安全性の向上には力を入れていかなければならない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!