コインチェックのXEM大量流出事件から、金融庁の認可をどこよりも早く得ていてセキュリティに安心感があり人気が一気に高まっているQUOINEX。しかし取引所を選ぶときに気にしたいのはセキュリティもそうですが、やはり手数料ではないでしょうか?QUOINEXがコインチェックに代わる存在になれるのか、日本で人気を集めることができるのか、手数料の面から検証しました!

 <コインチェック事件を解説>

コインチェックがハッキングされたみたいだけど仮想通貨は大丈夫なの?仮想通貨を始めたてのあなたはそんな不安にかられていませんか?この記事を読めば今回の事件の全貌が丸わかり!何が起きたかを知りそれに対する対抗策を知っておけば被害にあう確率が大きく減り、あなたの不安もきっと解消されることでしょう!コインチェック事件の内容と原因、コインチェックの対応、チャートへの影響、さらには類似事件も学べば自ずと対抗策がわかるのでそれも教えちゃいます!自分のお金は自分で守る!セキュリティ対策として何ができるのかしって安心して取引を行いましょう!目次今回ハッキングされたコインチェックとは? ハッキング被害の概要 コインチェックの対応は?記者会見の内容 ハッキングの原因は? 過去の類似事件チャートへの影響は?ビットコイン・ネムの価格を分析 ハッキングの対策1【ハッキングに強い取引所3選】ハッキングの対策2【おすすめコールドウォレット3選】まとめ今回ハッキングされたコインチェックとは? 日本最大の仮想通貨取引所 今回ハッキング被害にあったコインチェック(Coincheck)は2014年に操業を開始した日本の最大手の仮想通貨販売所・取引所で、2017年にはビットコイン取引高日本国内1位を獲得しています!チャートが見やすい・アプリがとても使いやすいなど手軽に取引できる点から初心者に人気であるほか、日本で一番多種(13種類)の仮想通貨を取り扱っている販売所として有名です。芸人の出川哲郎さんがCMに出演していることでも話題になりました。コインチェック(Coincheck)とは? 概要や特徴、登録までの流れを解説!コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!続きを読む 金融庁には未登録 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

QUOINEXとは、QUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所で、日本を本拠地にシンガポール、ベトナムにも拠点を持っています。日本で最初に金融庁の認可を得た仮想通貨取引所として注目を集めています。将来性が期待されているトークンQASHのICOを行い、国内で唯一取り扱っている取引所でもあります。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手数料一覧

入金手数料無料
出金手数料500円
取引手数料ベース通貨ペア:無料 その他:0.25%
送金手数料無料
レバレッジ手数料(ポジション料)0.05%/日


入金手数料

自分のQUOINEXの口座に日本円をチャージするときにかかる入金手数料ですが、これは無料です。さらに、上限額は限られますが反映されるスピードが速いクイック入金に係る手数料も無料です!クイック入金は他の取引所だと手数料がかかるパターンが多いので、これはオトクですね!ですが、金融機関にかかる手数料は自己負担なので注意が必要です。


出金手数料

日本円を銀行口座に引き出すときにかかる出金手数料ですが、これは一度の引き出しにつき500円かかります。最近はこれが無料の取引所も結構増えているので500円は高いように感じられがちですが、実際はそんなに高いわけではなく、標準的です。小さい額をこまめに引き出すとその分損なので、取引所口座から引き出すときはなるべくまとめて回数を減らすように注意しましょう


取引手数料

通貨の売買時にかかる取引手数料ですが、ベース通貨ペアに限り無料です。ベース通貨ペアとは、BTC/JPYのことです。その他の通貨ペアに関しては、全て一律で約定金額の0.25%かかります。これは、海外の事情を見るとわかりますが、取引所の手数料としては標準的かやや高めです。日本の他の取引所は基本的に正式には「販売所」なので、取引手数料を取っていないところばかりです。販売所はその代わりに高いスプレッドを取っています。

 <取引所と販売所の違いはコインオタクの記事で確認!>

  目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは?  まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。  さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。  具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか? はどういう詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

<取引手数料が圧倒的に安い海外取引所、Binance>

目次仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは【Binanceの特徴1】手数料が安い!【Binanceの特徴2】独自コインを発行している【Binanceの特徴3】日本語対応しているBinanceの今後BinanceのメリットBinanceのデメリットBinanceの登録方法Binanceの使い方Binanceまとめ   仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは   Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。 CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。 Binance公式サイトはこちら 【Binanceの特徴1】手数料が安い! Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります! BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、 Biance:0.1% Bittrex:約0.25% Poloniex:0.15~0.25% アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、 Binance:0.1% Bittrex:0.25% Poloniex:0.15~0.25% BTC送金手数料を比較してみると、 Binance:0.0005BTC Bittrex:0.001BTC Poloniex:0.0005BTC

 

送金手数料

これはどこの取引所でもそうなのですが、説明書きで送金手数料は、仮想通貨の出金手数料として記述されています。この送金手数料は、なんと無料です。この送金手数料は、取引所に支払われるものではなくトランザクションを承認するマイナーに支払われるものです。マイナーは手数料が低いトランザクションは基本的にマイニングしたくないはずなので、QUOINEXからの送金は全体的に時間がかかるのではないかと考えられます。


レバレッジ手数料(ポジション料)

レバレッジ取引にかかる手数料は、建玉ごとに0.05%/日です。日の更新は日本時間で朝7:00で、そこで手数料が自動的に支払われます。QUOINEXではBTC、ETH、QASHをレバレッジ取引できますが、手数料はどの通貨でも同じです。これも至って標準的な価格設定です。また、自動で行われるロスカットに関しても手数料がかかりません。

 <ビットコインのレバレッジ取引についてはこちら>

「ビットコインの投資を始めてみたけれど、暴落しているときにどうすればいいか分からない。周りの友達はFXで儲けているらしいけど。。。」 そんなことを考えたことはありませんか?ビットコインや仮想通貨の投資では、単純に価格が高騰している時しか利益を得ることは出来ませんが、FXなら価格に変化があれば理論上利益をあげることが出来ます。この記事ではそもそもビットコインFXとは何なのかというところから、ビットコインFXの取引所、チャートの分析の仕方まで徹底解説します!目次ビットコインFXって何?国内外のビットコインFX取引所比較ビットコインFXのやり方ビットコインFXでのチャート分析ビットコインFXにかかる税金は?まとめ ビットコインFXって何?   現物取引とFX取引の違い 「ビットコインを買うぞ!!」これは現物取引です。 現物取引では、お金を出して、その金額に応じたビットコインを貰えます。単純ですね。 FX取引は、「手元に1万円しか無いけど100倍したら100万円になるから100万円分買うぞ!!」という感じです。 現物取引と違うのは、自分が出すのはこの場合1万円のみ、ということです。原資を100倍しているので、これはレバレッジ100倍といったりします(後述)。 ただし、100万円は作り出した幻のようなものなので、この場合は1%価格が動いて100万円→99万円になった瞬間に元手の1万円が吹き飛んで終わります(退場)。 実際のFX取引では通常途中でロスカット(強制反対決済)が入り、原資が0になる前に止められます。 ちなみに、FX取引用語では、原資=証拠金、原資のどのくらいの割合が残っているか=証拠金維持率と呼びます。 FXではレバレッジがかけられる 先程出てきた「レバレッジ」ですが、簡単に言うと証拠金に掛けられる倍率です。 つまり、レバレッジ5倍なら1万円(証拠金)→5万円、15倍なら1万円(証拠金)→15万円、100倍なら1万円(証拠金)→100万円となります。 注意点として、証拠金を全部一度に使う必要はなく、大抵は証拠金の中の一部だけに倍率を掛けてリスクを軽減します。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスプレッド

以下の画像を見てみましょう。2月のある日のJPY建ての価格です。Bidが売値、Askが買値です。

売値と買値の平均を相場価格と仮定すると、相場との価格差はBTCで約0.04%、ETHが約0.22%、XRPが約0.57%、BCHが約1.47%となっていて、これはとても狭いです。アルトコインのスプレッドがBTCよりも広くなる傾向はどの取引所でもそうなんですが、この狭さは日本一だと思われます。日本はほとんど販売所なので取引所であるQUOINEXのスプレッドが他と比べて際立って安くなるというのも当たり前な話ではあるのですが。。。しかし取引手数料を考えてもトータルでは他よりもオトクだと思います。

一方でこちらの画像を見てみます。

1月半ばにBTCが暴落したときに、一時QUOINEXだけスプレッドが42万円ほどになるという事件が起きました。売値だけ非常に価格が下がっています。QUOINEX内でBTCを欲しい人がほとんどいなかったことが原因と考えられます。取引所内の流動性があまり高くないという状況が伺えます。

ですがこれはいつも起こるわけでもなく、非常事態中の非常事態ですので、今後このようなことが起きても狼狽しないように注意が必要です。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手数料は結局安いの?

コインチェック、ビットフライヤー、Zaifとの比較

ビットコインの手数料

QUOINEXコインチェックビットフライヤーZaif
入金手数料(銀行振込)無料無料無料無料
入金手数料(クイック入金)無料756円〜324円〜486~794円
出金手数料500円400円216~756円350~756円
取引手数料無料無料無料-0.01%
送金手数料無料0.001BTC0.0008 BTC0.0001BTC~
レバレッジ手数料0.05%/日0.04~0.05%/日0.04%/日0.039%/日
スプレッド約0.04%約1.44%約1.19 %約5.19 %

こうして表にしてみると、QUOINEXはクイック入金、送金手数料、スプレッドの3つ(赤字のところ)の面で主要3社よりお得だということがわかります。他に劣っている面もなく、このクオリティの「取引所」は日本には他にはあまりないので、ビットコインの取引をメインでやるならぜひQUOINEXを使いたいところです。

QUOINEX公式サイトへ


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の手数料に関するQ&A

QUOINEXのBTC送金手数料は一回につきいくらですか?

QUOINEXでBTCを送金するときにかかる手数料は無料です!アルトコインの送金に関しても同じく無料です!


QUOINEX(コインエクスチェンジ)はこんな人にオススメ

QUOINEXの手数料について見てきました。QUOINEXは、取引所の宣伝の際に手数料が安い!!などの文句を使っていませんが、実は非常にいい条件であるということがわかりました。

ビットコインのトレードをするメインの取引所を探している人

にはとてもオススメの取引所だと思います!他の主要取引所と比べてもトップレベルに手数料やスプレッドの条件は良いと言えるでしょう。

一方でアルトコインの取引は、現状は手数料が0.25%かかる上、取り扱い通貨数は少ないです。スプレッドが主要他社と比べても圧倒的に狭いので、日本で安心してアルトコインを取引したい、という方や、ETH、QASHのレバレッジ取引をしたい!という方には向いてると思います。今後もQUOINEXは取り扱い通貨をもっと増やしていくだろうというのが大方の見方です。

ですが、同じかそれよりもいい手数料の条件下で、取扱通貨も比にならないくらい多い海外の取引所でアルトコインの取引は行うのがいいかと思います。

特にBinanceは取引手数料は0.1%で、100を超える種類の通貨を扱っています。

Binance公式サイトへ

このように、用途によって取引所を賢く使い分けることで、無駄がなく利回りのいい仮想通貨ライフを送ることができます!