コールドウォレットを使おう!ハッキングに備えた安全な仮想通貨の保管方法を教えます!

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!

この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!

コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかりセキュリティ性能を大きくあげましょう


コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。


※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。

この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にありますコールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう


また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! 

コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!

 

コールドウォレットの特徴

bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

多くの取引所は、利用者のコインのうち流動性がないものを外部のネットワークと隔絶されたコールドウォレットに保管することによって、ハッキングによる流出を防止しています。

取引所のなかには、同時にそういったコールドウォレットを分散的に作成することで、災害などで一気に全部失われるリスクを回避しているところも多く存在しています。

とはいえ、一般のユーザーはそこまで厳重に管理する必要はありませんし、何よりそれでは手間がかかってしまいます。そこで、今回は主流のコールドウォレットを2種類紹介していこうと思います!

仮想通貨の長期保管に便利で安全性の高いペーパーウォレット

仮想通貨を引き出すことなく長期に保管しておくならアドレスと秘密鍵を一緒に紙に書いた「ペーパーウォレット」がオススメです。これは、究極的にはアドレスとそれに対応した暗号鍵、紙、ペンしか必要ないのでお手軽です。しかし、紙は経年劣化してしまったり、なくしてしまう可能性があるため管理に気を使う必要があります。

また、送金する際にはデスクトップウォレットなどにウォレット自体をインポートする必要があるので、一度送金のためインポートすれば、ペーパーウォレットとしては役に立たなくなります。なので、出入金を頻繁にするのには、ペーパーウォレットは不向きです。

普段使いで安全性を重視するならハードウェアウォレット

「仮想通貨の出し入れは頻繁に行うけど、安全に保管したい・・・」と思っていらっしゃる方におすすめなのが、「ハードウェアウォレット」です。

これは、秘密鍵を専用の周辺機器(ハードウェア)に保管する方法で、送金などをする際にはPCの専用アプリと連携して行います。アプリのサービス提供者側は秘密鍵を保管しておらず、ウォレットにアクセスするためにはそのハードをPCに接続するしかありません。

これは、非常に安全で、また入出金に不都合も無いのですが、「そもそも値段が高い(1~3万)」、「販売しているのが海外のメーカーなので、国内では品薄」なのが現状です。

また、公式販売代理店以外から買うと、セキュリティ面でリスクが生じてしまうので気をつけてください。


コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方

ビットコイン(Bitcoin)のコールドウォレット(ペ-パーウォレット)

ビットコインのペーパーウォレットはこちら(Bitaddress.org)から作れます。

ページを開いたら、画面中央のの表示が100%になるまでマウスカーソルを動かしてください。そうすると、秘密鍵とアドレス、それらに対応するQRコード2つが現れるので、それらをプリントアウトすれば完成です。

引き出す際には、デスクトップウォレットにインポートしなくてはいけません。なので、Electrumなどを使ってインポートしてください。

Bitaddress.orgへ

イーサリアム(Ethereum)のコールドウォレット(ペ-パーウォレット)

MyEtherWalletでウォレットを作成すると、ウォレット情報をペーパー形式で保存することができます。

パスワードを設定してkeystoreファイルを保存してください。このファイルは今設定したパスワードでウォレットにアクセスする際に必要になります。そうすると秘密鍵が表示されるので、「お財布情報を印刷する」からプリントアウトしてください。

送金する際には「Ether/トークンの放出」を選択して、keystoreファイルと自前のパスワード、あるいは秘密鍵の入力をする必要があります。


MyEtherWallet


Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!


コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選

LedgerNanoS

こちらのLedgerNanoSも利用者が多く、対応通貨はビットコイン、リップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンの五種類です。こちらもUSB充電は不要です。

これは次に紹介するTrezorが未対応のリップルに対応しているので、リップルをコールドウォレットで保管しておきたい人にオススメです。定価は約10000円と、Trezorより安くなっていますが、こちらもまた品薄になっています。

ウォレットの確認は公式アプリをPCにインストールして使う必要があります。

Ledger Nano Sを購入する

Trezor

 

Trezorは、先ほど紹介したLedgerNanoSと並んで最も利用者の多いハードウェアウォレットです。

外部充電不要のUSBタイプで、ビットコイン以外にも、Dash、Z-cash、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンに対応しています。

ウォレットの確認はGoogleChrome上で、公式ホームページから行えます。定価は約16000円ですが、人気のため品薄になっています。また、イーサリアムとイーサリアムトークンだけは先ほど紹介したMyEtherWalletから取引する形になります。

Trezorを購入する

Cool Wallet

これは上記2つとは違って、ビットコインのみにしか対応していません。

ですが、このトレーラーを見てください!

めっちゃかっこいい!

しかもBluetoothでスマホと接続してウォレット操作ができるため、とっても便利です。

国内では、公式サイトでのみ、送料込みで約15000円で販売しています。ただ、こちらも人気のためか品薄になっています。

Cool Walletを購入する

コールドウォレットについてのQ&A

コールドウォレットがあるなら、ホットウォレットもあるの?

オンラインに常に接続してあるウォレットをホットウォレットといいます。
こちらはハッキングなどによって盗まれるリスクが存在しているので、完全に安全とは言えません

ペーパーウォレットとハードウェアウォレット、どっちがおすすめ?

ペーパーウォレットは、送金を目的としない長期間の保管という限られた目的にしか向いておらず、また、紙なので劣化したり無くしたりしやすいという恐れがあります。
その点、ハードウェアウォレットは出入金も問題ないので、高くついてもこちらを買ったほうが良いと思います。

リップル(ripple/xrp)をコールドウォレットで保管したいんだけど、どの方法がオススメ?

ハードウェアウォレットのLedgerNanoSがおすすめです。
リップル以外にもビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンが使えます。


 コールドウォレットまとめ

仮想通貨を安全に保管したい・・・」これは、仮想通貨ユーザーの総意ではないかと僕は思います。

多額の資産を持っている人ほどその思いは強いのではないでしょうか。そういう方には、ぜひコールドウォレットでの保管をオススメします。

ペーパーウォレットは用途が限られているため利用しないにしても、1万円ケチってハードウォレットにしていないせいで多額の資産が全部パアになったら笑い事じゃ済みませんからね。



コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!