「ハードフォークってたまに聞くけどなんだろう?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

確かになんだか難しそうな感じがしますよね。

そこでこの記事では、ハードフォークの仕組みやメリット、注意点を解説しています。

また、実際にハードフォークが行われた実例を紹介しています。


ハードフォークとは

フォークとは、大まかに言えばブロックチェーンの仕様を変更することを意味します。

ブロックチェーンの仕様変更には2種類あり、ハードフォークとソフトフォークがあります。

ハードフォークとは、既存の仕様は無視し、互換性のない全く新しい仕様に変更することを指します。

そのためハードフォークでは、既存の仕様の通貨とは別に、新しい仕様の通貨が誕生します。

仮想通貨に関するニュースで「ソフトフォーク」という言葉を聞いたことがあると思います。ソフトフォークはハードフォークと何が違うの?仮想通貨の価格にどう影響するの?などなど,ソフトフォークに関する疑問がこの記事を読めばスッキリ解決します!

 

ハードフォークとソフトフォークの違い

​ハードフォークとソフトフォークの違いを図を使って分かりやすく解説します。

ハードフォーク

​ハードフォークでは、「ある特定のブロック以降を変更」という方法です。

​旧ブロックと新ブロックの互換性はなくなります。

旧ブロックに変更はなく、新ブロックから仕様が変更されます。

新ブロックが生成されても、旧ブックは機能的にそのまま使用することができます。

そのため、旧ブロック仕様の元の通貨と新ブロック仕様の新しい通貨が誕生します。

このようにブロックが2つに分裂し、新しい通貨が誕生します。

本来は、仕様を変更するために行われるハードフォークですが、結果的にブロックが2つに分裂します。

ソフトフォーク

ソフトフォークでは、「全てのブロックを変更」という方法です。

そのため、変更後は以下のようになり、分裂は起こりません。

新しい仮想通貨が誕生することもありません。

ハードフォークのメリット

 

ハードフォークのメリット

  • 通貨の機能が向上する
  • 自動的に通貨が貰える
  • 価格が上昇する

通貨の機能が向上する

ハードフォークでは、通貨のなんらかの問題を解決するために行われます。

そのため、機能性が向上し、より良い通貨が誕生します。​

自動的に通貨が貰える

ハードフォークの際に、取引所に対象の仮想通貨を預けていると、その後に出来た新たな仮想通貨が同じ枚数自動的に貰えます。

実際、ビットコインが分裂した際はビットコインキャッシュが、イーサリアムの際はイーサリアムクラシックが付与されたいます。

新しくできた仮想通貨は価格が低いことが多いですが、何もせずに貰えるのは利用者としては大きなメリットです。

価格が上昇する

​ハードフォークで新しくできた仮想通貨は、元の仮想通貨に比べて機能性が高くなっています。

そのため需要が高く、価格が上昇しやすいというメリットがあります。

ハードフォークの実例 

ビットコイン

​​​2017年8月1日にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインとビットコインキャッシュに分裂しました。

分裂の原因は、ビットコインが直面していたスケーラビリティ問題の解決策に対する意見の対立でした。

「取引記録データの容量を減らす」と「1ブロックあたりに入れられるデータの量を増やす」​という2つの案がありました。


前者はソフトフォークで一つの取引記録のデータを元の約60%に縮小できる「​SegWit」を導入しようと考えました。

しかし、SegWitはマイニングアルゴリズム「ASICBoost」​に対応してないため、マイナーから反対されました。

マイナーは、後者の「1ブロックあたりに入れられるデータ量を8倍に増やす」方法を主張しました。​

そこで妥協案として、一旦SegWitを導入して、その後1ブロックあたりの容量を2倍にする「SegWit2x​」が採用されることになりました。​

しかし、SegWit2xもASICBoostが使えないため、マイナーからの反対意見が強く出たままでした。

2017年8月1日に1ブロックあたりの容量を8MBまで拡大​するハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生しました。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の分裂について詳しく解説します!BTCのスケーラビリティ問題からブロックチェーン、ハードフォーク、新通貨のビットコインキャッシュ(BCH)の特徴まで丁寧にご紹介します。

イーサリアム

2016年7月20日にイーサリアムのハードフォークが行われ、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂しました。

分裂の原因は、イーサリアムのブロックチェーン上に書かれたThe DAOのスマートコントラクトに致命的なバグがあった​ことによるものです。

The DAOとは、イーサリアムのスマートコントラクトを使用して作られた非中央集権の分散型投資ファンドのICOプロジェクトです。​

致命的なバグを攻撃され、DAO内の全資産の約3分の1(当時のレート​で8000万ドル)が盗まれてしま​いました。

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインオタクが真剣に考察しました!

その対応策として、イーサリアムはソフトフォークした後に、ハードフォークしました。

ソフトフォークでは、盗まれたイーサリアムが仕様できなくなるように仕様変更しました。

これにより、大規模なハッキングをしようとするインセンティブを減らすことができます。

また、この件の犯人がイーサリアムの市場に対して大きな影響力を持つことを防ぎました。

ハードフォークでは、盗まれた時の履歴を消去して盗まれた資産を盗まれた元のところに戻​す作業が行われました。

ハードフォーク後に新たに出来たブロックチェーンがイーサリアムの正式なチェーンになりました。

しかし、一連の対応があまりにも中央集権的だったことから、一部から強い反感を受けました。

その結果、旧ブロックチェーンがイーサリアムクラシックとして、その人達から支持を受け、今も残っています。

イーサリアムのハードフォークとは、イーサリアムブロックチェーンの仕様を改良するために行われるアップデートのことです。実は、ハードフォークには今後期待できる機能要素が多く含まれています!ここでは、その特徴と価格への影響を解説します!

ビットコインキャッシュ

2018年11月16日ビットコインキャッシュのハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュとビットコインSVに分裂しました。

分裂の原因は、ビットコインキャッシュの開発者であるBitcoin ABCとBitcoin SVの対立です。


Bitcoin ABCは、以下の2点をアップデートに盛り込もうと考えました。

  • 外部の情報をブロックチェーンに取り込むオラクルを活用したスマートコントラクトの実装
  • 異なるブロックチェーン上のトークンを取引所の仲介なしに直接取引できるクロスチェーンの実装

Bitcoin SVは、以下の2点をアップデートに盛り込もうと考えました。

  • ブロック容量を32MBから128MBに拡張する
  • 以前排除されたビットコインのコードを復活させ、スクリプトを増やす

結果的にハードフォーク後、Bitcoin ABC側がビットコインキャッシュ、Bitcoin SV側が新しい仮想通貨のビットコインSVに採用されました。

ハードフォークの問題点 

ハードフォークの問題点

  • 通貨が失われる可能性
  • 信頼感が失われる可能性
  • コミィニティが分裂する可能性

通貨が失われる可能性

ハードフォークでは互換性のない、新しいブロックチェーンが誕生します。

​そのため、ハードフォーク中にその通貨を送金すると、通貨がなくなってしまう可能性があります。

ハードフォークによって取引所も一時的に送金や取引を停止するなどの対応を行います。

ある程度の混乱が起きるため、ハードフォークの前後は取引や送金は控えるようにしましょう。

信頼が薄れる可能性

​通貨になんらかの不具合が生じた際に、毎回ハードフォークを行うと信頼感が薄くなってしまいます。

そもそも仮想通貨は、発行枚数があらかじめ決まっており、それによって希少性が生まれ、金融商品として成り立っています。

しかし、ハードフォークによって新しい通貨ができてしまうと、その希少性がなくなってしまいます。

コミュニティが分裂する可能性

​ハードフォークは通貨のアップデートとしては大規模で、通貨の保有者などに大きな影響を与えます。

そのため、その通貨のコミュニティ内で意見が分かれる可能性が大きいです。

今まで紹介したハードフォークでは、すべて意見が分かれ、コミュニティの分裂が起こっています。

ハードフォーク まとめ​​

​いかがでしたか?

この記事では、ハードフォークの仕組みやメリット・デメリット、事例を詳しく解説しています。

ハードフォークは、仮想通貨のブロックチェーン上のある特定のブロック以降を仕様変更するという方法です。

結果として、新しい通貨が誕生します。

ビットコインやイーサリアムのハードフォークによって、それぞれビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックが誕生しました。

ハードフォークが行われると、自動的に通貨をもらうことができるので、ハードフォーク直前は買い時と考えるのも良いでしょう。