「リップルを購入したいけど、どこの取引所が1番いいの?」

そう疑問を持っている方は非常に多いです。

リップルは将来性が高くとても人気のある仮想通貨なので、優良な取引所で売買して得したいですよね。


今回は、コインオタクが普段使っている取引所の中から、リップルを購入するのにおすすめの取引所を厳選し、ランキング形式で紹介します!

この記事があなたのリップル投資の手助けとなれば幸いです。


第1位 : GMOコイン 

GMOコインのバナー

GMOコインは日本最大の仮想通貨取引所

日本最大で初心者にも上級者にも人気なのはGMOコインです。

メリットデメリット
・上場企業「GMO」が親会社なので安心・安全
・24時間365日取引可能
・スマホアプリが使いやすく、簡単に売買できる
・今登録すると2000satoshi分のビットコインがもらえる!
・取り扱い通貨が5種類とすこし少ない
・取引所ではなく販売所なのでスプレッドがあり、リップルの値段は少し高い


 メリット 

GMOコインは東証1部上場のGMOインターネットグループが運営している国内最大級の仮想通貨取引所です。

そのため資本金はとても豊富でセキュリティー性能にも長けているため”安心”、”安全”な取引所となっています。


リップルの取引手数料は無料で24時間365日の取引が可能ですし、スマホアプリはツールが豊富でとても使いやすくなっています。

取引所ではなく販売所なので、リップルをワンクリックで簡単に売買可能になっています。

GMOコインのキャンペーン

今ならGMOコインに無料登録するだけで2000satoshi(約1500円)分のビットコインが貰えるキャンペーン中です!

GMOコイン公式サイトはこちら

GMOコインの無料口座登録はこちら!


デメリット 

GMOコインのデメリットとしては、リップル以外の取り扱い通貨が少ないことが挙げられます。

XRP(リップル)、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)の5種類のみ取引が可能です。

⇨GMOコインの取り扱い通貨については『GMOコインの取り扱い通貨一覧!各通貨の特長と国内取引所情報も網羅!』をご覧ください。


また、GMOコインは販売所であるためGMOコインの提示する値段でしかリップルを購入することができません

そのため、個人間の取引を行う取引所に比べ少し割高の取引になってしまいます。


 GMOコインの評価まとめ表

ポイント評価
手数料無料(スプレッド約6%)
取り扱い通貨XRP,BTC,ETH,BCH,LTC
使いやすさ★★★★★
信頼性★★★★★
口座数17万口座
おすすめの人ほぼ全ての人


GMOコインの公式ホームページはこちら!


GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 

第2位:BitPoint(ビットポイント)

BitPointのバナー

BitPointは各種手数料が無料のおトクな取引所

サッカー日本代表の本田圭佑選手が広告塔をつとめるBitPoint。

メリットデメリット
・各種手数料が全て無料
・FXツールMT4が使える
・スマホアプリが使いやすい
・いまなら3000円もらえる!
・取引量が少なく注文が成立しにくい
・対応が遅い

メリット

BitPointの最大の特徴は、入手金手数料や取引手数料をはじめとする各種手数料が無料であることです。

すべての通貨を取引所形式で扱っているためスプレッドも小さく、リップルを安く購入することができます。

⇨BitPointの手数料については『BITPOINT(ビットポイント)の手数料まとめ!送金手数料・出金手数料・取引手数料など全て解説します!』をご覧ください。


また、日本で初めてMT4を採用したことでも知られています。

MT4はFXにおいて必須のツールであるため、リップルのレバレッジ取引を行う場合に最適です!

スマホアプリ「BitPoint Lite」が無料で配信されており、リップルをスマホで手軽に取引することができます。

BitPointのキャンペーン

11月30日まで3000円分のビットコインがもらえるキャンペーン中です!


BitPoint(ビットポイント)の公式サイトはこちら

BitPointで無料口座開設!


デメリット

BitPointは比較的新しい取引所であるため、まだリップルの取引量が少ないのがデメリットです。

通常の量の注文であれば問題なく取引ができますが、一度に大量のリップルを売り買いしようとするとなかなか注文が通りません。


また運営の対応の遅さもデメリットの一つです。

口座開設の審査に2〜3日の時間がかかってしまうほか、入金や出金の反映に時間がかかるケースが多いです。


BitPointの評価まとめ表

ポイント評価
手数料無料
取り扱い通貨XRP,BTC,ETH,LTC,BCH
使いやすさ★★★★★
信頼性★★★★☆
口座数不明
おすすめの人リップルを安く買いたい人
 

BitPointの公式ホームページへ


第3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのバナー


DMM BitcoinはFXに特化した世界クラスの取引所

メリットデメリット
・大手DMM.comが運営する安心感
・リップルのレバレッジ取引できる
・いまなら口座開設だけで1000円もらえる!
・リップルの現物取引ができない
・最大レバレッジ倍率が低め
・スプレッドは広い

メリット

DMM Bitcoinは、FXで口座数世界一となったDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

FXでの実績を生かしDMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化したツールやサービスの開発を行なっています。


まだ国内でリップルのレバレッジ取引ができる取引所は少なく、優れたノウハウをもっているDMM Bitcoinであれば安心してリップルのレバレッジ取引に挑戦できます!

DMM Bitcoinのキャンペーン

DMM Bitcoinでは11月30日まで、口座開設をするだけで1000円がもらえるキャンペーンを行なっています!


DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイトはこちら

DMM Bitcoinで無料口座開設!


デメリット

DMM BitcoinはFXに特化した取引所であるため、リップルの現物取引ができません(現物の扱いがあるのはビットコインとイーサリアムのみ)。

そのため、リップルの長期保有を考えている方にはおすすめできません。

また取引所のリスクを減らすために、DMM Bitcoinでは最大レバレッジ倍率が低く設定されており、5倍までのFXしかできません。


取引所の手数料は基本的に安めですが、販売所形式であるため1.3%程度のスプレッドが存在しています。

実質的に手数料は高めであると言えるでしょう。

⇨DMM Bitcoinの手数料・スプレッドについては『DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料が安いのは嘘?知らぬ間に損してません?』をご覧ください。


DMM Bitcoinの評価まとめ表

ポイント評価
手数料0.05%/日
取り扱い通貨XRP,BTC,ETH,LTC,BCH,NEM,ETC
使いやすさ★★★★☆
信頼性★★★★★
口座数不明
おすすめの人リップルでFXをしたい人

DMM Bitcoinの公式ホームページ


DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

 


第4位 : bitbank(ビットバンク) 

bitbankは日本最大のリップル取引所

日本で1番リップルが取引されているのはbitbankです。

メリットデメリット
・日本最大級のリップル取引所
・国内で1番安くリップルを購入できる
・セキュリティー性能はとても高い
・取引ツールは豊富で初心者も使いやすい
・指値を入れる板取引は少し慣れが必要
・取り扱い通貨が6種類とすこし少ない


メリット 

bitbank(ビットバンク)は、リップルの取引高が世界トップになったこともある日本最大級のリップル取引所です。


そしてbitbankは取引所です。取引所は販売所と違い、スプレッド(買い値と売り値の差)がないので販売所より安く購入することができます。

リップルが買える取引所は、実はほとんど販売所です。

ですので、bitbankは国内で1番安くリップルを購入できる取引所となっています!


販売所と取引所の違いは下記の記事で詳しく解説しています↓↓

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

そして、bitbankは顧客の仮想通貨をハードウェアウォレットに別で管理されているため、セキュリティー性能はとても高いです。

リップルでのレバレッジ取引が50種類もの分析ツールで可能なため、初心者にも上級者にもおすすめできる取引所です!


bitbankで無料口座登録する


デメリット

デメリットとしては指値を入れる板取引なので、初心者の方は少し難しいでしょう。

また取り扱い通貨はXRP(リップル)、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)の6種類なので、他の取引所と比べると少し少ないです。


 bitbankの評価まとめ

ポイント評価
手数料無料
取り扱い通貨XRP,BTC,ETH,BCH,LTC,MONA
使いやすさ★★★★★
信頼性★★★★★


bitbankの公式ホームページはこちら!

 

bitbankは、アルトコインの取引が販売所ではなく板を用いた取引所形式で行える取引所です。そんなbitbankの評判や口コミを解説し、それをもとにメリットデメリットを分析し、他の取引所と比較しました!

 


第5位 : SBI VC

SBI VCはリップル社と提携している取引所

SBI VCのセキュリティーは世界最高峰

メリットデメリット
・SBI VCはリップル社と提携している
・SBIグループとセコムのセキュリティー性能でとても安全
・スマホアプリはとても使いやすい
・Sコインの配布があるかも?
・取り扱い通貨が3種類と少ない
・レバレッジ取引はできない
・外部送金ができない

 メリット 

SBI VCは、SBI証券や住信SBIネット銀行を運営しているSBIホールディングスが創設した仮想通貨取引所です。

SBI VCはリップルを作ったリップル社と提携している唯一の取引所であり、リップル投資家の中ではリップルの値段がこれから大きく上昇するのではないかと話題になりました。


また、グループ会社独自のノウハウとセキュリティー会社のセコムとの連携を生かしてセキュリティーにはとても力を入れているため、安全にリップルを購入したい人はSBI VCの利用をすすめします!

今後口座登録者にSBI VC独自のSコインが配られる可能性があるため、今のうちに登録しておくとよいでしょう!


SBI VCの公式ホームページはこちら!


デメリット 

デメリットとしてはまず取り扱い通貨がXRP(リップル)、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)の3種類のみなので、汎用性が低いことです。

今後はETH(イーサリアム)の導入が検討されているようです。


セキュリティーにとても力をいれているので、他の取引所にリップルを送金できないという点が挙げられます。

これは不便ではありますが、不正送金されることは絶対にないためとても安心できる取引所といえるでしょう!


SBI VCの評価まとめ

ポイント評価
手数料無料(スプレッドが約2%)
取り扱い通貨XRP,BTC,BCH
使いやすさ★★★★★
信頼性★★★★★

 SBI VCの公式ホームページはこちら!

 

SBIバーチャルカレンシーズの評判はどうなのでしょうか?最近できたばかりで気になるところですよね。しかもあの大手SBIが作ったということですからなおさら。しかし、調べてみるとどうやら意外な欠点も?SBIVCの評判を紹介します!

 


リップルはハードウェアウォレットで保管しよう! 

紹介した上記の取引所でリップルを購入したら、万が一のハッキング被害に備えてハードウェアウォレットの購入をおすすめします!

ハードウェアウォレットを使えば、秘密鍵を取引所に預けることなく自分で管理できるため、セキュリティー面ではとても強力になります。


2018年1月のコインチェック事件にも代表されるように、仮想通貨を取引所に預けていると取引所がハッキングされセキュリティーが突破されると、全て盗まれてしまいます。

ですが、ハードウェアウォレットで管理しておけば、そのようなことから自分の仮想通貨をしっかり守ることができます!!

Ledger Nano S のホームページはこちら!

ハードウェアウォレットについての詳しい解説は下記の記事をご覧ください!

コインオタクおすすめのLedger Nano Sはこちら!目次ハードウェアウォレットとはハードウェアウォレットの仕組みハードウェアウォレットのメリットハードウェアウォレットのデメリットおすすめハードウェアウォレット3選三種のハードウェアウォレットを比較!ハードウェアウォレットのQ&Aハードウェアウォレットまとめ ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。 ハードウェアウォレットの仕組み 秘密鍵暗号を持ち運ぶ ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。 この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。 ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。 ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。 そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。 PCに繋げてウォレット操作 ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。 ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。 ハードウェアウォレットのメリット 安全性が非常に高い PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

 

リップルおすすめ取引所まとめ

今回はコインオタクが普段使っている取引所の中から、リップルを購入するのにおすすめできる取引所だけを厳選して紹介しました!

どこの取引所もセキュリティー性能が高いため利用者はとても多いです。


その中でもGMOコインは、コインオタクが特におすすめする取引所です!

GMOコインは高い信頼性だけでなく、使いやすさから初心者から上級者まで人気のある仮想通貨取引所です。

「どこの取引所に登録しようか迷っていた!」という方は、とりあえずGMOコインに登録することをおすすめします!


GMOコインで無料口座登録!

また取引所でのリップルの具体的な購入方法については『【リップル(XRP)購入方法】どこで買うのが一番おすすめ?写真とともに状況別の買い方3つを紹介します』をご覧ください。