「仮想通貨のスプレッドってよく聞くけど一体何なんだろう... 」

そのような悩みを抱えてはいませんか?

仮想通貨を取引をするためにも、よく聞くスプレッドという言葉について知っておきたいですよね!

今回は「スプレッド」についてその仕組みと、各取引所のスプレッドを徹底比較し、お得な取引所を紹介しようと思います!

この記事を読めば、スプレッドについてだけではなく、どこの取引所が一番安く仮想通貨を購入できるかが分かります!



仮想通貨のスプレッドとは

スプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!

スプレッドとは、同じ取引所・同じ時間での仮想通貨の「購入価格と売却価格の差」です!


下の画像で実際にスプレッドについて見てみましょう!



上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。

購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。

この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。

そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生ことがあるのです。


スプレッドは小さい方が有利

説明したようにスプレッドとはビットコインなどの仮想通貨の「買値と売値の差」です。

スプレッドはよく「見えない手数料」「取引所の手数料」などと呼ばれることがあります。

この仕組みについて例と一緒に見ていきましょう!

例えば、ある仮想通貨販売所では、購入価格が1BTC=100万円、売却価格が1BTC=90万円のレート時に1BTC購入するとしましょう。

この場合はスプレッドが10万円、すなわち1BTCを購入したと当時に10万円もの損失が生じていることになります。

このようにもし売却した場合に生じる損失のことを「含み損」と言います。

上記の例ですと、利益を得るためには、1BTCが10万円以上もの値上がりを待たなければいけません。

少しの値上がりでも利益を得るためにも、スプレッドは小さい方が有利です!!


スプレッドは取引所によって異なる

スプレッドの大きさは、各取引所によって大きく異なります。

この各取引所によって違うということを、よく肝に銘じておいていただきたいです。

なぜなら、スプレッドを気にしていないと、思わぬ損をしている可能性が大いにあるからです。

各取引所のスプレッドの大きさは必ず把握しておきましょう。



仮想通貨のスプレッドはどうして発生するの? 

板(取引所)取引と販売所取引

では一体なぜ購入価格と売却価格に差が生じるのでしょうか?その答えを知るために、まずは仮想通貨の取引形態について知りましょう。

一般に、「仮想通貨取引をする」方法には二通りがあって、それぞれ板取引と販売所取引と呼ばれています。


板取引というのはユーザー同士の取引であり、取引所は取引の場を提供する役割を果たしています。

以下のようにユーザーが板(希望する購入価格・売却価格)を提示し、他のユーザーが提示された板の取引に合意した段階で取引が成立します。



その一方で販売所取引というのはユーザーと取引所間の取引であり、ユーザーは取引所が所有する仮想通貨の売り買いをしています。

ここでは取引所が持っている仮想通貨をユーザーが売り買いするという形で取引します。



取引所と販売所の違いについてより詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 

スプレッドは販売所取引で発生する!

大きなスプレッドは販売所取引で発生します!

ユーザー同士が自由な価格設定をする板取引では取引所取引手数料が発生しますが、高くてもせいぜい0.1~0.3%程度になっています。

それに対して販売所取引では取引所が価格設定を行うので、購入価格は高く、売却価格は低く設定されることになります。

その結果スプレッドが生じ、二つの価格差がそのまま取引所の手数料という形で徴収されてしまいます。

取引手数料は0.1%と低めの設定であるのに対してスプレッドは上の画像を見てもわかる通り約2~5%とかなりの高額の設定になっています。

仮想通貨取引の鉄則として「販売所取引でなく板取引から購入した方が良い!」というのはこれが理由になっています。


手数料無料って実はウソ?

様々な取引所が「取引手数料無料」と宣伝をしています。

しかしこれに騙されて引っかかってはいけません。

例えいくら手数料が無料だとしても、販売所が自由に設定できるスプレッドがとても高額なことがあります。

実質的な手数料であるスプレッドを意識しないと、思いもしなかった損をすることがあります。

取引所を選ぶときは、取引手数料だけではなく、スプレッドについても意識しましょう。



安く仮想通貨を購入できるおすすめ取引所BEST4


ここでは下記の4つのおすすめ取引所のスプレッドを比較して、とにかく安く仮想通貨を購入できる取引所を紹介します!

  • Liquid by Quoine
  • BITPoint
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)


Liquid by Quoine:とにかく安く取引したい人におすすめ!

 

Liquid bt Quoine

Liquid by Quoineは国内大手の取引所形式の仮想通貨取引所です。

Liquidでは、最大25倍という国内取引所最大のレバレッジをかけることができます!

スプレッドが最も狭く、基本取引手数料も無料な為、とにかく安く仮想通貨を購入したい人にはおすすめです!

ただし、板取引のため初心者の方には難しいかもしれません。


そんなLiquidのビットコイン(BTC)のスプレッドを見ていきましょう。

スプレッドは、30円(0.008%)です。

見てわかる通りスプレッドはとても小さくなっています!

Liquidはとにかく一番安く仮想通貨の取引ができます!


Liquid by Quoineの公式サイトはコチラ


Liquid by Quoineについて詳しくはコチラ

Liquid by Quoineとは、QUOINE社が運営していた仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)が2018年9月にリニューアルしたものです。気になる特徴やメリット・デメリット、そして新機能まで詳しく解説します。

 

BITPoint(ビットポイント):大人気のトレードツールで取引出来る!

 

BITPoint

BITPointは、プロサッカーの本田圭佑選手がイメージモデルを勤めている取引所形式の仮想通貨取引所です。

「MetaTrader4」という高性能な取引プラットフォームを使用することができる数少ない取引所です。

またほとんどの手数料が無料で、「BITPoint Lite」というアプリもリリースしています。


そんなBITPointのビットコインのスプレッドを見ていきましょう。

スプレッドは446円(0.1%)となっています。

BITPointのスプレッドはかなり安くなっています。

手数料もとても安く、「MetaTrader4」というツール以外にも豊富な取引ツールがあり、それらを使いたいという方にもオススメの取引所です!



BITPoint公式サイトはこちら

 BITPointについてより詳しくはこちら

BITPoint(ビットポイント)は国内で初めてレバレッジ取引にMT4を採用した取引所です。他にも手数料が無料であったりセキュリティが強いBITPointをメリット・デメリットと合わせて一挙解説します。

 

GMOコイン:販売所の中で一番お得に取引できる!

 

GMOコイン

GMOコインはコインオタクでも一番人気のオススメの取引所です。

東証一部上場のGMOインターネットグループ傘下が運営しており、セキュリティ、サービスにとても評判があります。


では、ビットコイン(BTC)のスプレッドを見ていきましょう。

スプレッドは7394円(1.9%)となっています。

これは、販売所形式の取引所の中では、かならスプレッドが小さいです。

GMOコインは基本的な取引手数料であり、販売所の中では一番スプレッドが狭いです。

簡単に販売所から購入したい人にはGMOコインが一番お得に取引できます!



GMOコイン公式サイトはコチラ

GMOコインについて詳しくはコチラ

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー):他にはない補償制度!

 

bitFlyer


bitFlyerは(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の販売所形式の仮想通貨取引所です!

信頼性も高く、見やすい取引画面と操作が簡単な人気な取引所です。


そんなbitflyerのビットコイン(BTC)のスプレッドを見ていきましょう。

ビットコインのスプレッドは11446円(3%)となっています。

bitFlyerのスプレッドは平均的です。

それでもbitFlyerには他の取引所にはない補償制度があります。

この補償制度は、もし万が一bitFlyerが倒産したり、ハッキングを受けて自分の資産が流出したとしても、資産が戻ってくるものです。

もしもの時に備えるのであれば、平均的なスプレッドながら安全性のあるbitFlyerがおすすめです。



bitFlyer公式サイトはコチラ


 bitFlyerについて詳しくはコチラ

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、日本で最も人気のあり、ヨーロッパ進出やリスク上場など今最も信頼性と勢いのある国内仮想通貨取引所です。bitFlyerの特徴、メリット、登録、使い方、評判など全てについて網羅的に解説していきます!!


以上4つの取引所のスプレッドをまとめると以下のようになります。

取引所名スプレッド
Liquid bt Quoine0.008%
BITPoint0.1%
GMOコイン
1.9%
bitFlyer3%


取引所のスプレッド比較まとめ

  • スプレッドは取引所によってばらつきがある。
  • Liquidは圧倒的なスプレッドの狭さ!
  • BITPointはスプレッドも手数料も安く、豊富な取引ツール!
  • GMOコインは販売所の中でもスプレッドが一番狭い!
  • bitFlyerは平均的なスプレッドだが補償制度がある!

 

仮想通貨のスプレッドを節約するコツ!



販売所で売買しない!

当たり前ですが、スプレッドを節約するにはスプレッドが大きいところでは売買してはいけません。

一般的に、販売所ではスプレッドが大きくなりがちですので、スプレッドが狭い取引所で仮想通貨の取引をすることをおすすめします!


相場が落ち着いている時に取引する

仮想通貨は比較的、株や法定通貨と比べて値動きがとても激しいです。

価格の上下が激しい荒れた相場では、スプレッドは大きくなる傾向があります。

提示された価格で簡単に仮想通貨を売買できる販売所にて取引をするのであれば、比較的価格が安定している時に取引をするのが良いでしょう。


仮想通貨のスプレッドに関する気になるQ&A 


国内と比べて海外の取引所のスプレッドはどうなの?

海外の取引所は基本的に取引形式であるため、スプレッドがないことがほとんどであるというのが現実です。
ほとんどが取引所形式であるため初心者が使いづらい部分があります。

ですが、海外の取引所を使うメリットとしては手数料が安い、取り扱い銘柄が多いことが挙げられます。


仮想通貨のスプレッドは税金の計算時に経費として計上できる?

結論から言うとスプレッドは経費としては計上されません!

その理由としてはスプレッド分は取引所の所得原価に含まれるからです。


仮想通貨のスプレッドまとめ

いかがでしたでしょうか!

今回は仮想通貨のスプレッドとオススメの取引所について説明しました。

販売所取引はとても簡単なので気軽にやってしまいがちかもしれませんが、スプレッドを頭の片隅にちゃんと入れて取引してください!

ぜひスプレッドが狭い仮想通貨取引所でお得に取引しましょう!

スプレッドまとめ

  • スプレッドとは「買値と売値の差」
  • スプレッドは販売所取引で発生する!
  • Liquid by Quoineで一番安く仮想通貨を購入できる!
  • 国内販売所の中では、GMOコインがおすすめ



Liquid by Quoine公式サイトはコチラ


GMOコイン公式サイトはコチラ